ジュビリーエースの「怪しい」と「凄く良い」どっちの評判が真実なのか

ジュビリーエースのサムネイル画像
サービス名ジュビリーエース(Jubilee Ace)
運営会社Jubilee Ace Limited
会社所在地Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands
運営責任者不明

ジュビリーエースの評判が良い理由とは?

理論上は負けない投資法として一部に人気を博している投資手法「アービトラージ」を利用したHYIP案件である「ジュビリーエース」を捜査。

 
 

何故稼げているのか? その仕組みを理解すると共に、ジュビリーエースが怪しいと言われる理由良い評判の理由をまとめ、どちらを信じればいいのか調査しました。
 
 

その他にも「信者」や「アンチ」では語れない別の視点から見たジュビリーエースをお伝えいたします。

 
 

ぜひ下記の記事をお読みいただき、ジュビリーエースに投資するかどうかの判断材料にしていただければ幸いです。

【7月2日更新】ジュビリーエースで高額出金できないらしい

ジュビリーエースにて、170,000ドル以上の高額出金を行おうとしたところ、全額出金されないという報告をするツイートを発見。
 
ジュビリーエースで出金出来ない人のツイート
 
ここ2ヵ月(5月~6月)にかけて、申請した金額の半分、もしくは1/3程度しか引き出せなくなっている模様。
 
 
完全に出金停止したわけでないので出金できる方が大半の状態だと思われますが、数千万単位での出金に対して運営側が渋ってる印象を受けるそうです。
 
 
一部のユーザーに対する出金制限が行ったとみて良いでしょう。
 
 
7月以降に動きがあるだろうという私の予想通りの結果ですね。
 
 
この情報をどう受け取るかは自由ですが“危険な兆候は表れ始めている”という事は忘れないでください。
 
 
出金制限などの情報を「嘘です」「大丈夫です」と確認も取らずに妄信してしまう事が最も危険ですから、出金時期を見誤らないようにしましょう。
 

【6月2日更新】ジュビリーエースのフォーブス掲載は嘘だった

ジュビリーエースの勧誘方法の切り札的存在であった「フォーブスJAPAN」に掲載が決まっているという情報が、デマだったことが判明した模様です。
 
ジュビリーエースのフォーブスJAPAN掲載が嘘だという証拠
 
そもそも「フォーブスJAPAN」への掲載という話はジュビリーエースの側が公表したものではなく、紹介報酬を求めて動くアフィリエイターたちによる嘘だったのですが、フォーブスJAPANが正式に回答。
 
 
この情報が出たからといってジュビリーエース自体が詐欺であるという証拠にはなりませんね。
 
 

問題なのは嘘をついて勧誘活動を行うヤツが多いという事実ですから、勧誘をされた場合は安易に話を信用しないように注意してください。
 
 

ジュビリーエースが良いと評判な理由とその真相

Twitterやジュビリーエースと検索して出てきた内容について紹介、深堀りしていきます。

評判①:ジュビリーエースは実際に運用して利益が出ている。

ジュビリーエース信者が稼げる確たる証拠として実際に運用しているPC画面などの動画を公開しています。
 
ジュビリーエースの運用動画
 
ジュビリーエースでは仮想通貨取引所の「バイナンス」にて、仮想通貨のアービトラージを行っていると公表しています。
 
 
セミナーに参加すると目の前で運用を見せてくれるそうなのですが、気になるのは公開されている動画のほとんどが仮想通貨のアービトラージのみという点。
 
 
ジュビリーエースのアクアシステム内で運用されているものは見たことがあるのですが、実際に運用が行われているブックメーカーや口座などの証拠となり得る情報を私は見たことがありません。
 
 
私の調査不足なだけでスポーツやコモディティの証拠動画はあるのかもしれませんが、実際にブックメーカーやコモディティのアービトラージを証券口座で行っている証拠動画や画像があるのでしょうか?
 
 
仮想通貨以外の証拠動画もあるぞ、という方は口コミにて情報提供をお願いします。
 
 
また、「ジュビリーエース」をやっている方の言い分としては、報酬が止まったりお金が無くなった人がいないのだから誰も損をしていないという事らしい。
 
ジュビリーエース信者の声
 
アクアシステムについては初期費用を支払ってから運用が始まるため、実際には損失の状態からスタートという事になります。
 
 
ただ、配当を毎月貰い続けて初期投資金を上回った時点からは利益となるので、SNSでは誰も損をしていないと認識している方が多い様子。
 
 
そうなると正しくは「ジュビリーエース」は、損はしていないがまだ稼げていない人が大半という事になるのでは?
 
