ジャスミーコインは日本に上場できるのか?今後の展開とは

通貨名ジャスミー(Jasmy)
通貨コードJasmy
発行元ジャスミー株式会社(推定)
総発行枚数500億枚
公式サイト不明

ジャスミーコインの今後について

ソニーとの提携など、一部で話題の投資案件「ジャスミーコイン」が海外取引所へと上場したことで話題となりました。
 
 
日本企業が発行するトークンという事もあり、日本国内の取引所への上場もあるのではないか?とウワサも。
 
 
果たしてジャスミーコインは日本国内の取引所へと上場するのでしょうか。
 
 
今回はジャスミーの最新情報から今後の動向、上場スケジュールなどを考察していきます。
 

ジャスミーコインは日本で上場するのか?

まず結論からお伝えすると、日本国内の取引所へと上場する可能性は高いと考えています。
 
 
その理由ですが、過去に日本国内に上場した仮想通貨と同様の条件をクリアできる状態にあるという点です。
 
 
まず、日本に上場するために必要な条件だとされているのが…
 
1:JVCEA(日本暗号資産取引業協会)からの質問に回答や情報開示が出来る
2:既に十分な流動性を持っている
3:そのトークン基盤にしたギャンブルアプリが存在しない
4:匿名性のトークンではない
5:使用実例がある
 
の辺りの条件をクリアする必要があると言われています。(※推定です)
 
 
では、ジャスミーコインはこの条件をどれくらいクリアできるのでしょうか?
 
ジャスミーコインは日本に上場できるのか?
 

1:情報開示に関して 〇
日本国内に運営会社があるので問題はなさそうです。世界的にも有名なソニーの元関係者ですから、情報の信頼性としては申し分ないですし、非常に大きな影響力を持つ企業であると言えます。
 
2:流動性に関して 〇
ジャスミーコインは2021年1月から毎月、海外取引所への上場を行っています。まさに今、流動性を作っている最中だと捉えることもできますね
 
3:ギャンブルに関連してない 〇
ジャスミーを使ったギャンブルアプリケーションの存在は確認できません。※無関係だと思いますが2019年からソニーの子会社がeスポーツのギャンブルプラットフォームの特許を申請しています。
 
4:匿名性のトークンではない 〇
イーサリアムを基盤としたERCトークンなので、匿名性はありません。
 
5:活用事例の証明 △
ジャスミー株式会社が公表しているホワイトペーパーでプラットフォーム事業についての項目もあるので基準はクリアできるのではないかと思いますが、実例はまだなさそう。
 
 
上記はコインチェックに新規上場した仮想通貨に対して行われたとされる審査内容をジャスミーコインに照らし合わせた内容です
※あくまで私個人の見解です。
 
 
2021年のジャスミーの動向を見る限り、流動性以外の条件はほぼクリアしてるから今は新規上場を繰り返しているように見えるのですが、いかがでしょうか?
 
 
このペースで行くとジャスミーコインは年内に日本上場を迎える可能性もありそうです。
 
 
今後もジャスミーコインの動向を追い続け、最新情報を更新していきます。
 
 
ちなみに、ジャスミーコインなどの新規上場の情報など、コインの価格高騰に直結する情報だけを取り扱う情報サイトというモノが存在します。
 
 
今後の動向をもっと詳しく知りたい方や、ジャスミーコイン以外にも期待できるアルトコインが知りたいという方は是非、情報サイトをご覧になってみてください。
 
 


 
 
【更新履歴】※クリックで開閉

ジャスミーがMXC取引所に上場

2021年1月10日、ジャスミーが海外のMMXC取引所へと上場していることが確認できました。
 
 
▼MXCで確認できるジャスミーのチャート
ジャスミー上場後のチャート画像
 
上場時の価格は約6円となっており、1月11日には最高値となる120円まで上昇し、1月12日現在は約37円にて推移しています。
 
 
ジャスミー株式会社が公開しているトークン情報からはMXC取引所への送金履歴も確認できるので、上場したのは間違いありませんね。
 
 
そもそもジャスミートークンは当初、縁故募集でのみ投資家を募ったトークンであり、創立者である「安藤国威」氏も登壇したセミナーに参加した方だけに無料配布したとされています。
 
