カズマックス 過去の経歴やサロンの評判を捜査

サービス名カズマックストレーダーズサロン
運営会社PEGM株式会社
運営責任者鈴木 大五郎
電話番号03-6222-3622
会社所在地東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル3階
公式サイトhttps://kabu-pro.jp/kts/

KAZMAX(カズマックス)の評判を捜査

自身のオンラインサロンの会員数が3000人を超えるなど、仮想通貨業界では時の人となった「KAZMAX(カズマックス・吉澤和真)

 

 

果たして彼の提供するオンラインサロンは本当に稼ぐことができるのか?

 

 

反社会的勢力との繋がりや過去の悪事なと、その経歴からネット上の評判まで、仮想通貨ポリスが独自捜査を行いました。

KAZMAXが健全アピール中

度重なる不祥事により業界から干されつつあったKAZMAX(カズマックス)が、Twitterの更新とサロンへの勧誘を再開していることが分かりました。
 
カズマックスが活動再開
 
現在も相場状況に関するツイートや予想が当たった、などのツイートを繰り返している模様です。
 
 
金融アナリストっぽい振る舞いが増えていることから、健全な投資家になろうと心を入れ替えたように見えたのですが、2020年3月現在も行政処分を受けた「誤認させてサロン契約させる行為」は続いている模様。
 
カズマックスサロンの実態
 
結論、人間性は変わってないがTwitter上での振る舞いが大人しくなっただけのようでした。
 
 

2019年10月追記:運営会社に処分が下された

カズマックストレーダーズサロンに処分が下された

 

以前、行政処分と受けた「カズマックストレーダーズサロン」でしたが、今回はそれらの状況を重く見た日本投資顧問業協会からも、処分が下されたことが判明しました。

 

 

処分の内容は↓

勧誘、契約の際に誤解を生む表示をする行為

要するに「凄い実績のあるサロンだと誤認させて契約させてた」という事。

 

 

前代表による会社資産の私的費消等について

文字通り「会社の金をプライベートで使い込んだ」横領ですね。

 

 

トレーダーズサロン内でどのような対応が取られているのか知りませんが、まともな運営体制ではないとみております。

 

 

 

「カズマックス」が今後、健全な運営を心掛けることを願うばかりです。

 
 
仮想通貨業界ではこのように行政処分を受けてしまう悪質な投資サロンなども存在しますが、健全な運営をする投資サロンや仮想通貨プロジェクトも多く存在します。
 
 
仮想通貨に投資をする際やサロンなどに加入する際には、運営状況をよく調べてから判断するようにしましょう。
 
 
当サイトでは私が捜査した上で、健全な運営を行っていると判断したサービスがいくつか確認できています。
 
 
仮想通貨投資への興味があるのでしたら、他のサービスを見てみるのも良いかもしれませんね。
 
 
# 仮想通貨の価格予想を行う情報会社の捜査レポ>>

以下、捜査記事になります↓

カズマックスの不安要素を徹底捜査

 

Twitterで話題となった金融トレーダー「KAZMAX(カズマックス・吉澤和真)」が、満を持して提供を開始したオンラインサロン。

 

 

自身のリアルタイムトレードを先出で投稿する他、本人への質疑応答やオンラインセミナーを含む仮想通貨助言サービスを受けることが可能となります。

 

 

月額3万円と高額ながら、会員数3000人を超えるなど大盛況の様子だったのですが、DMM側が突如サービスを閉鎖させるなど、雲行きが怪しい状況に。

 

 

今回は、仮想通貨ポリス的「KAZMAX(カズマックス)サロン」の不安要素を捜査していきます。

 

不安要素①:過去に怪しい情報商材を販売していた

 

「KAZMAX(カズマックス)」が過去に販売を行った情報商材のトップページ。

 

 

この情報商材については、仮想通貨取引所間で発生する価格差を利用したアービトラージを自動で行い、収益を上げるというシステムとなっておりました。

 

 

Youtubeでは「KAZMAX(カズマックス)」本人がこのシステムについて解説する動画が複数公開されており、参加者全員にお金をあげると断言している姿が確認できます。

 

 

この当時、「KAZMAX(カズマックス)」は金融トレーダーとしての知名度も低く、筆者としてはまた怪しい情報商材に名前を貸したヤカラが表れた程度に考えていました。

 

