「ENDO(エンドー)」を調べたら、かなり怪しい仮想通貨だった件

通貨名ENDO(エンドー)
通貨コードEDT
発行元ENDO Protocol
総発行枚数不明
BCプラットフォームERC20
公式サイトhttps://tokensale.endo.im

ENDO(エンドー)は無事、上場できるのか?

ネット上では割と高評価を受けているICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、実は運営チームに詐欺師が関与している事実が判明。

 

 

その他にも運営チームによる上場予定日についての発言など、独自の仮想通貨情報を公開いたします。

ENDO(エンドー)には詐欺師が関与している

ICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、公式サイトを確認したところ、過去に偽名で詐欺行為を働いていた人物が関与していることが判明。

 

 

その人物の名は「国本謙治

 

 

彼は「クリプトクラブジャパン(CCJ)」という仮想通貨コミュニティのリーダーを務めている人物。

 

 

彼がどのような経歴を持つ人物なのか、筆者が過去に捜査を行ったところ「国本謙次」ではなく「藤本京」という名前で競馬必勝法なる商品を販売していました。

 

 

 

今回名乗っている「国本謙次」に関しても、偽名の可能性は大いにあり得るでしょう。

 

 

本名すら名乗らずに人に投資を進める人間が関与する「ENDO(エンドー)」については、安易に信用していいICOではありませんね。

 

ENDO(エンドー)の10月上場決定はウソなのか?

2018年7月~8月にかけて販売が行われていた「ENDO(エンドー)」。筆者が捜査を進めていると、様々なブログサイト等では大手仮想通貨取引所に上場予定であると記載されていることに気が付きました。

  • OKEX(オーケーイーエックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • BTC-Alpha(ビーティーシーアルファ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • YObit.net(ヨービット)

 

上記の取引所に上場予定だと書かれているものの、誰一人として情報元を明かさないという状態となっております。

 

 

筆者が独自に捜査したところ、公式テレグラム内にて「ENDO(エンドー)」のトークン配布はいつ終了するのか?という質問に対して、10月末に終了の予定だと運営チームが回答を出していました。

 

 

この状況から考えると10月の上場は、ほぼあり得ないとみて問題ないでしょう。

 

 

仮にこのまま上場してしまった場合、トークンを持たないままの投資家が出てしまいます。運営チームとしてもそれは避けたいはずですからね。

 

 

ただ、上場予定日はいつなのか?という質問に対して、秋ごろを予定しているとの回答していることも確認できます。

 

 

現状、運営チームからの情報を見る限り2018年中には上場するものと思われます。

 

ENDO(エンドー)の基本情報を紹介

書類やデータ、運転免許証などの個人情報、企業情報等を独自のブロックチェーンを用いて保管、管理を行うプロジェクト。

 

 

ユーザーと企業が「ENDO(エンドー)」が発行するトークン「EDT」を使用して、情報の交換やサービスを受けることが可能になります。

 

 

ブロックチェーンを使用することで個人情報の漏洩を防ぐと共に、現在は紙やデータのみで保管されている個人情報の保全にも繋がっていきます。

 

 

また、「ENDO(エンドー)」のブロックチェーン上に保管された個人情報については、医療記録や教育レベル、身分証明にいたるまでを管理することも可能になります。

 

  • クラウドセール:2018年6月20日〜2018年8月25日
  • 独自トークン単位:ET
  • プラットフォーム:ERC20
  • ソフトキャップ:5,000,000USD
  • ハードキャップ:15,000,000USD
  • 付与ボーナス
    ①6/20〜7/3:ボーナス最大20%
    ②7/4〜7/11:ボーナス最大16%
    ③7/12〜8/25:ボーナス最大10%
  • 販売トークン数:100,000,000ET

 

人気記事一覧

ENDO(エンドー)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2018年11月15日

    はい、私、クリプトクラブジャパンの会員です。講師の方々に推奨されて購入したのですが、まさか、嵌め込みのための案件だったのでしょうか、、、

  • 投稿者名:匿名2018年11月14日

    このENDOって仮想通貨である必要、ある?無いよね?

  • 投稿者名:匿名2018年11月14日

    ICOって失敗しても詐欺にならないからタチが悪い。投資は自己責任の一言でもって片づけられちゃうから。それもこれも日本がICOを許可しないからだと思います。日本がICOを許可してしっかりと規制を敷けば本当に資金が必要な良質なプロジェクトに資金が行きますし、怪しい悪徳ICOは消えるはず。こういう口コミサイトがあるからまだマシかも知れないですけど、あまりにも国が放置しすぎ。

  • 投稿者名:肉292018年11月13日

    ↓の匿名さんの言う通りだね。
    発行されるトークンで何かしらのサービスと交換できる。
    そのサービスの需要が上がるからトークンの価値が上がる。
    っていうのが本来の仮想通貨の形だもんね。
    ENDOに限ってはそのトークンと交換できるサービスっていうのが明確になっていないし需要が高まるとも思えないね。

  • 投稿者名:匿名2018年11月12日

    無駄にブロックチェーン技術を使って無駄にトークンを発行するようなICOが本当に多い。ENDOなんてトークンの必要性を全く感じない。必要ある?ないだろ。そんな必要性の無いトークンなんだからプロジェクトが進もうとうまくいこうと価値が出るはずがない。

  • 投稿者名:ちゃちゃまる2018年11月12日

    日本人のメンバーが誰であろうとあまり関係ないような気がするなー。
    商材販売してたからっていうだけでそれだけでスキャムになるならADAコインもNOAHコインもスキャムになっちゃうからね。
    ただどちらにしろギャンブル性の高い物であることに間違いはないだろうから、確実に儲けていきたいっていう人にはあまりおすすめできないかもねー。

  • 投稿者名:匿名2018年11月11日

    何人の人間を洗脳して不幸に落としてきたのか 藤本京 滅すべし

  • 投稿者名:60倍!?2018年11月9日

    あり得ないでしょ。
    ICO割れしないだけでも万々歳っていう状況で60倍を公言するとか。
    あからさまに買わせようとしすぎでは?
    そんな謳い文句に騙されちゃ駄目ですよ、匿名さん。

  • 投稿者名:匿名2018年11月8日

    ENDOは60倍以上になると開発陣が言ってるみたいですよ。

  • 投稿者名:なかちゃん2018年11月8日

    私はこの国本謙次が名前を変える前に使っていた藤本京という名前でやっていた1億円チャレンジという競馬の商材で騙されました。そんな人間が関わっているICOがまともなはずありません。ICOの9割はスキャム=詐欺と言われている中で、このような人物が関わっているのは危険極まりないです。↓の匿名さんもおっしゃっている通りこんな危険性の高いICOに投資するくらいならもっと儲けられる方法はあるはずです。絶対にやめた方が良いと断言します。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^