エバードーム(EVERDOME) 今後の見通し – 価格が上がる時期を予想

通貨名Everdome
シンボルDOME

エバードームの特徴、将来性、買い方を画像付きで解説

一部のメディアやSNSにて2022年に最も期待できるメタバースと称されるエバードーム(EVERDOME)
 
 
ツイッターでは青汁王子が「エバードームは最も熱いメタバース暗号通貨になると確信してる」とツイートしたことでも話題に→実際のツイート
 
 
一体みんな、Everdomeの何に期待しているのだろうか。
 
 
Everdomeを調査した結果判明したのは「将来性をビンビンに感じる点」「今後直面するだろうヤバい問題点」でした・・・。
 
 
>>2022年に高騰期待のアルトコインを紹介してる「クリプトマスター」
 

エバードーム(EVER DOME)とは

エバードームは、現実世界と遜色のない日常生活をメタバース上で送れる、現実に限りなく近い超リアリティなメタバースを開発しているプロジェクトです。
 
 
Everdomeでは独自の仮想通貨「DOME」を発行しており、メタバース内での決済通貨として使われる予定です。
 
 
※以降、メタバースを「エバードーム(Everdome)」、独自通貨を「DOME」と表記します。
 
 
Everdomeで出来ることは多彩であり
・仕事
・デート
・ゲーム
・ライブなどのイベント
・ショッピング
 
など、人が生活する上で行う行動をそのままメタバース上でも行うことが可能です。
 
 
Everdomeが他のメタバースと異なるのは、独自の3Dスキャン技術を使い自分そっくりのアバターを作り出せる点です。
 
3Dスキャンの機能
 
この3Dスキャン技術では人間以外にも、現実世界のモノを超精巧にデジタル化することも可能
 
 
Everdomeは極限まで現実世界に近づくことを目的にした、超リアルメタバースだとして注目を集めています。
 

ディズニーなども採用する3Dスキャナーを採用

エバードームが使う3Dスキャナーは、
 
・ディズニー
・フェラーリ
・TOYOTA
・フォルクスワーゲン
 
といった、名だたる大企業も採用する最先端の3D技術が使われています
 
 
これまでにメタバースとして注目を浴びていた「The Sandbox(SAND)」や「Decentraland(MANA)」などのメタバースとは一線を画す、超高性能・超精密なメタバース空間が作成可能となります。
 

エバードームをプレイすればお金が稼げる

エバードームのメタバースは、プレイすることでお金(仮想通貨)を稼ぐことが可能です。
 
 
これは「Play to earn(遊んで稼ぐ)」というブロックチェーンを使った仕組みであり、具体的には…
 
・メタバースのアバターに着せる服
・メタバースの土地
・メタバース内で使うアイテム
 
全てのアイテムに所有権を与える(NFTにする)ことで、ユーザー同士での売買や有料で貸し出すことが可能です。
 
 
※NFTとは
ブロックチェーンを使い、データの複製や改ざんが不可能とになったデジタルデータ。誰がどのデータを持っているのかブロックチェーンで管理しているため、所有権の証明が出来る。
 
 
エバードームの中でお店を開いたり、地主になって家を貸したり、所有する土地に広告を掲載したり。
 
 
現実世界となんら変わらない経済活動をエバードームでは行うことが出来る予定です。
 

Unreal Engineが使われている

Unreal Engineはゲームを作る際に使われる開発ツールで、高グラフィックなゲームを作る際には欠かせないと言われています。
 
 
Unreal Engineが使われている有名なゲームとしては
 
・フォートナイト
・ドラゴンクエスト
・ファイナルファンタジー
・ストリートファイター
 
などが有名ですね。
 
 
本格的なゲームを作る際には必ずと言っていいほど採用されている開発ツールなので、エバードームも世界的人気ゲームと同等のクオリティが見込めるのでは?と期待を集めています
 