 
紹介無しの場合は元本の回収に最短1年、初期投資額によっては2年かかると言われています。
 
 
まだ初期費用分すら回収していない方が稼げました!と盛り上がっている状態には、少し恐怖を感じますね。
 
 
自分が利益になっていない投資を人に勧める気持ちは一生理解できそうにありません。

評判②:フォーブスジャパンに掲載されるから信用できる

「ジュビリーエース」が信用度の高い企業のため、フォーブスに掲載されたという話が出回っています。

 
フォーブスのインド版に掲載されたジュビリーエース
 
実際に掲載されたのはインド版であるフォーブスのwebページのようでした。
 
 
記事最下部の免責事項の部分には「広告として掲載している」と明記されていたため、ジュビリーエースが取材を受けたというよりは、お金を払って広告を掲載した形ですね。
 
フォーブスの記事に書かれていた免責事項
 
今後は日本版や北米版のフォーブスにも掲載されるという情報も確認できますが、半年経過してもジュビリーエースがインド版以外に掲載されていないので、このまま無かった事にされる可能性が高そうです。
 
 

評判③:ジュビリーエースはISO9001を取得してるから凄い!

2020年4月17日に「ジュビリーエース」の運営会社がISO9001を取得したという情報。

ジュビリーエースのISO取得認定書
 

ISO9001とは

よりよい製品やサービスを提供するための仕組みを評価する、ISO(国際標準化機構)が定めた国際規格。

 
どうやらジュビリーエースがISO認証を取得したというのは投資家からすると嬉しいニュースですね。
 
 
勧誘を行う際には信用度を上げるための情報として使う事が出来ます。
 
 
ただ、ISO9001について注意しておきたいのは、以下の2点です。
 
 
注意点①:サービス自体の品質は向上しない
ISO9001認証はあくまで社内マネジメントが出来ているのかを判断する規格であり、商品や業務内容は全く関係がありません。
 

・組織が決めたルールが行われてるのか
・社内で不正が発覚した際に検知できる仕組み
・不正を改善できる仕組み
 
これらを仕組み化出来ているのかどうかを判断する規格という事です。
 
 
ISO9001認証取得の情報を手放しで「凄い事だ」「国際的に認められた」と話して勧誘を行うのはやめた方が良いでしょう。
 
 

注意点②:ISO自体の信頼は低下してきている
最も顕著なのは、日本が誇る大企業「TOYOTA」本社がISOの認証取得をしておらず、傘下の「TOYOTA車体」に関してはISOの認証を返上しています。
 
 
昨今では、中小企業が箔をつけるためだけに取得する事例が世界的に多くなっているようです。
 
 
ISO9001が全く信用できないという訳ではありませんが、取得したから大丈夫だという事ではありませんので注意してください。
 
 
注意点③:認証を受けたのはマルタのオフィスだけ
ISOの認証を取得したのは、バーチャルオフィスに登記されているマルタ事務所だと記載されています。
 
 
オフィスの映像が多く公開されている深センの事務所では取得できなかったのでしょうか?
 
 
是非、ジュビリーエースにはISO9001の認証取得をしたマルタ本社の事務所を公開して貰いたいものです。
 
 

新プランが出てて期待できる!

預け入れた資金を90日間ロック(出金できない)することで、2倍~4倍の配当を受け取れるリクイディティーパック90という新サービスが開始しました。

 
 

具体的な配当金額は下記の計算が適用されます。

 
・100ドル~19,900ドル入金 = 2倍
・20,000ドル~49,900ドル入金 = 3倍
・50,000ドル以上の入金 = 4倍
 

入金額が多いほど90日後の配当が増える仕組みです。

 
 

今回の「リクイディティーパック」の懸念点としては、運用は「現金クレジット(出金可能なお金)」でのみ可能だという事。

 
 

私の目にはジュビリーエースは利用者に出金させたくないように見えます。

 
 

理由を順を追って説明しますと、ジュビリーエースは2019年3月頃より日本で流行り始めた投資案件であり、多額の紹介報酬が受け取れるトップユーザー以外は元本の回収に平均1年強の時間が必要となります。

 
 

そう考えると、2020年4月~7月は初期ユーザーの元本回収時期と合致しますね。

 
 

