ビットライフ(BIT-LIFE)はガチで劣悪な投資案件だった

サービス名 ビットライフ(BIT-LIFE)
運営会社 クリプトレイジング
代表者 小石やすよし 坂井増由美(Mayuhime)
MAIL 不明
URL https://bit-life.net/

ビットライフ(BIT-LIFE)に詐欺の疑いも

MLMで勢力を拡大し続けて来た「AIトレード」が名前を変えて新サービスの運営を開始。

 

 

「ビットライフ(BIT-LIFE)」と名付けられたその商材を捜査したところ、AIトレードと全く変わらないポンジスキームである可能性が浮上。

 

 

果たしてビットライフは本当に詐欺なのか?独自の手法で捜査を行っています。

運営会社にヤツらの名前が

AIトレードからサービス名を変更しただけの「ビットライフ(BIT-LIFE)」の運営会社だとされている「クリプトレイジング社」について捜査を進めていきます。

 

 

まずは手始めに公式サイトをくまなく創作しましたが、ロンドンに拠点を置く企業であるという情報以外、見つけることが出来ませんでした。

 

 

そもそも「クリプトレイジング社」が本当に存在するのかを確認するためにイギリスの法人情報を捜査すると、2019年3月に登記されている企業である確認をとることが出来ました。

 

 

そこでは「クリプトレイジング社」の役員名が確認できたのですが、案の定AIトレードに関与していた人物2人の名前が掲載されております。

 

・小石やすよし

・坂井増由美(Mayuhime)

 

AIトレードでは日本におけるマーケティングの専門家という立ち位置でセミナー等を頻繁に開催し、MLMによる集客を行っていた張本人であり、過去にも詐欺と評判だった情報商材の販売や、TCCと呼ばれる仮想通貨詐欺案件の勧誘を行っていた人物です。

 

 

遂に詐欺案件を紹介する側から提供する側に回ることが出来たという事なのでしょう。

 

 

この「ビットライフ(BIT-LIFE)」の役員であるこの2名については、「AIトレード」の捜査時に詳しく調べていますので合わせてご覧ください。

 

# AIトレードの捜査レポートはコチラ▶▶

 

本社はロンドンのレンタルオフィス

更に「クリプトレイジング社」について捜査を進めていくと、登記されている住所がロンドンのレンタルオフィスであることが発覚。

 

クリプトレイジング社のオフィスがレンタルオフィス

「小石やすよし」や「坂井増由美」がとりあえず設立した企業のため、正直本社などどこでも良かったという事がうかがい知れます。

 

 

他人の資金を預かりトレードを行う企業の本社がレンタルオフィスという、セキュリティの意識は皆無なのでしょう。

 

 

仮想通貨やブロックチェーン企業として“終わってる”と個人的には感じています。

 

森の中に仮想通貨ATMを設置している

「ビットライフ(BIT-LIFE)」の事業内容の中に仮想通貨ATM事業を手掛けているという情報が確認できます。

 

 

ロンドンが拠点ということなので、設置個所を見る限りではヨーロッパを中心として設置されていることが分かります。

 

 

という事で、実際にどのような場所に「ビットライフ(BIT-LIFE)」のATMが設置されているのか、捜査していきましょう。

 

 

まずは日本の長野県に設置されているATMから。所在地の写真が以下になります。

 

ビットライフのATMが設置されている場所

 

続けて中国に設置されたATMの所在地

 

 

最後に韓国に設置されたATMの所在地

 

韓国に設置されたビットライフのATM

 

ご覧いただくと分かりますが、山奥と田んぼに設置されていることが分かります。

 

 

一体だれが利用するために設置されているのでしょうか?

 

 

ましてや韓国に関しては所在地の場所には中学校が存在していますから、中学校の中にATMを設置したとでも?

 

 

また、本拠地のあるロンドンにもATMは設置されておらず、北部の片田舎に一つだけ設置されていると地図上では確認できました。

 

 

管理人としては、本当はどこにも設置されていないのではないかと考えています。

 

 

誰も調べに行かないような場所を適当に選んでいる。ただそれだけにしか見えませんでしたと。

 

 

永遠に近日公開のままか?

