lightning fxとは?やり方、トレード開始までの手順を画像で解説

ライトニングFXのサムネイル画像
ページ名lightning fx

lightning fxとは?やり方、トレード開始までの手順を画像で解説

lightning fxとは、日本一の取引所であるビットフライヤーが提供する、ビットコインのFX取引が行えるサービスです。
 
 
基本的にはビットフライヤーの口座があればすぐに利用出来るのですが、使用するには特定の条件を満たしている必要が有ります。
 
 
この記事では…
・lightning fxを利用するための条件
・lightning fxの使い方
・メリットとデメリット
・上手く使う方法
 
 
を徹底解説していきます。
 

lightning fxの始め方

まずはlightning fxが利用できるのか条件を確認

lightning fxを使うには取引口座のアカウントクラスが「トレードクラス」になっていることが利用条件であり、会員ページ内の本人確認を完了させる必要が有ります。
 
 
▼会員ページ
ビットフライヤーの会員ページ
 
氏名、連絡先、住所の入力と免許証などの本人確認書類の提出を行いましょう。
 
 
本人確認には数日要するのですぐにlightning fxを始めることは出来ません。
 
 
また、2020年5月1日時点で本人確認が済んでいない会員や、2020年5月1日以降に新規登録した方lightning fxの利用が停止されています
 
 
2021年6月現在も再開の見込みは不明なため、仮想通貨FXを始めてみたい方は本人確認無しですぐに利用開始できる海外取引所を使う事も検討してみてください。
 
 
>>本人確認不要で仮想通貨FXが出来る「Bybit」
 
 
ここからは、lightning fxで仮想通貨FXを始める方や、操作方法といった使い方を解説していきます。
 

lightning fxの使い方

lightning fx 画面の見方

lightning fxの画面
 
チャート画面ではビットコインの現在価格、取引板、ビットコイン関連のニュースなどを確認することが出来ます。
 
 
右下のチャットではlightning fxを使っている投資家とリアルタイムで意見交換が行われています。
 
 
非常にユニークなサービスであり、他の投資家が値動きに対してどう考えているのか?など、トレードの参考として活用することが出来ます。
 
 
このチャット機能を上手く使いこなすことが出来れば、lightning fxで素早く利益を上げることが出来るかもしれません。
 

lightning fxの最大レバレッジ、証拠金維持率について

lightning fxを始めとした日本国内の取引所では、最大2倍のレバレッジを掛けることができます。
 
 
レバレッジ2倍時の証拠金維持率は50%となっており、画面左上の「メニュー>入出金」を選択することでその時点での証拠金維持率を確認することが出来ます。
 
 
万が一下回ってしまった場合はロスカットとなってしまうので、維持率には常に注意を払っておきましょう。
 
また、証拠金維持率が100%を下回った場合には追証が発生します。
 

追証とは

 
投資した証拠金以上の損失が出た場合に、自分自身で損失を支払わなくてはいけない制度。
 
損失額によっては借金が発生することもあるため、証拠金維持率には注意が必要となる。
 

 
 

lightning fxのトレード方法

ビットフライヤーのlightning fxでは、様々な注文方法でFX取引を行う事が出来ます
 
■通常の注文
・指値注文
・成行注文
 
■特殊注文
・IFD Ordr
・OCO Oder
・IFDOCO
 
 
これらの注文方法を使いこなすことで得られる利益を最大化したり、無駄な損失を減らすことが出来るようになります。
 
 
▼指値注文
lightning fxの指値注文
 
購入したいBTCの枚数、購入額を指定する注文方法。BTCの価格が指定した金額に達した場合に取引が行われます。
 
 
基準価格よりも高すぎたり低すぎたりすると一向に取引が成立しないため、この金額になったら買おう・売ろうという価格を設定してから注文を行いましょう。
 

▼成行注文
lightning fxの成行注文
 
購入、売却したいBTCの価格だけを指定する注文方法。
 
購入時には板の中で一番安い注文を出した相手、売却時は一番高い注文を出した相手との取引が成立します。
 
 
注文を出した側が大幅に損をすることはほぼあり得ないので、初めて注文を出す方はこの成行注文から初めてみましょう。
 

▼IFD Ordr
IFD Ordrとは
1度に2つの注文を同時に出す方法。
 
 
BTCをいくらで買って、いくらで売るという、購入から売却までを一括で行う事が出来ます。
 
 
▼OCO Oder
OCO取引とは
 
2つの注文を同時に出し、どちらかが約定したらもう一方の注文をキャンセルさせる方法。
 
400万円で購入したBTCの価格が…
・410万円になったら利確
・390万円になったら損切
 
 
という注文を同時に出すことができ、どちらかの注文が成立した場合はもう一方の注文が自動でキャンセルされます。
 
 
▼IFDOCO
IFDOCO
 
BTC購入の注文と同時に、いくらに上がったら利確し、いくらに下落したら損切するのか、3つの注文を同時に行う方法。
 
 
購入後、どちらか一方の注文が成立した場合、もう一方の注文はキャンセルされます。
 
 
以上がlightning fxで行える注文方法となります。
 
 
非常に便利な使い方ができるので、上手く活用して時間を無駄にすることなくlightning fxで取引することが出来るようになるはずです。
 

Lightning Futuresとは

ビットコインの先物取引ができるサービス。

先物取引とは

後日行う取引の条件を前もって予約しておく方法。事前に取引数量と価格、取引日を決めて、その日が来たら実際に取引を行います。

 
 
