仮想通貨 LUNA「暴落後の値動き」はどうなる?今後の見通しと将来性

LUNAのサムネイル
コイン名LUNA(Terra)

LUNA(Terra)の将来性、爆上げはいつ来る?

LUNA(Terra)は、独自のブロックチェーンを使って様々なステーブルコインを作るTerraform labsが発行する仮想通貨です。
 
 
日本での知名度は低いLUNAですが、実はアルトコインの中でも今後の爆上げに期待できる、将来有望な仮想通貨の1つなんです。
 
 
今回は…
 
・LUNAがどんなコインなのか?
・LUNAの将来性に期待できる理由
・今後どんな値動きが予想されるのか
 
を、画像付きで解説していきます。

LUNA(Terra)とはどんな仮想通貨?

LUNAは、様々な国の法定通貨(米国ドルや日本円など)と価格が連動するステーブルコインを発行する「Terra」独自のアルトコインです。
 
 
LUNAはプロジェクトの主体であるステーブルコインの価格を安定させることを目的に開発されました。
 
 
Terraが発行するステーブルコインはLUNAを使った価格維持が行われます。
 

LUNA(Terra)の仕組み
 

価格が上がればステーブルコインを新規発行して価格を下げ、価格が下がればLUNAを使ってステーブルコインを買い上げることで、供給量を減らして価格を上昇。
 
 
この仕組みはTerraブロックチェーンに組み込まれたアルゴリズムが自動で行うため、LUNA(Terra)が発行するステーブルコインはアルゴリズム型ステーブルコインや、無担保型ステーブルコインと呼ばれています。
 

LUNAの特徴

「通貨」としての普及を目指す

LUNA(Terra)は仮想通貨が資産ではなく「通貨」として利用される世の中を作ることを目指しています
 
 
現状の仮想通貨は価格変動が大きく決済手段には向かないというイメージがついていますが、Terraでは法定通貨と同じ値動きをするステーブルコインを発行することで、「通貨」として仮想通貨が普及させようとしています。
 
 
Terraが発行したステーブルコインはネットショッピングなどの決済、DEXやDeFiなどの仮想通貨サービスでの活用に向けて活発に運営が行われています。
 

異なるブロックチェーンでも利用可能

これまでのステーブルコインは、発行されたブロックチェーンや互換性のあるブロックチェーンでのみ利用可能なコインばかりでした。
 
 
LUNA(Terra)が発行するステーブルコインはすべてのブロックチェーンに対応したステーブルコインの開発を行っており、2021年現在はSolana、イーサリアムでの開発を行っています。
 
 

有名パートナーが多数

Terraの共同創業者として、韓国大手のECサイト「チケットモンスター」の元CEO「ダニエル・シン」氏が参画しています。
 
 
▼ダニエル・シン氏
LUNA(Terra)の創業者
 
ECサイトのベテランが参加したことで、日本でも利用されている「Qoo10」「Tiki」などの大手ECサイトがLUNA(Terra)の導入を約束したパートナーとして名を連ねています。
 

