ピュアダイヤモンドコイン(PDC)は詐欺業者と提携していた。実現不可能なプロジェクトなのか

通貨名ピュアダイヤモンドコイン(PDC)
通貨コードPDC
発行元株式会社ピュアダイヤモンド
BCプラットフォームEthereum-ERC223
総発行枚数未定
公式URLhttps://www.purediamondjapan.com/

ピュアダイヤモンドコインの裏の顔とは…

ラボグロウンダイヤモンドなる人工ダイヤモンドの開発・管理を行うための資金集めとして始まったICO案件。

 

 

本日未明、「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」が詐欺業者と提携しているという事実を仮想通貨ポリスが突き止めました。

 

 

その他にも開発企業の実態や仮想通貨取引所への上場が本当に可能なのかどうか、独自の捜査により発覚した事実のみをお伝えいたします。

2018年8月23日:「PDCが雑誌で特集されました」⇒ウソだった

筆者のLINE宛てにピュアダイヤモンドコインの最新情報として「News Week日本版」に特集記事が組まれたとの連絡が入りました。

 

実際にどのようにして特集が組まれているのかを確認すると、そこには大きく「PR」という文字が。

 

 

どうやら今回の掲載は「News Week」側が特集を組んだ訳ではなく、「ピュアダイヤモンドラボ」がお金を払い広告を掲載したに過ぎなかった様子。

 

 

ここまでして知名度を上げたい理由はいったい何なのか。少し捜査を続けると、「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」に関する悲しい状況が判明します。

 

 

2018年7月よりプレセール前の縁故募集が行われていましたが、現時点では購入者がゼロであることが分かりました。

 

 

誰も買わないという状況を危惧したのか、9月1日に開始されるプレセール直前に相次いでメディアに広告を掲載

 

 

これで無理やり知名度を高めてプレセールに臨むつもりなのでしょう。

 

 

筆者の個人的な意見としては、広告掲載にお金を使うくらいならば、少しでも開発費に充ててほしい。そう感じました。

 

以下、追記前の捜査レポートになります↓

販売代理店が詐欺業者

今回、筆者が「ピュアダイヤモンド(PDC)」を知ったきっかけは、「IPH(インターナショナル・プライベートホールディングス)」という情報サイトからの紹介でした。

 

 

ラボグロウンダイヤモンドという養殖のダイヤモンドの開発、流通を目的としたICOプロジェクト。

 

 

「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」については後ほど調査を行うため、まずは紹介元である「IPH」について捜査することに。

 

 

ページ内にはどれだけ優れた情報会社なのかという解説とともに、主席顧問を務める「大和田 正之助」なる人物が紹介されています。

 

 

この「大和田 正之助」について捜査を進めると、このような人物は存在しない架空の社員であることが判明します。

 

無料で使用可能なフリー素材。社員が存在しないのであれば、同ページに記載された実績やサービス内容についても虚偽の可能性が高いといえるでしょう。

 

 

また、運営会社などの記載もないことから、99%詐欺目的で作成されたウェブページであることが分かりました。

 

 

気になるのは、なぜこのような企業が「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」の代理店として、販売を行えるのかという事。

 

 

わざわざ詐欺業者を選定した理由については引き続き捜査を行っていきます。

 

 

ちなみに紹介者である「IPH」については、情報配信を行うLINEにて「販売会社とつながっている」と証言しています。

 

 

どう受け取るのかは個人の自由ですが、危険なことに変わりはありません。

 

元はシェアハウスの運営会社だった

「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」の開発を行う「ピュアダイヤモンドラボ株式会社」を捜査すると、2017年に会社名を変更していることが分かりました。

 

 

2018年7月4日までは「株式会社パーフェクトルーム」という企業名であり、その事業内容はシェアハウスの運営事業であったと記載されています。

 

 

社名の変更を行ったのは2018年7月4日であると記載されているため、プレセールを開始した7月15日の僅か11日前であることが分かります。

 

 

ダイヤモンドの開発を行っているはずの企業が、プレセール直前まで存在しなかったとは少々驚きました。

 

 

前身である「株式会社パーフェクトルーム」の代表取締役を確認してみても、「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」関連で名前は確認できない人物。

 

 

このような点からラボグロウンダイヤモンドの研究、開発を行う「ピュアダイヤモンドラボ株式会社」に関しては、直前まで別の事業を行っていた企業であるといえます。

 

 

筆者には、ICOに合わせて急遽社名変更をしたように見えてしまいますが、いかがでしょうか?

