ノックアウトオプションとは?FXとの違いやメリット・デメリットを紹介

サービス名ノックアウトオプション

ノックアウトオプションとFXを比較して良い所と悪い所を紹介

FXに似てるが、FXよりも低リスクで投資が出来ると話題のノックアウトオプション。
 
 
ここではFXとノックアウトオプションは具体的に何が違うのかを解説すると共に、
 
ノックアウトオプションとは何なのか
・ノックアウトオプションのメリットとデメリット
・ノックアウトオプションの始め方
 
まで、ノックアウトオプションを5分で100%理解することが出来るようにまとめています。

 

ノックアウトオプションとは

ノックアウトオプションはFX取引のロスカットのように、指定した金額に達した際に自動でポジションを決済する機能を持ったオプション取引になります。
 
ノックアウトオプションの概要
 
投資する際にノックアウト価格を指定し、もしその価格に達した場合は自動で決済されるので設定以上の損失が出ることが無くなります
 
 
相場の上下(ブル・ベア)を予測して投資する金融商品であることや、高いレバレッジを掛けた取引にも対応していることから、ノックアウトオプションはFXによく似ていると言われています。
 

FXとノックアウトオプションは何が違うのか

レバレッジ取引が出来て、ノックアウト(ロスカット)価格の設定など共通点の多いFXとノックアウトオプションですが、4点ほど明らかな違いがあります
 

証拠金が要らない

ノックアウトオプションでポジションを持つ際、証拠金は必要なく投資時点の価格~設定したノックアウト価格までの差額+ノックアウトプレミアムという手数料で取引を行うことが出来ます
 

ノックアウトオプションの計算式

(買値 – ノックアウト価格) × 取引量 + 手数料 = 必要資金

 
1ドル=100円 1万通貨 ノックアウト価格98円で仮定すると…、
 
 
【ノックアウトオプションの場合】
(100円 – 98円) × 10,000 + (手数料)
= 必要資金2万円 + 手数料
 
【FXの場合(国内最大レバレッジ25倍)】
取引サイズ ÷ レバレッジ × 口座の通貨換算レート + (手数料)なので…
 
10,000 ÷ 25 × 100 + (手数料)
= 必要証拠金4万円 + 手数料
 
日本国内のFX業者とノックアウトオプションを比較した場合、投資に必要な資金は約半分程度で抑えることが出来ます。
 
 

独自の手数料「ノックアウトプレミアム」

ノックアウトオプションには特殊な「ノックアウトプレミアム」という手数料が発生します。
 
 
FXでは指定した金額とは少しズレた価格で注文が約定することがあり、この価格のズレをスリッページと呼んでいます。
 
ノックアウトプレミアムについて
 
ノックアウトオプションはFXと違い、スリッページを一切発生させず、必ずノックアウト価格で決済できる取引システムです。
 
 
ノックアウトプレミアムという手数料(保証料)を支払うことで、必ずノックアウト価格で決済できることが保証されるということになります。
 
 
ノックアウトプレミアムはノックアウト価格で必ず決済させるための保証料なので、逆にノックアウト価格で決済されなければ返金されるのも覚えて大きましょう。
 

追証が絶対に発生しない

ノックアウトプレミアムという保証料(手数料)を支払っているため、事前に設定したノックアウト価格以上の損失が出ることはありません。
 
 
FXよりも手数料は割高になりますが、大きな損失を被るリスクを軽減できるということですね。
 
 

新規注文は成行注文のみ

ノックアウトオプションでは新規注文を出す際は「成行注文」しか行えません
 
 
成行中は文字通り「相場のなりゆきに任せて買う」注文であり、購入する価格を指定せずに注文時の為替レートでポジションを持ちます。
 
 
一方、ポジションを決済する注文では指値注文が可能です。
 
 
指値注文は金額を指定して注文を入れる事であり、例えば「1ドル=140円になったら売り」のような形で事前予約をするような注文方法です。
 
 
FXではどちらも自由に使えますが、ノックアウトオプションでは新規だと成行注文のみだと覚えておきましょう。
 
 
以上がFXとノックアウトオプションで大きく異なる4点になります。
 
 
まとめると…
・FXよりも少ない資金で始められる
・リスクを下げた代わりに手数料が少し高い
・注文方法はFXに比べると少ない
 
って感じですね。
 
 
では、続けてその他にノックアウトオプションを利用するメリットはどのようなものがあるのか?
 
