Pi Networkとは?特徴や怪しい点、上場時期などを調査してきた。

Pi Networkのサムネイル
サービス名Pi Network

Pi Networkとは?特徴を調査

Pi Networkは、世界で1800万人以上が利用するスマホだけで仮想通貨のマイニングが出来るアプリになります。
 
 
マイニング出来るのは独自コイン「Pi(パイ)」であり、現在は上場していないので価値がないものの、上場時に価格高騰が期待できるのでは?と日本でもじわじわと人気が高まっています。
 
 
>>取引所上場済み、アルトコインの投資で稼ぐ方法はこちら
 
 
今回はPi Networkを利用するにあたり
 
・Pi Networkはどんなサービスなのか
・「Pi(パイ)」の価格はいくらになるのか
・そもそも安全なアプリなのか
・いつ上場するのか
 
など、数々の疑問を一気に解決すべく、Pi Networkの調査を行いました。
 
 

Pi Networkとは

Pi Networkは、スマホアプリだけで仮想通貨のマイニングが出来るサービスになります。
 
 

アプリをダウンロードし、会員登録するだけで独自コイン「Pi(パイ)」のマイニングが開始できる手軽さから、全世界で1800万人以上が利用する仮想通貨アプリとなりました。
 
 
Pi Networkはスタンフォード大学の博士号を持つ開発者によって立ち上がったプロジェクトであり、誰でも平等にマイニング出来るようになる事を目的として開発されています。
 
 
スマホだけあればPiコインが手に入るという利点を生かし、Piコインを世界で最も使用される通貨にすることを目標にしています。
 

Pi Networkの特徴

まずはPi Networkの特徴やメリット、デメリットを解説していきましょう。
 

Pi Networkのメリット

▼必要なのはスマホだけ
Pi Networkのマイニングに必要なのは、専用のスマホアプリをダウンロードするだけ。
 
 
5分程度の登録作業は必要ですが、ビットコインのマイニングのように専用マシンを使わず誰でもマイニングを開始できます。
 
 
▼無料で始められる
Pi Networkのマイニングには初期費用が発生しないため、無料で利用することができます。
 
 
今後有料サービスが出てくる可能性もありますが、基本サービスであるPiコインのマイニングを始めるのに資金は必要ありません
 
 
▼紹介すればマイニング量が増える
新たにPi Networkを始めた人に自分の招待コードを入力して貰うと、紹介した人数に応じて1日に受け取れるマイニング報酬が増加します。
 
 
紹介すればするほど報酬額が増えていくので、勧誘の上手い方は通常よりも早いスピードでPiコインを貯めることができます。
 
 
※なお、自分が紹介した人が更に別の誰かに紹介した際にはマイニング量は増えないので、MLMやマルチとは異なります。
 
 
▼新規上場による高騰が狙える
Pi Networkの「Piコイン」は、2021年8月まで仮想通貨取引所に上場していません。
 
 
上場していない=市場価格がない状態となるので、現在のPiコインの価値は0円になります。
 
 
1つ目の取引所に新規上場する仮想通貨は同じタイミングで価格高騰することが多く、Piコインの新規上場時にも大幅な高騰が見込めるといえます。
 
 

Pi Networkのデメリット

▼本人確認が必要
Pi Networkのマイニング報酬を換金する際に、会員登録時に入力した氏名、電話番号の認証が必要になります。
 
 
Piコインの換金時にパスポートや免許証といった、公的機関が発行する身分証の写真を提出して本人確認を行います。
 
 
ウソの情報を入力するとマイニング報酬が受け取れないので、登録時には正しく入力しておきましょう。
 
 
本人確認が取れず、いざという時に換金できない…。なんてケースも考えられるので注意してください。
 
 
なお、登録から2週間以内なら登録情報の変更も可能なので活用してください。
 
 
▼1日1回、手動で動かす必要あり
Pi Networkのアプリはほぼ全自動でマイニングを行ってくれるのですが、1日1回、手動でマイニング報酬の受け取り作業を行う必要が有ります。
 
 
アプリを開いてワンクリックするだけですが、忘れずに毎日やらないと報酬は増えていきません。
 
 
アプリには報酬の受け取り時間が来ると通知してくれる機能もあるので、絶対に忘れたくない方は設定しておきましょう。
 
 
▼1円の利益にもならない可能性
「Pi Network」が発行するPiコインの価格は0円のため、仮想通貨取引所に上場できなかった場合は値段が付きません
 
 
個人情報の入力や毎日の作業が無駄になる可能性も決して低くはないんですね。
 
 
以上がPi Networkの特徴、メリットとデメリットになります。
 
 
毎日手動でマイニングという手間がかかりますが、無料で始められるので損失を負うリスクはないのは良い点ですね。
 
 
Piコインが上場しないケースも考えられますが、お金が掛からない以上は仕方がありません。
 
 

Pi Networkは怪しい?安全性について

Pi Networkが怪しいと言われる点は…
 
・開発会社が本当にあるのか不安
・本当に海外で流行ってるのか分からない
 
などの意見を良く見かけます。
 
1つずつ調査していきましょう。
 

Pi Networkの怪しい点を調査

 
Pi Networkの開発会社について
PiNetworkの開発、運営を行っているのはスタンフォード大学で博士号を取得したとされる「Dr. Nicolas Kokkalis」氏と「Dr. Chengdiao Fan」氏の2名になります。
 
