カズマックス 過去の経歴やサロンの評判を捜査

サービス名カズマックストレーダーズサロン
運営会社PEGM株式会社
運営責任者鈴木 大五郎
電話番号03-6222-3622
会社所在地東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル3階
公式サイトhttps://kabu-pro.jp/kts/

KAZMAX(カズマックス)の評判を捜査

自身のオンラインサロンの会員数が3000人を超えるなど、仮想通貨業界では時の人となった「KAZMAX(カズマックス・吉澤和真)

 
 

果たして彼の提供するオンラインサロンは本当に稼ぐことができるのか?

 
 

反社会的勢力との繋がりや過去の悪事なと、その経歴からネット上の評判まで、仮想通貨ポリスが独自捜査を行いました。

【更新履歴】※クリックで開閉

2020年2月:KAZMAXが健全アピール中

度重なる不祥事により業界から干されつつあったKAZMAX(カズマックス)が、Twitterの更新とサロンへの勧誘を再開していることが分かりました。
 
カズマックスが活動再開
 
現在も相場状況に関するツイートや予想が当たった、などのツイートを繰り返している模様です。
 
 
金融アナリストっぽい振る舞いが増えていることから、健全な投資家になろうと心を入れ替えたように見えたのですが、2020年3月現在も行政処分を受けた「誤認させてサロン契約させる行為」は続いている模様。
 
カズマックスサロンの実態
 
Twitterで相場予想を的中させているように振舞っていますが、監視し続けると発言内容におかしな点がいくつも出てくるので、相変わらずセコイ事やってるみたいです(笑)
 
 
2020年に入ってからカズマックスを含む仮想通貨系サロン運営者たちの悪質行為が露呈し始めているので、サロンに加入する際は、運営者の素性をよく調べてから判断するようにしましょう。

2019年10月:サロン運営会社が行政処分

カズマックストレーダーズサロンに処分が下された

 

以前、行政処分と受けた「カズマックストレーダーズサロン」でしたが、今回はそれらの状況を重く見た日本投資顧問業協会からも、処分が下されたことが判明しました。

 
 

処分の内容は↓

勧誘、契約の際に誤解を生む表示をする行為

要するに「凄い実績のあるサロンだと誤認させて契約させてた」という事。
 
 

前代表による会社資産の私的費消等について

文字通り「会社の金をプライベートで使い込んだ」横領ですね。

 
 

トレーダーズサロン内でどのような対応が取られているのか知りませんが、まともな運営体制ではないとみております。

 
 
 

「カズマックス」が今後、健全な運営を心掛けることを願うばかりです。

 
 

カズマックスの不安要素を徹底捜査

 

Twitterで話題となった金融トレーダー「KAZMAX(カズマックス・吉澤和真)」が、満を持して提供を開始したオンラインサロン。

 
 

自身のリアルタイムトレードを先出で投稿する他、本人への質疑応答やオンラインセミナーを含む仮想通貨助言サービスを受けることが可能となります。

 
 

月額3万円と高額ながら、会員数3000人を超えるなど大盛況の様子だったのですが、DMM側が突如サービスを閉鎖させるなど、雲行きが怪しい状況に。

 
 

今回は、仮想通貨ポリス的「KAZMAX(カズマックス)サロン」の不安要素を捜査していきます。

 

不安要素①:過去に怪しい情報商材を販売していた

 

「KAZMAX(カズマックス)」が過去に販売を行った情報商材のトップページ。

 
 

この情報商材については、仮想通貨取引所間で発生する価格差を利用したアービトラージを自動で行い、収益を上げるというシステムとなっておりました。

 
 

Youtubeでは「KAZMAX(カズマックス)」本人がこのシステムについて解説する動画が複数公開されており、参加者全員にお金をあげると断言している姿が確認できます。

 

 

この当時、「KAZMAX(カズマックス)」は金融トレーダーとしての知名度も低く、筆者としてはまた怪しい情報商材に名前を貸したヤカラが表れた程度に考えていました。

 
 

