ビットクラブの最新情報 – 裁判で返金、払い戻しは行われるのか

サービス名ビットクラブ
販売業者不明
販売責任者不明
電話番号03-5475-283
URLhttps://www.bitclub.jp/

2021年、ビットクラブの最新情報

ビットクラブの創始者とも呼ばれる「ラス」が遂に逮捕された。
 
 
会員から不当に集めた資金にもアクセス可能な状態にあるとされる「ラス」が逮捕されたことで、ビットクラブは今後どうなっていくのだろうか?
 
 
ビットクラブの資金回収にFBIが動いている件や裁判の進捗状況などを合わせて解説。
 
 
ビットクラブの今後を見極めるための最新情報を公開していきます。
 
 

【2021年5月27日】ビットクラブ裁判の最新情報、判決が下る日。

ビットクラブの首謀者の裁判の決着が2021年に着く可能性が高まってきました
 
 
▼公開されたページ
ビットクラブ裁判の進捗
 
どうやら、裁判長による判決を下すための最終審議が始まる模様。
 
 
この結果次第で首謀者たちへの量刑が確定するのですが、既に首謀者の一部は過去の審議で罪を認めているので、開始から数日で判決が下るのではないかと思っています。
 
 
また、この審議で弁護側や警察から提出された資料は一定期間公開されるため、首謀者たちに返金の意思はあるのか?などの意見を見ることが出来るかもしれません。
 
 
とはいえビットクラブで集められた資金の一部は既に首謀者が私的に利用していることが明らかになっていますし、アメリカの裁判所もまずは自国の投資家に向けた返金を優先しますからね。
 
 
日本人投資家に向けた返金が行われる可能性は低いのではないかと予想しています。
 
 
ビットクラブのような業者にお金を預けるのは本当にリスクが高いので、高騰期待のアルトコインに投資して自分の口座で運用し利益を積み上げていきましょう。
 
 
返金される可能性がゼロではないので、何か新たな情報が入り次第記事を更新していきます。
 
 

【更新情報】※タップで開閉

【2020年12月15日】ビットクラブ創業者の保釈金が20億円に

ビットクラブ事件で逮捕されている創業者の一人「MatthewBrentGoettsche」の保釈金が日本円にして20億8000万円に設定されたことが判明しました。
 
ビットクラブ創始者の保釈金について
 
既に個人資産として保有していた8億9千万円余りの仮想通貨等の資産は押収されており、残りの保釈金がどこから支払われるのか?注目を集めています。
 
 
やはり、日本人投資家向けに返金が行われる可能性は薄いと言わざるを得ません
 
 

【2020年6月16日】ビットクラブ創始者「ラス」が逮捕

2020年6月16日、ビットクラブの非公式幹部「ラスアルバートメドリン」が、ジャカルタにて逮捕されたというニュースが入りました。
ビットクラブのラス逮捕を報じるニュース
COINFOMANIAより引用
 
ジャカルタではビットクラブ以外の容疑(性犯罪)で起訴されており、今後はFBIの要請によって米国へと引き渡される可能性がある模様。
 
 
今回逮捕された「ラス」は、ビットクラブで集められた資金にもアクセスできる権限を持っているとされるため、彼が管理していた資金を使い込んでいなければFBIにより回収されるでしょう。
 
 
そうなると、ビットクラブに騙された投資家たちへ返金対応が今後行われるかもしれませんね。
 
 
ただ、個人的な見解としてはある程度の資金が無事回収されたとしても、日本人投資家に返金される望みは薄いとみています。
 
 

 
 

【2020年4月7日更新】ビットクラブ運営者の裁判が延期に

ビットクラブ運営者の裁判に関する最新情報

ビットクラブの裁判記録はウェブ上で確認できるのですが、2020年4月7日現在も裁判は行われているようでした。
 
ビットクラブの裁判記録
 
保釈の申し立てを拒否したという一文も掲載されているため、現在も拘留されていると思われます。
 
 
裁判所の対応は当然ですね。保釈すると集めた資金を隠蔽される可能性があるための措置でしょう。
 
 

【2020年2月26日】ビットクラブの今後を最新情報から考察

ビットクラブは今後、復活しないと思う

ビットクラブの運営陣が逮捕されたという最新情報が公開されました。同時に公式サイトへのアクセスも不可能となったビットクラブは今後どうなってしまうのでしょうか。

 
 

