Takeshi Ito式資産形成術が危ない理由、わかりますか?

サービス名Takeshi Ito式資産形成術
販売業者BMG investment
代表者伊藤たけし
電話番号03-4405-4689
所在地東京都港区北青山2-7-20 INOSE-BUILDING2F
URLhttp://ipoico.top/magazine/

Takeshi Ito式資産形成術の口コミ、評判を調査

新仮想通貨Investor「伊藤たけし」が、まだ誰も入手していない仮想通貨におけるオフライン(雑誌やテレビ、ネットなどのメディアでは入手できない)で仕入れた貴重な仮想通貨の情報を提供し、貴方の資産形成・運用のお手伝いをするサービス。

まだ誰も入手していない貴重な仮想通貨の情報を持ち、その情報をサービスの一環として提供する事を目的とした仮想通貨助言サイト「Takeshi Ito式資産形成術」を提供する「BMG investments」が、とあるICOに絡んでいるとの情報を入手。

 

 

独自に調査を行った結果、アーティストの「GACKT」を起用した話題のICO「SPINDLE(スピンドル)」であることが判明。

 

 

主催する説明会にはGACKT本人を登壇させるなど、本気で販売を行っています。2018年2月をもって、日本国内でのプレセールを終了した「SPINDLE(スピンドル)」ですが、その後「BMG investments」から続報が配信は停止。

 

 

現在は新たなサービスを展開しており、そこで草コインへの投資を勧めています。怪しいサービスを次々と展開する気の企業、本当に使用できるのでしょうか?

 

 

そして、「SPINDLE(スピンドル)」は無事、上場するのでしょうか?その辺りも含めて調査を行っていきます。

 

話題の仮想通貨を独占公開します

Takeshi Ito式資産形成術のTOPページ

 

仮想通貨のみならず、不動産や株式投資、FXの情報配信までを行うというのが、今回調査を行った「Takeshi Ito式資産形成術」になります。

 

 

まずはサービスの提供者である「伊藤たけし」氏について、どの様な人物なのか確認します。「BMG INVESTMENTS 事務局」というグループに所属している男性。

 

 

法人情報を調査しましたが見つからないため、便宜上、グループと記載させて頂きます。「伊藤 たけし」についても情報を探ってみたものの、唯一見つかった情報といえばFacebookページくらいのものであり、そのページにも大した情報はなし。

 

伊藤たけしのプロフィール

現状で確認できる情報は商品ページに記載された根拠のない経歴のみであり、その他には貴重な仮想通貨情報の提供を行っているというサービス内容だけとなります。

 

 

これ以上「伊藤 たけし」のプロフィールを調査しても情報は見つからないと判断し、案内されているサービス内容についての調査を行っていきましょう。

伊藤たけしはGACKTの手下

「伊藤たけし」から大型ICO案件の情報を手に入れるには、SNSアプリである「LINE」の友達追加が必要になります。

 

 

アカウント名は「BMG INVESTEMENTS 事務局」となっており、「伊藤」が代表を務める企業となっていました。

 

伊藤たけしの所属会社BMG INVESTEMENTS

 

「伊藤たけし」から配信されたLINEを確認していくと、ミュージシャンである「GACKT」が本名で参画している事が話題となった仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の勧誘を行っていることが判明。

 

 

「伊藤たけし」はこの「SPINDLE(スピンドル)」のセミナーや説明会も主宰しており、そのセミナーでは「GACKT」本人もセミナーに登壇するなど、正規代理店として「SPINDLE(スピンドル)」の普及に尽力していた人物であるといえるでしょう。

 

 

ICOとしては「GACKT」の参加を発表したことにより大きな注目を集めたICO案件でしたが、日本でのプレセール終了と共にその話を聞くことも少なくなっています。公式テレグラムでは日々情報公開が行われていると言われておりますが、果たしてどうなる事やら。

 

 

