AIトレードというMLMを調べたら「真っ黒な運営状況」だった

サービス名AIトレード(AItrade)
運営会社AIトレード社
代表者Joff Paradise
MAIL不明
電話番号不明
URLhttps://aitrades.org/

AIトレードはネットワークじゃない

日利最大0.4%などの触れ込みで勧誘が行われている「AIトレード」を捜査したところ、運営会社のブラックすぎる実体が明らかに。

 

  • 運営会社がペーパーカンパニー
  • 創業者が集団訴訟を受けそう
  • 関東財務局より警告を受けている
  • ネットワークじゃなくてねずみ講の疑い

 

信者も卒倒必死なAIトレードの真実を、仮想通貨ポリスが突き止めました。

AIトレードはねずみ講

まず、筆者が捜査したのは「AIトレード」はどこの誰が運営しているのか?という点。

 

 

捜査してみると、運営会社は「AIトレード社」なる企業であり、代表者は「Joff Paradise」なる人物という事が判明。

 

 

この人物について詳しく捜査していくと、過去にもマルチ商法を採用したサービスを提供していたことが明らかになりました。

 

 

AIトレード創業者の“ブラック”な経歴

TCC(トレードコインクラブ)」という名のサービスだったのですが、このサービスの創業者としても「Joff Paradise」が名を連ねていることが確認できました。

 

 

「TCC」に関しては、AIトレードと同様にAIを活用した仮想通貨のトレードツールとして提供されていた商品。

 

 

この「TCC」がどのようなものなのか捜査を行うと、詐欺の可能性が高いサービスであることが発覚しました。

 

  • 運営会社がペーパーカンパニー

筆者が発見した情報によると「TCC」の運営会社である「Aegis Corporate Services Limited」は、2017年にペーパーカンパニーとして売りに出されていた企業だと確認できました。

 

「TCC」の運営会社については、金融業を行うための資格を有する企業だとして事業証明書を公開していたものの、その証明書には「Aegis Corporate Services Limited」という社名が記載されており、この会社はペーパーカンパニーとして販売されていた企業になります。

 

 

資格だけを有したペーパーカンパニーを金で買収。その後、あたかも長年運営していたかのような経歴をでっち上げてねずみ講への勧誘を行っていたという事。

 

  • 日本では集団訴訟の動き

この「TCC」については、詐欺被害に遭われた方々による集団訴訟に発展しようとしています。

 

 

1000万円投資して1円の利益にもならなかったと語る被害者の存在も確認できます。

 

 

今回の「AIトレード」についても、このTCCと多くの共通点が確認できます。

  • 代表者が同じ「Joff Paradise」
  • 共にAIを使用している
  • MLM方式(ねずみ講)を採用
  • 日本のマルチ業者も関与している

 

その他にも提供サービス自体が酷似している点から考えると、「AIトレード」も同様にただのねずみ講だと考えるのが妥当でしょう。

 

 

 

AIトレードにマルチ業者が集結

日本において「AIトレード」の関与している日本人として、筆者の捜査段階では2人の人物名が確認できました。

 

1人目の「mayumi」については、FXの情報商材などを販売していた「Mayuhime(坂井増由美)」で間違いないでしょう。

 

 

「Mayuhime(坂井増由美)」といえば、「AIトレード」の前身である「TCC」のセミナーも精力的に行っていた人物。

 

 

今回の「AIトレード」についてもセミナー等で勧誘を行っているようですので、本物のねずみ講業者に成り果てたという事になりますね。

 

 

2人目の「yasuyoshi」については、本人のフェイスブックを発見。「小石やすよし」という人物らしいことが判明。

 

 

この男性も「TCC」のセミナーを開催していたようで、ねずみ講業者であると思われます。

 

 

更に調べると、「小石やすよし」が取締役を務める企業名が確認できました。「株式会社Richesse」という企業になります。

 

 

実はこの企業、2018年5月に関東財務局より警告を受けていたことが発覚しました。

 

 

ねずみ講のみならず、違法営業まで行っていた事実が明るみに出た以上、彼が勧めている「AIトレード」についても、危険なサービスであると言わざるを得ません。

 

 

SNSは大荒れの模様

この「AIトレード」に関しては、上記の人物らを筆頭にしてセミナーなどが頻繁に開催されています。

 

 

この影響からか、SNSではAIトレードの勧誘を行う投稿が非常に多くなってきております。

 

 

AIトレードの勧誘を行うために作られたようなアカウントや、一言一句同じツイートを繰り返すアカウントが複数確認できます。

 

 

なぜ、彼らはここまでして勧誘を行っているのか?

