コインチェックが「XMR 」「DASH」「ZEC」の取扱い停止を検討

コインチェックが「XMR 」「DASH」「ZEC」の取扱い停止を検討

匿名性を持つ仮想通貨であるモネロ(XMR)ダッシュ(DASH)ゼットキャッシュ(ZEC)を取り扱っていた「コインチェック」が3種類の通貨の廃止を検討していると報じられました。

2017年4月に施行された「改正資金決済法」により、仮想通貨交換業を営む事業者は「仮想通貨交換業者の登録」が必須となりました。2018年3月現在では16社が交換業者としての登録を済ませており、その16社だけが公的に認められた交換業者だとされております。(俗にいうホワイトリスト)

 

今回の「コインチェック」については仮想通貨の黎明期から取引所を運営していたにも関わらず、仮想通貨交換業者としての登録が行えていない「みなし業者」として区分されていました。

 

「XEM」の流出事件で浮き彫りとなったコインチェックのセキュリティの甘さはともかく、交換業者としての認可を受けることの出来なかった理由として、今回取り扱い廃止を検討しているモネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)、ゼットキャッシュ(ZEC)という「匿名通貨」の取引が可能なことにあると言われていました。

 

この3つの通貨については独自の仕組みにより取引情報を追跡することが出来なくなっており、マネーロンダリングや脱税など使用される可能性もあるでしょう。お金の流れを把握したい日本としては、送金先や送金料が分からない通貨を認めたくはないという事ですね。

 

といっても、コインチェックが「匿名通貨」を取り扱っているから認可が下りないという情報は、ネット上で囁かれる噂話になります。ただ、実際に仮想通貨交換業者として認可されている取引所(ビットフライヤーなど)は「匿名通貨」を取り扱っていません

 

筆者は今後も金融庁が「匿名通貨」を取り扱う仮想通貨取引所に対して、認可することは無いと予想しています。今回の件で3つの通貨の価格に影響が出ていないことから、既に日本人は「匿名通貨」を保有していなかったのではないかと思われます。

 

人気記事一覧

^