AIトレードというMLMを調べたら「真っ黒な運営状況」だった

サービス名 AIトレード(AItrade)
運営会社 AIトレード社
代表者 Joff Paradise
MAIL 不明
電話番号 不明
URL https://aitrades.org/

AIトレードはネットワークじゃない

日利最大0.4%などの触れ込みで勧誘が行われている「AIトレード」を捜査したところ、運営会社のブラックすぎる実体が明らかに。

 

  • 運営会社がペーパーカンパニー
  • 創業者が集団訴訟を受けそう
  • 関東財務局より警告を受けている
  • ネットワークじゃなくてねずみ講の疑い

 

信者も卒倒必死なAIトレードの真実を、仮想通貨ポリスが突き止めました。

AIトレードはねずみ講

まず、筆者が捜査したのは「AIトレード」はどこの誰が運営しているのか?という点。

 

 

捜査してみると、運営会社は「AIトレード社」なる企業であり、代表者は「Joff Paradise」なる人物という事が判明。

 

 

この人物について詳しく捜査していくと、過去にもマルチ商法を採用したサービスを提供していたことが明らかになりました。

 

 

AIトレード創業者の“ブラック”な経歴

TCC(トレードコインクラブ)」という名のサービスだったのですが、このサービスの創業者としても「Joff Paradise」が名を連ねていることが確認できました。

 

 

「TCC」に関しては、AIトレードと同様にAIを活用した仮想通貨のトレードツールとして提供されていた商品。

 

 

この「TCC」がどのようなものなのか捜査を行うと、詐欺の可能性が高いサービスであることが発覚しました。

 

  • 運営会社がペーパーカンパニー

筆者が発見した情報によると「TCC」の運営会社である「Aegis Corporate Services Limited」は、2017年にペーパーカンパニーとして売りに出されていた企業だと確認できました。

 

「TCC」の運営会社については、金融業を行うための資格を有する企業だとして事業証明書を公開していたものの、その証明書には「Aegis Corporate Services Limited」という社名が記載されており、この会社はペーパーカンパニーとして販売されていた企業になります。

 

 

資格だけを有したペーパーカンパニーを金で買収。その後、あたかも長年運営していたかのような経歴をでっち上げてねずみ講への勧誘を行っていたという事。

 

  • 日本では集団訴訟の動き

この「TCC」については、詐欺被害に遭われた方々による集団訴訟に発展しようとしています。

 

 

1000万円投資して1円の利益にもならなかったと語る被害者の存在も確認できます。

 

 

今回の「AIトレード」についても、このTCCと多くの共通点が確認できます。

  • 代表者が同じ「Joff Paradise」
  • 共にAIを使用している
  • MLM方式(ねずみ講)を採用
  • 日本のマルチ業者も関与している

 

その他にも提供サービス自体が酷似している点から考えると、「AIトレード」も同様にただのねずみ講だと考えるのが妥当でしょう。

 

 

仮想通貨で稼ぎたいのであれば、無駄なリスクが多いMLMへの投資ではなく直近で「ホロ(HOT)」で4倍、「バイナンスコイン(BNB)」で2.1倍、という価格予想を的中させた情報サイト「FM仮想通貨」の利用をオススメします。

 

▼以下、追記前の捜査レポートになります。

 

AIトレードにマルチ業者が集結

日本において「AIトレード」の関与している日本人として、筆者の捜査段階では2人の人物名が確認できました。

 

1人目の「mayumi」については、FXの情報商材などを販売していた「Mayuhime(坂井増由美)」で間違いないでしょう。

 

 

「Mayuhime(坂井増由美)」といえば、「AIトレード」の前身である「TCC」のセミナーも精力的に行っていた人物。

 

 

今回の「AIトレード」についてもセミナー等で勧誘を行っているようですので、本物のねずみ講業者に成り果てたという事になりますね。

 

 

2人目の「yasuyoshi」については、本人のフェイスブックを発見。「小石やすよし」という人物らしいことが判明。

 

 

この男性も「TCC」のセミナーを開催していたようで、ねずみ講業者であると思われます。

 

 

