Bybitの使い方や手数料、入金方法などを一から解説

Bybitのサムネイル画像
取引所名Bybit()バイビット
運営会社Bybit Fintech Limited
CEOBen Zhou
本社所在地シンガポール

これでBybitについて完璧に覚えられる

レバレッジ100倍まで設定可能な取引所として注目を集める「Bybit」の使い方や手数料、入金方法などの基本情報を解説していきます。

口座開設時に必ずやっておきたいキャンペーンの受け取り方なども併せて紹介します。

Bybitの最新情報

2020年4月よりキャンペーン期間中のトレード量に応じて最大1000USDTが貰えるキャンペーンを開催しています。
 

 

BybitのUSDR配布キャンペーンの詳細
 
最大額である1000USDTを受け取るには、期間中に日本円に換算すると5億円強の取引が必要となります。
 
 
対象となるのはBTC/USDTの通貨ペアのみだと公式サイトには表記されているため、注意してください。
 
 
開催期間は2020年5月10日までとなっています。
 
 
取引量として必要な金額は膨大に見えますが、レバレッジ取引なども行えますので資金力のある方は狙ってみると良いでしょう。
 
 

Bybitは他の取引所より何が凄いのか?

 
 
まずはBybitと他の仮想通貨取引所を比較した際に、優れている点、メリットと感じられる点を紹介していきます。
 
 

■メリット①:日本語サポートに完全対応している
 
Bybitでは日本語が選択可能
 
海外の仮想通貨取引所では日本語に対応していないことがほとんどですが、Bybitではサイト内の言語を日本語に変更可能です。
 
 
日本人スタッフが在籍しているので日本語でサポートが受けられると公表しているのですが、利用した方の評判を確認する限りは日本語が使えるスタッフが在籍しているとのこと。
 
 
チャットでの問い合わせも受け付けているようなので、登録時に分からないことがあれば聞いてみましょう。
 
 
■メリット②:USDT無期限契約が可能
 
BybitがUSDTの無期限契約を開始
 
USDTを証拠金として使用するので、暴落や急騰でのリスクを受けにくくなります。
 
 
その他にもロングとショートの両建てが出来るという点やクロスマージンモードという機能で未実現損益の共有が可能です。
 
 
これにより、含み益や入金額も証拠金としてポジションを持つことが可能となります。
 
 
■メリット③:取引手数料が貰えることもある
 
Bybitの取引手数料一覧

 
自分で価格を決める指値注文(Maker注文)を行った場合は、0.025%の取引手数料が貰えます
 
 

逆に価格を指定せずに注文を出した場合は0.075%の取引手数料が必要です。
 
 

指値注文で取引した方がお得でsがその金額にならない限り取引が成立しませんので、長期間取引が行われないといったケースも考えられます。
 
 
■メリット④:賞金付きのキャンペーンが良く行われる
 
Bybitのキャンペーンについて
 
Bybitではこれまでに賞金総額5000万円のトレードバトルや、新規ユーザー限定、200ドル配布のキャンペーンなどを頻繁に開催しています。
 
 
登録するだけで5ドル相当のアルトコインが配布されるなどのキャンペーンも頻繁に開催されているため、登録はキャンペーン適用時が狙い目です。
 
 

■メリット⑤:KYC不要
ユーザー登録にはメールアドレスや電話番号のみで登録が行えるため、身分証の提出などを求められるKYC(本人確認)が原則、必要ありません。
 
 
仮想通貨FX取引所でもユーザー数の多いBITMEXでもKYCは不要ですが、今後KYCを導入するのではないか?というウワサも出ています。
 
 
より匿名性の高い仮想通貨取引を行うという点では、bybitは良い取引所であるといえるでしょう。

■メリット⑥:追証なし
Bybitでは証拠金以上の損失を防止するために、証拠金維持率を下回った場合に強制的にポジション解除が行われます。
 
 
トレーダー側の意識でポジション継続が出来ないという見方もできますが、それ以上に借金をしてまでトレードをするなどのリスク回避が行われます。
 
 
ただ、注意しなくてはいけないのは、ロスカットになるとほとんどの場合証拠金が全て無くなるという点。
 
 
Bybitの設定したロスカットのルールは絶対に把握しておきましょう。
 
 

続いて、他の取引所と比べて劣っている点、デメリットと感じられる点を紹介していきます。
 
 
■デメリット①:対応通貨数が少ない
 
Bybitの取引可能通貨
 
Bybitで取引可能な通貨数は現在
・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・USDT(テザー)
・EOS(イオス)
・XRP(リップル)
 
 
以上の5通貨のみとなっています。他の取引所に比べると取引可能な通貨数が少ないですね。
 
 
今後ライトコインの追加を予定しているようです。
 
 
その後はどれくらいのペースで取り扱い通貨を増やしていくのか不明なので、スケジュールなどを公開してくれると分かりやすくていいですね。
 
 
■デメリット②:出金限度額が一人1日10BTC、全体で100BTC
Bybitではユーザー一人に対する出金制限を設けています。
 
Bybitの出金限度額
 

上記の表通りとなっております。
 
 
※2020年4月時点では出金限度額に関する記載が公式サイトより消えていました。
現在は対応出来ているようです
 
 