エバードーム(EVERDOME)が期待されている理由

エバードーム投資家から期待されているワケをお話していきます。
 

2022年のトレンド「メタバース関連」

米フェイスブックが社名を「メタ」に変更してSNS企業からメタバース企業に生まれ変わるなど、既にメタバースは大企業を巻き込んだ世界的なトレンドになりつつあります。
 
 
元々はゲームとしての側面が強かったメタバースですが、今注目されているのはビジネス、エンターテインメント産業での活用です。
 
 
・新型コロナの影響で加速したリモートワーク
・音楽フェスやライブなどのイベント
 
 
Everdomeは自分自身をアバターとして投影できる超リアリティが売りのメタバースです。
 
 
現実世界との違和感を無くしてメタバース上で仕事をしたり、アーティストが自分そっくりのアバターでオンラインライブを開催したり。
 
 
「現実との違い」を排除しているEverdomeでは、他のメタバースよりも現実的な体験ができるようになるかもしれない。
 
 
このような点が注目を集める大きな理由です。
 

ビジネスシーンでの活用が見込まれる

メタバースをビジネスに活用することで、これまでは常識だった出張や取引先への訪問をオンラインで行うことが可能に。
 
 
ビジネスの進捗を遅らせてきた要因を取り除き、飛躍的に生産性を向上できると言われています。
 
 
ただ、ビジネスシーンでの活用に懐疑的な方の意見として多いのが「ネット上のアバターだと話に説得力なくね?」という問題です。
 
 
「アバターだと説得力無い問題」を大きく改善できるのが、Everdomeが採用する3Dスキャン技術。
 
 
元の人間をスキャンして作られたアバターになるため、より現実に近い状況下でオンライン会議などを行うことが可能です。
 
 
Everdomeのメタバースには一定の需要が生まれてくるはずだとして、将来性に期待できるという声が多く上がっています。
 

大手企業が関与している

一部のメディアにて「Everdomeにはディズニーやフェラーリなどの大企業が関わっている」という情報が掲載されています。
 
 
この話が本当なのかを確認したところ、一部本当だけど少し大げさに言い過ぎていることが分かりました。
 
 
正しくは、Everdomeを開発会社の協力会社がディズニーなどの仕事を請け負っている形になります。
 
 
図で説明すると…
Everdomeに関する大企業との関係
 
Everdome自体がディズニーなどと関係があるわけじゃなく
 
 
Everdomeに機器提供&協力を行う「WDW」の親元である「WOLF STUDIO」が、ディズニーなどの大企業を相手に仕事をしているということですね。
 
 
つまり、Everdomeはディズニーやフェラーリが採用する技術を持つ企業と協力しているということですね。。
 
 
Everdomeで使われている技術の高さは折り紙付きである。こう考えてよいでしょう。
 

エバードーム(EVERDOME)の将来性、今後の展望

Everdomeは、メタバースの流行次第では上がる可能性を秘めている仮想通貨だと言えます。
 

メタバース関連としては伸びる可能性もある。

メタバースは2021年末から注目を集めた新しい分野のため、Everdomeを含むメタバースは開発途中であり、発展途上の分野です。
 
 
ブームのきっかけを作ったメタ社(旧フェイスブック)でさえ、メタバース事業に100億ドル(約1兆1000億円)を投資しているのに、正式サービスはまだリリースしていません。
 
 
2022年、2023年には今開発されているメタバースが続々とリリースされ始め、第二、第三のメタバースブームが起こる可能性は十分に考えられます
 
 
メタ社が正式サービスを開始するなど、これから先メタバースの認知度が高まるたびEverdomeもメタバース関連銘柄として注目されるかもしれません。
 

自分に似たアバターに需要が生まれれば伸びるかもしれない

Everdomeの特徴である、自分そっくりのアバターが作成できる機能には「良い点」「悪い点」が存在しています。
 
 
【良い点】
・ビジネスシーンとの相性がいい
・アーティストのオンラインライブに臨場感がでる
・ショッピング等で活用できる
 
中身の人間が見えないメタバースにおいては、デフォルメされたキャラクターよりも実在の人間そっくりなアバターの方が信頼できそうな気がしませんか?
 