今回、私が発見したのは北米のウエストワードというニュースメディアにビットクラブに関する記事が掲載されていたこと。

 

ビットクラブの運営陣による発言

 

考えたくもない話ですが、運営陣はビットクラブの立ち上げ時にこのような発言をしていたことがリークされている模様。

 
 

2014年当時のやり取りが一部メディアにも掲載されていることが確認できます。

 
 

現在は公式サイト閉鎖したことでユーザーは資金が下ろせない状況が続いているかと思いますが、正直に申し上げると今後出金が再開する見込みは限りなく薄いと思われます。

 
 

その理由としては

・検察官が運営陣の保釈を拒否している

という点が挙げられます。

 
 

検察官によると、一度保釈すればユーザーの資金へアクセスすることが容易に想像できると主張しており、実際に運営者の一人は米国からの脱出を企てていることが判明。

 
 

既にイギリス領であるベリーズに島を購入し、渡航用の自家用飛行機も購入済みだそうです。

 
 

現在はセントキッツ島での市民権獲得のために弁護士と動いている状態の様子です。

 
 

ここから分かるのは、ユーザーに対する対応よりも自身の身の安全、集めた資金をどう確保するかという点だけを考えて動いているのであろうという事。

 
 

この状況から、仮想通貨ポリスではビットクラブ運営が復活する見込みは限りなく低いと考えております。

 
 

裁判の判決については現地時間の3月15日に出るとされていますので、判決次第では裁判所が運営陣から資金を押収し、ユーザーの返金に充てるなどの動きも考えられますが、あくまで予測になるのでご了承ください。

 
 

【2019年9月2日】遂にマイニングまで停止したか?

ビットクラブのマイニングマシンが稼働停止

 

過去の捜査時にはビットクラブがマイニングをちゃんと行っている姿が確認できていたのですが、現在はほぼ稼働出来ていない状態にあることがわかりました。

 
 

直近では約2週間間ほどまともにマイニングが出来ていない様子です。

 
 

ビットクラブに関しては同時に公式サイトへのアクセスもできない状況となっていることから、このまま飛ぶのが既定路線ではないかという見方が強くなっているようです。

 
 

【2018年10月9日】更新:ビットクラブの配当が停止した模様

ビットクラブで配当が貰えなくなったらしい

ビットクラブネットワークが遂に、GPUマイニングの一時停止を発表しました。すなわち、配当が支払えないという事。

 
 

その理由は単純で、マイニング収益が低下しマシンを稼働させると赤字の状態になったことが原因だとしています。

 
 

マイニング自体は本当に行われているのですが、価格の変動によりマシンを停止しなくてはならない状況に陥るとは…。

 
 

まさか運営本体には現在、キャッシュがほとんど無いと言っているようなものですよ。

 
 

再開の目途については具体的な日付を公開しておらず、相場状況が良くなってからという曖昧な状態になっています。

 
 

ちなみにTwitterではビットクラブについてどのような意見が飛び交っているのかと確認してみると…

 

 

停止したにも関わらず、不安もなく勧誘を続けるアカウントを複数発見。

 
 

ツイートの内容も全く同じとなっているため、おそらくは紹介報酬を目的とした宣伝業者だと思われます。

 

運営元はキャッシュがなくなり配当停止、会員は紹介料欲しさに勧誘を続ける。マルチ商法の末期状態ですね…笑。

 

ビットクラブのセミナー講師がまさかの脱税

メガモンスター玉井」や「ギガモンスター玉井」の名でセミナー講師として登壇している「玉井暁」ですが、実は過去に脱税で東京国税局が所得税法違犯で告発しています。

 

 
 

ビットクラブ以外にもマルチ商法に手を出しており、トップ販売員だったという実績を持つ人物。

 
 
2020年からは新たにジュビリーエースという仮想通貨アービトラージのMLMを行っていたものの、運営会社が業務停止を発表し多数の被害者が生まれた模様です。
 
 
「玉井暁」は訴訟を避けるためにドバイに逃亡した、というウワサも囁かれています。
 

ビットクラブの創業者が「変態」だった?

