セカンドアースは詐欺ICO「吉田 慎也」を操る黒幕の存在とは

通貨名 セカンドアース(RHEM/レム)
通貨コード 不明((RHEM?)
発行元 セカンドアースラボ
BCプラットフォーム 不明
総発行枚数 不明
公式URL http://2e-bigbang.com/story/xvwq001/

ICO案件「セカンドアース」の酷過ぎる実態とは…

2018年7月20日より「セカンドアース(レムコインRHEM)」のトークンセールが開始されました。

 

 

ICO案件の紹介者は、数々の稼げない投資案件を紹介し続けている「吉田 慎也」であり、今回も優良な投資案件だと供述しています。

 

 

仮想通貨ポリスの捜査によると、この吉田 慎也ただの会社員である可能性があると発表されています。

 

 

その他にも経歴詐称や「吉田 慎也」に指示を出す影の黒幕の存在などが、以下の捜査レポートにまとめられています。

吉田慎也は「極悪人」なのか

セカンドアースの紹介者として動画に出演する「吉田 慎也」という人物。

 

 

過去にもICO案件「MINE(マイン)」の紹介や自身でも月30万円の利益が得られるという「マイニングシェアバンク」というクラウドマイニングサービスを提供しているものの、実際には一日100円にも満たない利益しか出ないと言われております。

 

 

 

結果的に「吉田 慎也」が関わった仮想通貨関連の投資案件で儲かったという話は聞いたこともなく、フルネームで検索を行うと検索結果として詐欺と評価するwebサイトがいくつも見つかりました。

 

 

ちなみに実際に「マイニングシェアバンク」を実際に利用しているという方がTwitterで収支報告を行っており、先ほど説明した程度の利益しか出ていないことは周知の事実。

 

 

まずは「セカンドアース」の紹介者である「吉田 慎也」がいかに怪しい人物なのか、知って頂けたかと思います。

狙われる日本人

「セカンドアース」というVRコンテンツの中で使用できる通貨として、今回ICOが行われた「レムコイン(RHEM)」。

 

 

発行元はやはり「セカンドアース」の開発を行う「Second Earth Labo」という企業。

 

 

筆者が調べたところ、プロジェクトメンバーや事業内容が記載された公式ページを発見

 

 

対応言語が英語と日本語のみというところに違和感を覚えた私は、この公式サイトがどのような国からアクセスされているのかを捜査しました。

 

 

まだ海外ではICOを行っていないからという事も考えられますが、日本以外からのアクセスが全くないことなどあり得るのでしょうか?

 

 

この状況を考えると、「セカンドアース」のサービス自体は海外では誰も知らないVRコンテンツだという事になります。

 

 

なぜ「吉田 慎也」はこのようなICO案件を有望なICOであるとして紹介しているのでしょうか…。

 

「セカンドアース」の黒幕は「佐藤ひろひで」

「レムコイン(RHEM)」自体は2017年7月22日に販売を終了しており、公式ページはすでに閲覧不可となっております。

 

 

よくある詐欺通貨と同じ状態ですね。この公式販売ページを少し調べると、ドメインである「second-earth.org」を契約している人物の名前が見つかりました。

 

 

佐藤ひろひで」という日本人の名前。てっきり「吉田 慎也」だと思っていましたが、どうやら「佐藤ひろひで」という人物が今回の「セカンドアース」の黒幕なのでしょう。

 

 

「佐藤ひろひで」といえば元ネオヒルズ族として「与沢翼」らと共に活動していた人物ですね。

 

 

この「佐藤ひろひで」と「セカンドアース」、「吉田慎也」の関連性について捜査をすると、興味深い情報を掲載しているサイトを発見。

 

 

件の「佐藤ひろひで」の会社に勤めているという人物からの内部告発文書になるのですが、その文書には「吉田 慎也」も従業員であると記載されているのです。

 

 

この話が真実なのかどうかについては分かりかねますが、私の発見したドメインの契約者名が「佐藤ひろひで」であるという証拠と合わせると、あながちウソではないと筆者は感じております。

 

 

また、「セカンドアース」の実態についても筆者の予想通りに日本で行われていると記載されています。

 

 

これはやはり、日本のIT業界でのみ力を持つ「佐藤ひろひで」の主導でICOが行われた結果、公式サイトへのアクセスも日本からのみとなってしまったと考えるのが妥当ですね。

 

 

以上の点から、「吉田慎也」と「セカンドアース」、そして「レムコイン(RHEM)」については、投資してはいけないICO案件だと判断します。

 

 

仮想通貨で稼ぎたいのであれば、詐欺が横行するICOではなく、直近で「バイナンスコイン(BNB)」で2.1倍、「アレグロ(DLT)」で4.6倍という価格予想を的中させた情報サイト「コインリーディングカンパニー」の利用をオススメします。

 

「セカンドアース/レムコイン(RHEM)」のまとめ

  • 吉田慎也の案件は1つも稼げていない
  • 日本人をターゲットにしたICO
  • 黒幕は「佐藤ひろひで」
  • 吉田慎也はただの会社員

 