 
その後に行われたプレセールやICOについては、ジャスミーの無料配布を受け取った一部の投資家による横流しや知名度を利用した詐欺によるものという見解も。
 
 
これがジャスミーが一般投資家に配布されない理由の一つだと言われているんですね。
 
 
ジャスミーが公式にICOを行わないと回答したことで事態は鎮静化しましたが、ICOで購入された方の一部にはジャスミーが配布されないこともあり得ます。
 
 
ただ、定期的に20JASMYと38JASMYが順次配布されているようなトランザクションが最近増えて来ています。
 
ジャスミーの送金履歴
 
一部の投資家には本当にジャスミーの配布が始まっている可能性が高いと見ています。
 
 

※【追記】クリックで開閉

公式から無料配布についての回答を貰った件

 
 
2021年1月7日に
・無料配布(エアドロッ)を謳うwebサイトとはどのような関係なのか?
・無料配布は行われるのか?
 
 
を質問したところ、ジャスミーリーグの運営会社である「ベルウッドエンタープライズ」より回答を頂きました。
 
 
▼私からの質問とBWEの回答
Jasmyの公式から貰った回答
 
「仮想通貨ポリス」として質問を出したことが理由なのか、回答内容をwebサイトに掲載、公表するなと釘を刺されたのでぼかしを入れています。
 
 
この後、数回のやり取りを行い無料配布を行うwebサイトの運営会社「HyperID Inc.」がどこの国の法人なのか?質問をしましたが、ベルウッドエンタープライズから回答が来ることはありませんでした。
 
 
▼私からの質問の後、連絡が途絶えた
Jasmy公式から連絡が途絶えた

 
「HyperID Inc.」の会社HPはシンガポールサーバーを利用しているのでシンガポールの法人情報を調査しましたが、「HyperID Inc.」という名の企業は存在せず。
 
 
何故この質問から回答が来なくなったのか?何か答えたくない理由でもあるのでしょうか?
 
 
また何か情報が入り次第、追記していきます。
 
 

 
 
現時点のジャスミーは出来高が少なく取引所での約定に難があるため、現物での購入はあまり得策ではないですね。
 
 
何か大きな材料が出ればよいのですが、上場先がコインズビットのみな現状では高騰する可能性が高いとは言えませんし。
 
 
大手取引所への上場といった好材料を待つしかなさそうです。
 
 
最近は毎日2~3倍のアルトコインが出るくらいにはバブル相場なので、個人的にはジャスミーの急騰にも期待しています。
 
 

ジャスミーの将来性が知りたい方アルトコインの価格予想を行う情報サイトがあるのでご覧になってみてください。
 
 

【2021年1月7日】ジャスミーの無料配布が怪しい

ジャスミーコインのエアドロップ(無料配布)が受け取れるとして、会員登録を促すwebサイトが表れています。
 
ジャスミー無料配布に関するwebサイト
 
氏名やメールアドレス、電話番号といった個人情報を入力することでエアドロップを受け取れるそうなのですが、なんだか怪しい。
 
 
ジャスミーは過去にも無関係の企業が勝手にICOの勧誘を行ったことがあり、ジャスミーが公式ページでそれを否定したことが話題となっていました。
 
 
果たして今回のジャスミーコイン無料配布はどうなのか?公式サイトを確認していきます。
 
ジャスミー公式が無料配布を否定か
 
ジャスミー株式会社とは一切関係のないサイトだと公式が発表しています。
 
 
公認や関与しているサイトは「Jasmy League」のみであり、件のサイトは勝手に無料配布を謳っているだけという事に。
 
 
現時点では本当に無料配布が行われるのか定かではなく、サイト運営者すら分からない状況のため個人情報の入力は控えた方が良いでしょう。
 
 
ジャスミー株式会社には今回の件について問い合わせを行っていますので、返答があり次第追記していきます。
 
 

【2020年4月】ジャスミーコインは上場間近か

ジャスミー公式サイトに掲載されたホワイトペーパーには、独自のトークンとして「ジャスミーコイン」というトークン名が記載されています。
 

 
ホワイトペーパーには、ERC-20に準拠したイーサリアムトークンであるという内容が確認できます。
 
 
ホワイトペーパーが掲載された背景としてはやはり、上場の目途が立ったと考えるべきでしょう。
 
 
2020年に入ってから国内の仮想通貨取引所ではBATやLINKなどのアルトコインが続々と上場を果たしています。
 
 
私の見立てとしては、改正資金決済法が施行される5月1日あたりに上場となるのではないかと想定しています。
 
 
ただ、コロナウイルスの状況次第では年内いっぱい、もしくは2021年にもつれ込むことも予想できます。
 
 
その場合は海外取引所への上場を優先させるなどの対策が打たれるのでしょうか?
 