 
確認していきます。
 

ノックアウトオプションを利用するメリット

ノックアウトオプションは4つのメリットを持っています。
 

事前に損失額を限定できる

ノックアウトオプションを使う最大のメリットといえるのが、ポジションを持つ段階で最大損失額をノックアウト価格として設定できる点です。
 
 
ノックアウトオプションではどんなに相場が急変動しようともノックアウト価格以上の損失は出ない仕組みとなっています。
 
 
「損切りが出来ない…」など、感情で判断してしまうのを防ぐことが出来ます。
 

投資できる商品が多い

日本国内でノックアウトオプションを扱うのは
 
IG証券
FOREX.com
 
の2社であり、特にIG証券ではFX以外にも株価指数や原油、金などの商品といった160種類もの銘柄がトレード可能です。
 
 
トレードする時間帯や好み、用途に応じて取引できるのは大きな利点と言えます。
 

FXよりも少ない資金で出来る

ノックアウトオプションでは証拠金はいらず、オプション料金+手数料のみでポジションを持つことが出来ます
 
 
極端な話をすると「1ドル = 100円の時に1万通貨で99.9円にノックアウト価格を設定」した場合、必要なオプション料金は1000円前後という計算に。
 
 
FXの場合、国内最大レバレッジ25倍だとしても証拠金4万円が必要です。
 
 
かなり低資金からでも始められるのがノックアウトオプションということですね。
 

国内FX業者よりも高いレバレッジ取引が可能

ノックアウトオプションでポジションを持つのに必要な資金の計算は「(買値 – ノックアウト価格) × 取引量 + 手数料 = 必要資金」となります。
 
・1ドル = 100円
・1万通貨 = 100万円
・ノックアウト価格 = 99円
 
の場合
 
100円 – 99円 × 1万通貨 = 1万円
 
 
上記が必要なオプション料金となるので、実質的1万円の資金で100万円分の取引が行えることに。
 
 
日本国内のFX業者の最大レバレッジは25倍ですから、ノックアウトオプションは少ない資金でも一攫千金を狙うことが出来る投資手法ということですね。
 
 
また、ノックアウト価格として損失リスクを限定できるので、万が一にも追証が起こらないという点は魅力に感じました。
 

ノックアウトオプションのデメリット

指値でエントリー出来ない

ノックアウトオプションではエントリー時に指値注文が使えず、成行注文でしかエントリー出来ません
 
 
金額を指定できないので、リアルタイムでチャートを見ながら取引を行う必要があります。
 
 
事前に分析して希望の価格で注文を入れる事が出来ないため、指値が使えるFXに比べると効率が悪く感じるかもしれません。
 

スプレッドや手数料が高い

ノックアウトオプションのスプレッドはFX取引に比べると少し広くなっています
 
 
国内FX業者のスプレッドは通貨ペアによって異なりますが、業界最安を謳うGMOクリック証券と国内でノックアウトオプションを提供するIG証券のスプレッドを比較してみましょう、
 

通貨ペアノックアウトオプションIG証券のFXGMOクリック証券(FXネオ)
米ドル/円0.6銭0.2銭0.2銭
ユーロ/円1.1銭0.4銭0.5銭
ポンド/円2銭ポンド/円 1.1銭0.9銭
豪ドル/円1.3銭0.7銭0.6銭
ノックアウトオプションとFXのスプレッド比較

