ビットマスターはただのマルチ商法か…法令違反の可能性も

サービス名ビットマスター
運営会社株式会社ビットマスター
責任者西 貴義
電話番号050-6865-5549
会社所在地鹿児島県鹿児島市薬師1丁目18-13 M2ビル

ビットマスターは危険だった

仮想通貨に関する消費者トラブルが2018年~2019年にかけて急増中。

 

 

そのトラブルの多くを占めるのが、高配当が売りのHYIPや、案件を知人に紹介することで報酬が発生するMLM商品となります。

 

今回捜査を行った「ビットマスター」に関しては、推定でも2015年頃から仮想通貨を用いたMLM商品となっております。

 

 

仮想通貨の決済手段としての普及を目指すことを目的としていたビットマスターですが、2019年現在は果たしてどこまで実現出来ているのでしょうか?

 

 

また、今後どれだけの目標が実現可能なのか?仮想通貨ポリスが運営会社の実態を含めて捜査を行い、運営会社の実態も含めてレポートをまとめました。

仮想通貨MLMのはしり

ビットマスターがどのようなサービスを展開しているのか、捜査したところ以下のような事業を展開していることがわかりました。

 

 

・仮想通貨専用ATMの販売

・独自の決済システムの販売

・BTCマスターカードの開発

・専用の決済アプリの開発

・BMEXなる仮想通貨取引所の運営

 

 

上記の事業を行っているようで、ビットマスターに関しては利用者側は投資ではなく、ビジネスパートナーとしてビットマスターの商品を紹介・販売が行えるというもの。

 

 

なので、利用者側にはビットマスターが取り扱う商品を知人に紹介・販売をする営業マンとして活動をしてくれという事。

 

ビットマスターのビジネスモデルMLM

 

分かりやすい言い方をすると、MLM(マルチ商法)だという事ですね。

 

 

具体的な販売商品の価格まではわかりかねますが、ビットマスターの商品を販売する権利を獲得するための登録料は30万円近く必要との情報も確認できています。

 

 

まともなビジネスを展開する企業が一個人のパートナーに30万円もの大金を要求することなどあり得るのでしょうか?管理人としては非常に怪しいものとみています。

 

ビットマスターの運営会社が危険

ビットマスターの本社はカナダに拠点を置いているとされており、カナダの登記情報を確認したところ、「BITMASTER FINANCIAL INC」という企業名が確認できました。

 

 

この企業が日本にも展開をしているのかと思いきや、日本にも「株式会社ビットマスター」なる企業が鹿児島に存在することが判明。

 

ビットマスターの会社情報

 

そして、そこには旧会社名は株式会社ユートクであったという記載が。

 

 

この株式会社ユートクについて調べていくと、実は過去に「安心生活ゆいの会」なる、福利厚生を売りにしたMLM商品の販売を行っていた企業であるという情報を確認。

 

 

 

このゆいの会がどのようなものだったのか?を捜査すると、実は特定商取引法にも抵触する恐れがあるグレーな勧誘が行われていたと2008年当時には問題となったようでした。

 

ゆいの会について

 

あくまでネット上での話になりますが、会費を徴収して配当を出すというシステムについては、「ビットマスター」の手法と酷似しています。

 

 

同じ会社なので当然といえば当然ですが、これでは日本のマルチ屋が仮想通貨に目を付けて事業を変更しただけ、という印象を強く受けます。

 

では、ここからは「ビットマスター」の掲げるビットコインの決済手段としての普及がどこまで進んでいるのか?について、捜査をしていきます。

 

ビットマスターは口だけ

ビットマスターの事業内容の1つには、日本中にビットコインATMを設置するというものがございます。

 

 

もう少し詳しく説明すると、ビットマスターへの販売者登録を行い、自分がオーナーとなるビットコインATMが設置できるというもの。

 

 

オーナーとなった会員はATMの利用時に発生する手数料が収入になるため、不労所得を得ることが出来るというのがビットマスターの言い分の様子。

 

 

このビットコインATM事業が本当に進められているのか?

