OTOSENプロジェクトの実情 – 稼げる案件ではない?

OTOSENプロジェクトのサムネイル画像
サービス名OTOSENプロジェクト
運営会社OTOSEN PTE LTD
販売代理店OTOSEN PROJECT PARTNERS
電話番号0120-939-697
会社所在地東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル12F

OTOSENで稼げるのか?

OTOSENプロジェクト(OTOSEN TOKEN)」とは、ブロックチェーン技術を使い、世界中のアーティストとユーザーを繋げることを目的にしたサービスになります。

 

 

2019年12月より2大キャンペーンというイベントが開催されていることから、このキャンペーンは買いなのか?について捜査を行いました。

OTOSENの2大キャンペーンは買いなのか?

仮想通貨長者.com」から配信されたキャンペーン情報で「OTOSENプロジェクト」を知った方も多いのではないでしょうか?

 

OTOSENプロジェクトのキャンペーン

 

OTOSENプロジェクトについて簡単に説明すると「ブロックチェーン技術を利用して、アーティストの発掘や作品が販売できるプラットフォームを提供するプロジェクト」になります。

 

 

今回のキャンペーンにて販売されるのは、2つの商品。

 

①OTOポイントの特別条件販売

②利益確保の還元金利付与

 

正直、これだけでは何のことなのかサッパリ分からない。

 

 

条件の詳細を知りたければ「機密保持契約書」なる規約に同意して資料請求を行わなければなりません。

 

 

資料請求に必要な情報としては

名前

電話番号

現住所

 

などの金融機関にでも提出するような個人情報が必要となります。

 

 

ここまでで最も懸念されるのは、個人情報の取り扱いは大丈夫なのか?という事。

 

 

そこで、キャンペーンを開催している「OTOSEN PROJECT PARTNERS 」を調べると、実はレンタルオフィスに登記された企業であることが判明。

 

OTOSENプロジェクトのキャンペーン開催会社

 

さらに、キャンペーンページに記載されている電話番号に電話をかけてみましたが、誰も電話に出ることはありませんでした。

 

OTOSENキャンペーンの問い合わせ先

 

OTOSENプロジェクトに投資すべきかどうかの判断は後ほど記載しますが、投資家の個人情報を取り扱う企業がレンタルオフィスとは…。

 

 

主催者には情報セキュリティという最低限の感覚がないのかもしれません。

 

 

少なくともこのキャンペーンから申し込むのはリスクが高いといえます。

 

OTOSENプロジェクトは稼げる投資案件か?

「OTOSENプロジェクト」は「オウケイウェイブ」が出資するとして話題になった「WoWoo社」による新規プロジェクトの一環になります。

 

 

OTOSENプロジェクトの概要については他のサイト様に任せますので、私は投資対象としてどうなのか?という点ついて捜査していきます。

 

 

まずは2019年11月16日に開催されたとされる「OTOSENプロジェクトカンファレンス」の様子が撮影された動画を確認していきます。

 

OTOSENプロジェクトカンファレンスの主催者

 

カンファレンスの主催者である「植田雄輝」なる人物が、プロジェクトの概要について話す動画。

 

 

この「植田雄輝」について捜査を進めると、意外な事実が判明。過去に「ASECコイン」というICO案件の広報活動を行っていた経歴と持つと判明。

 

 

ASECコインは東南アジア(主にタイ)の貧困問題を解決するためのプロジェクトとして立ち上がったもので。「植田雄輝」が世界で唯一の代理店を名乗り「投機目的で購入しろ」と勧誘を続けていたICO案件になります。

 

 

結果的に2019年に上場を果たしたものの、購入時の価格から10分の1に下落するという大惨事を巻き起こしました。

 

 

正直、こいつが出てきた時点で8割方稼げない気がしますね。

 

OTOSENプロジェクトのメンバー

 

映画監督である「グ・スーヨン」氏や芸能系のプロデューサーなどが関与しており、プロジェクト内容もこれまで「植田雄輝」が進めてきた案件の中では一番まともかもしれません。

 

 

続いて、OTOSENプロジェクトの進捗具体を確認していきます。

 

 

実は計画通りには進んでいない

OTOSENプロジェクトが公表しているロードマップを確認していきましょう。

 

OTOSENプロジェクトのロードマップ

 

予定によると

2018年にTV番組OTOSENの放送

2018年末にプラットフォームのβ版リリース

2019年末にアジア全域に市場を広げる

 