「Terra〇〇」というステーブルコインを発行

LUNA(Terra)が発行するステーブルコインは1種類ではなく、様々な国の法定通貨を裏付けとしたコインを発行しています。
 
米ドル=UST
カナダドル=CAT
ユーロ=EUT
 
などを発行しており、米ドルのUSTはステーブルコインの時価総額ランキングでも5位に入る時価総額を誇っています。
 

ステーキングで運用できる

LUNAは単に保有しておくだけでなく、専用のウォレットに預けることで配当がもらえるステーキング運用が可能です。
 
 
LUNAのステーキングは「terra station」という専用ウォレットを利用することで始めることができます。
 
 
専用ウォレットでLUNAを保管すれば、仮想通貨のエアドロップ(無料配布)が受けとれる特典もあるため、LUNAのステーキングを始める投資家が増加しつつあります。
 
 
専用ウォレットには上記のメリット以外にも
・取引所のハッキングリスク
・日本人の利用規制リスク
 
などを回避して安全に運用できる海外コインとして人気を集めています
 

LUNAの将来性、今後の見通し

LUNAのチャート
LUNAのチャート
 
LUNAは直近2カ月間の間に約7.4倍へと価格上昇しています。
 
 
2021年9月24日時点でも上昇傾向で、LUNAは今後も価格上昇の可能性を秘めたコインであると予想しています。
 
 
主な理由は大きく3つであり、特に覚えておいて頂きたいのが「LUNAを保有しておくメリットが増えている」という点です。
 
 
詳しく解説していきましょう。
 

エアドロップで給付金が受け取れる可能性

LUNA(Terra)は独自のブロックチェーンを持っており、2021年に入りTerraチェーンを使った仮想通貨が多く発行され始めています。
 
 
▼ステーキングでエアドロップ(無料配布)される関連コイン
LUNAのエアドロップ
 
あくまで一部にすぎませんが、現時点でこれだけの仮想通貨がLUNA(Terra)を使って開発されており、LUNAをステーキングするだけでエアドロップを受け取ることができます
 
 
これだけでもステーキング需要だけで保有者の増加が見込めそうですよね。
 

LUNA(Terra)を使った新規プロジェクトが増えてきている

LUNAは2021年9月現在はまだコアなユーザーだけが知る知名度の低い仮想通貨ですが、今後さらにLUNAを活用したプロジェクトの増加が予定されています。
 
 
有望なプロジェクトが確実に来るというわけではありませんが、Terraの独自チェーンの人気に火が付けば半年で100倍になったSolanaのようなバブル銘柄に変貌する可能性も。
 
 
▼独自チェーン銘柄「Solana」のチャート
Solanaのチャート
 
今後どのようなプロジェクトが来るのかわかりませんが、LUNAは大きく稼げるチャンスを持った仮想通貨だと言えます。
 

実用化が始まっている

LUNAはすでにアジア圏のECサイトが複数決済手段として導入を約束しており、韓国を中心に利用されていくことはほぼ確定事項。
 
 
韓国EC産業の市場規模は2018年時点で500億ドルでしたが、2025年には約1,020億ドルに達すると算出されています。
 
 
2年で売り上げ高が1200%増した企業が出るとほどに上向きな業種であり、韓国系のアーティストの世界進出等による韓流ブームが世界中で起こり始めています。
 
 
そして、決済手段としてLUNA(Terra)の導入を約束する企業はすでに15社以上
 
 
今後も新たな企業の増加や中国系のECサイトとの提携などが起こった場合には、LUNAの価格はさらに跳ね上がることが予想されます。
 
 
以上の理由から、LUNAは仮想通貨の中でもバブル化する可能性を秘めたアルトコインだと考えています。
 
 
LUNA関連のコインが登場やECサイトでの導入にはまだ時間がかかると思うので、今のうちに爆上げに備えておくという手段もありですね。
 
 

人気記事一覧

LUNA(Terra)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年5月24日

    暴落した後も韓国人が一発逆転を狙って暴落したLUNAを買ってるらしい。と思ったら20倍くらい撥ねてやがるw完全にマネーゲームと化してる。

  • 投稿者名:匿名2022年5月23日

    青汁もLUNA60億枚買って儲けたらしい。Z李も大底で15億枚買って5千万円利確とか。保護猫のために活用してほしいね。次はUSTで遊ぶそうだ。

  • 投稿者名:匿名2022年5月20日

    Terra(LUNA)のおかげでアルゴリズム式のステーブルコインなんてうまくいくはずないのが証明されたが、ジャスティンサンはまだ諦めてないらしいw

  • 投稿者名:匿名2021年9月30日

    7月雲の中でLUNA (Terra)仕込んでよかった。控えめに言って爆益です。10月は株式市場からアホ程資金が流入するから50ドルでテンバガー達成しちゃうかもよ。

  • 投稿者名:匿名2021年9月29日

    LUNA (Terra)は34.22USDで反発したところを見るとここから長い長い上り坂を上ることになりそう。GUはしないで一歩一歩50USDを目指す旅だ。

  • 投稿者名:匿名2021年9月28日

    一目の雲の中で反発したけど日足のMACDはまだゴールデンクロスしていないので引き続き警戒はしたほうが良い。でも25円に強力なサポートラインがあるようなのでLUNA (Terra)は楽観的でOKだと思う。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。