「ビットライフ(BIT-LIFE)」を運営する「クリプトレイジング社」は、その他にもクレジットカード事業不動産投資などの事業を行っているとHPには記載されています。

 

 

それらの詳細についても確認してみましが、その他の事業はすべて近日公開となっておりました。

 

ビットライフの事業は全て近日公開

 

所在地がレンタルオフィスという点や、ATMの設置場所を偽装している可能性を考えるとまともな事業計画があるのかさえ怪しいところだと感じます。

 

 

前身のAIトレードに関してはポンジスキームの疑いもありましたが、ビットライフではよりポンジスキームの疑いが強くなっているように見えます。

 

 

以上の点から、「ビットライフ(BIT-LIFE)」は全くオススメできない投資案件であると判断させていただきます。

 

「ビットライフ(BIT-LIFE)」のまとめ

・本社がレンタルオフィス

・ATMの設置個所がおかしい

・クリプトレイジング社の役員は日本のマルチ業者

・その他の事業は全く進んでいない

 

人気記事一覧

ビットライフ(BIT-LIFE)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年5月25日

    大阪の本町のマンション内のビットライフの事務所、飛ぶ様子です!捜査の手が近づいているみたいです。

  • 投稿者名:匿名2019年5月24日

    Aitradeの加藤ちさが新規メンバー集まらないのでBITLIFEメンバーにしつこい勧誘してるw完全にMLM素人で育成も出来ないのし、50過ぎて20代前半の若い学生あがりの子ばかりメンバーにしてるw

  • 投稿者名:匿名2019年5月24日

    森の中に設置出来るわねーだろw

  • 投稿者名:匿名2019年5月24日

    森の中に仮想通貨ATMを設置しているてwwww

  • 投稿者名:正論言ってるようで、分かってない人多い2019年5月24日

    一時的って、期間かどれくらいなわけ?もう1年続いてるけどさ、3年や5年経ってもポンジですかね?普通の会社なんか5年以内に9割潰れるので、そこに株式投資してる人の方がよっぽと詐欺にあってると思うわ。中身があるない関係なく、続けはOK、だめなら詐欺。普通の会社でも中身があるないなんか内部しか分からないし、完全に回らないのに大丈夫とか言う会社も多くて、潰れた後でポンジってわかる会社は普通の会社の方がよっぽど数が多いしさ、結局流行ってるから誹謗中傷の的になってるのは確かだね!それと商品はシステム関係以外に現物いくつかあるのにポンジでそこまで出来るわけないにね。

  • 投稿者名:警告2019年5月23日

    「ポンジスキーム」とは、出資者から集めた資金をそのまま出資者に配当として渡す事です。一時的に少しの配当を得る事が出来ても、結局運営側は何の投資もしておらず利益も生まれていない事から資金が一番溜まったと思われるタイミングで倒産したり飛んだりします。BITライフを使っているみなさん。同じような状況が当てはまりませんか?もし少しでも当てはまるなと感じた方は今すぐに辞めた方がいいです。今は大丈夫でも、最終的には地獄が待っていますよ。

  • 投稿者名:匿名2019年5月23日

    普通の株式会社の方が飛ぶ会社たくさんあるしねw何年やってよーが結局は飛んだら詐欺とか言われるだけ。誹謗中傷サイトって、そのサイトがやってる案件に勧誘するために誹謗中傷して注目を集めるだけで、でも誹謗中傷されるってことは儲けてる人が多いから集まってるのも事実。

  • 投稿者名:匿名2019年5月22日

    ビットライフの仕組みはそのまんまポンジスキームですよ。モロね。ポンジスキームだから今の段階では詐欺確定という事にはなりませんが、そのうち飛んだりしたら判明することでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年5月21日

    集団訴訟サイトのまとまりじゃん、ここ1つも訴訟したことないし、弁護士が仕事ないからやってる副業サイトじゃんw人数集まったからと言って訴訟するためには実被害無いと無理だし、ビット案件は法律外の話だから弁護士も知ってるはずだしさ、とりあえずここから個人的な相談させて違う弁護や仕事に繋げる弁護士副業サイトw

  • 投稿者名:イマイ2019年5月21日

    BIT-LIFEとAI-TRADEはまた別物なんですね?
    最近BIT-LIFEの事を知って色々調べてこちらにたどり着きましたが、AI-TRADEの創立者は犯罪者だったという事を知り衝撃を受けました。
    そういうことからBIT-LIFEがわかれていったということなんでしょうけど、安心していいのでしょうか?
    判断に困っています。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^