ビットクラブの創業者として日本にも来日している「ロス」と呼ばれる男性。実はこの方、米国で数々の犯罪を犯し有罪判決を受けたと記載されたWEBページが存在します。

 

 

この情報は本当なのか。真相は定かではありませんが、火のない所に煙は立たぬとも言いますからね…。

 
 

海外サイトでもポンジスキームであると評されるビットクラブ。今回の配当停止はいつまで続くのか。

 

創業者が怪しい

日本トップはマルチ商法のプロ

配当停止

 

仮想通貨以外にもリスクがある状況を考えると、ビットクラブに参加することはやはり、おすすめできません

 
 

ビットクラブは本当にマイニングしているのか?

公式サイトを確認すると、ビットクラブに参加することで受け取れる報酬は以下のサービスにより形成されていることが分かります。

  • マイニングプールからの収益(マイニングによる報酬の分配)
  • 紹介プログラム(新規メンバー紹介による報酬)

この2本の柱により配当を得ることが出来るとの事。具体的には投資したお金を元にマイニング(仮想通貨の発掘)を行い、その際に発生した報酬を分配しようというもの。

 
 

ここで気になるのは、ビットクラブが本当にマイニングしているのか?という点と、どれくらいマイニング出来ているのかという点。私の調査時に確認を行ったところ、24時間の内5回のマイニングに成功したという情報が公開されていました。マイニング自体はちゃんと行っているという事になります。まずは一安心。

 
 

続いては24時間でマイニングされたビットコインの内、ビットクラブがどれくらいのシェアを握っているのかを確認していきます。まず、直近24時間でマイニングされたコインの数が1925BTC。そのうちビットクラブのシェアは3.3%となっているため、現在のレートで考えると1日のマイニングで得ている利益63.525BTCで約8200万円となります。

 
 

もちろん、8200万円が全部利益という訳にも行きませんし、人件費や電気代などを算出することは難しいですが約40%が費用として掛かると仮定すると、大体4900万円。

 
 

この1800万円をビットクラブで稼働しているアカウント数10万で割ると1日495円分しか確保できない計算です。
 
 
もちろん入金している金額にもよるので何とも言えませんが、儲かると判断することは出来ません。
 
 
類似案件のマイニングエクスプレスに関しては3年以上もマイニング配当を出し続けているので、少しは見習って欲しい所です。
 
 
それに2つ目のポイントである紹介プログラム。ここにも配当を用意しなくてはいけないのですから、既にパンク気味も見えます。

 
 

そもそも紹介制プログラムといえば聞こえが良いですが、ネットワークビジネスの一種です。マイニング自体は行っているようですがとてもマイニングで得た利益で運用出来ているようには見えませんでした。

 
 

ビットクラブの紹介はただのねずみ講

マイニングプールからの報酬では元本の回収が難しいという事が分かりました。では、ビットクラブの利用者達はどの様にして元本以上の利益を得ているのでしょうか?

 
 

その答えはビットクラブが提供するサービスに隠されていました。ビットクラブの契約は
4種類から選択が可能で、契約料の多寡により受け取れる報酬に違いが出てきます。

  • Pool 1 500ドル 50%の報酬
  • Pool 2 1,000ドル 60%の報酬
  • Pool 3 2,000ドル 70%の報酬
  • Founder Pool 3,500ドル 上記3つ全て

今回私が注目したのは、公式サイトにも記載されていた3500ドルで契約した際に提供されるあるサービスの存在について。記載されていた原文をそのままご紹介します。

 


【原文】
「そして3,500ドル以上で参加された方には、ウェブ上で集客するための ホームページをそれぞれの方向けに準備させて頂きます。」


 

契約者個人が紹介料を得るために必要なホームページを提供すると公式サイトに記載されているのです。これが一体どういう事なのか分かりますよね?