個人的には金を積めば何でも上場可能な海外取引所に上場させるのではないかとみております。このまま「SPINDLE(スピンドル)」が頓挫してしまうと、「GACKT」の芸能人としての生命に関わりますからね。

 

 

現状、日本の法律では国内取引所に上場させることの出来ない“違法な仮想通貨”となりますから、購入された方々は何処に上場されるのか戦々恐々としているのではないでしょうか?「SPINDLE(スピンドル)」の日本プレセール終了後には新たな商材を販売しているとの情報もある為、調査を続けましょう。

 

「次は草コインでデイトレだ」

「伊藤たけし」が新たに提供を開始したサービスは「仮想通貨デイトレ」というサービス。仮想通貨の市場には価格を操作できるような大きな資金を投入する大口投資家や機関投資家と呼ばれる方々が存在します。1つの銘柄に何千、何億と資金を投下できる投資家の事ですね。

 

 

彼らが資金を投入する通貨に相乗りすることで、必然的に利益を出すことが出来ると「伊藤たけし」は語っています。

 

 

実際、日々のトレードで利益を上げ続けている大口投資家は存在しますが、なぜその情報に相乗りすることが出来るのでしょうか?サービスの紹介をする動画内では

 

伊藤たけしの出演動画

業界の繋がりから仕入れた情報だそうです。「仕手」や「インサイダー」と呼ばれる情報を入手できる環境にいると語る「伊藤たけし」。

 

 

仮想通貨界隈で彼の名前など聞いたことがありませんから、大口の資金投入が入る情報を入手しているというのは非常に怪しい話だと思われます。

 

 

その後、LINEにてデイトレに参加する際の注意事項が配信されたのですが、この内容がなんともおかしく、非常に不自然な内容となっているため、ご紹介します。

 

伊藤たけしからのLINE

 

事前に草コインを購入する予定金額を伝えなければいけません。何故このような手間を掛けているのか、ここからは筆者の予想になりますが、参加者全員に草コインの購入を指示を同時に行います。それにより、突如としてその通貨が買われることになります。

 

 

当然、買いが殺到するのですから価格は必然的に上昇します。もしかすると、草コインの価格を上げているのは大口の投資家ではなく、情報を受け取った利用者という可能性もあるのでは?

 

 

そのため、事前に買われるであろう金額を把握しておく必要があり、利用者達には事前に購入予定額を伝えなければ参加できない決まりに。この情報を利用者に流すことで一番得をするは誰なのか。筆者には「伊藤たけし」が価格の上がったところで売却するための作戦にしか見えませんが、あくまで仮説です。

 

まとめ

・ICOの代理店として活動していた企業

・「伊藤たけし」の経歴は真偽不明

・草コインに資金を集めようとしている

 

悪質なサービスを提供しているという証拠を発見することは出来ませんでした。

 

 

現在提供しているサービスでは今後も仮想通貨のICOに関する投資案件を紹介していくと話していますので、新たなICOの代理店として活動を再開することが予想できます。

 

 

現在はスピンドルの件をもう忘れたのか、「伊藤たけし」から続報などは届いていません。売れればオッケー、そんなところでしょう

 

▶仮想通貨助言サイトの一覧に戻る

人気記事一覧

Takeshi Ito式資産形成術の口コミ

  • 投稿者名:匿名2018年5月1日

    じゃ逮捕されるとかはないんですか?

  • 投稿者名:ハイビスカス江2018年4月30日

    詐欺師って言うか、たぶん罪の意識がないだけかと。別に紹介した案件がこけても自分はいたくも痒くもないだろうし、自分は紹介していくらか貰ってるんでしょ。対岸の火事、オレオレ詐欺の犯人が、顔が見えないから罪悪感感じないみたいなのと一緒。

  • 投稿者名:匿名2018年4月30日

    この人は詐欺師ですか?

  • 投稿者名:匿名2018年4月11日

    事前に購入金額を聞くって嵌め込みじゃん。こんなの、買った人いるの?

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^