そしてジュビリーエースが新たに打ち出したのが今回の「リクイディティーパック90」。

 
 

運用するには出金可能な「現金クレジットの90日ロック」を条件に盛り込み、90日で最大4倍に増やせるという破格の配当を提示。

 
 

ユーザーからの出金を先延ばしにすることで、大量の資金流出から延命した。

 
 
その他にもマイアクアコモディティなど、トップアップ(ユーザー資金の拘束)を煽る新規サービスが続々と発表されています。
 
 
これを良い状況と取るのか、ジュビリーエースが出金を防ぐために必死になっていると取るのか。
 
 
どう受け取るかはお任せします。
 
 
3年以上にわたって仮想通貨系のHIYIPやMLMを見続けてきた私の経験上だと、追加入金を求める破格のキャンペーンなどを打ち出した商材は全て、運営が飛ぶなどの事態に見舞われています。
 
 

過去の同様の事例としては
プラストークン
SBLOCK
ビットクラブ

 

などの投資案件が該当します。

 
 

ジュビリーエースも確実に飛ぶと言い切れませんが、危険な兆候は表れ始めているというのは理解して頂きたい。
 
 
似た商材について気になる方は、下記のリンクからどうぞ。
 


 

最後に、Twitterではジュビリーエースがクーリングオフの申請を拒否したことが話題となっていました。
 
ジュビリーエースがクーリングオフを拒否
 
利用規約に記載していたクーリングオフ制度を拒否か…。
 
 
海外の投資案件の利用規約などあってないようなものですから、投資した時点で利用側もそのリスクは承知しているはず。
 
 
ジュビリーエース側は少しでもユーザーの資金流出を避けたいのでしょう。
 
 
個人的に恐ろしいのはジュビリーエース肯定派が誰も返金拒否の話題について触れないことなんですけどね。
 
 
ひとまず新プラン契約期間の完了日まで大きな動きはないと私は予想していますので、今後の動向に注目していきます。
 
 
※最近は信者の方もアンチの方も誹謗中傷に当たるようなコメントの投稿が多いです。熱くなり過ぎないように、節度ある投稿をお願いします。
 

以下、ジュビリーエース運営会社の調査レポートになります。

ジュビリーエースは損することがない?

仮想通貨投資をはじめとし、スポーツベッティングなどの分野などでも「アービトラージ」を可能にした高配当の投資案件。

 
 

それらを可能にしているのは、創業者が開発したとされる「AQUA」なるデータ統合・分析システムによるもの。

 

ジュビリーエースの分析システムAQUA

 

このシステムがアービトラージによって利益の上がる投資先、投資法を導きだすというのです。

 
 

利用者は「ジュビリーエース」に運用してもらう現金を預けることになっているのですが、主な投資先としては

仮想通貨

スポーツ

コモディティ

 

上記の投資商品に対して完全自動によるアービトラージを行います。

 
 

投資家へのリターンとしては月利2.4~20%にも及ぶ高額な配当が支払われるという謳い文句となっています。

 
 

アービトラージ自体、理論上は損失を出すことがない投資法ですが、非常に少ない利幅を狙う手法となります。
 
 

仮にジュビリーエースの平均的な利率の7%で計算すると、最短でも元本の回収に約1年2か月かかります。

 
 

加えて出金手数料20%も必要になるので、期間はもっと長くなるとみて間違いないでしょう。

 
 

仮想通貨業界にはもっと効率よく稼げる投資案件や安全性の高いサービスが存在していますから、今からジュビリーエースを始めるメリットがあるとは言い切れませんね。
 
 
当サイトでは、SNSなどで「稼げる」や「安全性が高い」と言われている投資案件の調査も行っています。
 
 
人気の理由や稼げる仕組み、始める際のリスクなどを細かく解説していますので、ご興味のある方はご覧ください。
 
 

 

ジュビリーエースの運営会社に不安

「ジュビリーエース」の要ともいえる分析システム「AQUA」ですが、一体どのような企業が開発し管理されているのでしょうか?