 

知名度に不安

「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」に関しては、ロードマップを確認する限りでは2018年10月に仮想通貨取引所への上場と記載されています。

 

 

2018年の日本の状況を考えると、日本国内の取引所への上場は難しいと思われます。そうすと、必然的に海外の取引所へと上場する運びになります。

 

 

上場するにあたって必要な条件としては

  • しっかりとしたプロダクトがあること
  • 開発者が有名なチームであること
  • 利用者が多いこと

 

上記の3つが絶対条件となっております。ちなみに上記の条件は世界最大の取引所「バイナンス」のCEOが上場させるコインに求める要件としてあげた条件になります

 

 

では、これらの条件を1つずつ確認してきます。

※評価は「〇」「△」「×」

 

 

①:しっかりとしたプロダクトであること=△

ラボグロウンダイヤモンドという技術やホワイトペーパーに記載されたロードマップについては、記載された内容が本当ならば問題はなさそうです。

 

 

ですが、詐欺業者が販売しているという事実やICO直前に開発を行う会社を立ち上げるなど、不審な点は多い為、△といたします。

 

 

②:開発者が有名なチームであること=△

こちらについては、仮想通貨関連で著名な人物がボードメンバーにいないという事から△とさせて頂きます。

 

 

③:利用者が多いこと=×

この利用者に関しては、総発行枚数がプレセールでどれだけ販売できたのかが非常に重要といえます。

 

 

現状、どれだけの投資家が「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」を購入したのか、把握することはできませんでした。

 

 

唯一確認できた指標としては「ピュアダイヤモンド」のシンガポール向けの動画。

 

 

「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」の購入者向けに作成されたものだと思われるのですが、その再生回数が僅か349回となっております。

 

 

このような状況から、ラボグロウンダイヤモンドという技術の知名度は高いが、「ピュアダイヤモンド」の知名度は限りなく低いという事が分かりました。

 

 

現時点ではまだプレセール期間のため、購入も可能となります。仮想通貨ポリスとしてはオススメできる投資案件ではないと判断します。

 

「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」のまとめ

  • 詐欺業者がPDCを販売している
  • 開発を行う企業はプレセールの10日前にできたばかり
  • 知名度が非常に低い

 

人気記事一覧

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)の口コミ

  • 投稿者名:仮想通貨ポリス 管理人2022年6月1日

    モノリス法律事務所 弁護士の河瀬季様より依頼を受け、特定の個人名に関する記載を※※※※へと変更しております。
    投稿者さまには申し訳ございませんがご了承ください。

  • 投稿者名:匿名2022年5月26日

    ホワイトハッカーとは名ばかりのブランディングが上手い人。
    いつも怪しいプロジェクトを作ってます。
    技術力はないです。他の人が作った技術などを使いながら、自分が作ったように話すのは得意です。
    今はETH neoってネットワークビジネス作ってるらしいです。
    上手く行ってないと思いますが、お金集めの手段でしかないですね。

    出資金の4割を先に搾取されます。(参加の仕方では2割搾取)
    また現在の相場でETHが大きく下落しているため、最初に4割搾取されているうえに、相場の下落で、ETHは長い目で上がるからと逃げるしかないでしょう。
    預けた人はいつプラスになるんでしょうね。ネットワーカーとして営業している人は売るだけで利益にはなるんでしょうけど。

    4割のETHの代わりに彼らが発行したスモートークンとか使い道のないトークンはもらえるようです。
    使い道ないのになぜか13倍になるとか説明されていましたが無価値だと思います。

