ジュビリーエースの「稼げる仕組み」と「懸念点」について

サービス名ジュビリーエース(Jubilee Ace)
運営会社Jubilee Ace Limited
会社所在地Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands
運営責任者不明

ジュビリーエースの捜査を開始

理論上は負けない投資法として一部に人気を博している投資手法「アービトラージ」を利用したHYIP案件である「ジュビリーエース」を捜査。

 

 

「ジュビリーエースが何故稼げているのか?」その仕組みを理解すると共に、別の視点みた懸念点をお伝えいたします。

 
 

下記の記事をお読みいただき、ジュビリーエースに投資するかどうかの判断材料にしていただければ幸いです。

ジュビリーエースは損することがない?

仮想通貨投資をはじめとし、スポーツベッティングなどの分野などでも「アービトラージ」を可能にした高配当の投資案件。

 

 

それらを可能にしているのは、創業者が開発したとされる「AQUA」なるデータ統合・分析システムによるもの。

 

ジュビリーエースの分析システムAQUA

 

このシステムがアービトラージによって利益の上がる投資先、投資法を導きだすというのです。

 

 

利用者は「ジュビリーエース」に運用してもらう現金を預けることになっているのですが、主な投資先としては

仮想通貨

スポーツ

コモディティ

 

上記の投資商品に対して完全自動によるアービトラージを行います。

 

 

投資家へのリターンとしては月利2.4~20%にも及ぶ高額な配当が支払われるという謳い文句となっています。

 

 

アービトラージ自体、理論上は損失を出すことがない投資法ですが、非常に少ない利幅を狙う手法となります。

 

 

仮にジュビリーエースの平均的な利率の7%で計算すると、最短でも元本の回収に約1年2か月かかります。

 

 

加えて出金手数料20%も必要になるので、期間はもっと長くなるとみて間違いないでしょう。

 

 

仮想通貨業界に月利500%などの利益率を叩き出した投資案件も確認しているので、正直効率は良くないですね。

 

 

利用前にはそれらのサービスとジュビリーエースを比較してみてください。

 

# 月利700%達成した「クリプトマネージャー」の捜査レポ▶▶

# 100万円を730万円に増やした「仮想通貨リサーチ」の捜査レポ▶▶

ジュビリーエースの運営会社に不安

「ジュビリーエース」の要ともいえる分析システム「AQUA」ですが、一体どのような企業が開発し管理されているのでしょうか?

 

 

私が確認できた「ジュビリーエース」の資料によると、運営会社である「Jubilee Ace Limited」は英国領ヴァージン諸島にて設立された企業だと記載されていることが確認できます。

 

ジュビリーエースの運営会社について

記載されていた所在地は「Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands」という住所となっております。

 

 

ここで気になるのは、所在地にある「(P.O.Box 116)私書箱」という部分です。

 

ジュビリーエースの会社がある私書箱の例

 

この「P.O.BOX」については、物件の所在地ではなく郵便物を受け取るための私書箱であり、ペーパーカンパニーが所在地として登記していることが多い住所となります。

 

 

恐らくはこの場所に「ジュビリーエース」の運営実態は無いものであると思われます。

 

 

税金がかからないタックスヘイブンの国となることも理由の一つかと思われますが、そうであれば本社の場所くらいは明かして欲しいものです。

 

 

また、ヴァージン諸島に置いて金融サービスを開始するためには、「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」の認可が必要になります。

 

 

「ジュビリーエース」の所在地が記載されていた書面がその認可を受けたとされる書類のはず。

 

 

認可を受けた企業については「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」のHPで確認することが出来るのです。

 

Jubilee Ace Limitedの検索結果

 

私の検索ミスという可能性も捨てきれませんが、検索結果に「Jubilee Ace Limited」が表示されることはありませんでした

 

 

書類を偽装しているとなると、そもそもヴァージン諸島にすら登記していない企業という可能性も出てきます。

 

 

追記:「ジュビリーエースのオフィスは中国の深セン」という情報について再捜査を行ったところ、深センにもオフィスは存在しないのではないか?という疑惑が浮上しました。
 
 
詳細を記載した捜査レポートはコチラからどうぞ
 

# ジュビリーエースの事務所捜査くレポートを読む▶▶

創業者「ボビー」とは

ジュビリーエースをシンガポールにて立ち上げた人物として、日本のセミナーにも登壇している「ボビー」と呼ばれる男性。

 

ジュビリーエースの創業者ボビー

 

シンガポールの大富豪だそうでランボルギーニを4台保有してるそうです。

 

 

ジュビリーエース設立以前には大学卒業後にシンガポールの三大銀行の一つであるオーバーシーチャイニーズに入行。

 

 

その後ビットコインに出会い3万円前後で購入したビットコインが30倍に跳ね上がり億万長者となった経歴を持つそうで、その後ジュビリーエースを立ち上げたとのこと。

 

 

彼の経歴を裏付ける証拠資料がないため真偽は不明です。信じるか信じないかはあなた次第。

 

 

