引きこもり投資家の逆張りアラートの活用法、評判とトレード手法

名前引きこもり投資家

引きこもり投資家の評判、逆張りアラートで稼げるか検証

猛勉強の末、FXを始めとしたトレードで資産5000万円突破したとされる「引きこもり投資家」
 
 
その名の通り家に引きこもりながら投資を行っており、相場と向き合う時間の多い特殊な生活環境で培った投資論やトレードの考え方が参考になるとして、Twitterでは5.5万人超へのフォロワーを持つ人気トレーダーの一人です。
 
 
彼は一体なぜ、引きこもりながら投資をして5000万円の利益を出すことに成功したのか。
 
 
今回はその人物像やトレード手法、逆張りアラートなどのオリジナルツールをくまなく調査し、引きこもり投資家がなぜトレードで勝つことが出来てるのか?
 
 
その秘密に迫ることが出来ました
 

引きこもり投資家とは

「引きこもり投資家」氏は、FXのドル円トレードのみで年間5000万円の収益を達成した専業トレーダーです。
 
 
FX・株式投資に関する情報配信をツイッターで行っており、2022年8月時点でフォロワー数5.5万人以上を持つ人気FXトレーダーの一人となっています。
 
 
>>引きこもり投資家のブログ
>>引きこもり投資家のツイッター
 
 
普段は静岡県の田舎で固定費8万円の引きこもり生活を送っているらしく、自分が支出を減らしながら投資で利益を出せるまでに至った考え方や行動などをSNSで発信しながらトレーダーとしても収益を上げているんだとか。
 
 
これから本格的にFXを始める方に向け、成功への道しるべとなるような情報を多く発信しています。
 

引きこもり投資家がFXで勝てるようになった理由

引きこもり投資家氏の経歴は複雑で、FXの専業トレーダーになる前は新卒で一部上場企業に就職するも1年でうつ状態となってしまう。
 
 
その後一念発起して投資の勉強を開始し、2021年に年間収益5000万円を達成しています。
 
 
ここでは引きこもり投資家が5000万円もの収益を上げるために何をしてきたのか?
 
 
ツイッターやブログからまとめた引きこもり投資家がFXで勝てるようになった理由を探りました
 

一発逆転、大勝を狙わらない

引きこもり投資家は自身のブログにて、FXで勝てていなかった過去の自分に「ハイレバで稼ごうとするな!資金量で稼げ!」という言葉を伝えたいと話していました
 
 
というのも、引きこもり投資家がFXを始めたばかり時は、1回のトレードで大金を狙うようなハイレバレッジでのトレードを繰り返して失敗したんだとか。
 
 
ここで引きこもり投資家が取った手段は、ハイレバレッジで利益を出し続ける手法を作り上げることではなく、毎月の固定費(家賃などの生活費)を削ってFX用の資金をコツコツ調達して大きな資金を作るという行動でした。
 
 
引用元:引きこもり投資家ツイッターまとめブログ
 
少ない資金に50倍、100倍といった高いレバレッジを掛けて一攫千金を狙うようなトレードではなく、大きな資金を用意して小さい利益を狙うことが重要だと話していました。
 
 
ハイレバレッジで稼ぎ続けることが難しいと理解し、10万円、100万円などある程度の投資資金を作ってコツコツと運用していく。
 
 
これがFXで長期的に稼ぎ続けられるようになった大きな理由だと話していました。
 

その日にプラスで終わらそうとしない

FXで損失を出した際に陥りがちなのが『今日』損失を出したからと言って『今日』損失を取り戻そうとしてしまう事。
 
 
取り返したい気持ちが優先しすぎてしまうと、感情に左右されて正しい判断が出来なくなってしまいます。
 
・雑なエントリー
・損切りラインを決めたのに守れない
・少し上がっただけで決済してしまう
 
など、更に損失を大きくしたり、取れるはずの利益を逃してしまったり・・・。
 
 
自分の感情を上手くコントロールし、大きな損失を被っても冷静な判断を心がけることが大事です。
 

取引ルールを守る

引きこもり投資家がFXを始めた当初は「何となくエントリーして、何となく買って、何となく負ける」を1年近く繰り返していたと話していました。
 
 
この「何となく」を1年続けた結果、自分は余計なトレードをして負けていることが多いと気が付いたんだそうです。
 
 
ここに気付いた後は余計なトレードを減らすために独自のFXルール「30カ条」を作成し、必ずルール通りにトレードするようになり、FXで徐々に勝てるようになっていったそうです
 
 

【引きこもりルール30カ条】

①固定費削減!要らないサブスクは即退会!1円でも多くFX口座へ資金を流せ!