 

人気記事一覧

セカンドアース(RHEM/レム)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年4月5日

    吉田慎也は佐藤ひろひでの会社をクビになって乞食になっていると聞きましたが、本当の事なのでしょうか?
    それで、セカンドアースに支払ったお金はどこに消えてしまっているのでしょうか?
    教えてください。

  • 投稿者名:匿名2019年3月27日

    crannovaの身代わりになったCOMNも撤退しパークウエストからも去ってリキマツ住建の事務所に出戻るようですね。
    セカンドアースやMINEといった、自作自演で紹介していた吉田慎也や菅野けい案件など佐藤ひろひでICOはもう絶望的という事かもしれませんね。
    困窮して自慢のランボルギーニも売却したとか。
    最近は情報商材の人間も、逃げ切りに成功した者とそうでない者がハッキリ分かれてきましたが、佐藤ひろひでは後者なのでしょう。

  • 投稿者名:匿名2019年3月25日

    セカンドアースってか。懐かしいな。これに投資した頃にはICOで一攫千金っていうのに夢見てたけど、まさかこんな詐欺に引っかかって苦しい生活になるとはな。悔しいよ。もっと早く仮想通貨ポリスの存在を知っていたらちゃんとした投資方法で利益を上げられたのにな。

  • 投稿者名:匿名2019年2月28日

    返金は弁護士に相談するのが良いと思います
    株式会社ループ(株式会社COMN)の法務部は、素人相手にはやたら強気ですが、プロが出てくると割とあっさり折れます。

    なお吉田慎也はすでに退職してるようですね。事業家ではなくただの社員だったとのこと。
    https://money-mikeneko.com/sato-crannova/

  • 投稿者名:太田2019年2月27日

    セカンドアースがどうというより、吉田慎也自体を見なくなりましたが…これとは違いますがMINEというものに50万円支払いましたが、一体どうなるのでしょうか。上場もないですし…詐欺で立件する事はできるのでしょうか。真剣に相談です。

  • 投稿者名:匿名2019年1月30日

    パークウエストに集約した上で新しい法人立てたみたいですね。crannovaの評判が悪くなったので新しいカタギ組織「COMN」を作ったようです。
    セカンドアース、MINE、マイニングシェアバンク、億り愛など吉田慎也案件、ループアフィリエイトセンター案件、菅野けいのGamPayなどの苦情、返金の連絡はこのCOMNという新組織に問い合わせるのが良いでしょう。中の人が佐藤ひろひでの社員ですからね。

    法人番号:6011101086277
    株式会社COMN
    東京都新宿区西新宿6丁目12番1パークウエスト1301
    https://comnvr.com
    https://twitter.com/comn_vr

  • 投稿者名:織田信姫2019年1月30日

    はっきり言っていい事がないこのCrannovaという会社。今まで情報商材で稼いだお金を元手にクリーンな会社を立ててもっとお金を集めよう!というスキームの元、様々な子会社を作り起業家のおままごとや、1年で経済的プランもなく50人から100人まで社員を増やし、その後3回商材が失敗、大幅な三度にわたるリストラを行なっています。このリストラによりバックオフィスが機能しなくなったりなど、退職に追いやった人をさらなる混乱に陥れました。一時期社員の税金を払ってない時期もありましたね。
    Crannovaは織田信姫というVTuberを運営して、初期フォロワーとしてフォロワーを3万人購入していたり頑張ってプロモーションをしているようです。
    このプロモーションはゲームの子会社をゲームを2週間で作れると思っていたという理由で追い出されたcgc_game_createというアカウントのオーナーで、この人も20代前半の情報商材で育ってきた人です。
    社内の一部の人達はものすごくまともな人や頭のキレる人もいて、どうしてこういう会社にいるのか不思議だった人もいます。
    現在は居住者達から柄が悪いなどの苦情を受け、ラトゥール新宿を追い出されパークウエストにいます(元々そこはSecond Earthの開発でしたが、今はそこに全員集合しリストラ前は人がぎゅうぎゅう詰めになってました)。
    Crannova自体は会社の悪評と社員を根こそぎ落とすべく会社を潰し、残った人は基本全て業務委託となりました。
    そんな会社です。

  • 投稿者名:匿名2019年1月30日

    ここでコメントできる人いる?
    https://camp-fire.jp/projects/view/108570

  • 投稿者名:匿名2019年1月24日

    セカンドアースのセの字も聞かなくなったね。
    ホルダーももう諦めてるのかな。
    上場も相変わらずしてないみたいだし、はっきり言って終わってるね。

  • 投稿者名:匿名2019年1月18日

    comnvrのHP見るとたしかに佐藤ひろひでの事務所のパークウエストですね。
    セカンドアースにもcomnというサービス書いてありますしね。
    セカンドアースの名前が汚れてしまったからこんな風に逃げてるでしょう。
    今度はクラウドファンディングで騙し取る気か。いい加減にしろ。これは被害者が増える前に拡散すべき事案かと。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^