SIRコインを売りたい「黒幕の正体」が明らかに

通貨名 SIRコイン
通貨コード SIR
発行元 SIGN IR PTE.LTD
BCプラットフォーム ERC20
総発行枚数 80億SIR
公式URL https://sir-project-partners.co.jp/aff/files/doc.pdf

SIRコインの危険性を解説

「IR実施法案(カジノ法)」が成立したことで一気に期待が高まった「日本国内でのIR施設」の開業。

 

 

法案が成立したことに目を付けたICO案件「SIRコイン」が密かに話題を集めていることを仮想通貨ポリスは突き止めました。

 

 

ネット上では大絶賛で紹介するブログサイトばかりが目につき、本当に有望なICO案件なのかどうかの判断が非常に難しくなっています。

 

 

そこで今回、仮想通貨ポリスでは誰も触れない「SIRコイン」の秘密、販売会社や運営会社について独自捜査を行いました。

SIRコイン、運営実態は日本の可能性

「SIRコイン(サーコイン)」について捜査を開始したところ、通貨の発行元と日本での販売代理店異なる企業であることが判明しました。

 

 

  • 発行元⇒SIGN IR PTE.LTD(シンガポールの企業)
  • 販売元⇒株式会社 Sir Project Partners

 

そして、両社ともに共通するのは、企業HPが存在しないという事。

 

 

ネット上でICOを行う企業のHPが存在しない時点で話になりませんが、捜査を続けていきます。

 

 

まずはこの2つの企業が事業を行っているのかを捜査すると、両社ともに2018年5月に設立された企業であることが判明。

 

 

シンガポールの企業がICOを行うために日本の企業に販売代行を依頼。その企業がたまたま同時期に設立された企業だった。偶然にしては出来過ぎています。

 

 

上記の状況から考えれば、発行元と販売代理店の2社は同一のグループであると考えるのが妥当でしょう。

 

 

そして、プロジェクトを行う場所を日本に選んだことを考えれば、運営実態はシンガポールではなく日本にある可能性が高くなります。

 

 

さらに言えば、販売代理店の「株式会社 Sir Project Partners 」については、設立からわずか2か月で2度の社名変更を行っています。

 

 

社名をコロコロと変更するような企業など信用に値しません。ましてや大事な販売代理店を任せるなど、繋がっていなければ確実にあり得ませんよ。

 

販売元は「Sir Project Partners」ではない

さらに「SIRコイン(サーコイン)」の販売代理店である「株式会社 Sir Project Partners 」について捜査を続けると、更なる疑惑が浮上します。

 

 

2017年より販売を開始している「ASECコイン」なる仮想通貨の販売会社と全く同じ住所を所在地と表記しているのです。

 

 

ASECコイン」といえば、公式サイトとホワイトペーパーが存在しないままプレセールを開始した問題の多いICO案件でした。

 

 

2018年現在はホワイトペーパーを後付けで公開するなど対応しているようですが、いまだ上場先の取引所が公開されないなど詐欺の疑いが強い仮想通貨となっています。

 

 

ただ、プレセールを開始したのが2017年1月と仮想通貨が最も盛り上がった年に販売を開始したことが功を奏し、比較的多くのホルダーがいるのではないかと想像できます。

 

 

そして、「ASECコイン」の販売で味を占めた業者が、新たなICOとして立ち上げたのが「SIRコイン」であり、シンガポール運営企業や販売代理店は名ばかりのダミー。

 

 

本当の運営はASECコインの販売元が行っている可能性が高くなります。

 

ズブズブの関係

「SIRコイン」の販売ページより購入の申し込みを行うと、購入資金の振込先として「ピースペイメントサービス」という企業が指定されます。

 

この収納代行業者についても捜査してみると、案の定、どの企業とも一致する「福岡市 中央区 舞鶴 二丁目4番13号 」住所が所在地として表記されています。

 

 

これらの情報から、仮想通貨ポリスでは

  • SIGN IR PTE.LTD(発行元)
  • 株式会社 Sir Project Partners(販売代理)
  • 株式会社 ASEC PROJECT PARTNERS.(ASECコイン)
  • 株式会社ピースペイメントサービス(収納代行業者)