②FX情報のサブスクは即退会!勿体無い!チャートから情報を読み取るのが一番

③デモで勝てていないのにリアルへ移行するな!必ずデモで一筋の光明を掴んでからリアルへ移行する事

④表示するインジゲータは極力少なくする事。多ければ良いって事ではない!

⑤『上がり過ぎたら下がる!下がり過ぎたら上がる!』追求しろ!

⑥有利な位置でポジションを持てたのであれば、『放って置く』と言うのも立派な戦略!

⑦ドル円の値幅(1日)が100pipsを超えた時は、逆張りポイントを探せ

⑧200EMA乖離(1時間足)が100pipsを超えた時は、逆張りポイントを探せ

⑨200EMA乖離(1時間足)が100pipsを超えた時は、今日の値幅を確認しろ

⑩200EMA乖離(1時間足)が100pipsを超えた時は、4時間足の200EMA乖離も確認しろ

⑪1時間足で大陽線・大陰線が完成した時は、5分足のローソク足を確認しろ!ドカン上げの5分足なのか?ジリ上げの5分足なのか?

⑫1時間足で大陽線が・大陰線が完成した時は、時間を確認しろ!7時・11時・15時・19時・23時・3時であれば4時間足も完成してる

⑬1時間足で大陽線・大陰線が完成した時は、200EMAの上なのか?下なのか?を確認する事

⑭1時間足で大陽線・大陰線が完成した時点での今日の値幅を確認する事。値幅が80pipsを超えているのであれば、逆張りチャンスかも。

⑮⑭の時の逆張りチャンス時に確認しなければイケない事は、『東京時間なのか?ロンドン時間なのか?ニューヨーク時間なのか?』ロンドン時間の時は気を付けた方が良い

⑯1時間足で大陽線・大陰線が出来た時、『ストップを刈っての大陽線・大陰線なのか?』を自分なりに判断しよう!ストップを刈っての大陽線・大陰線であれば反転する可能性あり

⑰大陽線・大陰線の次の足が包み足の時は、逆張りチャンス

⑱『ドーン!ドーン』と言う包み足が理想!

⑲包む方ローソク足が大きすぎる包み足は、イマイチ(あくまでも僕基準)

⑳長いヒゲの次の足が包み足は、アツい

㉑6時間足の180SMMAと4時間足の200SMMAは比較的意識される

㉒フィボや移動平均線、チャネルラインなどが集合する場所は意識される事が多い

㉓200EMA乖離でエントリーした場合とヒゲを根拠にエントリーした場合、損切りの考え方が同じの訳が無い

㉔相場の期待度に合わせてロット調整せよ!(分からなければ、無視して良し)

㉕ジリジリ上げてズドンと落ちる(ASUSの型)の時は、必ずフィボナッチを引く事!

㉖ASUSの型は、ズドンが大きければ大きいほど反転確率が上がる!

㉗ゴールドのASUS出現を見逃さない事!出現した時は、ドル円は下落するかもと知れないと少し意識する事!

㉘ドル円・ゴールド・ユロドルの逆相関を見る癖を付けよ

㉙ドル円のジリ上げ・ジリ下げ時は、値頃感でエントリーしない事!もし、するのであれば試し玉で!

㉚僕のブログから口座を作成せよww僕と繋がって置く価値あり!

