SRM(Serum)は将来性の高い仮想通貨か?「爆上げタイミング」を調査

SRM 仮想通貨のサムネイル
コイン名SRM(Serum)
シンボルSRM
公式サイトhttps://projectserum.com/#/
コントラクト(SOL)SRMuApVNdxXokk5GT7XD5c
UUgXMBCoAz2LHeuAoKWRt
コントラクト(ETH)0x476c5e26a75bd202a968
3ffd34359c0cc15be0ff

SRM(Serum)の特徴、将来性を調査

SRM(Serum)は、Solanaブロックチェーンを使って作られたDEX(分散型取引所)の「Serum」が発行する独自の仮想通貨。
 
 
世界ランキング5位の取引所「FTX」が開発を行っていることで注目を集め、2021年だけでSRMの価格は11倍に高騰。
 
 
その価格高騰の理由を調査したところ、実はSRM(Serum)はまだまだ価格上昇の可能性を秘めた将来性の高い仮想通貨であるとこが分かりました。
 
 
今回の記事では…
・なぜSRM(Serum)の将来性が高いと言えるのか
・今後どんな値動きを見せるのか
・価格高騰のタイミングはいつなのか?
 
具体的に解説していきます。
 

SRM(Serum)の特徴

分散型取引所「Serum」が発行する

SRMは、仮想通貨取引所「FTX」が運営するDEX(分散型取引所)の「Serum」にて利用される仮想通貨です。
 
 

取引所内でかかる手数料の割引など、特典を受けることができます。
 
 

SerumはSolanaのブロックチェーンを使っているため、手数料が日本円換算で0.005円という激安コストながら1秒間に5万取引を処理できる機能を備えています。
 

アフロ銘柄(Solana銘柄)の1つ

SRMを含むFTX取引所に関連した仮想通貨はまとめて「アフロ銘柄」と呼ばれており、この名称はFTX取引所やSerumのCEOを務める「バンクマンフリード」氏の髪型が由来しています。
 
 
▼アフロ関連銘柄の一部
・FTXトークン(FTT)
・Serum(SRM)
・Solana(SOL)
・Raydium(RAY)
・Bon fida(FIDA)
 
 
関連銘柄のどれかに好材料が出れば関連コインの価格も同時に動くことが多く、「アフロ銘柄に同時に投資しておけば勝てる」と話す投資家もいるほど。
 
 
SRMもアフロ銘柄の1つとして数えられています。
 

開発者は天才と呼ばれる人物

CEOの「バンクマンフリード」氏は29歳にして総資産1兆円の天才トレーダーで、仮想通貨業界では「アフロに乗り遅れるな」という格言が生まれるほどの先見の明を持つ人物です。
 
 
▼バンクマンフリード氏
バンクマンフリード氏
 
2019年、世界の取引高の内5%がバンクマンフリード氏による取引だったことはあまりにも有名な話。
 
 
最初に設立したFTX取引所は立ち上げからわずか2年で世界ランキング5位の取引所にまで成長しています。
 
 
Serumはそんな世界最高峰の仮想通貨トレーダーが作り上げたDEX(分散型取引所)として話題を集めています。
 

DEXなのに板取引が可能

SerumはDEXでは珍しい「板取引(オーダーブック)」機能を持っています。
 
 
現在のDEXの主流は仮想通貨同士の交換機能を持ったAMM形のDEXであり、AMMには指値注文ができないというデメリットがありました。
 
 
Serumでは仮想通貨の交換ではなく仮想通貨のトレードとしての機能を充実させるために、「板取引(オーダーブック)」を実装しています。
 
 
これによりSerumは指値注文を使った現物・デリバティブ取引所として利用することが可能です。
 
 

保有していれば手数料が割引になる

SRMを保有していれば、Serumでの取引や送金を行う際に必要な手数料が50%割引となります。
 
 
また、徴収された手数料の一部はSRMを購入してバーン(焼却)される仕組みのため、SRMは取引量が増えるほど自然に価値が上がる仕組みを取り入れています。
 

SRM(Serum)の将来性、価格は今後上がるのか?

SRMは将来性が高く、今後も価格が上がる可能性の高い仮想通貨だと予想しています。
 
その理由は
・他のDEXにはない機能がある
・Solana関連の影響を受けやすい
・規制など、ネガティブな材料でも上がる可能性
 
などの理由です。
 
 
順番に解説していきましょう。
 

他のDEXにはない機能がある

先述した通り、Serumには他のDEXにはない「板取引(オーダーブック)」の機能があります。
 
 
この機能によってDEX市場だけでなく「コインチェック」や「バイナンス」のようなCEX(中央集権型)の取引所とも競合することに。
 
 
また、Solanaチェーンには他のブロックチェーンの互換性を持つクロスチェーン機能が備わっており、Serumは将来定期にイーサリアムチェーンの仮想通貨取引を実装予定です。
 