 

しかし、2018年に入りTwitter上で知名度を上げることに成功した「KAZMAX(カズマックス)」は、突如として手のひら返しを行います。下記でご紹介するのは、某雑誌で取材を受けた「KAZMAX(カズマックス)」のインタビュー記事になります。

 

情報商材については尊敬していた人物から依頼された仕事であり、途中で怪しいと思い辞めたいと話したがダメだったと語る「KAZMAX(カズマックス)」。

 

 

都合が悪くなれば自分も被害者であるという発言。

 

 

そして、この情報商材の販売企業「フォーカスレンズ合同会社」についても捜査を行うと、現在KAZMAXが代表社員を務めていることが明らかとなりました。

 

 

筆者の見立てとしては、「KAZMAX(カズマックス)」を情報商材の広告塔にしたが、その後思った以上に知名度が上がったので別の使い方をしたほうが良いと判断した結果の行動だと考えています。

 

不安要素②:DMMが「カズマックスを損切」した

トレーダーズサロンに関しては、2018年8月より募集を開始したサービスでしたが、開始から1か月足らずでDMMでのサービスが閉鎖していることが確認できました。

 

 

この状況についてDMMは反社会的勢力との繋がりがあるとの情報提供があったためだと、「KAZMAX(カズマックス)」は語っておりました。

 

 

反社会的勢力との繋がりについては憶測の域を出ませんので、真相は不明です。

 

 

※追記:「KAZMAX(カズマックス)が否定した反社会的勢力との繋がりですが、その可能性が濃厚だとされる証拠が確認できました。

 

 

繋がりどころかサロンの管理者として名を連ねている状態。

 

 

発覚後に管理者から削除されている点を考えると、「KAZMAX(カズマックス)」側もマズイと判断したのでしょう。

 

 

後ろめたい事がないのなら、そのまま続ければいいだけの話ですからね。

 

 

この状況を危惧し、今後トラブルを想定したDMM側が、「KAZMAX(カズマックス)サロン」の閉鎖に踏み切ったというのが事の顛末なのではないでしょうか?

 

不安要素③:運営会社がマンションの一室

オンラインサロンの運営会社についても捜査を開始。「BLITZ」というウェブサイトを介してサービスを提供していることが確認できたのですが、現時点では「KAZMAX」のサービスだけが掲載されている状況から、このために立ち上げられたwebサイトであることが分かります。

 

 

運営会社の名前は「合同会社DNC」という企業であり、記載されていた所在地を確認したところ、以下のマンションが見つかりました。

 

 

「KAZMAX(吉澤和真)」自身は2桁億円の資産を稼いでいると自称している人物ですが、なぜこの物件を選んでしまったのか。

 

 

明らかに稼いでいるように見えないのは、筆者だけでしょうか?

 

不安要素④:最低の顧客対応

 

上記は実際に配信された「KAZMAX(吉澤和真)」のリアルタイムトレードの様子。

 

 

時間を見ると深夜1時や早朝6時、そして昼や夕方など、ひっきりなしにトレードを公開していることが分かります。

 

 

このトレード手法を真似るのだと考えると、時間的に無理があるのは明白ですね。しかもこれ、1分以内にエントリーした際の想定です。

 

 

更に言えば、会員数は3000人を超えたと発表されています。果たして3000人全員がこの表通りの注文が行えるのでしょうか?

 

 

どう考えても100%無理ですよ。

 

 

参加者の中にはこの状況に疑問を持った方がいたようで、Twitterでその悲痛な叫びを公開しておりました。

 

 

 

自身が物理的に無理な要求をしているにも関わらず、センスがないの一言で一蹴してしまう対応。

 

 

どうやらこれが「カズマックストレーダーズサロン」の現実のようです。

 

不安要素⑤:10年前は素行不良だった

「KAZMAX(吉澤和真)」について捜査している際に、2006年時に建てられた2chのスレッドにて若かりし「KAZMAX」の素行不良について語られているページを発見。

 

 

これらは明大中野高について語られるスレッドの一コマ。「KAZMAX」の出身校を考えると、本人についての可能性は高いと思われます。

 

 