 

 

ネット上で仮想通貨ATMの設置場所が確認できるサイトにて捜査を行ったところ、ビットマスターのものと思われるATMはどこにも設置されていないという事が発覚します。

 

ビットコインATMの設置個所

 

一応、日本にはビットコインを含む仮想通貨ATMは全国に3台設置されているようなのですが、ビットマスターのものと思われるATMは見つかりません。

 

 

これを見る限りでは、全く営業などかけていないように見えますね。

 

 

さらに、ビットマスターの会員向けに提供されている福利厚生ジャパンサービスについて捜査してみると、これらはすべて他社が提供するサービスであることも発覚します。

 

ビットマスターの会員サービスの真実

 

実際にサービスを提供しているのは、会員特典アウトソーシング・会員特典代行サービスを提供する業者「株式会社シュフリー」となっておりました。

 

 

実際にサービス自体は利用できるので問題ありませんが、ビットマスターの公式サイトには…

 

ビットマスター公式サイトの記載

 

ビットマスターがホテルと提携していると勘違いしかねない記載が確認できます。

 

 

実際にビットマスターのセミナー等でもこのあたりの会員特典については話がされているはずですが、しっかりと説明があることを願うばかりです。

 

 

以上の内容から、ビットマスターについては実態を伴ったビジネスであるとは思えない、投資すべきではない案件であると仮想通貨ポリスでは判断いたします。

 

 

MLMの中でも最も悪質だと言われるビジョン系マルチに投資をするくらいならば、直近で価格が30倍に急騰した通貨の予想を的中させている「クリプトカレンシーマスター」の方が、健全に仮想通貨投資を行うことが出来ますよ。

 

ビットマスターのまとめ

・過去にもグレーなMLM案件を取り扱っていた

・事業はほぼ進んでいない可能性アリ

・会員特典等、自社サービスは何もなし

・本社が火事にあったらしい

人気記事一覧

ビットマスターの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年10月17日

    ビットマスターを解約しました。そのあとポリスでも取り上げられているちゃんとした仮想通貨の情報を提供してくれる会社さんを利用して利益をあげられています。確実に言える事はマルチ商法と仮想通貨が結びついた案件は詐欺ということです。

  • 投稿者名:匿名2019年10月16日

    火事の被害なんて一週間ありゃ取り戻せるだろ。
    今時紙でやってる仕事でもあるまいし。
    なのに復旧しないのはなんでか?
    答えはシンプル。

  • 投稿者名:匿名2019年10月15日

    最近になってこういう詐欺に騙されている人をちらほら見るようになったのですが、仮想通貨ポリスの存在ってあまり知られてないんですかね?

  • 投稿者名:匿名2019年10月14日

    火事もデマで、それを理由に入出金停止するってのは飛ぶための時間稼ぎって、モロ台本通り。
    他の投資案件でも一緒なんだよな、どれも何かトラブルが起こって復帰のために精一杯やってます!感を出して結局何もならず終了。
    こういう詐欺案件が一刻も早くなくなることを願う。

  • 投稿者名:匿名2019年10月13日

    結局ただのマルチ詐欺だろ。本当にこういう糞みたいな詐欺多いよな。その反面良質な情報を届けてくれる投資情報サイトも増えてきているみたいなのでその点だけが唯一の救いなわけだが。

  • 投稿者名:匿名2019年10月12日

    出金は停止みたいですよ。
    これが詐欺じゃないとしたら何なんですかね?

  • 投稿者名:匿名2019年10月12日

    てか気になるんだけど仮想通貨専用ATMって今のところ需要あるの…?MLMって時点でアレだし内容も内容で非現実的すぎるんじゃない…?

  • 投稿者名:匿名2019年10月10日

    火事で業務停止してから復帰ってしたの?
    公式サイト上では一応アナウンスされてるけど。
    てかそもそもなんでこんなあからさまに詐欺な会社が存在し続けていられるの?

  • 投稿者名:匿名2019年10月6日

    会員になると絶対にハッキングされない安全安心のコールドウォレットでBTCを管理してもらえます。

    引出しできません。

    ギャグかよ

  • 投稿者名:匿名2019年10月5日

    twitterでも詐欺としか言われてないですね。気になって調べてみたんですがめちゃくちゃに叩かれててひどいですよ。こういう仮想通貨のMLMってたくさんあるみたいですから気を付けないといけないですね。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^