 

 

結局のところ、彼らは「AIトレード」のシステムでは稼げておらず、ねずみ講のシステムを使わなければ稼げない状況にあるという事なのでしょう。

 

 

以下は会員ページにて確認できる、子ネズミの管理シートとなっております。

 

 

 

 

彼らは稼げるサービスを紹介しているのではなく、彼らが稼ぐための現金を出す子ネズミを募っているに過ぎません。

 

 

これらの状況から、「AIトレード」については安易な気持ちで利用すると痛い目に遭うことが予想されますので、ご注意ください

 

AIトレードのまとめ

  • 海外のねずみ講業者が新たに立ち上げたサービス
  • 運営会社はペーパーカンパニー
  • 日本のマルチ業者も関与している
  • 日本での紹介者は関東財務局より警告を受けている
  • SNSで勧誘が盛んに行われている

 

人気記事一覧

AIトレード(AItrade)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年1月16日

    始めて2ヶ月で100倍とか上の人はええね^_^
    で、好きな時に全額下ろさ無いのがよくあるパターン!

  • 投稿者名:伊豆の住人2019年1月16日

    紹介者のバック有りきで考えないと儲けられないなんて投資とは程遠い形ですよね。
    ただのマルチ商法であってICOへの投資、仮想通貨への投資とは言えないです。
    自動売買なんて実際に行っているかどうかも怪しいところですよ。
    しつこい勧誘に注意です。

  • 投稿者名:匿名2019年1月15日

    ヤバイね。自動売買。アービトラージ案件。ここからごっそり高跳びするんじゃない?かなり危険なにおい。

  • 投稿者名:匿名2019年1月15日

    参加しましたが、誰にも紹介しなくても自分の元本でも一年で24%以上の利益があるし、(元本によっては最高70%以上の利益)
    紹介もまずは二人紹介すればすぐに累計ボーナスがあるし、そのほかにもボーナスがあります。
    MLM方式をとったのは広告費にかかる費用をなくし、その代わり、紹介ボーナスとして参加者に還元するというやり方なので私はまぁ良いと思いました。
    それに法律で認められています。
    フィリピンやエストニア、その他の国で事業ライセンスとったので、VISAとも提携できて、VISAカードが発行されます。
    これは信頼がないとできないですものね。
    始めて2ヶ月で元本の100倍になったひともいるらしく、私も始めてまだ三週間ですが、もうすぐ元本の金額超えます。楽しみです。
    一度説明会を聞いてからご判断されては?

  • 投稿者名:匿名2019年1月14日

    知り合いに紹介されて開始しましたが、紹介できなければ全く儲ける事ができません。配当に期待して参加するものでは全くありません。騙されないように気を付けてください。

  • 投稿者名:匿名2019年1月13日

    ドブネズミどもを駆逐せよ!

  • 投稿者名:イヌイ2019年1月11日

    良い事ばっかり言ってるけど似たような物で逮捕されてる商材ありますからね。AIトレードもヤバイと思いますよ。自分的には紹介料目当てであちこちで推奨しまくってるアフィリエイターやらなんやらかんやらにも捕まって欲しいです。

  • 投稿者名:匿名2019年1月11日

    ビットクラブの集団訴訟プロジェクトが発足されたようで。
    近いうちにAIトレードも同じ運命と辿るんだろうね。

  • 投稿者名:アホか2019年1月10日

    詐欺師が詐欺案件から独立して新しい詐欺をやってるっていうだけであって、TCCじゃないから詐欺じゃないっていうのは暴論ってもんよ

  • 投稿者名:こはく2019年1月9日

    アカウントロックとか凍結とか、自分にとって不本意な形で退会させられた形にしておかないと、勧誘されて残っている人は「うちらまだやってるのになんで新しい事をはじめてるの?やっぱり騙されたんじゃ?」ってなるでしょ。次の詐欺案件に移行する為の茶番劇。アカウントロックまでが台本です。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^