 
 

私が確認できた「ジュビリーエース」の資料によると、運営会社である「Jubilee Ace Limited」は英国領ヴァージン諸島にて設立された企業だと記載されていることが確認できます。

 

ジュビリーエースの運営会社について

記載されていた所在地は「Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands」という住所となっております。

 
 

ここで気になるのは、所在地にある「(P.O.Box 116)私書箱」という部分です。

 

ジュビリーエースの会社がある私書箱の例

 

この「P.O.BOX」については、物件の所在地ではなく郵便物を受け取るための私書箱であり、ペーパーカンパニーが所在地として登記していることが多い住所となります。

 
 

恐らくはこの場所に「ジュビリーエース」の運営実態は無いものであると思われます。

 
 

税金がかからないタックスヘイブンの国となることも理由の一つかと思われますが、そうであれば本社の場所くらいは明かして欲しいものです。

 
 
※上記の情報をデマだと言われる方が多いですが、私が記事を作成した1年前には深センのオフィスの情報は公表されていませんでした。
 
 
深センのオフィスについては別の記事にて捜査していますので、気になる方はご覧ください。

 


 

また、ヴァージン諸島に置いて金融サービスを開始するためには、「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」の認可が必要になります。

 
 

「ジュビリーエース」の所在地が記載されていた書面がその認可を受けたとされる書類のはず。

 
 

認可を受けた企業については「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」のHPで確認することが出来るのです。

 

Jubilee Ace Limitedの検索結果

 

私の検索ミスという可能性も捨てきれませんが、検索結果に「Jubilee Ace Limited」が表示されることはありませんでした

 
 

書類を偽装しているとなると、そもそもヴァージン諸島にすら登記していない企業という可能性も出てきます。

 

創業者「ボビー」とは

ジュビリーエースをシンガポールにて立ち上げた人物として、日本のセミナーにも登壇している「ボビー」と呼ばれる男性。

 

ジュビリーエースの創業者ボビー

 

シンガポールの大富豪だそうでランボルギーニを4台保有してるそうです。

 
 

ジュビリーエース設立以前には大学卒業後にシンガポールの三大銀行の一つであるオーバーシーチャイニーズに入行。

 
 

その後ビットコインに出会い3万円前後で購入したビットコインが30倍に跳ね上がり億万長者となった経歴を持つそうで、その後ジュビリーエースを立ち上げたとのこと。

 
 

彼の経歴を裏付ける証拠資料がないため真偽は不明です。信じるか信じないかはあなた次第。

 
 

ジュビリーエースのセミナー講師「玉井 暁」

日本各地でジュビリーエースのセミナーが開催されているようで、利用者の中には講師として登壇している「玉井 暁」をご存じの方も多いはず。

 

 

「玉井暁」に関しては販売員としてはとても優秀なようで様々なMLM案件取り扱ってきた経歴を持つようですが、破綻した「ビットクラブ」のトップ販売員としても有名な人物です。

 
 

MLMで稼いでいるのは間違いないと思われますが、それは“あくまでMLMで”と考えるのが自然です。

 
 

現に破綻したMLMを取り扱っていた、という過去がありますので、「玉井 暁」が紹介する案件だから稼げるし安全だ、という安直な判断は控えた方が良いでしょう。

 
 

実際、過去に「玉井 暁」が紹介していた「ビットクラブ」や「D9」という投資案件に関しては、既に配当停止や集団訴訟などにも発展している事実もありますので、セミナーに参加した方はよく見極めてください。

 
 

また、「ジュビリーエース」に関してはSNSやマッチングアプリなどを介しての勧誘が盛んに行われていることも判明しております。

 
 

投資案件の勧誘を受けた際には、紹介者がどのような人物なのかをしっかりと調べることをお勧めいたします。

 
 

私の言っている事すべてが真実であるとは思っていませんが、違った目線からジュビリーエースを見ると、怪しい点もちらほらと見つかりましたね。

 
 

純粋な投資以外での不安要素もありますから、利用を検討されている方は慎重に判断をしてください。

 

【追記】同一運営の可能性が高い新案件「PGA」が始まった

先日ジュビリーエースに出金停止の兆候が見えるとお伝えしましたが、運営陣による新たな動きを確認しました
 
 

ジュビリーエースの上位互換として登場した「プランスゴールドアービトラージ(PGA)」という商材の運営所在地がジュビリーエースと同じ場所だという情報を発見。

 
ジュビリーエースと同じ住所の投資案件が存在する
 

ロシア向けに公開されていた「プランスゴールドアービトラージ」の資料に記載されていた情報です。

 
 

確定ではありませんが、運営側がジュビリーエースから新規案件に移行し始めた可能性が高くなります。

 
 