しかし、2018年に入りTwitter上で知名度を上げることに成功した「KAZMAX(カズマックス)」は、突如として手のひら返しを行います。下記でご紹介するのは、某雑誌で取材を受けた「KAZMAX(カズマックス)」のインタビュー記事になります。

 

情報商材については尊敬していた人物から依頼された仕事であり、途中で怪しいと思い辞めたいと話したがダメだったと語る「KAZMAX(カズマックス)」。

 
 

都合が悪くなれば自分も被害者であるという発言。

 
 

そして、この情報商材の販売企業「フォーカスレンズ合同会社」についても捜査を行うと、現在KAZMAXが代表社員を務めていることが明らかとなりました。

 
 

筆者の見立てとしては、「KAZMAX(カズマックス)」を情報商材の広告塔にしたが、その後思った以上に知名度が上がったので別の使い方をしたほうが良いと判断した結果の行動だと考えています。

 

不安要素②:DMMが「カズマックスを損切」した

トレーダーズサロンに関しては、2018年8月より募集を開始したサービスでしたが、開始から1か月足らずでDMMでのサービスが閉鎖していることが確認できました。

 
 

この状況についてDMMは反社会的勢力との繋がりがあるとの情報提供があったためだと、「KAZMAX(カズマックス)」は語っておりました。

 

 

反社会的勢力との繋がりについては憶測の域を出ませんので、真相は不明です。

 
 

※追記:「KAZMAX(カズマックス)が否定した反社会的勢力との繋がりですが、その可能性が濃厚だとされる証拠が確認できました。

 

 

繋がりどころかサロンの管理者として名を連ねている状態。

 
 

発覚後に管理者から削除されている点を考えると、「KAZMAX(カズマックス)」側もマズイと判断したのでしょう。

 
 

後ろめたい事がないのなら、そのまま続ければいいだけの話ですからね。

 
 

この状況を危惧し、今後トラブルを想定したDMM側が、「KAZMAX(カズマックス)サロン」の閉鎖に踏み切ったというのが事の顛末なのではないでしょうか?

 

不安要素③:運営会社がマンションの一室

オンラインサロンの運営会社についても捜査を開始。「BLITZ」というウェブサイトを介してサービスを提供していることが確認できたのですが、現時点では「KAZMAX」のサービスだけが掲載されている状況から、このために立ち上げられたwebサイトであることが分かります。

 
 

運営会社の名前は「合同会社DNC」という企業であり、記載されていた所在地を確認したところ、以下のマンションが見つかりました。

 

 

「KAZMAX(吉澤和真)」自身は2桁億円の資産を稼いでいると自称している人物ですが、なぜこの物件を選んでしまったのか。

 
 

明らかに稼いでいるように見えないのは、筆者だけでしょうか?

 

不安要素④:最低の顧客対応

 

上記は実際に配信された「KAZMAX(吉澤和真)」のリアルタイムトレードの様子。

 
 

時間を見ると深夜1時や早朝6時、そして昼や夕方など、ひっきりなしにトレードを公開していることが分かります。

 
 

このトレード手法を真似るのだと考えると、時間的に無理があるのは明白ですね。しかもこれ、1分以内にエントリーした際の想定です。

 
 

更に言えば、会員数は3000人を超えたと発表されています。果たして3000人全員がこの表通りの注文が行えるのでしょうか?