ジュビリーエースのセミナー講師「玉井 暁」

日本各地でジュビリーエースのセミナーが開催されているようで、利用者の中には講師として登壇している「玉井 暁」をご存じの方も多いはず。

 

 

「玉井暁」に関しては販売員としてはとても優秀なようで様々なMLM案件取り扱ってきた経歴を持つようですが、破綻した「ビットクラブ」のトップ販売員としても有名な人物です。

 

 

MLMで稼いでいるのは間違いないと思われますが、それは“あくまでMLMで”と考えるのが自然です。

 

 

現に破綻したMLMを取り扱っていた、という過去がありますので、「玉井 暁」が紹介する案件だから稼げるし安全だ、という安直な判断は控えた方が良いでしょう。

 

 

実際、過去に「玉井 暁」が紹介していた「ビットクラブ」や「D9」という投資案件に関しては、既に配当停止や集団訴訟などにも発展している事実もありますので、セミナーに参加した方はよく見極めてください。

 

 

また、「ジュビリーエース」に関してはSNSやマッチングアプリなどを介しての勧誘が盛んに行われていることも判明しております。

 

 

投資案件の勧誘を受けた際には、紹介者がどのような人物なのかをしっかりと調べることをお勧めいたします。

 

 

私の言っている事すべてが真実であるとは思っていませんが、違った目線からジュビリーエースを見ると、怪しい点もちらほらと見つかりましたね。

 

 

純粋な投資以外での不安要素もありますから、利用を検討されている方は慎重に判断をしてください。

 
 

仮想通貨業界にはもっと稼げる商品やサービスがいくつも存在するので、他の投資案件と見比べてみましょう。

 
 

当サイトでも過去の捜査で稼げる投資案件いくつか発見しています。ご興味ある方はぜひ、ご一読ください。

 
 

#【仮想通貨ポリスが判定】稼げる案件の捜査レポート>>

人気記事一覧

ジュビリーエース(Jubilee Ace)の口コミ

  • 投稿者名:バカはポンジスキームに引っかかる2020年4月1日

    こんなポンジにかかる輩ってバカな証拠
    金融リテラシーちゃんと高めろよ
    バカで騙されたのを覆すために信者になって新たに勧誘するポンジスキームスパイラルやん、一生懸命勧誘してる奴みてるとドン引きや
    馬鹿はどこまでいってもバカ

  • 投稿者名:匿名2020年4月1日

    キングオブ詐欺師の泉○司がジュビリーは早々と切り上げて、さらなる詐欺のプランスゴールドやりだしたね

  • 投稿者名:匿名2020年3月31日

    どうでもいいけど、デポジット=出金額制限は何とかしろ!儲かっても全額出せないのはおかしいし、出せてもまた入れないといけないのは、儲かってない!セミナーでも出金のことはちゃんと説明しろ!このことに関して誰も突っ込まない。

  • 投稿者名:ポンジ撲滅2020年3月31日

    馬鹿は馬鹿だ。
    こんなのありえねんだ。
    馬鹿は馬鹿だ。

    にしても、深圳オフィスどうなったかのう。
    あれ?

  • 投稿者名:ななしの2020年3月31日

    過去同様の案件は沢山ありましたが一様に飛んでいきました。中には出金停止前に運良く?出金できた方は元金が回収できたり、利益を出された方もいると思います。ただそれは全体から見るとごく一部です。HYIP≠詐欺、HYIP≒ポンジスキーム、ポンジ=詐欺。HYIPはそういうものと理解して参加したり、勧誘する際に説明しないと恨まれることになります。もしかしたら今までにない事業かもしれませんが、そうでない可能性の方が高いというのは過去の歴史から学ぶべきかと思います。

  • 投稿者名:匿名2020年3月30日

    セミナー行ってきました。
    まだ参加してませんが、HYIPではないことで安心しました。
    会社登記はイギリス領のバージン諸島にあります。
    バージン諸島はご存知のとおりタックスヘイブンです。
    JAがそこで実際に業務を行う場ではなく、単に節税のために登記をしているだけです。だから、私書箱が設置されているのです。そこにオフィスもなければスタッフもいません、ということです。
    JAの日常業務が行われている中国の深圳オフィスです。
    いつでも来社歓迎だそうです。
    他に、香港・タイ・シンガポールにサーバーが設置された技術チームのオフィスがあります(sparkle)とのことです。
    韓国や中国、シンガポールでもセミナーやってますよ。
    オンラインビジネスにおいて中傷記事は当然出てくると思いますが、仕方ないですね。
    先のことはわからないので、自分の勘を信じる&稼いだ者勝ちですね?

  • 投稿者名:詐欺詐欺2020年3月30日

    詐欺中の詐欺だよー笑笑笑

  • 投稿者名:匿名2020年3月29日

    何が典型的じゃアホ
    詐欺じゃなかったらワレ殺す

  • 投稿者名:最下層JA2020年3月29日

    情弱がはまる典型的な詐欺

    JAやってるやつらの低レベルすぎる脳は下等生物以下やな

  • 投稿者名:匿名2020年3月26日

    詐欺詐欺ってお前の基準はどこやアホが
    貴様はもっと良い詐欺案件やっとれ

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^