ジュビリーエースの配当減少、手数料も激高に

サービス名ジュビリーエース(Jubilee Ace)
運営会社Jubilee Ace Limited
会社所在地Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands
運営責任者不明

ジュビリーエースの捜査を開始

理論上は負けない投資法として一部に人気を博している投資手法「アービトラージ」を利用したHYIP案件である「ジュビリーエース」を捜査。

 

 

運営会社の実態やセミナー等で語られている利益は本当に出すことが出来るのか?仮想通貨ポリスがくまなく確認していきます。

 

 

集客方法に至ってはネット、リアル問わずして勧誘が行われており、その一因としてMLM(マルチレベルマーケティング)を採用していることが挙げられますが、この集客方法の懸念点なども詳しくお伝えしていきます。

追記:ジュビリーエースのアカウント売買が増殖中

主にTwitter上にて「ジュビリーエース」のアカウントを販売しますという旨の投稿を頻繁に見かけるようになりました。

 

ジュビリーエースのアカウントを売りたい人達

 

確実に稼げるアカウントを販売する理由とは?

 

捜査したところ、

・2020年に入ってから配当が減少

・手数料が増加

 

という2つの状況が確認出来ているようでした。

 

ジュビリーエースの配当と手数料が減少

 

結果的に元本を回収するには少なく見積もっても1年以上の期間が必要となった事に。

 

 

会員数が増えるごとに配当は減り、手数料が高くなる。

 

 

ジュビリーエースはやはり、ポンジスキームなのかもしれませんね。

 

 

コチラのページでは、似た内容の投資案件が出金停止~運営が飛ぶまでの流れをまとめ、出金タイミングの見極め方を解説しています。

 

 

ご興味のある方はぜひ、ご一読ください。

 

▼以下、ジュビリーエースの捜査レポートになります。

ジュビリーエースは損することがない?

仮想通貨投資をはじめとし、スポーツベッティングなどの分野などでも「アービトラージ」を可能にした高配当の投資案件。

 

 

それらを可能にしているのは、創業者が開発したとされる「AQUA」なるデータ統合・分析システムによるもの。

 

ジュビリーエースの分析システムAQUA

 

このシステムがアービトラージによって利益の上がる投資先、投資法を導きだすというのです。

 

 

利用者は「ジュビリーエース」に運用してもらう現金を預けることになっているのですが、主な投資先としては

仮想通貨

スポーツ

コモディティ

 

上記の投資商品に対して完全自動によるアービトラージを行います。

 

 

投資家へのリターンとしては月利2.4~20%にも及ぶ高額な配当が支払われるという謳い文句となっています。

 

 

アービトラージ自体、理論上は損失を出すことがない投資法であるといえるでしょう。

 

 

ですが、非常に少ない利幅を狙う手法となるため、ジュビリーエースの平均的な利率である7%で計算をすると、約1年2か月で元本が回収できることになります。

 

 

ですが、これはジュビリーエース側に自動で天引きされる手数料20%を加味していないため、実際にはもう少し期間が長くなるとみて間違いないでしょう。

 

 

そして、投資金を増やすことでその利率も15%超に増やすこともできるそうですが、よく考えてみてください。

 

 

300万円の月利15%=45万円です。

 

 

この45万円をジュビリーエース側は無条件で支払い続けなくてはならないという事

 

 

セミナー等でジュビリーエースの会員数について説明があるかもしれませんが、果たしてこの金額を数か月前に立ち上がった企業が世界中の会員に支払い続けられるでしょうか?

 

 

冷静に考えると、現実的ではない報酬体系であると私は考えています。

 

 

ジュビリーエースの運営会社に不安

「ジュビリーエース」の要ともいえる分析システム「AQUA」ですが、一体どのような企業が開発し管理されているのでしょうか?

