SENGOKU SWAPは稼げるのか?ICO参加時の注意点や投資リスクなども解説

プラットフォーム名SENGOKU.SWAP.Finance(SSF)
ガバナンストークンNOBNAGA(NBNG)
運営チーム不明
連絡先不明
公式サイトhttps://sengokuswap-finance.com/ssf-0331/

日本初のDEXはどれくらい稼げるのか調査してきた

日本初の国産DeFiプラットフォームとして開発された「SENGOKU SWAP(SSF)」。

ガバナンストークンである「NOBUNAGA(NBNG)」のICOが開催されるとして、一部で話題になりつつあります。
 
 
今回の捜査では
・ICOには参加した方がいいのか?
・具体的にどれくらい稼げるのか?
・投資リスクはあるのか?
 
など、捜査によって判明した全ての情報を公表していきます。
 
 
「SENGOKU SWAP(SSF)」へ投資するならば絶対に知っておきたい情報をまとめていますので、投資を検討している方は是非ご一読ください。

 

SENGOKU SWAP(SSF)とは

日本初のDEX(分散型取引所)として開発されたDeFiプラットフォーム
 
 

イーサリアムや独自トークンである「NOBUNAGA(NBNG)」を預け入れることで、利率に応じた報酬を受け取る事が出来る機能を兼ね備えています。
 
 

大手取引所のバイナンスでもPancake SwapというDEXを運営しており、DeFiは2021年に仮想通貨業界を沸かすジャンルの一つとして世界中で認知されています。
 
 
「SENGOKU SWAP」はイーサリアムの技術を使用したプラットフォームであり、独自トークンの「NOBUNAGA(NBNG)」もERC-20トークンとして発行される模様。
 
 

来る2021年3月31日にICOを開催予定であり、1NBNG=約50円にて購入出来可能であると噂されています。
 

SENGOKU SWAP(SSF)のICOへの参加方法

SENGOKU SWAPのICOに参加するためには、2021年3月30日までにSENGOKU SWAPの公式サイトにて事前申し込みを行う必要があります。
 
 

▼申し込みページ
 
ICOへの参加申し込みページ
引用元:sengokuswap-finance
 
 

・名前
・メールアドレス
・ウォレットアドレス(ERC20対応のもの)
 

上記の入力が必須となります。

取引所などのアドレスを入力した場合、トークンが配布されない可能性があるので注意が必要です
 
 

入力が完了すると「NOBUNAGA(NBNG)」購入代金として支払うイーサリアム(ETH)のアドレスが表示されます。
 

ICO申し込み後に表示されるページ
 

ちなみに2021年3月29日現在は既に17名ほどが「NOBUNAGA(NBNG)」の購入代金を送金していることが確認できました。
 
 

ICO開始は2021年3月31日のため、まだ送金は行わないようにしましょう。
 

 

※追記:「NOBUNAGA(NBNG)」の存在をイーサスキャンで確認することが出来ました。
 

▼検索結果
NOBUNAGA(NBNG)の情報
 

まだ購入者には配布されていないため。3月31日以降に動きがあると思われるので引き続き注視していきます。
 
 

SENGOKU SWAPで出来る事

 

流動性マイニング

SENGOKU SWAP内に特定の通貨ペアを預けることで、預け入れた金額に応じたマイニング報酬が受け取れるサービス。
 
 

一言で説明すると、誰かが取引したいコインを「SENGOKU SWAP」に貸して手数料を受け取る事が出来ます。
 

流動性マイニングの解説
 

図のように、流動性マイニングをしたい方は「SENGOKU SWAP」にETHとNBNGを預けます。
 

預けた2つのコインは誰かがETHとNBNGの取引をしたい場合に利用されるというシステム。
 

利率などは現時点では不明ですが、「NOBUNAGA(NBNG)」を保有しているならば利用しないと損するサービスなので投資した方は積極的に利用するようにしましょう。
 

実際にどれくらい稼げるのか?

