Tessline(テスライン)は「時代遅れの日本人だけ」が投資している

サービス名テスライン(TESSLINE)
販売会社TESSLINE LIMITED
運営責任者IAIN CAMERON
電話番号+353 1 443 3309
所在地Block B, The Cresent Building, Northwood, Santry, Santry Demesne, Dublin, D09 C6X8
URLhttps://tessline.com

Tessline(テスライン)が危険な3つの理由を解説

2019年1月に日本上陸を果たしたHYIPである「Tessline(テスライン)」を捜査したところ、運営会社に数々の不審点が発覚。

 

 

実は海外では既にスキャムと言われていた件など、「Tessline(テスライン)」の安全性について詳しく捜査を行いました。

海外では「Tessline=スキャム」と認識されている

アイルランド発のHYIP案件として2019年1月に日本上陸を果たした「Tessline(テスライン)」ですが、日本に上陸する前に海外でどのような評価を受けていたのか捜査しました。

 

 

確認を行ったのは複数HYIPの海外レビューサイトで、そのサイトでは既に「Tessline(テスライン)」はスキャムであるという評価を下しているサイトがほとんどの状況でした。

 

 

このサイトだけでなく多くのサイトにてこのようなレビューが確認できます。

 

 

海外では既に出金できないという事態も発生しているらしく、配当を支払う事が困難に陥っているのではないかと思われます。

 

 

そこで今回目を付けたのが日本への参入だったのでしょう。

 

 

日本人の大半は英語での情報収集など行わないでしょうから、既に世界中ではスタンダードとなった「Tessline=スキャム」の印象を全く持っていないはずだと。

 

 

日本語で調べても報酬目当てのマルチ業者がこぞってTesslineをべた褒めしているサイトばかりが見つかるため、日本への上陸を許してしまったというのが今回のストーリーでしょう。

 

無意味な開示情報

「Tessline(テスライン)」をべた褒めするサイトの中には、運営会社が情報を開示しており、確認できることも信頼性に繋がっているような記載をしているあります。

 

このサイトでは資本金が5億円あることや、提携先に大企業があるなどを紹介しています。

 

 

この他にも運営企業の情報が公開されており、捜査を進めていると不自然な点を発見

 

 

発見したのはアイルランドのバーチャルオフィスを紹介するサイトで、「Tessline(テスライン)」の公開している所在地と一致しています。

 

 

どうやら運営会社はバーチャルオフィスを所在地として登記していた模様です。

 

 

5億ユーロもの資本金を持つ企業がバーチャルオフィスに本社を構えていると?

 

 

どう考えても不自然でしょう。

 

 

それに、運営者として公表されている5名の男性たちについて捜査してみるものの、全員がビジネスSNS「linkedin」に登録していないため、経歴等は確認ができない状態です。

 

 

日本ではあまり馴染みのないSNSですが、海外では既に4億人を超えるビジネスパーソンが利用しているSNSサービスです。

 

 

「Tessline(テスライン)」が本当にグローバル展開を行っている企業なのであれば、CEOを含めた幹部5人が誰も利用してないというのは不自然ですね。

 

 

・所在地がバーチャルオフィスという点

・運営陣の素性が知れないという点

・海外のレビューサイトではスキャムだと判断されているという点

 

 

上記を考えると、ポンジスキームによる運営資金が底をつきそうなため、まだ悪評が広まっていない日本人をターゲットにし始めたと考えるのが妥当でしょう。

 

 

現時点で「Tessline(テスライン)」危険極まりない詐欺案件だと判断せざるを得ませんよ。

 

 

もし、本気で仮想通貨を使って稼ぎたいのであれば、直近で「レイヴンコイン(RVN)」で6.3倍、「アーク(ARK)」で2.3倍という価格予想を的中させた情報サイト「KKC(国際仮想通貨センター)」の利用をオススメします。

 

 

管理人自身も1800万円ほどの利益を出している優良情報サイトになります。無料の情報配信なども行っていますので、ご興味のある方は覗いてみるといいでしょう。

 

 

# 「KKC(国際仮想通貨センター)」の捜査レポはコチラからどうぞ▶▶

 

 

「Tessline(テスライン)」のまとめ

・海外では既にスキャム認定を受けている

・運営会社がバーチャルオフィス

・幹部の経歴が不明

 

 

人気記事一覧

テスライン(TESSLINE)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年8月18日

    インターネットでどこを見てもテスラインは詐欺だって話しか出てこないですね。もうアービトラージで配当という話には乗らないようにします・・

  • 投稿者名:匿名2019年8月17日

    テスラインに1BTC突っ込んじゃった。中華系のHYIPよりは信用できそうと思ったけど、どの中華系よりも早く飛んでくれてがっかりしたよ。あのままBTCとして持っていたら何もしなくても4倍になってた。

  • 投稿者名:匿名2019年8月17日

    運営側はアービトラージの限界やら矛盾やらは気にしてないでしょ。よくわかってない人らが詐欺の対象なんだから。

  • 投稿者名:匿名2019年8月16日

    本音を言うと騙される方も騙される方だと思う。テスラインが謳ってるアービトラージってどういうものかちゃんと調べてから入金したか?色々な取引所を比較してみれば月利6%から20%なんて物理的に不可能なんて事はすぐわかるはず。もちろん騙そうとする側が完全に「悪」なのは間違いないけどね。

  • 投稿者名:匿名2019年8月14日

    テスラインの仕組みとして使われているアービトラージですが、これには限界がありますから、資金を際限なく集めているという事自体、おかしな話なんです。恐らくそういうところで話が破綻しているというのを運営側は気づいていないんでしょうね。もしくはわかっててやってるのか。どちらにしろ出資者を騙すという事が念頭に置かれているというのは間違いの無い事でしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年8月13日

    9月に復帰するという話も出ていますが、実際のところどうなんでしょうね。まあ、もう色々と情報を仕入れてる段階で預け入れているお金の引き出しは難しそうなので諦めていますけどね。あまり過度に期待して待っていても精神的にダメージを受けるだけなので。

  • 投稿者名:匿名2019年8月13日

    テスラインはもう終わったよ。だって新しい情報は何もないし、twitterもBOTしかいないじゃないか。結局こういうのは全部詐欺なんだよ。

  • 投稿者名:匿名2019年8月12日

    俺にテスラインを勧めてたやつがテスラインが飛んだ途端別の案件を勧めるようになって本当に頭にくる。SNSで勧誘してくるやつには絶対手を出さないほうがいい。

  • 投稿者名:匿名2019年8月11日

    テスラインは以前話を聞いてみたけど、提示されていた利率が通常ではありえない数値だったのと、MLMだったから見送った。大正解。

  • 投稿者名:匿名2019年8月10日

    9月に復活するって1か月前に発表されてたみたいですが、この件に詳しい人いませんか?続報が出てないか調べたのですが全くなくて、どうなるのかわからなくて不安です。…あまり期待しないほうがいいのはわかってますが…

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^