    上記とは全く別ですが、企業からホワイトペーパー作る依頼を受けて、500万円請求したのに、価値のない数枚のレポート作成して納品してくるくらい酷い仕事したプロジェクトも聞きました。
    ホワイトペーパーの直しを依頼されたことがあり、見てみましたが本当にひどくて、ネットで拾える市場調査程度の情報が書かれていて、トークンエコノミーの記載すらない。
    あまりに酷くて手直しどころではない無価値なレポートを出されていて、作成した人を聞いたら※※※※という名前が出てきました。プロジェクトもやり直すお金も無いようでしたから、やめた方が良いと断念させましたが。

    本人のブランディングも含めて、価値がないものに価値があるように見せる天才。

  • 投稿者名:匿名2021年5月26日

    ※※※※はネムの件でホワイトハッカーとか言われたが、実際追いかける技術もなく、見つかりませんでしたっていう話でしたよね?
    ブランディングは得意なようですが、実際にはピュアダイヤモンドの件でも技術力の無さを露呈した。
    前にエネルギー系のプロジェクトを立ち上げようとしていた人とお話ししましたが、ホワイトペーパーがあまりに薄っぺらくて、技術のことも記載がなく、市場規模と構想のみを言葉で書いてるだけのものだったので、どう書き替えたら良いか困っている話を聞きました
    詳しく聞くとそのホワイトペーパーを作ったのが※※※※だということです。
    しかもそんな価値のないホワイトペーパーを500万円で納品されたらしい。
    少なくともホワイトペーパーを見る限り、※※※※はブランディングが得意な口だけな人だと思う。
    ちなみにそのエネルギー関係のプロジェクトも、次世代エネルギー的なプロジェクトで怪しかったので、資金調達以前に頓挫したので表には出ていない。
    とはいえ、技術的な記載もない、数枚の市場規模と将来こうなるかも見たいな作文だけして500万円で納品したと聞いた時点で情報弱者を対象に搾取するタイプの人だと思います。

  • 投稿者名:西の慶応2021年4月30日

    投稿者名:匿名2020年5月27日
    ※※※※はホワイトハッカーでもなんでもないですよ。ただの詐欺師です。そいつがCTOを務めてるICOなんて結果が見えてます

    だね
    怪しさ満載

  • 投稿者名:匿名2021年4月24日

    ※※※※さん今イーサネオという案件やってますが、この記事をみて怪しく思えてきました

  • 投稿者名:取締役 CTO ※※※※2021年1月18日

    >投稿者名:匿名2020年5月27日
    >※※※※はホワイトハッカーでもなんでもないですよ。ただの詐欺師です。そいつがCTOを務めてるICOなんて結果が見えてます。

    検索したら下のリンクの会社のMEMBERページでCTOとヒットしたが?同一人物?上の情報から大丈夫なの?

    取締役 CTO
    ※※※※
    https://levias.co.jp/about/

  • 投稿者名:匿名2020年12月27日

    投書してから1年がたちました。中神あきらは詐欺師で海外逃亡しましたね。ピュアダイヤモンドコインは何処へ行ったのやら。

  • 投稿者名:匿名2020年5月27日

    ※※※※はホワイトハッカーでもなんでもないですよ。ただの詐欺師です。そいつがCTOを務めてるICOなんて結果が見えてます。結局ピュアダイヤモンドコインは何の動きもなく、このまま終了になるでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月24日

    ラボグロウンダイヤモンドの証明書としてブロックチェーン技術を利用するっていう話だったがどうもラボグロウンダイヤモンドの方だけ発展してってブロックチェーン技術の方は一切発展していってないように思える。
    今は結局紙媒体で品質の証明をしているんだろう?いつになればこの紙媒体からの呪縛を抜け出せるのやら。

  • 投稿者名:匿名2020年4月17日

    この独自通貨に関するページってどこを検索してもでてきませんが、ピュアダイヤモンドコインの開発や販売はどこの誰が行っているのでしょうか?

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。