 

 

私が確認できた「ジュビリーエース」の資料によると、運営会社である「Jubilee Ace Limited」は英国領ヴァージン諸島にて設立された企業だと記載されていることが確認できます。

 

ジュビリーエースの運営会社について

記載されていた所在地は「Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands」という住所となっております。

 

 

ここで気になるのは、所在地にある「(P.O.Box 116)私書箱」という部分です。

 

ジュビリーエースの会社がある私書箱の例

 

この「P.O.BOX」については、物件の所在地ではなく郵便物を受け取るための私書箱であり、ペーパーカンパニーが所在地として登記していることが多い住所となります。

 

 

恐らくはこの場所に「ジュビリーエース」の運営実態は無いものであると思われます。

 

 

税金がかからないタックスヘイブンの国となることも理由の一つかと思われますが、そうであれば本社の場所くらいは明かして欲しいものです。

 

 

また、ヴァージン諸島に置いて金融サービスを開始するためには、「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」の認可が必要になります。

 

 

「ジュビリーエース」の所在地が記載されていた書面がその認可を受けたとされる書類のはず。

 

 

認可を受けた企業については「BVI FSC(BVI金融サービス委員会)」のHPで確認することが出来るのです。

 

Jubilee Ace Limitedの検索結果

 

私の検索ミスという可能性も捨てきれませんが、検索結果に「Jubilee Ace Limited」が表示されることはありませんでした

 

 

書類を偽装しているとなると、そもそもヴァージン諸島にすら登記していない企業という可能性も出てきます。

 

 

運営側の実態が全く持って見えてきませんね。

 

創業者「ボビー」とは

ジュビリーエースをシンガポールにて立ち上げた人物として、日本のセミナーにも登壇している「ボビー」と呼ばれる男性。

 

ジュビリーエースの創業者ボビー

 

シンガポールの大富豪だそうでランボルギーニを4台保有してるそうです。

 

 

ジュビリーエース設立以前には大学卒業後にシンガポールの三大銀行の一つであるオーバーシーチャイニーズに入行。

 

 

その後ビットコインに出会い3万円前後で購入したビットコインが30倍に跳ね上がり億万長者となった経歴を持つそうで、その後ジュビリーエースを立ち上げたとのこと。

 

 

彼の経歴を裏付ける証拠資料がないため真偽は不明です。信じるか信じないかはあなた次第。

 

 

ジュビリーエースのセミナー講師「玉井 暁」

日本各地でジュビリーエースのセミナーが開催されているようで、利用者の中には講師として登壇している「玉井 暁」をご存じの方も多いはず。

 

 

「玉井暁」に関しては販売員としてはとても優秀なようで様々なMLM案件取り扱ってきた経歴を持つようですが、破綻した「ビットクラブ」のトップ販売員としても有名な人物です。

 

 

MLMで稼いでいるのは間違いないと思われますが、それは“あくまでMLMで”と考えるのが自然です。

 

 

現に破綻したMLMを取り扱っていた、という過去がありますので、「玉井 暁」が紹介する案件だから稼げるし安全だ、などという判断は控えるべきだと私は考えます。

 

 

実際、過去に「玉井 暁」が紹介していた「ビットクラブ」や「D9」という投資案件に関しては、既に配当停止や集団訴訟などにも発展している事実もありますので、よく注意してください。

 

 

また、「ジュビリーエース」に関してはSNSやマッチングアプリなどを介しての勧誘が盛んに行われていることも判明しております。

 

 

怪しい投資案件の勧誘を受けた際には、紹介者がどのような人物なのかをしっかりと調べることをお勧めいたします。

 

 

私の言っている事すべてが真実であるとは思っていませんが、違った目線からジュビリーエースを見ると、怪しい点がいくつも出てくるというのは紛れもない事実です。

 

 

ユーザー様からはスポーツベットの配当が減ってきた、というの口コミも頂いております。

 

 

ジュビリーエースの勢力が拡大する前に参加するならばまだしも、2020年に始めるにはリスクが高い案件であると私は判断いたします。

 

 

運営側への不信感を抱きながら投資をするという行為自体が相当なストレスとなり、正常な投資判断が出来なくなるといったことも考えられます。

 

 

無駄なストレスやリスクを背負うのであれば、自分自身で仮想通貨を管理してトレードで利益を狙うという事も視野に入れるといいかもしれません。

 

 

最近では仮想通貨トレードで利益を出すためのサポートを行う“仮想通貨情報サイト”にも注目が集まっています。

 

 

仮想通貨で堅実に稼ぐための投資術を学ぶことも、検討してみてはいかがでしょうか?