 
どちらにせよ、ジャスミーコインの上場には期待したいですね。
 
 
海外取引所開設の準備や使い方にも慣れておいた方が良いかもしれませんね。
 

【2019年7月16日】ジャスミーが仮想通貨の販売を否定

以前よりジャスミーはその知名度の高さから、悪徳業者に利用されている可能性があると注意喚起を行ってまいりましたが、ようやくジャスミー側が公式サイト上で声明を出しました。

 

 

遂にジャスミー株式会社が公式に否定した模様。

 
 

Twitter等のSNSやセミナーでは、有望なICO案件だとしてジャスミーの販売代理店を名乗る方が非常に多かったですが、購入後の現在もジャスミーは配布されていない様子です。

 

 

彼らはジャスミーが配布されることを心待ちにしているようですが、果たして本当に配布されるのでしょうか?

 
 

ジャスミーが販売などしていないと言い切っていますから、最悪のケースを考えると配布されないまま終わり、なんて事もあり得るかもしれませんね。

 
 

配布されるかどうかも分からず、上場後のICO割れリスクなどを考えると、非常にハイリスクローリターンな商品に見えてしまいます。

 

 

ジャスミーにSONYは関与していない?

まずはソニーが関与しているという噂について、捜査をしていきます。

 
 

これは、「ジャスミー」の発行元とされている「ジャスミー株式会社」の立ち上げメンバーに、ソニーの元社長が含まれていることから、推測されたものになります。

 

 

日本経済新聞にも情報が確認できることから、ソニーの元社長である「安藤国威」氏が関与しているのは間違いないでしょう。

 
 

ただ、この件からソニーそのものが関与するなどの情報は確認できませんでしたので、ソニーが関与という件については不確定な事項だと判断したほうがいいと思われます。

 

公式発表は一切なし

「ジャスミー」について捜査をしていると、

  • ソニーが関与
  • 大手企業か続々と提携
  • 世界初のブロックチェーンスマホ販売
  • 縁故販売している

 

これら以外にも様々な情報が飛び交っているのですが、いずれも公式発表ではなく怪しいTwitterアカウントブログサイトでのみ情報が確認できる状況となっておりました。

 

 
 

ジャスミー株式会社については、先ほどもご紹介したように元ソニーの社長「安藤国威」氏が設立した企業です。

 
 

そのような企業が公式サイトも作らずにセールを開始しているとは考えにくいのではないでしょうか?

 
 

一部が勝手に盛り上がっているだけのようにも見えてしまいます。また、プレセールなどと謳っているものの、投資詐欺に名前を利用されている可能性も捨てきれません。

 
 

筆者がジャスミーを捜査している際に、「ジャスミー株式会社」の問い合わせメールアドレスを見つけることができましたので、ネット上で確認できる噂が本当なのかどうかについて質問メールを送っております。

 
 

返答が貰えるかどうか分かりませんが、返信があり次第こちらの「ジャスミー」の捜査レポートに追記させて頂きます。

 

2018年12月上場は本当か?

「ジャスミー」の販売代行を行う多数のブログサイトやLINE@の中には、2018年12月頃に上場の可能性もあると記載されていることがあります。

 
 

ですが、ここまでの捜査結果では運営元である「ジャスミー株式会社」は上場日はおろか仮想通貨についても何も発表を行っておりません。

 
 

この上場日についてもあくまで憶測であると考えたほうが良いでしょう。

 
 

また、YouTuberの中には縁故募集用のETHアドレスを公開している方も確認できましたので、筆者の分かる範囲で購入資金の行方を捜査することに。

 

 

怪しい取引で使用されている

まずはイーサスキャンにてアドレスのチェックを行います。⇒こちらがページのキャプチャー

 
 

トランザクションを確認すると、イーサリアムの送金、受取を頻繁に行っていることが分かります。

 
 

トークンバランスを見る限り、捜査時点では0.05ETHほどが残っているアドレスのため、「ジャスミー」で集めた資金はすでにどこかに送金された後であることが分かります。

 
 

プレセール用に用意されたアドレスであれば送金先の特定が可能でしたが、様々なアドレス宛てに送金を行っているアドレスになるため最終的に資金が集まっているアドレスの判別は難しくなっております。

 
 

また、このアドレスについて更に捜査を行ったところ、イーサリアムだけでなくイーサリアム規格(ERC-20)のトークンを頻繁に送金していることが確認できました。

 