PiNetworkの開発者たち
 
 
「Dr. Nicolas Kokkalis」氏について調査したところ、スタンフォード大学でセミナーを行う映像、Twitterアカウント、ウェブメディアでのインタビュー記事が確認できました。
 
 
Dr. Nicolas Kokkalisの情報まとめ
 
 
「Dr. Chengdiao Fan」氏についても、スタンフォード大学のサイトにて名前を確認。
 
 
Dr. Chengdiao Fanの情報
 
2名とも経歴に偽りのない著名な人物であると見て問題なさそうですね。
 
 
本当に海外で流行ってるのか分からない
PiNetworkは世界中で1800万人以上のユーザーを持つとされていますが、実際にどこの国で利用されてるのでしょうか。
 
 
PiNetworkの公式サイト「minepi.com」のアクセス状況を解析し、どこの国からアクセスされているのか確認してみることに。
 
▼アクセス解析の結果
PiNetworkの利用状況
 
最もアクセスが多いのはインドであり、次いで米国やベネズエラなどの北米、南米諸国、インドネシアやフィリピンなどのアジア圏からのアクセスが大半を占めています。
 
 
1800万人の真偽については分かりませんでしたが、Pi Networkが海外で人気なのは間違いなさそうです。
 
 
ちなみに、日本からのアクセスは0.5%に満たないため確認できませんでした
 
 
続けてPi Networkの安全性について調査していきます。
 

Pi Networkの安全性について

PiNetworkの利用時に懸念されているのが、ユーザーの個人情報の取り扱い方についてです。
 
 
Pi Networkでは、名前、電話番号、メールアドレスの登録が必須となっています。
 
 
なお、クレジットカードや銀行口座といった金融機関の情報は必要ないので「クレカが勝手に使われた!」みたいな被害は起こりません。
 
 
本人確認が必要な理由は1人による複数のスマホを使った不正利用を防ぐことが目的だそうです。
 
 
仮に本人確認を導入しなかった場合、Pi Networkではスマホの数だけPiコインのマイニングが行えることになります。
 
 
スマホを大量に持つ業者が大量のPiコインを保有し、上場したら一気に大量売却
 
 
将来的にPiコインの価格暴落を引き起こす危険性が出てきます。
 
 
業者による不正利用による被害を防ぐため、身分証の提出と電話番号の認証が必須としているんですね。
 
 
理由は分かったけど納得できない、絶対に知られたくない嫌!という方は、Pi Networkの登録と利用は控えましょう。
 
 
Pi Networkは他の投資に比べると初期費用が無いのでほぼノーリスクといえますが、個人情報の入力は避けて通る事は出来ません。
 
 

Pi Networkの価格予想

Pi Networkの価格予想

Pi Networkの価格予想を行うウェブサイトでは、概ね1π=1~2ドル付近になるという見解が多くなっています。
 
▼両替業者「チェンジリー」価格予想
Pi Networkの価格予想
 
上場初値は0.16ドルとなり、その後1年かけて1ドルに上昇。5年後には5ドルになる。と予想しています。
 
 
また、ベトナムではPi NetworkのPiコインを使って商品が買えるショップが誕生しており、そこでは1π=8.5ドルのレートで利用されているのだとか。
 
Pi Networkの価格について
 
既に決済手段として利用されているので、8.5ドルが基準になると予想するインフルエンサーの意見も多くなっています。
 
 
個人的には様々なコインを取り扱ってきた両替業者「チェンジリー」による価格予想がPi Networkの価格に近いのではないかと思っています。
 
 
上場から1年で1ドルになるのであれば、今からマイニングを始める価値は十分にあるといえます。
 
 

Pi Networkはいつ上場する?

今後のPi Networkの上場予定については、プロジェクトが第3フェーズに差し掛かったタイミングになると予想されています。
 
Pinetworkの上場時期について
 
第3フェーズの時期は明かされていませんが、2021年年末に新サービスの開始を予定しているため、同時期になるのでは?という噂も。
 
 
Pi Network自体が上場しないことも十分に考えられますし、Pi Networkをやるならば「上場したらラッキー」くらいの感覚が丁度良さそうです。
 
 
中には出金時に追加入金を迫ってくる投資案件も存在するので、個人的には無料の範囲で利用することを強くお勧めします。
 
 
>>取引所上場済み、アルトコインの投資で稼ぐ方法はこちら
 
 

人気記事一覧

Pi Networkの口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年9月15日

    3日目くらいに個人情報の入力を促す画面が現れた、Defiなのに個人情報収集するなよ!馬鹿馬鹿しくなったのでアプリを削除してしまった。詐欺とは言わんが怪しすぎ。

  • 投稿者名:匿名2021年9月11日

    Pi Networkのアフィリエイトやってる人って、Pi の価値がゼロなのでタダ働きさせられてる自覚はあるのかな?普通新規のプロジェクトの広告費はBTCやETHで払われるのに。

  • 投稿者名:匿名2021年9月10日

    Pi Networkのアプリを入れて毎日ポチポチしてたんだけど、ある時ゲームの広告が表示されてうっかり触ってしまったらゲームが表示され、それを消す方法がわからずにアプリを消したw

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^