当サイトにもジュビリーエースの「マーケティングディレクターが新規案件に移った」という口コミが投稿されています。

 
このページに投稿された口コミ
 

ジュビリーエースを紹介していた上位メンバーの移行が相次いでいるとのこと。

 
 

ここまで判明した運営側の動きをまとめると…

 
 

まず、新プラン「リクイディティーパック90」に参加したユーザーの資金を4月から90日間に渡りロック。これでユーザーの資金が流出するの防ぐことに成功。

 
 

その後、別案件として「プランスゴールドアービトラージ」を立ち上げ、新たなユーザーからの資金調達を行う。

 
 

ここまではジュビリーエース側が既に実行済みです。

 
 

今後のどのような動きを見せるのかについては、新規案件である「プランスゴールドアービトラージ」での資金調達次第になってきますね。

 
 

もし、ジュビリーエースが噂通りに実際はアービトラージで利益を上げれていないのであれば、「リクイディティーパック90」に参加したユーザーの出金申請には耐えることが出来ないはずです。

 
 

私としては、2020年7月にジュビリーエースが今後も続くのかどうか?本物なのかどうかの答えが出ると予想しています。

 
 

現状を考えると、今からジュビリーエースに参加するのは得策ではないと私は判断しています。

 
 
新たな投資先として「プランスゴールドアービトラージ」を選ぶのも良いですが、運営側のツールが無ければ稼げないという状況がさらに続くことになります。
 
 

仮想通貨業界にはもっと稼げる商品やサービスがいくつも存在するので、他の投資商品と比較してみることにも目を向けた方が良いでしょう。

 
 


 

人気記事一覧

ジュビリーエース(Jubilee Ace)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年9月25日

    ジュビリー
    ジェンコ
    PGA
    年内まではもちそうやな
    出金申請しても15%程度しか振り込まれてないカワイソウ

  • 投稿者名:匿名2020年9月25日

    深夜にポチポチして労働収入オツカレ
    ローン笑笑笑もある始末
    出金手数料は高い
    こんなんで儲かってるとか言ってるのホンマのアホ足し算引き算できるんか 
    みなさん詐欺師の栄養分になったらあかんよ

  • 投稿者名:匿名2020年9月24日

    ジュビリエース去年からやってますが
    出金は出来ていますが手数料が高い
    出金できるが着金する時間が長過ぎる
    人には決して勧めたらいけない案件
    マネーゲームです。お金に余裕がない人はやるな

  • 投稿者名:匿名2020年9月24日

    ジュビリーエース 3.8%くらいしか一か月に稼げないんだが。
    10%以上の稼ぎは人を騙すしかないんか。

  • 投稿者名:匿名2020年9月23日

    ジュビリーエースのクレジットを販売するって人が急に増えてるのは今のうちに手放そうってことでしょうか?騙されて買った人はどうなるんでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2020年9月20日

    ジュビリーエース、コモデティの枠が夜中にすぐに埋まるから無職ニートみたいな人しか増やせない。
    話が違う。
    詐欺。

  • 投稿者名:信者2020年9月16日

    あはははー笑(≧∀≦)
    MT4が本当の口座なの?とか、書いてる段階で無知でアホ丸出しだな。証券会社の口座じゃなきゃ接続出来ない事も知らねーんだな!笑 MT4の口座開設してから言えってね。運用月利15%以上は頂きます。とっくに、運用益で初期資金は回収してるよ。周りのJAやjencoやってる奴に見せてもらえよ!笑

  • 投稿者名:匿名2020年9月16日

    いや、だからその口座が本物なん?
    増えてるのは仮想なんやないの?

  • 投稿者名:アホバカのオンパレード2020年9月15日

    MT4笑バカはいなくならんね
    アホバカが多いからポンジはなくならねんだよ
    投資金額いくら入れてんだよ足し算引き算もできんの?
    マイナスだろ計算してみろアホが
    情弱から紹介だしてるヤツらが紹介料稼いで儲かってると言っているのすぎない
    皆さんダマされてはダメ

  • 投稿者名:順子さん2020年9月15日

    さすがに、ジュビリー、jencoのアンチはいなくなったな。MT4で土日以外の毎日のトレード実績を自分の口座で確認出来たら、詐欺とか言ってる方がアホ扱いされちまうからな。私のグループには、FXで儲けてた連中が、皆んな有り金をjencoに入れ始めたよ。今さら、ポンジとか言うんじゃねーよ笑 MT4凄い。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^