などの情報が確認できます。

 

 

2019年12月19日現在、達成できているのはTV番組の放映くらいですね。

 

 

これに関しては運営陣の努力というよりも、番組制作会社の努力によるもの

 

 

2019年末に入り急にやる気を見せたように見えますが、運営陣のやる気が続くようであればいいのですが・・・。

 

 

現時点でまともに事業が進んでいるようには見えませんでした。

 

オウケイウェイブからの出資は受けていない

OTOSENプロジェクトについて捜査をしている際に目についたのが、運営元である「WoWoo」がオウケイウェイブから出資を受けているという情報。

 

WoWooにオウケイウェイブが出資するという情報

 

この情報については「オウケイウェイブ」側も公表していることから事実であるかのように見られていますが、実際は現在も出資に至っていないのです。

 

WoWooへの出資をしていないという発表

 

オウケイウェイブ側より、出資していないという事実が公表されました。

 

 

「WoWoo」が最初に行った事業である「WowBit」のICO時には、上場企業であるオウケイウェイブが手掛ける仮想通貨として大々的に宣伝を行っていたのですがね…。

 

 

その1年後に「実は出資していませんでした」と公表。まさに鬼畜の所業です。

 

 

今回の「OTOSENプロジェクト」についても韓国のアーティストと事前に契約を完了したという情報を公表していますが、オウケイウェイブの前例がある以上、全て白紙にされる可能性も考えた方がいい

 

 

もちろん、OTOSENプロジェクトが提案するサービス内容は素晴らしいものですが…

・広報担当者の過去の実績

・事業が進んでいないという事実

・運営会社への不信感

 

上記の点から考えると、稼げる投資案件とは思えないというのが仮想通貨ポリスの見解です。

人気記事一覧

OTOSENプロジェクトの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年5月17日

    おとせん GPP のやっている案件全滅のようですよ。

  • 投稿者名:嫁さんに泣かされている亭主2020年9月8日

    事業とコインの関係が良く分からない。事業が上手くいけば、株券なら値上がりするでしょうけど、コインには事業配当の裏付けが無いからどうなの?これは、サーコインもおなじ。
    嫁さんがノアコイン以来、ずっとこういったコインにはまってて、もう貯金が無い。やるなら、ビットコインにしてほしい。

  • 投稿者名:匿名2020年6月4日

    1月の投稿で「投資のkawara版って結局やってることはアフィ報酬目的の通貨紹介って感じでしょ?」 って言ってる人、情報が古いですね! ここの会社のアフィリエイト関連はもうかなり前に終わっていますよ。

  • 投稿者名:匿名2020年5月13日

    OTOSENプロジェクトのオフィシャルウェブサイトみてみましたけど、アーティストが韓国人しかいませんね。
    シーズン2カミングスーンって事ですけど、こんなわけのわからないアーティストのラインナップじゃどうしようもないでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月28日

    なんにせよICOなんかに期待を持つのはこのご時世大間違い。すぐに儲けられて確実な方法は唯一勝ち続ける事の出来る情報を持つ情報会社を頼りに仮想通貨投資を行っていくこと。これだけです。

  • 投稿者名:匿名2020年4月22日

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58031660U0A410C2X30000/
    インサイダーの話ってこの記事ですね。
    「インサイダー行為にあたらず、不当な利益を得る目的ではない」と社内で判断していたみたいですけど、怪しい物ですね。
    いずれにせよ社長辞任するみたいで、こういう疑惑のかかる経営者が手掛ける仮想通貨取引所は危なすぎますね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月15日

    オウケイウェイブの社長、インサイダーの疑いありってマジ?
    そんな人間のやってる取引所とコインって大丈夫?

  • 投稿者名:匿名2020年4月8日

    コバンがヤバイんだから、オトセンも無理じゃないか?特に今なんかコロナの影響多大なんだから、オトセンの番組も作れないでしょ。終わってるね。

  • 投稿者名:匿名2020年3月25日

    OTOSENアプリがリリースされてて、ペイメントサービスが開始されてて、メインネットリリース、支払い、決済、ライブストリーミングなどが出来て無いとおかしい時期ですよね。おとセンシーズン2の話も出てきていませんし、もう動いてないと見て間違いないです。

  • 投稿者名:匿名2020年3月6日

    懐かしいなこれw
    はっきり言って仮想通貨プロジェクトとしては最弱でしょ。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。