EMIコイン「詐欺師が主催」のプライベートセールを開始

通貨名EMIコイン
通貨コードEMI
発行元emi-foundation
総発行枚数不明
BCプラットフォームERC223
公式URLhttps://emi-foundation.com/

プライベートセールの本当の目的とは

2018年9月未明。仮想通貨ポリスがEMIコインのプライベートセール詐欺であるという証拠を発見しました。

 

 

投資家から集められたEMIコインの購入資金が不正送金されており、当初から詐欺目的で開始された実態のないプライベートセールであることが判明しています。

 

 

以下の捜査レポートでは、詐欺の物的証拠をすべて公開しています。

EMIコインは「ウソつき発見器」

2018年8月末、EMIコインのプライベートセールが開始されたと自称インフルエンサーたちが一斉に勧誘を開始しました。

 

フィスコソーシャルレポーター

  • 株王獅子丸
  • 株師孔明
  • その他

 

株式投資関連では割と影響力のありそうな2名がプライベートセールと称した勧誘を行っていることを確認。

 

 

彼らが口を揃えて言っているのは「予約枠」や「プライベートセール」という言葉。

 

 

プライベートセールについてはICOが行われる前の段階で購入ができる、縁故募集と呼ばれるような形での購入方式。

 

 

もちろん、そのトークンは繋がりのある人物からの紹介が無ければ購入できないような状態にあるといえるという事。

 

 

この、セールについて筆者が調べてみたところ、プライベートセールなるものが実際に行われている様子が全くなかったのです。

 

 

ご覧のようにウォレットの作成はすぐに行えて、トークンを購入することも可能

 

 

どう見てもプライベートセールとは思えないというのが、筆者の率直な意見です。

 

開発会社に電話取材してみる

今回のプライベートセールが本当に行われているものなのか、トークン等の開発を行ったとされるエストコーポレーションという企業。

 

 

評判を調べると助成金の営業がしつこいなどの口コミが見つかったのが気がかりですね。

 

まずは今回のプライベートセールがどういった状況にあるのか、電話で確認を取っていきます。

 

 

▼以下、エストコーポレーション様の担当者とのやりとり


 

筆者:「EMIという仮想通貨についてお伺いしたいのですが」

 

担当者:「はい、えーっと、トークンについてのお問い合わせという事で?」

 

筆者:「そうですね」

 

担当者:「まずですね、弊社自体ではですね、販売等はしておりませんでして…」

 

筆者:「なるほど、では、御社はどういった形でトークンに関わられているのですか?」

 

担当者:「弊社はあくまで開発のお手伝いという形です」

 

筆者:「では、販売はどちらの業者がやられているのでしょうか?」

 

担当者:「エミファウンデーションという海外の企業になります」

 

筆者:「あぁ、では、その企業さんがプライベートセールを行っているという事ですね?」

 

担当者:「いえ、基本的に日本人の方に向けたプライベートセールは行っていません」

 

筆者:「最近よく、インターネットでプライベートセールや販売枠などの話を聞くのですが…」

 

担当者:「なるほど…、弊社ではセールが行われていることは認識していません」

 

筆者:「現在確認できるセールの勧誘については、ウソの可能性が高いと思って大丈夫ですか」

 

担当者:「そう…、うーん…エミファウンデーションの方にご確認いただけるのが確実かと」

 

筆者:「結論として、公式にプライベートセールは行っていないという事でよろしいですか?」

 

担当者:「はい、我々はプライベートセールは行っていません」

 

筆者:「その“我々”というのはエミファウンデーションも含まれていると考えていいんですよね?」

 

担当者:「そうです」

 

筆者:「わかりました。ご丁寧にありがとうございます」

 


 

以上が電話で問い合わせた結果になります。

 

公式にプライベートセールは行っていないと回答を貰えた以上、現在行われているのはプライベートセールではない何かだという事に。

 

やはり詐欺だった

今回のプライベートセールが嘘であることが判明。では、送金先として指定されているアドレスは、一体何なのか。

 

 

筆者が捜査したところ、自体は急変します。実は、プライベートセールと称して集められた資金は全て、EMIコインの購入ではなくバイナンス宛てに送金されていることが判明しました。

 

 

順を追って説明させて頂きます。

 

まずは、プライベートセール専用の送金先として公開されていたイーサリアムアドレスの履歴を確認することに。

 

 

この専用アドレスには144件の取引履歴があり、そのうち1件だけ、別のイーサリアムアドレスに555ETHが送金されていることが確認できます。

 

 

もちろん、送金されているのはEMIコインの購入資金として集まった投資家たちのETHになります。

 

 

続いて送信先となったアドレスの取引履歴を確認していきます。

 