 
CEXを使わずに手数料を抑えながらSolana、イーサリアム関連コインの板取引ができる
 
 
Serumは法規制や手数料の高さが問題視されるCEXからのユーザー流入に期待することができます。
 

FTX関連の影響を受けやすい

Serumはアフロ銘柄の1つとして数えられており、アフロ銘柄の中には2021年だけで10倍~100倍を超える高騰を見せたコインが複数存在します。
 
 
▼アフロ関連銘柄の一部
【2021年1月~2021年9月までの価格推移】
 
・FTXトークン(FTT) 600円 → 8900円
 
・Serum(SRM) 112円 → 1302円
 
・Solana(SOL) 190円 → 2万1000円
 
・Raydium(RAY) 667円 → 1798円
 
・Bonfida(FIDA) 54円 → 945円
 
SRM自体も11倍以上に高騰しています。
 
 
これらのコインは銘柄ごとに材料が出たのではなく、「アフロ銘柄」「Solana関連」のどれかに出た好材料が相乗効果のように影響し、価格上昇へと至りました。
 
 
まだ大元の「Solana」やSRMを含むすべてのコインが開発途中になるので、どれかのコインに好材料が出ればSRMの価格にも大きな影響を与えることが予想されます。
 

規制など、ネガティブな材料でも上がる可能性

記憶に新しいのは、2021年9月24日に発表された、中国が仮想通貨の取引を全面禁止するという規制です。
 
 
この規制発表によりビットコインは一時2400ドル急落、その後も様子見の横ばいが続いていたのですが、一部では規制が好材料となったDEX銘柄が存在します。
 
 
▼イーサリアムのDEX「DYDX」のチャート
DYDXのチャート
 
緑と赤のチャート=DYDX
オレンジのライン=ビットコインの推移
 
 
ビットコインを含む多くの仮想通貨は急落したものの、DYDXをはじめとしたイーサリアム関連のDEXが発行する仮想通貨は価格上昇につながりました。
 
 
規制に縛られない取引が行えるDEXに資金が集中した結果とされており、DEX関連コインにはポジティブな材料として認識されています。
 
 
SRMはまだ利用者が少なく影響を受けていませんが、Solanaの普及、SRMの機能が認知され始めれば、SRMは法規制さえもプラスに働く仮想通貨になることが予想できます。
 
 
今後さらにDEXでの取引が主流となることが予測されるため、Solana関連のDEXとして一二を争うSRMは、まだまだ高騰のチャンス秘めた将来有望な仮想通貨であると考えています。
 
 
今すぐ数倍になる!とは言えないので、中長期目線で今のうちに投資しておけば、近い将来思わぬ高騰を遂げるかもしれませんね。
 
 
>>SRMの他にも高騰期待のコインが知りたい方はこちら
 

SRM(Serum)の爆上げ材料、価格に影響を与えるイベント

Solana、アフロ銘柄のポジティブニュース

SRMを始めとしたSolanaチェーンを使った仮想通貨は、solanaに関連するポジティブなニュースに大きく影響を受けます。
 
 
過去、Solanaの価格に影響を与えたニュースとしては…
・Serumのエアドロップ
・FTXがNBAチームのスタジアム命名権を獲得
・Solana上でテザー(USDT)のローンチ
・初のIDOプラットフォームSolstarterが登場
 

などが上げられるます。それを踏まえ
 
今後価格に影響を与えそうなSolana関連のニュースは…
・FTX、アフロによるマーケティング
・Solanaを使った新規サービスの登場
・Solanaチェーンの開発が進む
 
などのニュースが出たタイミングでSolanaの価格が上がれば、つられてSRMの価格にも良い影響を与える可能性が高まります。
 

Serumの流動性が増えるタイミング

2021年2月、イーサリアムで動くDEXの「Sushi Swap」が、Serumと提携するRaydiumと統合すると発表したことで大きく価格を上げました。
 
▼提携発表後のSRMのチャート
SRMのチャート

 
Solana、Serumの流動性増加に直結する他のチェーンからのユーザー流入が見込めるとして、Serumの価格に大きな影響を与えました。
 
 
今後も流動性の増加に繋がる他のチェーンのDEXがSerumと統合するなど、流動性増加に繋がるニュースが出た場合、SRMの価格に大きな影響を与えることが予想されます。
 

クロスチェーンの実装

SRMが開発されたSolanaチェーンにはクロスチェーン機能が備わっており、異なるチェーンを持つ仮想通貨でも取引可能になるという技術になります。
 
 
直近ではイーサリアムとの統合を目指しており、現在はベータテストが行われています。
 
 
近い将来、イーサリアムチェーンとの互換性を持つことが予定されているため、イーサリアムチェーンからSerumを使うDEX利用者の流入が想定できます。
 
 
過去に類を見ない流動性の増加に繋がる可能性が高く、このタイミングでSRMは最も高騰する可能性が高いと予想しています。
 
 
具体的な時期はまだ未定ですが、Serumに投資する際は関連銘柄の値動きやSolanaの開発状況をチェックしておくことで、SRMの高騰タイミングがつかめるようになるかもしれませんね。
 
 
アフロ銘柄すべてに分散投資しておくという選択肢もありますが、下落する際はすべて一気に下落してしまうのであまりお勧めはできません。
 
 
別の材料で値動きする他のコインに分散投資しておくことも大切です。
 
 
「簡単に良いアルトコインは見つからないよ」という方も多いと思いますが、高騰急騰の可能性が高いコインの情報を配信している情報サイトもあるのでぜひ活用してみてください。
 
 
>>高騰期待のアルトコイン情報がもらえる「ビットレンド」
 
 

人気記事一覧

SRM(Serum)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年9月30日

    Serum(srm)はウェブページからアクセス可能なステーキングプログラムでSRMをチェーン上でイールドのためにステーキングすることができるのが安全性が高くてよいと思う、。

  • 投稿者名:匿名2021年9月28日

    アフロ銘柄に外れ無しだね、なんだかんだ言って6USDは割らなかったし13USD台は回復すると思うよ。

  • 投稿者名:匿名2021年9月28日

    クラーケンがSerum(SRM)とSolana(SOL)をKrakenとKraken Proに同時に上場させたのが結構でかいと思う。なんといってもSerumはSolanaブロックチェーン上にあるし、SOLは時価総額7位の人気コインだ。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^