 

履歴の中には当サイトでの捜査の結果、詐欺の疑いがあると判断した「NAMコイン」の履歴も確認。

 
 

取引が行われたのは「NAMコイン」が上場する以前の日付。という事は、このETHアドレスの持ち主は「NAMコイン」のプレセールにも関与していたと分かります。

 
 

某YouTuber(お面を付けた姉妹)のブログサイトにて募集されていたページの送金先アドレスでしたが、筆者が確認した以外にも同様に送金先として定められたアドレスが他にも存在するでしょう。

 
 

「ジャスミー」なる仮想通貨自体が詐欺だと断定することはできませんでしたが、怪しい人物に目を付けられている状況を考えると、ICOで購入するのは避けるべき仮想通貨だと判断いたします。

 
 
2021年は第2の仮想通貨バブルと言えるほどに様々なアルトコインの価格が高騰していますから、ジャスミー以外の仮想通貨についても調べてみると良いでしょう。
 
 


 

「ジャスミー」のまとめ

  • ジャスミーは公式サイトなし
  • ホワイトペーパーもなし
  • ソニーの関与も怪しい
  • 上場も未定
  • 怪しい奴らが目を付けている

 

人気記事一覧

ジャスミー(Jasmy)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年4月9日

    まさかジャスミー株式会社の知らぬ存ぜぬところで作られた仮想通貨話だったとはなー
    購入したのになかなか配布されないからおっかしーなーとは思っていたんですけどねー

  • 投稿者名:匿名2020年3月28日

    マイイーサウォレットにジャスミーが載ったそうですよ!
    久しぶりにチェックしようとしたら、前より使いにくい仕様変更になってて、
    自分の目ではまだ確かめてませんが、人の画像では見ました。
    MEW使いこなしてる方は、確かめて下さいね。

  • 投稿者名:匿名2020年3月24日

    今になってジャスミーのプライベートセールを行っている人が存在していることに驚きを隠せません。
    他人を騙してお金を生む事しか考えられない人種というのが存在するのでしょうか。
    これだけ優良な仮想通貨投資顧問が存在しているのだから、そのようなところを使えばいいのに…と思ってしまいますね。

  • 投稿者名:匿名2020年3月10日

    ジャスミーは公式発表では仮想通貨の発行はしていないと言ってますが、本当はプライベートセールのようなものでトークンの発行をしているという噂がありますが本当なのでしょうか?その人からなら買えるのかな?とか思ったりしたのですが、、、

  • 投稿者名:匿名2020年3月2日

    jasmy販売してた恵比寿ぐるーぷってやつはブロックエコも推奨してて結局アカウント放置して逃げましたな。
    jasmyの販売も嘘で、ブロックエコも出金不可能になった詐欺で、どうにもこうにもならなくなったから逃亡。
    こういう無責任なアフィリエイターがいるから仮想通貨市場が汚れるんですよ。
    許せないですよね。

  • 投稿者名:匿名2020年2月28日

    まだ金集めてるけど。
    このクリプトカレンシーワールドワイド株式会社
    ってジャスミーとどうゆう関係
    https://ccww.co.jp/jasmy/

  • 投稿者名:匿名2020年2月25日

    ジャスミーが嘘の仮想通貨だと知った時は震えましたよ。
    まさか、ジャスミーみたいなしっかりとした企業が…と思っていたら、そもそもジャスミー社の知らないところで勝手に詐欺師が作り上げた話だっていうのは更に驚きました…。
    大元の会社が有名企業だったり信頼の出来る企業だったりしても安心してはいけないということがわかった一件ではあります。
    肝に銘じなければ。

  • 投稿者名:匿名2020年2月12日

    仮想通貨を発行していない実在する一般企業を悪用して詐欺を働くとはなかなか大胆な犯罪ですよねー?
    にも関わらず逮捕されないという。
    何やらきな臭いですよねー?

  • 投稿者名:匿名2020年1月27日

    ジャスミーの企業はIoTを推し進めていてかなりこれからの社会に適切な企業だと思います。しかし、ここの仮想通貨を販売していた代理店まがいをしていた連中は許せないですね。

  • 投稿者名:匿名2020年1月20日

    松本太陽って人からジャスミーを買ったんですが、ジャスミー公式は仮想通貨の発行などは行っていないという事を聞いて、頭の中が「??????????」状態に。
    本人に連絡を取ろうとした連絡先が全部消えていますし。
    完全にやられました。詐欺師でした。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^