仮想通貨取引所「BTCC」を使うメリットやデメリット、安全性を調査

取引所名BTCC

BTC取引所の良い所、悪い所を包み隠さずにお伝えします

2011年から運営を開始した、仮想通貨業界でも老舗と言われる取引所の「BTCC」
 
 
豊富なボーナスキャンペーンがあり登録するだけで仮想通貨を貰うことが出来るので、初期費用を抑えながら仮想通貨投資を行うことが可能です。
 
 
今回はBTCC取引所の特徴を余すことなく解説すると共に、投資家にとってメチャクチャ良い所と全然ダメな所を包み隠さずにお伝えしていきます
 

BTCCとは?どんな仮想通貨取引所なのか

BTCCは、2011年頃に上海で設立された運営歴10年を超える元中国最大の仮想通貨取引所になります。
 
 
米国やカナダの金融庁に登録を済ませており、世界でも安全性の高い取引所として有名です。
 
 
創設者であるボビー・リー氏はライトコインを開発したチャーリー・リー氏の兄であり、仮想通貨業界の権威として有名な人物。
 
 
2022年現在はイギリスに本社を置き、FX取引が行えるデリバティブ取引所としては世界6位の取引高を持っています。
 

BTCC仮想通貨取引所のメリット

まずはBTCC取引所が他の取引所と比べて優れている点など、BTCCを利用するメリットを確認していきます。
 

豊富なボーナスキャンペーン

BTCCでは口座開設時やトレードする量に応じたボーナスキャンペーンを頻繁に開催しています。
 
 
特に口座開設のみで10USDT(ドルと同じ価値の仮想通貨)が貰えたり、最大1BTCが当たる宝くじなどの独自のキャンペーンが人気となっています。
 
BTCCはボーナスキャンペーンが多い
 
BTCCへの口座開設&本人確認のみで貰えるボーナスも豊富なので、初期費用を抑えたい方に向いた取引所と言えます。
 

最大レバレッジ150倍まで設定可能

BTCCでは最大レバレッジ150倍まで対応しています。
 
 
※レバレッジとは
自分の投資金以上の金額で取引を行える機能。投資金が1万円の場合、レバレッジを150倍で150万円分のトレードが可能になる。
 
掛け金が多くなるので大きなリターンを狙えるが、リスクも比例して高くなる取引方法。
 
 
最大レバレッジに対応しているのはBTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)のみとなります。
 

追証なしのゼロカットシステム

レバレッジ取引は自己資金よりも多い金額で投資しているため口座残高がマイナスになるケースがありますが、BTCCではマイナス分を補填してくれるゼロカットシステムを採用しています。
 
