imbroker(IBKウォレット)は「超危険な案件」だと判明

imbrokerのサムネイル
サービス名Imbroker
独自トークンIBK
最大発行枚数1,200,000,000 IBK
メンバーPat Berry

imbroker(IBKウォレット)に投資してはいけない

9月30日から正式リリースが開始した「imbroker(IBKウォレット)」を捜査。

 

 

月利30%を超える高配当が魅力とのことですが、仮想通貨ポリスの捜査によるとそれらは全部ウソであることが判明。

 

 

仮想通貨ポリスが何故そのような結論に至ったのか、その証拠を交えながら捜査レポートを作成しました。

 

imbroker(IBKウォレット)を捜査

imbroker(IBKウォレット)のPDFファイル

 

そもそも「imbroker(IBKウォレット)」とは、世界中の取引所で複数の通貨ペアの取引を行うことが出来るプラットフォームの提供を目的として開発されたウォレットだそうです。

 

 

Twitter等の情報を見る限りでは、月利30%という理解不能な配当が出ることが魅力らしく、SNSを中心に話題を集めている新しいHYIPの様子。

 

imbroker(IBKウォレット)の利益を計算

 

少し計算すれば理解できるはずですが、この配当を全ユーザーに支払うことなどほぼ不可能です。

 

 

「imbroker(IBKウォレット)」にどこかの国家予算並みの資金力があるならば別ですが、立ち上がったばかりのベンチャーにそのような資金があるのか?と考えると、答えは確実にNOでしょう。

 

 

運営陣がどれだけ浮世離れしていることを言っているのかがわかるはず。

 

imbroker(IBKウォレット)の運営会社は不明

imbroker(IBKウォレット)の運営チームとして、以下の3名が紹介されておりました。

 

imbroker(IBKウォレット)の運営チーム

 

・Pat Berry

・Jeff Wilhite

・John Terhune

 

この3名について捜査をしたところ、特に「imbroker(IBKウォレット)」に関連した情報は見つからないため、真偽は不明です。

 

 

また、その他にも運営メンバーとして紹介されていた人物を捜査したところ、「imbroker(IBKウォレット)」が詐欺案件であるという証拠を見つけることに成功しました。

 

imbroker(IBKウォレット)の運営チームは存在しなかった

 

アフィリエイターたちも記事の作成に使用している「imbroker(IBKウォレット)」の紹介PDFに掲載されているクリストファーという人物が素材画像のモデルだと判明します。

 

 

よく見ると非常に雑な投資案件でしたね。

 

 

以上の情報から、法外な配当金を支払うと豪語する「imbroker(IBKウォレット)」は、確実に詐欺であると判断します。

 

IBKウォレット(アイムブローカー)はポンジスキーム

メンバーが存在しないと分かった以上、「imbroker(IBKウォレット)」が掲げる世界中の取引所を繋げるプラットフォームの開発という話は、すべてウソであると判断した方がいいでしょう。

 

 

シンガポールでカンファレンスが行われたなどの情報も確認できますが、運営チームがいないのですから不可能ですよね。

 

 

「imbroker(IBKウォレット)」については、運営側が資金を集め終わった時点で飛ぶのは確実ですので、もちろんですが投資はお勧めしません

 

 

これ以上は捜査の必要がないと判断したため、「imbroker(IBKウォレット)」についてはここまでとさせていただきます。

 

※追加の捜査依頼や情報提供は随時受け付けておりますので、お問い合わせお待ちしております。

 

 

Imbrokerのように高配当を謳うウォレット案件はほぼ100%でポンジスキームです。

 

 

外国語に疎いを日本人をターゲットに、ヨーロッパなどの詐欺グループがどんどん進出してきています。

 

 

あなたに「Imbroker」を紹介してきたのは一体だれですか?その方は本当に信用できますか?

 

 

Imbrokerへの投資を検討していた方。

 

 

今一度、よく考えてみてください。

 

 

本気で仮想通貨を使って稼ぎたいのであれば、無駄なリスクが多いHYIPへの投資ではなく、直近で「DEXTER (DXR)」で15倍という仮想通貨の価格予想を的中させた情報サイト「仮想通貨リサーチ(VCR)」の利用をオススメしますよ。

 

imbroker(IBKウォレット)のまとめ

・配当を支払うのはほぼ不可能

・運営チームのメンバーが素材画像

・ポンジスキーム濃厚

人気記事一覧

Imbrokerの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年12月17日

    なんでもシンガポールと中国とで運営が分かれててそこでトラブルが起きてるんだって。で、日本に持ってきた人間とimbrokerとの間にもトラブルがあって出金出来て無いって、ツイッターで言ってる人がいるよ。本当の事はどうなのかわからないけど、どうも単なる「作文」にしか思えないね。

  • 投稿者名:匿名2019年12月15日

    出金できてる?

  • 投稿者名:たなみき2019年11月29日

    出金申請の承認を順次行っていくという情報が入ったんですけど、それから一週間くらいは何の連絡も無しのまま。
    もしかしてまた先延ばしにして飛ぶつもり?

  • 投稿者名:匿名2019年11月28日

    今の所まだデジタル資産、というよりただの数字でしかないので何とも言えませんが、元金出金出来ればまあまあ良いかなって思ってます。

  • 投稿者名:匿名2019年11月26日

    ブロックエコと同じ手口だな。
    みんな騙されるな!
    平気で身内も騙す奴らだから

  • 投稿者名:匿名2019年11月21日

    9月30日からはじまってるIBKウォレットですが、数か月持たずに詐欺認定されるとは作り込みが甘すぎるのでは?
    そもそももうウォレット系の配当案件なんて流行らないんですよね。
    こんなものにすがって投資してる人は投資家とは言えませんよ。

  • 投稿者名:匿名2019年11月20日

    間違いないw
    IBKウォレットなんかに提供するくらいなら間違いなく情報会社使った方が良いに決まってるw

  • 投稿者名:匿名2019年11月19日

    ウォレット系は放っておけばOKみたいな話を聞くけど、買付と売却の時だけチョロっと取引所操作すればひと月そこらで5倍以上の利益が出る方法があるってのに、その手間すら面倒くさがってる人がウォレット系をやっちゃうのかね?リスクでかいのにねー。

  • 投稿者名:匿名2019年11月18日

    出金解除になるみたいだよー!
    でも今までも何回も同じような話があったからまた嘘だろうねー!
    もう期待するだけ無駄だよー!

  • 投稿者名:匿名2019年11月17日

    例の謎作文の意味って結局なんだったんですか?誰か正解を知りませんか?

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^