■デメリット③反社会勢力と繋がる人物が宣伝していた
 
Bybitの公式アンバサダー「KAZMAX」
 
“自称カリスマ”仮想通貨トレーダーの「KAZMAX」が、Bybitの公式アンバサダーとして
ネット上では賛否両論が巻き起こりました。
 
 
「KAZMAX」はBybitのトレードバトルに優勝した人物に対して1000万円の賞金を自腹で出すと豪語したものの、賞金が支払われないというトラブルが発生していた模様。
 
 
結局、数か月遅れでBybitから支払われたようです。
 
 

■デメリット④:取引履歴が100件or7日分しか見れない
仮想通貨に増税額を確定するために、各取引所の取引履歴の提出が必要になります。
 
 
Bybitでは取引利益が最新100件、もしくは7日分のみダウンロードが可能となるため、確定申告に向けて自分で細かくダウンロードしなくてはいけません。
 
 
※2020年4月現在は最大で90日分の取引記録が閲覧可能となりました。
 

Bybitで2020年に開催されたキャンペーンの詳細

【2020年4月現在も開催しているキャンペーン】

■公式SNSの応援
公式Twitterのフォローキャンペーン
 
Bybitの公式Twitterをフォロー+RT+フォーム入力するだけで、5ドル受け取れます。
 
 
口座開設を行えばだれも参加できるため、見逃さないようにしましょう。
 
 

■取引体験
初回の取引キャンペーン
 
Bybitで実際に注文を出すことで5ドル受け取れます。注文時に利確とロスカット値を設した際に適用となるので、注意してください。
 
 

■アンケート
Bybitのアンケートに答えるキャンペーン
3分程度で完了するアンケートに答えるだけで5ドル相当のクーポンが配布されます。
 
 
■累計入金額1BTC以上で20ドル
Bybitへの入金額に応じたキャンペーン
 
Bybitへの入金額が1BTCを超えた段階で20ドル相当のクーポンが配布されます。
 
 
■取引日数10日以上で5ドル
Bybitの取引量に応じたキャンペーン
 
取引日数が10日を超えた段階で5ドル相当のクーポンが配布されます。
 
 
■USDTエアドロップキャンペーン
取引量に応じたUSDTの配布キャンペーン
 
USDT無期限契約が開始に伴うキャンペーン。取引量に応じて最大1000USDTのエアドロップ(無料配布)を受け取ることが出来ます。
 
 
【2020年に開催していたキャンペーン】
 
■Bybitの聖パトリック祭り
Bybitの聖パトリックキャンペーン
 
聖パトリックの日(アイルランドの祝日)を記念して開催された2週間に渡るキャンペーン。USDTやレジャー・ナノなどのウォレットが獲得可能。
・友人紹介紹介ボーナス
・ジャックポット抽選会
・毎日のログインボーナス
 
 
など、ログインするだけでもUSDTを貰うことが出来ました。
 
 
■アプリ体験企画
Bybitのアプリ体験企画
 
Bybitがリリースしたアプリにて取引を行う事で、最大1000ドル相当のUSDTが受け取れるサービス。
 
 

以上が主だったキャンペーンの紹介になります。
 
 
登録する時期によって損得が変わってきますので、お得なキャンペーン開催を狙ってユーザー登録してみるのが良いでしょう。
 
 

Bybitの基本情報

■運営会社:Bybit Fintech Limited
■CEO:Ben Zhou
■本社所在地:シンガポール
■社員数:約50名
■対応通貨数:5通貨(今後ライトコインが追加予定)
 
 
【創設チーム】
外国為替業界の専門家、投資銀行、そして初期のブロックチェーン技術採用者などで構成されたチームになります。
 
 
【技術チーム】
Morgan Stanley、Tencent、Ping’an Bank、Nuoya Fortune出身のエキスパートが集まっています。
 
 

Bybitの入金方法、入金可能な通貨の種類

Bybitでは日本円、USドルなどの法定通貨での入金は受け付けていません
 
 
そのため、利用前にどこかで仮想通貨を入手しておく必要がありますね。
 
 
取り扱いは仮想通貨のみで…
・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・EOS(イオス)
・XRP(リップル)
 
 
2020年4月15日現在は上記の仮想通貨にて入金が行えます。
 
 
現在はライトコインの上場に期待しているため、今後対応通貨を増やしていくとのことです。
 
 

Bybitの出金について

Bybitから出金を行うには、出金先となるアドレスを事前に登録しておく必要があります。
 
 
アドレス追加後に出金先のアドレスが選択可能になるので、登録後に忘れず設定しておくことをお勧めいたします。
 
 
また、出金手数料は無料なのですが、トランザクション手数料を負担する必要があります
 
 
出金を行う際には手数料が申請画面に表示されるので、その金額を支払いましょう。
 
 

出金手数料や出金限度額、出金手数料などについて

 
 
出金時の注意点としては、Bybitでは顧客の資金をコールドウォレット(ネットに繋がっていない場所)で保管している関係上、1日3回の出金時間が設けられています。
 
 
・1回目 01:00
・2回目 09:00
・3回目 17:00
 
 
出金時間の30分前までに申請が行われた分だけが出金の対象となりますので、時間には気を付けてください。
 
 

Bybitのまとめ

最大レバレッジ100倍という、日本の仮想通貨取引所ではできない取引が行える点は魅力的ですね。
 
 
証拠金も値動きの激しいBTCではなく、USDTで行える点はトレードしやすい良い点だといえます。
 
 
仮想通貨の妙味ともいえるハイリターンを狙ってみたい方は、利用してみてはいかがでしょうか?
 
 

人気記事一覧

Bybit()バイビットの口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^