 

人気記事一覧

ジュビリーエース(Jubilee Ace)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年2月13日

    500億でヴァージン諸島に設立して、なんでアビトラシステムの利用をユーザーに提供してるの?
    しかもw
    ユーザーから資金を調達し続ける訳では無く、数年後には事業売却を目指しています。
    その後また同じアビトラの会社を設立してまたネットワークを構築って……………笑

    ちなみに俺は詐欺に等しい説明を受けてうるせぇから10万入れてやったけどもう捨てたつもりでいる、こんなの人に教えられる奴の気が知れないwwww

    自分が500億持ってるって考えてみて?
    こんな事普通しないよねwwww

  • 投稿者名:匿名2020年2月13日

    >>勝ち組さん
    儲かっていていいですね?
    しかし疑問なんですが、儲かっているなら黙っておけばよろしいのでは?
    そしてその売り上げの税金ってどうなってます?
    まさか税金気にしてないとかないですよね?
    どういう風に対策されてます?
    してなさそうですけど(笑)

  • 投稿者名:勝ち組2020年2月13日

    低能アンチの皆様へ
    ジュビリーより儲かる元本償却型の投資案件があるなら、教えて下さい。もちろん資金を入れっぱなしで誰も紹介しなくともいいヤツですよ。元本返済型の案件は全て詐欺ポンジですので、あしからず。
    因みに、私はスタート6ヵ月間で12人紹介してジュビリークレジットは1000万円です。引き出した総額のコミッションは1億1千万円になってます。
    世の中、市場を拡大せずに儲かる案件なんてあるんですかね?
    どのビジネスも売上げ市場拡大を常に目指してるのにね。
    ジュビリー参加してるふりのアンチちゃんは、貧乏なんだから黙ってなさいよ。

  • 投稿者名:AM2020年2月13日

    配当下がってるのは市場の問題。
    単純に夏より冬の方がスポーツの試合は減りますよね?
    また夏には配当戻りますよ。

  • 投稿者名:そういう輩を大切にする会社2020年2月13日

    本来かからない登録手数料を搾取して
    セコくぼろ儲けしてる奴も
    放置する会社です。
    ・・・
    放置した方が儲かるからね。
    コンプライアンスもへちまもない会社。

  • 投稿者名:ゼロサムどころかマイナスサム2020年2月13日

    ジュビリーエース昨年出資した者です。
    考察をまとめます。
    ━━━━━
    ■出資金 全てジュビリークレジットとして没収されて返ってこない—–
    ■つまり、元本無しの負債状態—–
    ■儲かってる奴は、そういう負債状態の情弱者を沢山勧誘してる奴—–
    ■少数の搾取側と大多数の負債状態で成り立っている—–

    ■つまりゼロサムどころかマイナスサム
    (出資者全体の資産合計がマイナスという事)

  • 投稿者名:匿名2020年2月12日

    全然飛んでないよ~ 今日も配当ありました。
    ありがとう!

  • 投稿者名:配当下がりまくりですよ2020年2月12日

    配当下がりまくりですよシステム強化といいながら配当下がりまくり全国回って金集めてサヨナラ、アクアシステムで利益出るなら全国回らなくてもよいと思います。

  • 投稿者名:匿名2020年2月12日

    10万円で投資ぶってる奴ってなんのリスクも無いのに
    口だけは一丁前に言うのはなんなの爆笑
    稼いでから文句言ってて思う

  • 投稿者名:匿名2020年2月11日

    ジュビリーエース飛んだんですか?

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^