「SENGOKU SWAP」のプラットフォームは正式に稼働していないため、実際にどれだけの利益を得ることが出来るのか不明と
なります。
 
 

ホワイトペーパーには取引数量の0.3%が利用手数料となり、その内の0.25%が流動性マイニングの報酬に充てられる模様です。
 
 

100万円分の取引が行われた場合は2500円が流動性マイニングの報酬になる計算ですね。
 
 

利用者数が予測出来ないため、一概にどの程度の利率になるのかは不明なので、プラットフォーム公開時に詳しい内容を追記していきます。
 
 

続いては、「SENGOKU SWAP」への投資前に把握しておきたいリスク面についてお話していきます。
 

「SENGOKU SWAP(SSF)」の投資リスク、懸念点

■運営会社が不明

初の日本産DeFiプラットフォームだと宣伝されていますが、公式ページには運営会社や運営チームに関する記載が見当たりませんでした。
 
 

どこの誰が開発したのか分からないプロジェクトという点やプラットフォームが公開されていない事を加味すると、多額の資金を投入するにはリスクが高いと言えます。
 
 

大幅な利益を得るためには「NOBUNAGA(NBNG)」のICOへの参加が一番手っ取り早い方法ですが、投資する方は上記の点を理解した上で「NOBUNAGA(NBNG)」を購入するようにしましょう。
 
 

公式Twitterでは「SENGOKU SWAP(SSF)」の進捗状況に関するツイートを行っているため、最新動向をいち早く知りたい方はフォローしておきましょうTwitterの
 
 

SENGOKU SWAP(SSF)の公式Twitter

■海外投資家が参入してこない可能性

世界中の投資家が分け隔てなく利用できることがDEXの利点の一つなのですが、「SENGOKU SWAP(SSF)」並びに「NOBUNAGA(NBNG)」のICO開催に関して調べてみても、海外向けに作成されたwebページが見つかる事はありませんでした
 
 

▼北米版Yahoo!の検索結果
SENGOKUSWAPの検索結果
 
まるで日本国内だけでICOを行うかのような状況にも見えますね。
 
 
また、「SENGOKU SWAP(SSF)」の公式ページでは過去に価格が高騰したDeFi系トークンの一例が紹介されていますが、これらは総じて世界中で人気が出たために価格が高騰したコインばかりです。
 
 
過去に価格が上がったDeFiサービス

引用元:SENGOKU SWAP(SSF)の公式ページ
 
 
海外投資家が参入してこない場合、公式サイトに掲載されているような価格高騰は難しいと言えます。
 
 
今後のマーケティングには期待したいところですが、運営チームや運営会社の詳細を早く公表しなければ海外投資家の参入は難しいはず。
 
 
日本人だけが投資する、ガラパゴスなDeFiプラットフォームにならないことを願います。
 

「SENGOKU SWAP(SSF)」のまとめ

ガバナンストークンである「NOBUNAGA(NBNG)」については、ICOに参加するのは少々リスクが高いと個人的には感じました。
 
 
とはいえ、昨今のDeFiブームを考えると世界でのマーケティングが上手くいった場合には価格高騰が十分に望めるプロジェクトともいえます。
 
 
最低入金額は0.05ETH(約2万円)に設定されているため、リスクを理解した上で宝くじ的な感覚で投資するならばアリだと私は判断しています
 
 
運営チームなどの詳細が分からない以上、諸手を挙げてオススメ出来る仮想通貨ではないというのが私の見解です。
 
 
DeFi銘柄についてはNBNG以外にも数倍、数十倍に高騰するアルトコインが存在しています。
 
 
最近では6日で24倍に高騰した銘柄に投資出来た方もいるようなので、興味のある方は他のDeFi銘柄についても調べてみると良いでしょう。
 
 


 
 

人気記事一覧

SENGOKU.SWAP.Finance(SSF)の口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^