 

上記の4社が99.9%同一のグループ会社であると判断いたします。

 

 

発行元の企業をシンガポールに置いた理由については、本当の運営者たちが仮想通貨交換業者の資格を有していないため、日本国内ではICOを行うことができないというところにあるのでしょう。

 

 

そもそも、本当に有望なICO案件なのであれば、代理店を介入させる必要がないのですから。

 

 

「SIRコイン」のICOで一番得するのは誰なのか…。少なくとも「SIRコイン」を購入する投資家ではないことは確かですよ。

 

 

現時点では全くオススメすることのできないグレーなICO案件だと判断します。

 

 

人気記事一覧

SIRコインの口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年1月15日

    カジノは間違いなくできると思いますよ。その点はご安心を。国もパチンコ撲滅を開始していますからね。ただSIRコインがどんな形で機能するのかは???です。もっと、例えばユニバーサルの会長なんかが絡んでくれば信用できるんですけどね。

  • 投稿者名:匿名2020年1月10日

    カジノできるの?
    本当に?
    これでカジノできなかったらどうするの?

  • 投稿者名:匿名2019年12月30日

    詐欺というには色々な状況証拠が弱すぎるかも知れませんが、このあとも時間稼ぎのような事しかやってくれないんじゃないでしょうかね。いつのまにか公式サイトが消えていて飛ぶなんてことも普通にあり得る話ですからね。むしろそれを織り込み済みで最初からプロジェクトを立てている可能性もあるので、はっきりと詐欺と確証がでていないものでもちょっと心配になります。

  • 投稿者名:匿名2019年12月17日

    SIRコイン、信じて待ってます。でも、まだまだ利益になるには時間がかかりそうですね。その間の時間がもったいないので、私は情報会社を用いて仮想通貨投資を行う事にしました。まだ始めたばかりですが経過は良好です。同じような人がいたら推奨したいですね、この方法。

  • 投稿者名:匿名2019年12月10日

    カジノIR事業関連で使える仮想通貨ということでしたけど、カジノIR事業自体があまり進展してないですよね。そもそもどこにできるのかも決まってないのに価値の上がるコインなんてあり得ないと思うんですよね。って、今更言っても遅いんですけどね。

  • 投稿者名:匿名2019年11月28日

    販売代行会社を挟んでるとは言え、金融庁の許可もなくこんな事をやっていいんでしょうか?
    いくらまともな仮想通貨だって言ったって、形式が不正では疑われてしまっても仕方ないと思います。

  • 投稿者名:匿名2019年11月21日

    ASECとこのSIRは一緒にして考えない方がいいかも知れませんよ?
    ASECは一応ASEC FRONTIERっていうところがやってるプロジェクトだからそれなりに説得力はあるけどSIRコインに関しては日本のカジノに絡んだ不確実なプロジェクトですし。
    それに2019年になって一度も新しい情報が入ってきていないという時点で動きのあるプロジェクトとは言えないですからね。

  • 投稿者名:匿名2019年11月9日

    日本カジノ学院の展開で2019年には30校開校(80憶円)、2020年には100校(300憶円)の実現はないですかね。9月末の上場もないので、約束通り買い戻しをしてくれるのか???投資したらお金は戻ってこない感じですかね。そもそも日本カジノ学院という学校が仮想通貨購入を煽ってよいのでしょうか。

  • 投稿者名:匿名2019年11月6日

    そのうち上場する
    そのうち価値がつく
    そんな話ばかりで嫌になりますね
    SIRコイン然り
    他の投資案件に関しても
    やっぱり確実なのは上場済の通貨に対して投資を行う事
    これしかありませんね

  • 投稿者名:匿名2019年10月21日

    SIRコインもそうなんですけどASECコインすら上場せずに時間ばっかりダラダラダラダラと…ASECコインなんて去年のうちに上場するって話だったと思うんですけどね。そういう事する会社の発行するコインですよ。先があるとは思えませんね…。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^