 

  • 不自然なほどに褒めちぎる根拠のないブログサイト
  • 具体的な数字を公開しない“自称”利用者のサイト

貴方が今「ビットクラブ」について調べているのは、どこかのホームページで稼げるという情報を目にしたからではないでしょうか?でも、そのホームページは集客を行うために用意されただけの代物。どこかの誰かが紹介料欲しさに作成したものだったのです。

ビットクラブに目を付けたマルチ業者…

日本でビットコインクラブの勧誘を行っているセミナーは多く開催されていますが、講師として登壇している人物の経歴を調べると、非常に怪しい過去を持っていることが分かります。

 
チャーリータカ
 

  • チャーリータカ(田塩享寛)

日本におけるビットクラブネットワークの第一人者と言われる人物。過去は投資指南を謳った情報商材や過去には被害総額450億円という大型詐欺「スピーシー事件」の首謀者。スピーシー事件もねずみ講に近いものでしたが、ビットクラブの構造を思い出してください。あれもねずみ講と変わらない構図になっていましたよね?自殺者も出るような詐欺の首謀者が第一人者。これが何を意味しているのか…。

 
宿利原

  • 宿利原卓

この男も過去には情報商材の販売を行っていたネットワークビジネス関係の人物。珍しい苗字なのでフルネームで検索してみると、過去に行政処分を受けていた事が発覚。

ファンドと称して2億円以上を集めた結果、出資者には虚偽の運用報告を行っていたというのですから、ほぼ詐欺に近い行為だと私は考えています。

 
泉忠司
 

  • 泉忠司

彼が話題となった事件はビットクラブではなく、詐欺通貨としてやり玉に挙がった仮想通貨「ノアコイン」のセールスを行った件。フィリピン政府公認や断定的な言葉ばかりを使いノアコインを宣伝した結果、ほとんどの話が嘘だったという口から先に生まれたような男。

 
 

現在は嘘をついたとバラし謝罪も行ったようですが、とても許されることではありません。仮想通貨自体の信用問題にまで発展した事件の首謀者なのですから。

 
 

上記の他にもビットクラブのセミナーを行う業者は存在しますが、小物過ぎて紹介するまでもないで割愛します。このように過去に怪しい経歴を持つ人物ばかりが「儲かる」と宣伝する商品、私は注意が必要なサービスだと思います。

 

ビットクラブのまとめ

  • マイニングは本当に行われている。
  • 紹介料がなければ稼げない
  • 詐○師が群がっている

マイニング報酬は2017年に半減期を迎えましたが、2020年に更なる半減期が来ることがシステム上で決定しています。更にはマイニング事業への参入を発表している大手企業(DMMやGMOなど)も続々と現れています。

 

そんな中、マイニングシェアが3%を下回っているビットクラブは2020年以降、生き残れるのでしょうか?利用する際はご注意ください。

 

人気記事一覧

ビットクラブの口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年9月22日

    【白坂慎太郎】
    有限会社シンタ代表取締役。1975年、鹿児島生まれ。鹿児島大学法文学部法学科卒。
    YOUTUBEで【お金の大学】という商材を紹介(販売)し、動画のみ個別指導により料金は【10万円~200万円】。商材では【ノアコイン・ビットクラブ】を紹介し、そ億万長者になりましょうっていう内容。お金払って詐欺案件紹介されて、合計500万円を奪われました。

  • 投稿者名:匿名2021年9月9日

    ネズミ講システム

    テキシアジャパンホールディングスは会員にランクが設定されており、上位ランクに行けば行くほど受け取れる報酬が高くなります。いわゆるネズミ講システムです。

    各クラスの人数は下記のように、最下位の会員の人数が最大となるピラミッド構造でした。

    ・ディレクター(約130人)
    ・マネージャー(約220人
    ・エバンジェリスト(約1210人)
    ・一般会員(約1万1360人)

    会員の獲得数によりランクが上がり、一般会員から一つ上のランクであるエバンジェリストになるためには、3人以上の勧誘か500万円以上の出資が必要ということですから、勧誘ができなくても、自分の出資金額を増やすことで上のランクに行けるということになります。

    上のランクしか儲けることができないネズミ講システムですが、いくら出資金を増やしても、一般の人はマネージャーまでしか到達することはできませんでした。

  • 投稿者名:美恵2021年9月4日

    破産法265条1項によって犯罪が成立するケース

    詐欺破産罪は、直接の行為者である債務者自身のみならず、詐欺行為の相手となった第三者にも成立する可能性があります。
    つまり、先に紹介した行為のうち、「破産者が債権者に不利益に財産処分をした、あるいは不利益な債務を負担した」というものがあります。このような場合、誰かが「取引の相手」または「債権者」となっているはずです。