 
現実世界でもスーツを着ている人の方が真面目そうに見えるように、見た目のよる信頼性向上という点においてはEverdomeを上回るメタバースは中々存在しません
 
 
アーティストのオンラインライブなどが正に良い例で、中身は有名アーティストでも外見が全くの別人だったら、見てる側としては楽しさも半減することでしょう。
 
 
また、最近ではメタバースの中でネットショッピングが出来る機能などもあり、自分と全く同じ背丈のアバターに気になる服を試着してもらうようなこともできそうですよね。
 
 
超リアルなアバターが作れるメリットは上記以外にもありそうですが、次は逆にリアルすぎるが故に抱えるデメリットも気になってしまいます。
 
 
【悪い点】
・メタバースに現実感を求めてない
・アバターの作成が大変
 
 
メタバースは現実ではできないことが再現できる仮想空間として使われることが多いので、そこに現実感が出る自分そっくりなアバターは本当に需要があるのでしょうか。
 
 
まるで異世界に転生するアニメのように、全く自分とは異なるアバターを動かして別の人生を歩む。
 
 
真にメタバースに求められているのは、どこまでリアルに別人になれるか?
 
 
そのような気がしています。
 
 
そして、最大の懸念点として考えられるのが、3Dスキャンする機材を世界中に用意する必要がある点ですね。
 
 
Everdomeの売りである、現実の人やモノを仮想空間に持ち込めるという機能は、3Dスキャンする機材があって初めて成立するシステムです。
 
 
おそらく本物に似てないアバターも作れるとは思いますが、それではEverdome最大の特徴である超リアルメタバースではなくなってしまいます。
 
 
3Dスキャンの機材をどうやって世界中に展開して、Everdomeのユーザーを増やしていくのか。
 
 
ちなみに、世界最大手の取引所であるバイナンスでは、CEOが「ユーザー数の少ないプロジェクトや仮想通貨は上場させない」と公言しています。
 
 
バイナンス上場はアルトコインが世界的に飛躍するための登竜門ともいえるので、Everdomeの世界展開、ユーザーの獲得は今後を左右する大きな課題となるでしょう。
 
 
実はバイナンスでは特定の分野が話題になると、その中で期待できるコインを新規上場させる傾向を持っている取引所なんです。
 
 
なので、バイナンス上場銘柄を追いかけると爆発的に価格を伸ばす仮想通貨が見つかるというのもよく聞く話です。
 
 
最近ではバイナンス上場後に20倍になったGMTコインの情報を事前に配信していた「クリプトマスター」などの情報サイトもあるので、上手く活用したいものですね。
 

エバードーム 現在の価格動向と今後の見通し

エバードームのチャート
 
DOMEは2022年2月8日に海外取引所のOKEXに約0.11円で上場。
 
 
その後、2月17日に最高値である10円を突破。
 
 
メタバースブームの最中であったことや、世界2位の取引所であるOKEXへの上場が好感され、高騰に繋がった模様です。
 
 
2月17日以降は下降トレンドを形成し、2022年4月時点では約5円前後にて取引されています。
 

ロードマップから今後の見通しを予想

エバードームは2022年のスケジュールを記したロードマップを公開しているので、価格に大きく影響を与えそうなイベントと時期についてお話していきます。
 
 
【2022年4月~6月】
第二回、Everdomeの土地販売(2nd land sale)
EverdomeNFTコレクションv1開始
VR体験開始
CEX取引所上場
EverdomeファッションNFT先行販売
新しい有名インフルエンサーとのパートナーシップ
 
【2022年7月~9月】
ステーキング第二段階(Staking Stage 2)
 
【2022年10月~12月】
インテリアデザインマーケットv1
その他CEX取引所上場
ファッションマーケットプレイスv1
乗り物、デバイス(Vehicles and device)マーケットv1
NFTマーケットを統合v1
 
 
まず注目したいのは、4月~6月に予定されている土地NFTの販売です。
 
 
基本的にはNFTが販売される際に、購入費用としてDOMEの需要増加が見込まれるため、価格上昇に繋がる可能性が高くなります。
 
 
ただ、NFT販売による価格高騰は回数を重ねるごとに弱くなることが多いので過信は禁物です。
 
 
2点目も4月~6月に予定されている新しい有名インフルエンサーとのパートナーシップですね。
 
 
日本でも青汁王子がエバードームを紹介したことで一気に知名度を向上させましたよね。
 
 
日本においてはトップクラスのインフルエンサーですが、もし次に世界クラスのインフルエンサーと協力することが出来れば、DOMEの価格上昇に繋がる可能性もあるでしょう。
 
