セカンドアースは詐欺ICO「吉田 慎也」を操る黒幕の存在とは

通貨名セカンドアース(RHEM/レム)
通貨コード不明((RHEM?)
発行元セカンドアースラボ
BCプラットフォーム不明
総発行枚数不明
公式URLhttp://2e-bigbang.com/story/xvwq001/

ICO案件「セカンドアース」の酷過ぎる実態とは…

2018年7月20日より「セカンドアース(レムコインRHEM)」のトークンセールが開始されました。

 

 

ICO案件の紹介者は、数々の稼げない投資案件を紹介し続けている「吉田 慎也」であり、今回も優良な投資案件だと供述しています。

 

 

仮想通貨ポリスの捜査によると、この吉田 慎也ただの会社員である可能性があると発表されています。

 

 

その他にも経歴詐称や「吉田 慎也」に指示を出す影の黒幕の存在などが、以下の捜査レポートにまとめられています。

吉田慎也は「極悪人」なのか

セカンドアースの紹介者として動画に出演する「吉田 慎也」という人物。

 

 

過去にもICO案件「MINE(マイン)」の紹介や自身でも月30万円の利益が得られるという「マイニングシェアバンク」というクラウドマイニングサービスを提供しているものの、実際には一日100円にも満たない利益しか出ないと言われております。

 

 

 

結果的に「吉田 慎也」が関わった仮想通貨関連の投資案件で儲かったという話は聞いたこともなく、フルネームで検索を行うと検索結果として詐欺と評価するwebサイトがいくつも見つかりました。

 

 

ちなみに実際に「マイニングシェアバンク」を実際に利用しているという方がTwitterで収支報告を行っており、先ほど説明した程度の利益しか出ていないことは周知の事実。

 

 

まずは「セカンドアース」の紹介者である「吉田 慎也」がいかに怪しい人物なのか、知って頂けたかと思います。

狙われる日本人

「セカンドアース」というVRコンテンツの中で使用できる通貨として、今回ICOが行われた「レムコイン(RHEM)」。

 

 

発行元はやはり「セカンドアース」の開発を行う「Second Earth Labo」という企業。

 

 

筆者が調べたところ、プロジェクトメンバーや事業内容が記載された公式ページを発見

 

 

対応言語が英語と日本語のみというところに違和感を覚えた私は、この公式サイトがどのような国からアクセスされているのかを捜査しました。

 

 

まだ海外ではICOを行っていないからという事も考えられますが、日本以外からのアクセスが全くないことなどあり得るのでしょうか?

 

 

この状況を考えると、「セカンドアース」のサービス自体は海外では誰も知らないVRコンテンツだという事になります。

 

 

なぜ「吉田 慎也」はこのようなICO案件を有望なICOであるとして紹介しているのでしょうか…。

 

「セカンドアース」の黒幕は「佐藤ひろひで」

「レムコイン(RHEM)」自体は2017年7月22日に販売を終了しており、公式ページはすでに閲覧不可となっております。

 

 

よくある詐欺通貨と同じ状態ですね。この公式販売ページを少し調べると、ドメインである「second-earth.org」を契約している人物の名前が見つかりました。

 

 

佐藤ひろひで」という日本人の名前。てっきり「吉田 慎也」だと思っていましたが、どうやら「佐藤ひろひで」という人物が今回の「セカンドアース」の黒幕なのでしょう。

 

 

「佐藤ひろひで」といえば元ネオヒルズ族として「与沢翼」らと共に活動していた人物ですね。

 

 

この「佐藤ひろひで」と「セカンドアース」、「吉田慎也」の関連性について捜査をすると、興味深い情報を掲載しているサイトを発見。

 

 

件の「佐藤ひろひで」の会社に勤めているという人物からの内部告発文書になるのですが、その文書には「吉田 慎也」も従業員であると記載されているのです。

 

 

この話が真実なのかどうかについては分かりかねますが、私の発見したドメインの契約者名が「佐藤ひろひで」であるという証拠と合わせると、あながちウソではないと筆者は感じております。

 

 

また、「セカンドアース」の実態についても筆者の予想通りに日本で行われていると記載されています。

 

 

これはやはり、日本のIT業界でのみ力を持つ「佐藤ひろひで」の主導でICOが行われた結果、公式サイトへのアクセスも日本からのみとなってしまったと考えるのが妥当ですね。

 

 

以上の点から、「吉田慎也」と「セカンドアース」、そして「レムコイン(RHEM)」については、投資してはいけないICO案件だと判断します。

 

 

仮想通貨で稼ぎたいのであれば、詐欺が横行するICOではなく、直近で「バイナンスコイン(BNB)」で2.1倍、「アレグロ(DLT)」で4.6倍という価格予想を的中させた情報サイト「コインリーディングカンパニー」の利用をオススメします。

 

「セカンドアース/レムコイン(RHEM)」のまとめ

  • 吉田慎也の案件は1つも稼げていない
  • 日本人をターゲットにしたICO
  • 黒幕は「佐藤ひろひで」
  • 吉田慎也はただの会社員

 

 

人気記事一覧

セカンドアース(RHEM/レム)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年3月17日

    佐藤ひろひでの親父の会社が唯一の関連会社生き残りなので問い合わせてみてはどうでしょうか。

    リキマツ住建
    〒168-0064
    東京都杉並区永福4-7-19
    TEL : 03-5355-5585

  • 投稿者名:るるるん2020年2月14日

    IJP事務局と全然連絡が取れません。やはり詐欺でしょうか。どなたか連絡取れますでしょうか。

  • 投稿者名:レムコインは結局発行すらされていない。2020年1月7日

    100%%詐欺なのに、何で逮捕されないの?

  • 投稿者名:吉田慎也2019年12月4日

    吉田慎也、よつandわかで身バレしたので名前を変えてまた活動してますね

    https://twitter.com/tintinshin_masa

  • 投稿者名:匿名2019年10月22日

    レムコインは結局発行すらされていない。
    つまりはただの詐欺だ。

  • 投稿者名:匿名2019年10月17日

    セカンドアースを購入するために支払った料金は残念ながら取り戻せないだろうと言われてしまいました。ですが、捨てる神あれば拾う神ありですね。運よく大きな神に拾われました。と言っても行った事と言えば某サイトさんに登録して相談をしただけなのですが、そこで得た情報を元に投資をし始めたあっという間に損金を取り戻せましたから。ICOなんかに騙されてしまった自分が情けないです。最近はICO詐欺は減ってきましたがウォレットに預けておくだけで利益が貰えるなどのシステムを売りにした詐欺が横行しているようなのでセカンドアースで騙された人は同じ過ちを繰り返さないように気を付けていただきたいです。

  • 投稿者名:匿名2019年10月8日

    RHEMコインなんて世の中に存在しないもんを販売してるんだからエグすぎるわな。

  • 投稿者名:匿名2019年10月3日

    一体いつになったらセカンドアースのサービスが開始されるのでしょうか?
    というより、そもそもレムコインって発行されるんですか?
    まさか発行すらされないって事はないですよね?
    だとしたら完全なる詐欺になりますが。
    吉田慎也氏はこの事を知ってyoutuberなんてやってるんでしょうか?

  • 投稿者名:増田2019年9月27日

    本当に悔しいです。
    セカンドアースに老後資金をだいぶ入れてしまいました。
    「よつandわか」という名前でyoutuberをやっているという現実をなかなか直視できずにいましたが、今ようやく納得できるようになりました。
    現実を受け止めてすすめていかなければいけませんね…。

  • 投稿者名:匿名2019年9月23日

    佐藤ひろひで、タイに国外逃亡した所で罪は消えないぞ

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^