Tessline(テスライン)は「時代遅れの日本人だけ」が投資している

サービス名 テスライン(TESSLINE)
販売会社 TESSLINE LIMITED
運営責任者 IAIN CAMERON
電話番号 +353 1 443 3309
所在地 Block B, The Cresent Building, Northwood, Santry, Santry Demesne, Dublin, D09 C6X8
URL https://tessline.com

Tessline(テスライン)が危険な3つの理由を解説

2019年1月に日本上陸を果たしたHYIPである「Tessline(テスライン)」を捜査したところ、運営会社に数々の不審点が発覚。

 

 

実は海外では既にスキャムと言われていた件など、「Tessline(テスライン)」の安全性について詳しく捜査を行いました。

海外では「Tessline=スキャム」と認識されている

アイルランド発のHYIP案件として2019年1月に日本上陸を果たした「Tessline(テスライン)」ですが、日本に上陸する前に海外でどのような評価を受けていたのか捜査しました。

 

 

確認を行ったのは複数HYIPの海外レビューサイトで、そのサイトでは既に「Tessline(テスライン)」はスキャムであるという評価を下しているサイトがほとんどの状況でした。

 

 

このサイトだけでなく多くのサイトにてこのようなレビューが確認できます。

 

 

海外では既に出金できないという事態も発生しているらしく、配当を支払う事が困難に陥っているのではないかと思われます。

 

 

そこで今回目を付けたのが日本への参入だったのでしょう。

 

 

日本人の大半は英語での情報収集など行わないでしょうから、既に世界中ではスタンダードとなった「Tessline=スキャム」の印象を全く持っていないはずだと。

 

 

日本語で調べても報酬目当てのマルチ業者がこぞってTesslineをべた褒めしているサイトばかりが見つかるため、日本への上陸を許してしまったというのが今回のストーリーでしょう。

 

無意味な開示情報

「Tessline(テスライン)」をべた褒めするサイトの中には、運営会社が情報を開示しており、確認できることも信頼性に繋がっているような記載をしているあります。

 

このサイトでは資本金が5億円あることや、提携先に大企業があるなどを紹介しています。

 

 

この他にも運営企業の情報が公開されており、捜査を進めていると不自然な点を発見

 

 

発見したのはアイルランドのバーチャルオフィスを紹介するサイトで、「Tessline(テスライン)」の公開している所在地と一致しています。

 

 

どうやら運営会社はバーチャルオフィスを所在地として登記していた模様です。

 

 

5億ユーロもの資本金を持つ企業がバーチャルオフィスに本社を構えていると?

 

 

どう考えても不自然でしょう。

 

 

それに、運営者として公表されている5名の男性たちについて捜査してみるものの、全員がビジネスSNS「linkedin」に登録していないため、経歴等は確認ができない状態です。

 

 

日本ではあまり馴染みのないSNSですが、海外では既に4億人を超えるビジネスパーソンが利用しているSNSサービスです。

 

 

「Tessline(テスライン)」が本当にグローバル展開を行っている企業なのであれば、CEOを含めた幹部5人が誰も利用してないというのは不自然ですね。

 

 

・所在地がバーチャルオフィスという点

・運営陣の素性が知れないという点

・海外のレビューサイトではスキャムだと判断されているという点

 

 

上記を考えると、ポンジスキームによる運営資金が底をつきそうなため、まだ悪評が広まっていない日本人をターゲットにし始めたと考えるのが妥当でしょう。

 

 

現時点で「Tessline(テスライン)」危険極まりない詐欺案件だと判断せざるを得ませんよ。

 

「Tessline(テスライン)」のまとめ

・海外では既にスキャム認定を受けている

・運営会社がバーチャルオフィス

・幹部の経歴が不明

 

 

人気記事一覧

テスライン(TESSLINE)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年4月19日

    国際電話かけてみましたけど繋がりませんねー。
    電話で確認取れたら考えてみてもいいんですけどねー。

  • 投稿者名:千寿2019年4月18日

    テスラインはスキャムという事は少しでも調べればわかる事だから騙される人はいないと思うんですよね。
    仮想通貨ポリスもこうして警告してくれますし、わかりやすいですよね。
    ちなみに仮想通貨ポリスが勧めてくれてる案件ってどうなんですかね?
    本当に儲かるのかな?

  • 投稿者名:匿名2019年4月18日

    linkedinを使ってるか使ってないかはどうでも良いとしても、バーチャルオフィスを所在地にしてるってねえ。バーチャルオフィス自体も勿論いいんですよ?色々な理由がありますからね。ただそれだけの資産があるのにバーチャルオフィスというのはねえ。

  • 投稿者名:匿名2019年4月17日

    英語のわかる俺からしたらテスラインなんかに投資するのはおろかすぎる。
    今は間違いのない情報サイトを使って上場済の通貨に投資するのが一番だからね。

  • 投稿者名:匿名2019年4月16日

    海外の詐欺案件が日本に上陸しただけでこの騒ぎなんだから日本人を騙すのは楽でいいねー(笑)
    英語になっちゃうと急に頭に入ってこなくなっちゃうもんだからスキャムだって書いてあるのに認識できずに日本語で書かれた儲け話だけを真に受けてやっちゃうんだからねー(笑)
    俺もスキャムやろうかなー(笑)
    こんなのにひっかかる人がいるなら俺の方がもっとうまくできそうだぜ(笑)

  • 投稿者名:三海2019年4月16日

    テスラインで利益が出てるとか増えてるとかいうツイートを読んだので調べてこちらにたどり着きましたが、やはり詐欺だったのですね。結局は誰かを紹介してその紹介者がお金を落とさないと報酬は微々たるもの。海外では詐欺として十分に認知されるまでになったけど、まだ認知されていない日本に舞台を移してポンジスキームを行っているという事みたいですね。出金が出来たと言って喜んでる人いますけど、ポンジスキームに加担してるだけという事を認識した方がいいですよ。少額出金させて、更なる投資金を集めるのがポンジスキームの手法ですからね。

  • 投稿者名:匿名2019年4月15日

    テスライン、怪しいなとは思ってたけど既に海外でスキャム扱いされてるのか。それなら逆に安心だな。

  • 投稿者名:匿名2019年4月12日

    「海外でスキャム認定」この情報があるだけで大分これに騙される人は少なくなるだろう。日本人は良くも悪くも外国人の意見に左右される人種だからな。

  • 投稿者名:匿名2019年4月12日

    確かに5億ユーロも持ってる会社がわざわざバーチャルオフィスを借りるなんておかしな話ですね。税金対策のためにもそれなりのところにオフィスを構えていないとビジネスとしてはおかしいですもんね。ボードメンバーとして出ている人達も若干合成感が漂っているというか、フリー素材感が漂っているというか。まあ外国人の方が無地背景に写ってたらなんでもかんでもそう見えてしまうのかも知れませんが。かなり胡散臭い事には間違いないでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年4月11日

    低額から始められる事を売りにしてるみたいですね。
    他のハイプ案件は高額だからきっとその差別化をしてるんでしょう。
    というより、もう高額な物には誰も投資しなくなったんでしょうね。
    だから低い金額を設定したんだと思います。
    一言で言うとスキャムです。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^