 
最後は2022年10月~12月に予定されているその他CEX取引所への上場です。
 
 
DOMEが最高値を迎えるきっかけもOKEXへの上場でしたから、バイナンスに上場した場合は前回の最高値を超えてくる可能性も考えられます。
 
 
個人的な見解としてはDOMEの価格が動きだすのは2022年10月以降になると予想しています。
 
 
価格上昇に繋がりそうなニュースやイベントは当分先の予定なので、気長に待てる方は買ってみても良さそうです。
 
 
私は「せっかく仮想通貨に投資するなら早く結果を出したい」タイプなので、早く大きな利益が狙えるコインに投資する方が好みでした。
 
 
最近だと短期でハイリターンが見込める通貨を教えてくれる「FXAIパートナーズ」などのサービスもあるので、求めている情報が見つかるかもしれません。
 
 

DOME(エバードーム)の買い方

エバードーム(DOME)は海外取引所のBybitに上場しており、同取引所にて購入、取引することが出来ます。
 
 
購入までの大まかな流れとしては…
・Bybitの口座開設
・BybitにDOMEを買うための資金を送金
・BybitでDOMEを購入
 
今回はBybitでDOMEを買うまでの手順を画像付きで解説していきます。
 
 

① Bybitの口座開設

まずはBybitの公式サイトを開き、ページ中央にある「今すぐ登録」か、右上のタブにある「登録」を選択します。
 
Bybitの口座開設方法
 
 
登録画面が表示されたらメールアドレスとパスワードを入力、「Bybitの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェックを入れます。
 
 
Bybitへの登録方法
 
 
自分が取引制限国に該当していないことを確認すると認証コードがメールで送られくるので、認証コードを入力します。
 
 
Bybitの登録方法
 
 
認証完了が終わると入金案内が出てきますが無視して大丈夫です。
 
 
Bybitへの登録方法4
 
最後に画面右上の「×」ボタンか、日本語翻訳の「家に帰る」をクリックすれば口座開設が完了し、自分のアカウントページが表示されます。
 
 
登録後には本人確認やセキュリティを高める二段階認証などの設定がありますが、今回は割愛します。
 
 
口座開設と同時に一気に終わらせたいという方は、Bybitの登録~取引開始までの設定を解説した記事を参考にしてください。
 
 
>>Bybitの口座開設を「3分で終わらせる最速手順」を画像で解説 

Bybitに購入資金を入金しよう

口座開設が終わったら、次はBybitに仮想通貨を送金します。
 
 
ログイン後のメニュー画面から「入金」を選択し、Bybitに送りたい仮想通貨を選んでください。
 
Bybitへの入金方法
 
なお、入金する仮想通貨はリップル(XRP)がおすすめです。
 
 
ビットコインやイーサリアムなどは手数料として3000円~8000円前後かかる事があるので、安く済ませたい方はリップルの方がいいでしょう。
 
 
入金する仮想通貨を選んだら「送金先アドレス」と「送金用タグ」が表示されるのでコピーします。
 
Bybitで入金アドレスを確認
 
※タグは誰がリップルを送ったのか判別する数値なので、リップルの送金時には必ず入力してください。

 
後は国内取引所の口座から出金を選択し、コピーした入金用アドレスとタグを入力してバイナンスに送金しましょう。
 
 
以上でBybitへの入金は完了です。
 
 
日本国内での銀行振込などと違い、海外の取引所への入金になるため反映まで時間が掛かることがあります。
 
 
概ね1時間以内にはBybitに反映されるはずなので、なかなか入金できないと不安な方も慌てずに待ってみてください。
 

エバードームをBybitで買おう

購入資金が準備出来たら、いよいよDOMEを購入します。
 
 
先に入金したリップル(XRP)をDOMEが取引できるUSDTに換金しておきます。
※BybitではUSDTでしかDOMEが買えない(2022年3月18日時点)
 