更に調べると、「小石やすよし」が取締役を務める企業名が確認できました。「株式会社Richesse」という企業になります。

 

 

実はこの企業、2018年5月に関東財務局より警告を受けていたことが発覚しました。

 

 

ねずみ講のみならず、違法営業まで行っていた事実が明るみに出た以上、彼が勧めている「AIトレード」についても、危険なサービスであると言わざるを得ません。

 

 

SNSは大荒れの模様

この「AIトレード」に関しては、上記の人物らを筆頭にしてセミナーなどが頻繁に開催されています。

 

 

この影響からか、SNSではAIトレードの勧誘を行う投稿が非常に多くなってきております。

 

 

AIトレードの勧誘を行うために作られたようなアカウントや、一言一句同じツイートを繰り返すアカウントが複数確認できます。

 

 

なぜ、彼らはここまでして勧誘を行っているのか?

 

 

結局のところ、彼らは「AIトレード」のシステムでは稼げておらず、ねずみ講のシステムを使わなければ稼げない状況にあるという事なのでしょう。

 

 

以下は会員ページにて確認できる、子ネズミの管理シートとなっております。

 

 

 

 

彼らは稼げるサービスを紹介しているのではなく、彼らが稼ぐための現金を出す子ネズミを募っているに過ぎません。

 

 

これらの状況から、「AIトレード」については安易な気持ちで利用すると痛い目に遭うことが予想されますので、ご注意ください

 

AIトレードのまとめ

  • 海外のねずみ講業者が新たに立ち上げたサービス
  • 運営会社はペーパーカンパニー
  • 日本のマルチ業者も関与している
  • 日本での紹介者は関東財務局より警告を受けている
  • SNSで勧誘が盛んに行われている

 

人気記事一覧

AIトレード(AItrade)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年3月21日

    TCC→AIトレードと来て次はBITLIFEですか。懲りない連中ですね。こうして次から次に新しい被害者を増やしていくつもりなんでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年3月20日

    まゆひめのセミナーアップしてるの見てると来てるのは冴えない若者かお爺さんお婆さんばかりなんだよな。
    若いやつらは情弱なだけでどうでも良いけど年寄りは訳わからないで来てる感じで可哀想やな。
    詐欺師に老後資金むしり取られて酷いわ

  • 投稿者名:匿名2019年3月20日

    さ◯いまゆみと、こ◯しやすよしの案件
    ビットリージョン、winnex+、TCC、RSV、
    AIトレード、ビットライフ
    何人の情報弱者が、いくら損失したのか
    priceless

  • 投稿者名:匿名2019年3月20日

    AIトレード、名前が変更になりましたね。BIT-LIFE、ビットライフです。これ、AIトレードの悪い噂をもみ消すつもりでしょう。名前を変えようとやってる事は一緒です。ハイプ詐欺である事は間違いないです。

  • 投稿者名:匿名2019年3月20日

    ゆうじの手下、しつこく誘ってくる。やめてくれ。

  • 投稿者名:匿名2019年3月20日

    セキュリティ対策のためにドメインを変えたとかいうアナウンス流してるけど、ドメインを変えたところでセキュリティなんて変わらないんだが。
    そういうところがイチイチ情弱を騙そうとしてる感が出てて気持ち悪い案件だなと思ってしまうね。

  • 投稿者名:匿名2019年3月19日

    マルチ、ねずみ、そういう系の商材が大得意なmayuhimeが絡んでる時点で、AIトレードは詐欺確定
    詐欺師っていうハエのたかる糞、それがAIトレード

  • 投稿者名:匿名2019年3月18日

    その便所の落書き程度の案件を広めた、詐欺師たちw

  • 投稿者名:匿名2019年3月18日

    相変わらず、便所の落書きみたいな掲示板ww

  • 投稿者名:シクロ2019年3月18日

    払い出しがあるのは最初だけでそのうち払いだされなくなりますよ。
    で、形を変えてまた新たに再出発。
    そうしてTCCから生まれ変わったのがAIトレードですから。
    時期的にAIトレードもそろそろ払い出されなくなって次の案件が生み出されるんじゃないでしょうか。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^