送金された555ETHを間違いなく受け取り、翌日にはそのほぼ全額をまた別のアドレス2件に送金している事が確認できました。

 

 

投資家から預かった資金で何を行おうとしているのか。

 

 

それは、最後の送信先を確認したことですべてが判明します。

 

 

投資家から集められた資金は最終的に、誰かのバイナンス口座へと送金されていました。

 

 

やはり今回のEMIコインのプライベートセールについては、詐欺師が資金を集めるためだけに行われたという事です。

 

時系列を整理しましょう。

 

株王獅子丸らが読者向けにEMIコインのプライベートセールを告知し資金を集める

送金先となるイーサリアムアドレスに詐欺師のウォレットを指定

集めた資金をすべてバイナンス口座に移動

 

現在はここまでの段階であることは確定しています。

 

 

この資金を果たしでどのように使用するのかについては分かりかねますが、筆者が確認しただけでも送金してしまった投資家はすでに143人。

 

 

既にお分かりかと思いますが、これは純然たる投資詐欺です。

 

 

実際に投資された方々には受け入れ難い事実だと思いますが、これがICO投資の現実でございます。

 

 

私は常日頃からICO投資が危険なものであるとお伝えしましたが、今回の件でより一層、私の言っていることをお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

EMIコインのまとめ

  • EMIコインはプライベートセールを行っていない
  • EMIコインが詐欺師に利用されてしまった
  • フィスコソーシャルレポーターは信用ならない
  • ICOはやはり危険である

人気記事一覧

EMIコインの口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年11月24日

    以下のメールアドレス(support@emi-foundation.com)
    に何度も連絡して、やっと来た返信メールの内容が以下になります。
    以下のメールは返金申請の申し込みのメールですが、数か月たっても当然ですが返金されていません。

    EMI自体が詐欺とみてほぼ間違いないでしょう。

    Greetings from emi-foundation

    Hello, everyone.

    This is an important notice for EMI token buyers. This is new information about purchasing. As previously announced, we will start accepting purchases from July 20th. I am terribly sorry to bother you, but I am expecting your response regarding this issue.

    Below are the details.

    We will buy at the price of 140% of the EMI(ETH conversion) you purchased
    Send ETH to the wallet you specify. Please take note of the following notice, You assume full risk of loss resulting from address you entered.
    Remittance starts in End of July and will be processed in order, which may take some time.
    Applicable to all EMI held by the applicant. You cannot sell a divided.
    Application deadline is December 31, 2020.
    Users must also factor, to the extent of their local laws all aspects of taxation.
    Please register if you want

    Register Now
    Your One-time Token :

    Keep your token safe. Publicly exposing your token can result in your account being compromised, which could lead to unexpected

    The EMI Foundation Support Team

    © 2018-2020 emi-foundation

  • 投稿者名:匿名2020年11月21日

    公式テレグラム
    https://t.me/emifoundationofficial

    上のテレグラムで早く返せだの日本語で騒ぎ立てると、アクセス不可になります。

  • 投稿者名:匿名2020年9月1日

    Emi-Foundationの公式サイト、ウォレットにログイン出来なくなってますね。
    https://emi-foundation.com/

    contactのメールアドレスにメール送ってもサーバーエラーで返ってくるし、Emiコインに投資した資金は諦めるしかないのでしょうか…。

  • 投稿者名:匿名2020年5月29日

    EMI コインに支払った通貨は持ち逃げされたんですね、この被害を証明する手立てはない物でしょうか?

  • 投稿者名:匿名2020年5月12日

    EMIプロジェクトってパートナー会社がエストコーポレーションなだけで、もしかしたらエストコーポレーションも騙されてパートナーにされてる可能性もありますね。EMIプロジェクトの主は一体誰なのやら?emi-foundation.comもいつの間にか潰れてますしね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月29日

    上場しないよこのコイン
    今この状況で、医療系なのに何もできないんだから
    魅力ないよ上場したとしても誰も買わないでしょ

  • 投稿者名:匿名2020年4月27日

    EMIコインが上場する日はいつなのか…先が思いやられます…

  • 投稿者名:匿名2020年4月22日

    フィスコソーシャルレポーターって前から詐欺師まがいのような連中ばっかりだったから胡散臭いなーとは思ってたけど、結局こういう詐欺案件を広めるためにいる連中なんだね。フィスコ自体が怪しもんなーなんなら。あの取引所なんかも問題あるんじゃないか?

  • 投稿者名:匿名2020年4月16日

    コインオタクがエミコインの紹介をしてたの覚えてるんだけど、記事が丸々消えてなくなってるのはどういう事なんでしょうかね。

  • 投稿者名:エスト2020年4月14日

    このままだと詐欺師に利用されたのではなくて、加担ですよね。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^