    そこで、破産法は、こうした取引相手や債権者となる第三者に対しても、情を知って、つまり他の債権者を害する意図でなされる行為であることを知りながら相手方となった場合には、詐欺破産罪が成立すると規定しています。つまり、破産者から不当に安く財産を譲り受けたり、高利で破産者にお金を貸し付けたりすると、それ自体が犯罪になってしまう可能性がある、ということです。

    ■破産法265条2項によって犯罪が成立するケース

    また、これとは別に、破産法265条第2項には、以下のようなケースでも詐欺破産罪が成立すると書かれています。

    破産手続開始の決定や保全管理命令が発せられたことを知りながら、債権者を害する目的で正当な理由なしに債務者の財産を取得したり第三者に取得させたりした場合

    財産の隠匿や毀損に協力した第三者や関係者に対する刑罰です。

    この条文に規定されている行為は、「債権者に不利益な処分」には限りません。通常の相場で不動産などを譲り受けた場合にも、債権者を害する目的でなされたときには、譲り受けた第三者が処罰される可能性があります。それだけではなく、第三者が間に入って、さらに別の人に破産者の財産を取得させたケース(取引の仲介を行ったケース)などでも、やはり詐欺破産罪が成立するので注意が必要です。

  • 投稿者名:匿名2021年8月12日

    尾嶋誠史・持田政昭詐欺事件

    民事訴訟多数

    マカオ入国緩和

    次の言い訳は?

    親戚・兄弟にも被害が

  • 投稿者名:匿名2021年7月27日

    (債務不履行による損害賠償)
    第四百十五条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。

    (不法行為による損害賠償)
    第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

  • 投稿者名:匿名2021年7月24日

    ポンジスキームとは、集めたお金を循環させているだけの詐欺
    -ポンジスキームの事件3選-
    ・ナスダック事件
    ・Bitclub事件
    ・プラストークン事件
    -気をつけるべき4つのポイント-
    ①利回りが異常に高い
    ②「元本保証」と謳っている
    ③人を紹介すると報酬が貰えるシステム
    ④勧誘している人がいないor怪しい

  • 投稿者名:匿名2021年7月20日

    尾嶋マカオカジノエージェント詐欺事件

    コロナのせいにして逃げている持田・尾嶋

    コロナが終わっても口座がロックされたとか言って長引かせるから

    早く捕まえるか家族・親戚に責任を取ってもらうしかないですね

    民事訴訟多数 警察も動き始めるでしょう

  • 投稿者名:匿名2021年7月16日

    ビットクラブは紹介した報酬を他の人が投資したお金で賄うポンジスキームでした。

    ポンジスキームは、ユーザーが投資した資金を別のユーザーに横流しすることで稼いでいる風に見せかけ、さらに投資金を集める詐欺手法の一つ。

    その結果起こったのは、ビットクラブの破綻。

    ビットクラブ運営はユーザーへ正当な報酬を支払えず、多くのユーザーは大損することに。

    玉井暁があらかじめ詐欺だと分かっている案件を紹介していたとしたら、到底許される行為ではありません。

  • 投稿者名:匿名2021年7月14日

    最近
    2017年ころの詐欺事件捕まってますね

    オズプロジェクト

    アルケミスト

    次は

    ビットクラブか

    オジマプロジェクトか

  • 投稿者名:匿名2021年7月14日

    逮捕されたビットクラブ運営者
    マシュー・ブレント・ゲッチェ(37歳)
    ジョバディア・シンクレア・ウィークス(38歳)
    ジョセフ・フランク・アベル(49歳)
    FBI報告によると
    「ビットクラブは、ビットコインのマイニングプールへの投資を呼びかけ、被害者から数億ドルをだまし取った現代的なポンジスキームに過ぎない。」

    またIRS(日本国税庁に相当する米国の「内国歳入庁」)のジョン・R・タフール捜査官によれば

    「今回の事件は、仮想通貨によるマイニングによる大きなリターンを約束するという要素を加えた古典的なコンゲームです。」

    容疑者であるゲッチェらは被害者たちを「愚かな投資家」「羊」などと呼んでおり「ビットクラブは馬鹿の背中に構築したスキームだ」などととも語っていたようです。

    この逮捕以降、関係者の逮捕が続き全容究明がはじまりました。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^