ノックアウトオプションはFXに比べると大体50%~80%ほどスプレッドが広くなります
 
 
リスクが軽減できる分、取引コストはFXより高くなることが多いです。
 

ノックアウト価格は後から変更できない

ノックアウトオプションはエントリー時にノックアウト価格を設定するのですが、注文が約定するとその後に価格変更が行えません。
 
 
相場の変動や直近のチャートを見て損切りラインを変えることが出来ないので、エントリー前の分析がFXよりも重要になってきます。
 
 
ノックアウトオプションはFXよりもリスクを抑えながら低資金で始められますが、その分手数料が高いという認識で問題ありません。
 
 
メリットもたくさんありますがどうしてもコストが掛かってしまうので、1日に何十回もトレードするスキャルピングなどには向いていませんね
 

ノックアウトオプションのやり方

ノックアウトオプションは日本国内で
IG証券
FOREX.com
 
が提供する投資商品になります。今回は利用者の多いIG証券でのノックアウトオプションのやり方を紹介していきます。
 
 
ノックアウトオプションを始めるのに必要なのは以下の4STEPです。
 
・IG証券の口座開設
・本人確認書類・住所確認書類の提出
・取引口座を選択
・入金、取引スタート
 

IG証券の口座開設

まずはIG証券の公式サイトにアクセスし、口座開設のボタンをクリックします。
 
IG証券でのノックアウトオプションの始め方
 
登録フォームが表示されるので、必要事項を全て入力していきましょう。
 
 
4ページ分くらい入力すれば口座開設の申し込みは完了です。
 

本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出

口座開設の申し込みが終わったら、次は本人確認とマイナンバー確認を行っていきます。
 
方法はスマホでの認証と書類のコピーを郵送を郵送して認証する2つの方法があり、スマホ認証の方が倍くらい楽なので今回はスマホ認証を使っていきます。
 
 
認証されるスピードもスマホ認証の場合は最短で1営業日なので、最短2日でノックアウトオプションを始めることが出来ます。
 
 
本人確認が完了すれば、ノックアウトオプションを始める準備は9割方終わっています。
 

取引口座を選択して入金、取引スタート

最後にIG証券の口座に投資金を入金しましょう。
 
 
入金が完了したらIG証券にログインしMy IGダッシュボードから「新取引システム」ボタンをクリックして起動します。
 
 
以上がIG証券でノックアウトオプションを始めるやり方になります。
 
 
実際に私もやってみた際には口座開設の申し込みが2~3分で終わったので、興味のある方は口座開設だけでもしておくと良いかもしれません。
 
 
「なんかノックアウトオプション良さそうだけど何をトレードすれば利益になるのか分からない」
 
 
という方は、AIが大きな利益が見込める通貨ペアと取引タイミングを教えてくれる投資AI」なども併せて活用できれば、ノックアウトオプションやFXで着実に副収入を得ることが出来るようになるはずです。
 
 
最近では人間では分析しきれない膨大なデータを一瞬で分析し、有望な通貨を選んでくれる投資AIも登場しています。
 

FXAIパートナーズが分析するデータ

・過去数十年分のチャート(テクニカル面)
・各国の経済状況、指標発表など(ファンダメンタル面)
・SNSのトレンド、SNS上での投資家の反応(定性分析)
・世界経済の動向(マクロ分析)

 
為替レートに影響を及ぼす膨大なデータをAIが同時に分析することで、人間の力では見つけられなかった価格変動の予兆を見つけ出すことが可能に。
 
 
利用者から寄せられた口コミでは「AIの言う通りに売買して数日で100万以上の利益が出た」という投稿も確認しています。
 

【FXAIパートナーズの評判①】
何も考えずにAIが導き出した通りに売買していれば、早ければ数日くらいで百万以上の利益が出るんで、FXが本当に楽になりました。経済ニュースとかに敏感にならずに済むようになったんで、気持ち的にも解放されたような気分です。」

 
ノックアウトオプションのように良い条件の投資を見つけても、投資先となる通貨や銘柄が悪ければ利益が出ることはありません。
 
 
SNSが普及したことで経済ニュースなどの伝達速度は年々進化しており、2022年は特に従来の情報収集や分析では予測が追い付かないことも多くなっています。
 
 
実際、最近「自分がポジションを持つと逆に動く」と感じる方も少なくないはずです。
 
 
これは、最新鋭のAIを持つ機関投資家などが人間では不可能な速度で相場を分析し、個人投資家の動向までもを予測してトレードしているからだと言われています。
 
 
要するに、多くの個人投資家は最新技術を持つ大口トレーダーが利益を出すのに利用されている。
 
 
もし今の手法、今の情報収集のやり方で思うような結果を出せていない方は、最先端の手法に目を向けてみるといいかもしれませんね。
 
 
>>最新AIが稼げる通貨を導き出す「FXAIパートナーズ」の調査記事
 
 

人気記事一覧

ノックアウトオプションの口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。