 
 

どう考えても無理に見えますが・・・。

 
 

参加者の中にはこの状況に疑問を持った方がいたようで、Twitterでその悲痛な叫びを公開しておりました。

 
 

 

会員からの貴重な意見をセンスがないの一言で一蹴してしまう対応。

 
 

どうやらこれが「カズマックストレーダーズサロン」の現実のようです。

 

不安要素⑤:10年前は素行不良だった

「KAZMAX(吉澤和真)」について捜査している際に、2006年時に建てられた2chのスレッドにて若かりし「KAZMAX」の素行不良について語られているページを発見。

 

 

これらは明大中野高について語られるスレッドの一コマ。「KAZMAX」の出身校を考えると、本人についての可能性は高いと思われます。

 
 

だからどうなんだという話にはなりますが、発見してしまったので一応、ご紹介しておきます。

 
 

サロン生を使って相場操縦していた

週刊文春では、「カズマックストレーダーズサロン」にて、サロン生を利用した相場操縦が行われていたと暴露されています。
 
カズマックスへの文春砲
 
カズマックスを信じてサロンに入会した会員の資金を使い、自分や身内が利益を上げるために相場を動かしていたのだとか。
 
 
最低過ぎる行為。
 
 
この情報はカズマックスの素行に嫌気がさしたサロン関係者によって暴露されたようなので、信憑性は非常に高い情報となっています。
 

カズマックストレーダーズサロンのまとめ

サロン生を利用した相場操縦や、サロン内で配信されるトレード情報は24時間起きていないと実践できないなどの実態が明らかになりました。
 
 
カズマックス自身も薬物で逮捕など、黒いウワサの絶えない人物なので、あまり近づかない方が良い人物に見えました。
 
 
もっと評判のいい人物が運営する投資サロンや情報サイトはたくさんあるので、いろんなサロンと比較してみてください。
 
 


 
 

人気記事一覧

カズマックストレーダーズサロンの口コミ

  • 投稿者名:馬鹿な女2020年12月14日

    いくら電話しても 担当者から連絡させます
    の返事が何十回 来たためしがない
    投資金の返還を請求しても全く無視
    フォーカスレンズ合同会社 田中啓一
    並びに吉澤和真
    責任を果たせ!

  • 投稿者名:Esther2020年9月8日

    xxx

  • 投稿者名:あ2020年8月9日

    カズマックスの刑事裁判がコロナの影響で年内に判決になるかは微妙のようだ

  • 投稿者名:匿名2020年6月19日

    仮想通貨アービトラージ、10万円を元手に1年間の運用で50万円以上になる、と謳っていたがふたを開けると5万円程だった。10分の1以下だった。2年後も5万円程度で複利で増えると謳ったはずが変わらなかった。自分は30万円を元手に運用してもらったが10万円の元手での運用と変わりなく年5万円程しか利益は出なかった。途中で麻薬取締法違反で逮捕されたが保釈金は250万円と少なくお金はほとんど無い模様。私の知り合いでもその人物は詐欺で逮捕され、生活水準も生活保護を受ける程だったが保釈金は300万円だったよ。

  • 投稿者名:匿名2020年3月17日

    カズマックスさんトレードバトルはマイナス収支みたいですね

  • 投稿者名:じゅんじゅん2020年3月7日

    まだこんなチンピラ活動してんだね。普通、世間で抹殺されてるはずだのにね。あかんわ、これ。

  • 投稿者名:匿名2020年2月26日

    最近信者が減ってきたからやらせのトレードバトルでランカーになってまた注目を集めたいんだろう?魂胆が見え見えなんだよな。だから浅いって言われるの。わからないかなあ。

  • 投稿者名:匿名2020年2月25日

    トレードバトルの主催とかやってるくせに登録してるニックネームは非公開っていうね。
    どうせあとになって1位のやつが自分でしたーみたいな事言い出すんだろうけど、さすがにやりすぎだよな。
    てか本当に実力があるってんなら実名公開してトレードバトルすりゃいいものを。
    現実から逃げすぎなんだよな。

  • 投稿者名:匿名2020年2月20日

    カズマックス先生のオカルト教室がはじまってるよー!おい!(笑)
    オカルト考察はいいからトレードの手法を教えてくれよってー!

  • 投稿者名:匿名2020年2月19日

    kazmaxもそうだけど、サロン運営してた石塚って人間も大概詐欺師だよな。
    表に立たず逃げてるだけだからな。
    金取るだけ取って表ざたにならないって一番うま味のある人間は石塚ってやつなんじゃないのか。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^