 
ログイン後のメニューから「取引」をタップし、XRPを検索して「XRP/USDT」の取引ペアを選んでください。
 
XRPをUSDTに変える手順
 
 
取引画面に切り替わったら「売り」というボタンを押し、USDTに換えたい数量を入力します。
 
 
XRPを売ってUSDTに換えよう
 
金額に問題が無ければ「XRPを売り」をタップするとXRPの売却が完了し同額のUSDTを手に入れることが出来ます。
 
 
これでエバードーム(DOME)を買う準備が整いました。
 
 
再び検索画面を開き今度はDOME/USDTペアを選択してください。
 
DOMEをBybitで買おう
 
取引画面が表示されたら、購入量を入力して「DOMEを買い」ボタンを押せばDOMEの購入は完了です。
 

エバードームは今後、化ける可能性を持つ仮想通貨

エバードームは話題のメタバース関連、超リアリティという独自性があるので、他のメタバース銘柄とは違う期待を持つことが出来る仮想通貨だと言えます。
 
 
ただ、2022年のロードマップを見る限り目ぼしいイベントが年末に偏っているため、大きな価格変動にはまだ時間を要すると思われます。
 
 
2022年は仮想通貨を含む金融市場自体が不安定な影響もあるので、これからエバードームに投資する方は時間が掛かるかもれないことを理解した上で投資した方が良さそうです。
 
 
短期で稼げる通貨も知りたいという方は、毎月安定して稼ぎ続けられると評判の「FXAIパートナーズ」などが参考になるかもしれません。
 
 
最近では月利480%を達成したという口コミが投稿され、当サイトでも話題を呼んでいます。
 
口コミ
 
2022年の相場状況においても空売り(ショート)を上手く使うことで、上昇・下落のどちらに動いても利益が狙えるんだとか。
 
 
「現物保有よりも稼げる」という声も出ているので、ご興味のある方は調査記事をご覧ください。
 
 
>>急騰・急落目前の通貨ペアを教えてくれる「FXAIパートナーズ」
 
 

人気記事一覧

Everdomeの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年5月16日

    DOMEの下落は別に気になりませんね、Everdomeが本領発揮するとしてもまだ先でしょうし。NFTでやいやい騒いでますが、黙ってステーキングで増やしておきますよw

  • 投稿者名:匿名2022年5月10日

    CEOのRobGrynは以前のTweetでメタバースの市場規模は$13T(約1700兆円)になると言ってたけど、エバードームのシェアが今のままスライドしたら…

  • 投稿者名:匿名2022年5月10日

    Domeのスナップショット延期はたぶん、20日あわせて一週間しかステーキングしない人たちをふるい落とすために延期したんじゃないかと思うな。案外次のスナップショットはサイレントでやるかもね。

  • 投稿者名:匿名2022年5月9日

    ステーキングスコアの反映が先週より時間がかかってる気がするのは気のせいかな!?時間は測ってないからなんとも言えないけど!何時にスナショあるか分からないからそろそろ順位上げていかないと。

  • 投稿者名:匿名2022年5月4日

    エバードームとメタヒーローのCEO RobGryn のTwwetが色々匂わせるんだけど。spaceXとかHyper-loop train system とか、イーロンマスク砲を狙ってる?

  • 投稿者名:匿名2022年5月4日

    Everdomeの中のゲームに使われるMVみたいな通貨をNFT持っている人にプレセしたりしないかなあ、今後。レベルで購入価格の差が出てきたりしそうだけど、TensetのGemみたいに!Gemも一万人ですしね。でもそういうことが出来るようになるまであと何年かな〜。

  • 投稿者名:匿名2022年5月3日

    GenesisNFTに話題性だけで、たちまち飛びついた人も中にはいるのでは?そんな方はこのNFTが一体なんなのか?どんな魅力があるのか?特典はなんなのか?自分が何に投資したかしっかり理解しておく事は絶対に大切です。

  • 投稿者名:匿名2022年5月2日

    エバードームのランドオークションでDOMEの希少価値が高まり、オークションで買えなかった人がオープンシーでETHで買う手数料の10%のDOMEがバイバックされるからMOON

  • 投稿者名:匿名2022年4月28日

    ここまで低迷してましたけど、スナショ効果で買いが入りましたよね。周りを見るに追い込み掛けている人が多いですし、当然の結果でしょうか。自分は最初から諦めてるのて傍観です笑

  • 投稿者名:匿名2022年4月23日

    EverdomeもTENSETもうまいなと思ったよ。DOMEステーキングランキングがスナショ直前で買い圧、TGLP締め切り最後のチャンスで買い圧。なんかこう…気持ちを操るのが上手いなと…!全部プランニングの通りなのかな。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。