Lightning Futuresを使ってビットコインを買う最大のメリットは、ビットコインの価格が上がろうが下がろうが約束した金額で取引することが出来る点です。
 
 
▼Lightning Futuresのイメージ
Lightning Futuresの解説
 
1ヶ月後に100万円でBTCを購入すると約束した場合…
 
 
期日までにBTCの価格が100万円よりも上がっていれば差額分が利益に。
 
 
逆に100万円以下に下がっていた場合でも100万円で取引が行われるので、差額分が損失となります。
 

lightning fxとLightning Futuresの違い

取引に期日がある点、金利の有無が大きな違いとなります。
 
 
■lightning fxの場合…
・取引期日なし
・金利あり
 

■Lightning Futuresの場合
・取引期日あり
・金利無し
 
 
lightning fxは買いや売りの取引をいつでも行う事が出来ますが、Lightning Futuresは事前に決めた期日に必ず取引を行います。
取引の自由度が高いのがlightning fxと覚えておくといいでしょう。
 
 
また、FXの取引はFX業者に資金を借りる形でトレードを行うので金利が発生するのですが、Lightning Futuresの場合は期日まで取引を行わないため金利を支払う必要がありません。
 
 

lightning fxを使うメリット

lightning fxが利用されている理由は様々ですが、特に覚えておきたい特徴とメリットをご紹介します。
 

補償が超手厚い

lightning fxを提供するビットフライヤーでは不正アクセス等で盗難されてしまった顧客の資産を補償する制度があります。
 
 
一人当たり最大で500万円まで補償していますし、ビットフライヤー自体が大手保険会社と契約しています。
 
 
万が一パスワード等が誰かにバレて出金されても取り返すことができます。
 
 
ちなみにビットフライヤーは2018年に「世界で1番安全な取引所」という評価を受けたことも
 
 
日本国内においては唯一のサービスなので、安心して利用することが出来るでしょう。
 

入出金がメチャクチャ早い

他の取引所では大概申請から数日後に銀行口座に反映されるのですが、ビットフライヤーでは最速1時間で銀行口座に着金したと報告する方も。
 
 

ちなみに、SBI銀行への出金申請をして5分で着金したという報告も出ています。
 
ビットフライヤーの出金時間
 

ビットコインの取引高は日本1

lightning fxではビットコインの取引しか行えませんが、その代わりにビットコインの取引量は日本1位を誇っています。
 
 
その取引量は日本のみならず、世界中の取引所ランキングでも12位につけています。
 
非常に活発なトレードが行われているため、利確や損切などの注文がすぐに約定するので利益の最大化や損失を最小に抑えることが出来ます。
 
 

取引手数料が0円

lightning fxで取引を行う際の注文時の手数料が無料となっています。
 
 
その代わりにビットフライヤーの販売所やアルトコインの現物取引を行う場合の手数料が他の取引所と比較して高い傾向にあります。
 
 

続いて逆にどんなデメリットや注意点があるのか?こちらもちゃんと把握しておきましょう。
 

lightning fxを使う際の注意点、デメリット

取引出来るのはBTC-JPYのペアのみ

lightning fx最大のデメリットと言えるのが、BTC以外の取引が行えないという点です。
 
 
日本国内で取引出来る仮想通貨はどんどん種類が増えており、BTC以上の値上がりを見せるアルトコインが大半です。
 
 
BTCだけに固執することで稼げるチャンスを見逃しているともいえますね。
 

レバレッジは2倍まで

日本国内の仮想通貨FX業者全てが共通で、レバレッジ2倍が上限に設定されています。
 
 
レバレッジ100倍も可能な海外取引所と比較すると出せる利益には限りが出てきます。
 
 
通常のFX取引に慣れてる人にとっては、lightning fxで行えるレバレッジ取引には物足りなさを感じるかもしれません。
 
 

取引が一時中断する

lightning fxでは、基準価格の上下20%を超える値動きが起きた際に発動する「サーキットブレイカー(CB)」という制度があります。
 
サーキットブレイカーについて
 
取引が中断されるのは約5分間であり、lightning fx内で取引が成立しないため一方的な暴落を避けることが出来るシステム。
 
 
とはいえ、今後新たな通貨ペアが追加された際の爆上げなども途中で停止してしまうため、一長一短な機能であると言えます。
 

lightning fxの上手い使い方

lightning fxで着実に利益を出すためにオススメ出来る機能や使い方を簡単に解説していきます。
 

アラート機能で取引タイミングを見逃さない

アラート機能を使う事で、指定した金額に達した場合に自分に通知することが出来ます。
 
 
使い方は簡単で、取引画面の右上にある「ベルのマーク」から、アラートの追加画面を表示させます。
 
アラート機能の使い方
 
 
アラートの追加画面から、アラートが鳴る条件を細かく指定してアラートを追加していきます。
 
▼細かい設定方法
アラート機能の設定方法
 
「現在の価格から〇〇円まで下落・上昇したらアラート」という設定を掛けることが出来るので、常にチャートを見ている必要が無くなります。
 
 
ビットコインは瞬時に大幅な値動きを見せることが多いため、急激な価格変動を知らせてくれるアラート機能はlightning fxには必要不可欠な機能と言えます。
 
 

lightning fxのまとめ

lightning fxは現在新規ユーザーの利用を停止していますが、口座を持っている投資家から愛用され続けている仮想通貨FXサービスです。
 
 
日本1位、世界12位という取引量の多さによる注文成立のしやすさなどが人気の秘密なのでしょう。
 
 
既に口座を持っている人が試しに使ってみて、何か物足りない円を感じた場合は他の取引所と比較してみるのも良いですね。
 
 

人気記事一覧

lightning fxの口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。