だからどうなんだという話にはなりますが、発見してしまったので一応、ご紹介しておきます。

カズマックストレーダーズサロンのまとめ

結局のところ、カズマックスサロンの情報通りに投資をして勝てるのか?については、勝てないだろうと判断しています。
 
 
何故ならば、「カズマックス」が薬物で逮捕された際に、個人資産に基づいて算出される保釈金が最低水準にほど近い250万円だったと判明しています。
 
 
カズマックスが公言している50億円の資産が本当ならば、保釈金は少なくとも数倍は必要です。
 
 
おそらく、定期的な収入や資産がないと判断されたのでしょう。
 
 
彼は仮想通貨で稼いでいるのではなく、サロン収益とサロン生を嵌め込んだ投資による利益と見るのが妥当なところです。
 
 
反社会勢力との繋がりもある人物ですので、サロンに参加するのはもちろんオススメしません

人気記事一覧

カズマックストレーダーズサロンの口コミ

  • 投稿者名:のりのり2018年10月8日

    DMMに損切されて、ペイパルからも損切されて、カズマックスの行き場が無くなっていってるような気がします(笑)
    そのまま消え去ってくれたらいいのに(笑)
    だいたいこういう目立つような事してるのは裏に反社が付いてる事が多いんですよね。
    だからカズマックスの噂も見当はずれというわけでは無さそうな。

  • 投稿者名:匿名2018年10月7日

    何故こんな人に騙されるのか不思議て仕方ない。

  • 投稿者名:匿名2018年10月7日

    安メッキはすぐ剥がれる

  • 投稿者名:匿名2018年10月7日

    自作自演のサクラばっかりって、どう考えても分かるよな。
    あそこまで長々と文章書いて擁護する。わけがないやろ。
    逆にバレバレって分からんのだろうかね。
    あんなのに引っかかる人がいない事を願うね。
    ちなみに700にきのサロンもそうだけど素人同士が更新してるのなんかツイッターの書き込み以下だし何の参考にもならんよ。

  • 投稿者名:匿名2018年10月5日

    カズマックスを持ち上げてるサクラなのかサロン生なのかわからないけどツイッターで拾い画を使ってたりして痛すぎ。カズマックス本人も痛いけどね。2年くらい何も更新してなかったツイッターアカウントがカズマックスの指示が出た瞬間にリプしだしたりして自作自演種が半端ないよ。

  • 投稿者名:だるまのめ2018年10月5日

    何にしてもそうだけど、本物ならそこまでアンチはそこまでわかないんだよな。ヒカキンなんてみてたらわかるけどさ。カズマックスは悪いけど偽物だからアンチが沸く。擁護してるのは本当の一部の洗脳された人間とサクラアカウントだけだっていうのがオチ。まあ3万円くらいなら安いものだからやってみてもいいと思うけどね。その3万円で貰える情報で投資金を全部溶かしたなんて話もあるが、それでも良いなら試してみるといいさ。

  • 投稿者名:匿名2018年10月4日

    いよ!待ってました!ポリス!
    いつカズマックスを取り上げてくれるのかと思っていたんだ!
    いやーやっぱり駄目でしょ?カズマックスの手柄はあれ全部嘘でしょ?
    そうだよねー?あり得ないんだよねー。そんな簡単にあんな風に金儲けされてたまるかー!

  • 投稿者名:よしまた2018年10月3日

    サロン生のチャット画像とか載せてるけどあれも全部やらせだからね。身内が書いてるだけ。アンチの声は薄くなるくらいやるからまあなかなかやるよね。

  • 投稿者名:匿名2018年10月3日

    カズマックスを擁護してるアカウント調べてみたけど、制限アカウントになってたり、明らかに胡散臭いアカウントばっかりで怪しさ満点でしたね。
    でも証拠動画とかは捏造できないから株の投資だけは凄いのかなー?
    それとも何か裏があるのか…

  • 投稿者名:チャリピ2018年10月2日

    反社との繋がりは確定でしょうな。DMMに損切されたのも反社系に加えてクレームの嵐だったから。持ち上げてるのは全部サクラアカウント。ということに気づかない人が騙されてサロンに入ってしまうんでしょうな。問題が何もなければDMMで堂々とサロン出来るというものですよ。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^