 
どれだけ高いレバレッジを掛けても、数十万以上も口座残高がマイナスになったとしても、自己資金以上の損失が発生することはありません。
 

取引量が多く注文が通りやすい

BTCCは2022年時点で100万人以上が口座開設を行っており、日本国内の取引所とは比べ物にならない取引量を誇っています。
 
 
有事の際でも注文が通りやすいので、極端な暴落や高騰時でも通常通りにトレードを行うことが出来ます。
 

日本語に対応済み

BTCCは海外の取引所ですが、サイト内や公式アプリ、カスタマーサポートの全てで日本語に対応しています。
 
 
日本の取引所よりも出来ることが多く操作も増えるのが海外取引所の難点ですが、BTCCでは日本語での問い合わせにも対応。
 
 
公式チャットや公式LINEも日本語に対応しているため、分からないことがあればすぐに質問することが出来ます。
 

デモトレードが出来る

BTCCは口座開設すると、取引の練習に使えるデモトレード用のコインを貰うことが出来ます。
 
BTCCはデモトレードに対応してる
 
いきなり自分の資金を使ってトレードするのは不安ですが、デモ用の資金が配られるので仮想通貨投資の練習や雰囲気を掴むためにデモトレードを行うことができます。
 

海外の金融庁に登録している

BTCCはアメリカ、カナダのある金融庁で営業の認可を取っている仮想通貨取引所になります。
 
↓アメリカでの登録を確認
BTCCは米国でライセンスを持ってる
 
BTCCの運営会社である「BTCC UK LIMITED」は、金融サービスを提供する業者として認可された企業出ることが確認できました。
 
 
ライセンスを持たない他の仮想通貨取引所よりも信頼性が高いと言えます。
 

BTCCのデメリット

BTCCを使う上でデメリットとなるような点はあるのか?合わせて確認していきます。
 

取り扱ってる仮想通貨が少ない

2022年7月現在、BTCCが取り扱っている仮想通貨は24種類であり、他の海外取引所と比較すると少ない部類に入ります。
 
 
世界最大手と言われるバイナンスは200種類以上、仮想通貨FXで最大の取引量を持つBybitでも50種類以上のコインを取り扱っています。
 
 
日本国内の取引所と比較すると取り扱い通貨は豊富ですが、海外基準だと少し心許ない状況になっていました。
 

日本の金融庁には登録していない

BTCCはアメリカ、カナダで認可を受けた企業ですが、日本国内で金融業者として運営する資格を有していません。
 
 
そもそも海外業者なので日本で登録する必要もないのですが、2022年には日本公式ツイッターが出来るなど日本市場への参入を試みてるようです。
 
 
海外では既に認可を受けているので、近い将来に日本の金融庁への登録を済ませるかもしれませんね。
 

BTCC 取引所としての評判は

BTCCの評判や口コミを調査したところ、Twitter等では「BTCCは詐欺業者だ」という評判が上がってる模様です。
 
BTCCの評判
 
BTCCの評判が本当なのかを詳しく調べると、どうやらロマンス詐欺(マッチングアプリなどを使った投資勧誘)の入金先として、BTCC-FXという偽の取引所を使えと誘導が行われている模様です。
 
BTCC取引所 本物と偽物の比較
 
BTCCのURLはhttps://www.btcc.com/になるのですが
 
偽サイトのURL(閉鎖済み)は
・https://www.btccfxev.com/
・https://wap.btccfxev.com/
 

の2種類が確認されており、どちらも本物のBTCCとは別のURLを持つサイトとなります。
 
 
世界的に知名度のある取引所であることから、詐欺に利用されるケースも出てきている模様です。
 

BTCC 口座開設のやり方

BTCCの口座開設はメールアドレスと電話番号の入力だけで完了してしまいます。
 
 
まずは公式サイトの真ん中辺りにある「会員登録」ボタンを押し、登録画面を開きます。
 
BTCCの登録画面
 
電話番号、メールアドレスのどちらかで登録を行うのですが、最終的に両方とも入力を求められるのでどちらでも構いません。
 
 
メールアドレスの登録が終わると、次は電話番号を入力していきます。
 
BTCC 登録のやり方
 
 
電話番号の認証まで終わると10USDT相当のボーナスが付与されるため、そのまま直ぐにトレードを開始することもできます。
 
 
その他にもキャンペーンやボーナスを受け取るには本人確認(KYC)が必要になるので、何か目的がある方は本人確認まで終わらせておくとスムーズです。
 

BTCC 本人確認のやり方

アカウントの作成が終わったら、ログインしたページのメニューから「マイページ」を選択し、本人確認をタップします。
 

 
本人確認書類のアップロードページが表示されたら、提出する確認書類を選択します。
 
 
BTCCの本人確認方法
 
免許証の場合だと表面、裏面の写真をそれぞれ1枚ずつと自撮り写真をアップロードすれば、本人確認の審査が行われます。
 
 
概ね数分で完了するのですが稀に数時間~数日要することもあるので、気長に審査完了を待ちましょう。
 

BTCCは豊富なボーナスやデモ機能などを持つ、使いやすい仮想通貨取引所

BTCCでは口座開設、入金以外にも様々な条件ごとにボーナスが設定されているため、お得に仮想通貨のトレードやFX取引を始められる取引所になります。
 
 
デモトレード機能など、初心者の人でも練習できる環境も整っているため、仮想通貨への投資が未経験の方に向いていると言えます。
 
 
日本以外では金融ライセンスも取得しているため、他の怪しい取引所を使うくらいならBTCCの方が安全に利用できるはずです。
 

人気記事一覧

BTCCの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年7月12日

    デリバティブ取引でも信頼性が高いBTCCはお勧めできる。地味ながらもCoinGeckoのデリバティブ取引所リストでBTCCは第6位にランクインしているので取引高も少なくはない。

  • 投稿者名:匿名2022年7月12日

    ビットコインがなんぼ安いといってもビットコインが1万円しなかった2011年にローンチされたBTCCはびくともしないと思うよ。値下がりしたらTVCMやめちゃったコインチェックとは違う。

  • 投稿者名:匿名2022年7月8日

    バイナンス人気に押されがちだけど最古の仮想通貨取引所は先月11周年を迎えたBTCC、バイナンスなんて最初はSCAM扱いされて相手にされてなかった。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。