 

引きこもり投資家の逆張りアラートを使って勝つ方法

引きこもり投資家の逆張りアラートは、投資する際に引きこもり投資家が意識している逆張りポイントを教えてくれるFXツールになります。
 
具体的にはドル円のチャートに特定のパターンが出現したらアラートで教えてくれるという代物で、逆張りチャンスとなる8つのパターンに対応しています。
 
 
複数のアラートが同時に鳴るほど投資チャンスとなるので…
8=大チャンス


1=少しチャンス
 
 
アラートの数によってチャンスの度合いが分かるようになります。
 
引きこもり投資家は
・全部鳴れば大チャンス
・複数なればチャンス
・1つだけなら様子見
 
といった形で活用しているそうです。
 
 

逆張りアラートは引きこもり投資家のブログ経由でSBI FXトレードかGMOクリック証券の口座開設を行うと無料で貰えるので、口座開設していない方は無料で手に入れるチャンスです。
 
 
今回は引きこもり投資家の逆張りアラートの代表的な活用方法を簡単に紹介していきます。
 
 
>>逆張りアラートのキャンペーンページ
 

1時間足で200EMAとの乖離が100Pips以上でアラート

引きこもり投資家の逆張りアラート
引用元:逆張りアラート
 
上の図のように、ドル円の価格が200EMA(移動平均線)の価格と100Pips(1円)以上の乖離を見せた場合は、平均値となる価格に戻る作用が働くケースが多くみられます。
 
 
引きこもり投資家の逆張りアラートでは100Pips以上の乖離でアラートが発動するため、逆張りで利益が狙えそうなタイミングを教えてくれるんですね。
 
 
基本的には上記で紹介した200EMAとの乖離と共に
・30分足で40Pips以上の大陽線、大陰線が出現
・40Pips以上の値幅があるローソク足が出現
・80~90pipsアラート+包み足
 
など、+αのアラートが鳴れば鳴るほどトレンド転換する可能性が高いと引きこもり投資家はアラートで判断しているようでした。
 

逆張りアラートの活用方法

逆張りチャンスとなるトレンド転換を察知してくれる引きこもり投資家の逆張りアラートですが、実際に使って利益が出せた方法を一つ紹介していきます。
 
・1時間足、4時間足などの上位足でトレンドを把握
・5分足などの下位に切り替えトレンド転換のきっかけを探す
 
というもの。
 
 
実際のチャートを使って解説していきます。
 
引きこもり投資家の逆張りアラートを上手く使う方法
 
逆張りアラートでEMAとの乖離を見つけたら、まずは4時間足などの上位足で長期的なトレンドの方向性を確認します。
 
 
上記のチャートでは2022年7月末~8月3日まで下降トレンドが続いており、8月に入ってからEMAとの乖離が大きくなっていることが分かります。
 
 
次に5分足などの下位足にチャートを切り替え、トレンド転換のきっかけとなりそうなポイントを探していきます。
 

 
今回は価格が反発しているライン+EMAを上に抜ければトレンド転換の兆しだと予想し、チャートが上抜けたタイミングでロングポジションを保有することに。
 
 
チャートは予想通り上昇トレンドへ切り替わり、結果的に200Pips超えの上昇幅となりました。
 
 
逆張りアラートはあくまでトレンド転換しそうなタイミングを教えてくれるツールに過ぎませんので、上手く活用すれば大きな値幅を取ることが出来ると思いますよ。
 
 

逆張りアラートのデメリット

逆張りアラートの欠点としては、アラートが鳴ったらトレードする時間を作らなきゃいけないという点でしょうか。
 
 
利用者はアラートが鳴ってからトレードすることになるので、アラートの発生=トレード開始の合図のような形になります。
 
 
会社員の方などの兼業トレーダーだと、平日の昼にアラートが鳴っても分析したりトレードを行う時間を作るのが大変です。
 
 
夜しか時間が取れない、分析してる時間が無い方だと上手く使いこなせない可能性も考えられるので、自分のトレードスタイルに合わない場合は無理して使わないようにした方が良さそう。
 
 
最近だとAIが直近のチャートや経済指標を自動で分析しして価格変動の予兆を教えてくれるツールもあるので、自分に合ったツールを探すことが重要です。
 
 
最近では月利480%を達成したという口コミが投稿されたことで当サイトでも大きな話題を呼んでいます。
 
口コミ
 
結果を出しているサービスは投資家からも一定の評価を受けているものなので、参考にしてみてください。
 
 
>>FXAIパートナーズの調査レポート
 

人気記事一覧

引きこもり投資家の口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。