TLCコインの最新情報、上場タイミングを察知する方法を伝授

通貨名トゥルーライフコイン(TLC)
通貨コードTLC
発行元クラブスパークル
BCプラットフォームTLCブロックチェーン
総発行枚数20億枚
公式URLhttp://www.truelifecoin.com/

TLCコインが上場発表、最新情報を更新

消費者相談センターなどの被害相談事例としても紹介されている仮想通貨「TLCコイン(トゥルーライフコイン)」。
 
 
2021年現在も上場しておらず、一部では詐欺コインではないかと指摘され続けています。
 
 
・公表された上場先となりそうな取引所
・会長、社長が破産していた件
・販売終了した件
 
 
などのTLCコインの最新情報から、本当にTLCコインが詐欺なのか?仮想通貨ポリスが捜査してきました。
 

【3月19日更新】TLCコインの配布先が決定

2021年3月中の上場に先立ち、購入者へTLCコインの配布が行われるウォレット名が公表されました。
 
 
TLCコインの配布先がMEW(マイイーサウォレット)に決定
(引用元:@ayashii_hantai)
 
 
運営陣の公式発表によると、配布先はMEW(マイイーサウォレット)に決定した模様。
 
 
MEWはイーサリアムのブロックチェーンを元にして作られたコイン「通称:ERCトークン」が保管できるウォレットとなるため、もしかするとTLCコインはイーサリアムベースの仮想通貨ではないか?という憶測が飛び交っている模様。
 
 
TLCコインは独自チェーンで発行されると言われていたため、購入者からは不安の声があがっているんですね。
 
 
仮にTLCコインがERCトークンとして発行された場合、配布された時点でDEX取引所と呼ばれる場所での売買が可能となります。
 
 
また、「イーサスキャン」というwebサイトでは全てERCトークンを検索できるので、TLCが本当に発行されたのかスグに確認することが出来ます
 
 
TLCコインの検索方法
 
 
発行されたことをいち早く察知することが出来るので、TLCコインの最新動向を知りたい方は定期的に調べてみるといいでしょう。
 
 
発行された後はどこに送金されているのか?などの送金履歴も確認することが可能になるので、上手く使ってみてください。
 
 
TLCコインへの投資に不安を感じている方は、投資相談や仮想通貨の運用相談なども行う情報サイトがあるので活用してみると良いでしょう。
 
 

【更新履歴】タップで開閉

【2021年2月2日】TLCの販売が1月末で終了した

TLCコインの勧誘を積極的に行ってきた
 
アシュラロックハート
おくむら
 
2名のツイートより、1月末でTLCコインの販売が終了したことが確認できました。
 
 
▼該当のツイート
TLCコインが販売終了
 
販売終了後の動きとしては、TLCコインを専用ウォレットに移管、その後2021年3月末を目安に国外取引所へと上場という運びになる模様です。
 
 
ようやく上場の目途が立ったみたいで安心しました。
 
 
海外の取引所についてはどんなに怪しいコインだろうと金を払えば上場させてくれる場所も存在するので、その辺りの取引所へと上場するのではないでしょうか。
 
具体的には…
・Biki
・ホワイトビット
・コインズビット
・コインニール
 
この辺りでしょうか。
 
 
あくまで上場できそうな取引所を上げただけなので確定ではありません。
 
 
上場にこぎつけるまでに6年もかかるとは・・・。普通にビットコイン(BTC)買っていれば100倍くらいになってるんですけどね(笑)
 
 
2021年に入っても仮想通貨業界はバブルといわれるほどに良い相場状況ですから、TLCコイン以外にも投資してみると面白いと思いますよ。

【2020年7月】TLCコインが5年越しの上場か

Facebookの情報によると、TLCコインは2020年度の第4四半期(2021年の1月~3月)に海外の取引所へと上場すると発表された模様です。
 
TLCコインの上場発表
 
詳しい取引所名などは公表されていませんが、TLCコインに進展があったと見て良いでしょう。
 
 
懸念点としては、TLCコインは上場すると公表しておきながらこれまでに何度も延期という措置を取っています。
 
 
今回の上場発表についても延期となる可能性は十分に考えられますので、現時点での購入はやはりおすすめ出来ません
 
 
ちなみに、TLCコインの勧誘を行う人物が「国内上場へ向けて金融庁とも話し合いをしている」と話しているそうですが、有志による調査の結果、ウソだったことも判明しています。


 
 
TLCコインは勧誘者による虚偽情報がかなり目立つので、間違った情報で判断しないよう注意しましょう。

【2021年1月】TLCコインの会長、社長が破産申請

TLCコインの発行元である「クラブスパークル」の会長、社長共に、米国にて破産申請を行っていたことが判明。
 
 


 
 
保有していた不動産は差し押さえられ、負債は約2億円に上るとのこと。
 
 
サイパン王族の末裔や大富豪だともてはやされただけに、非常にショックな出来事といえます。
 
 
トップが稼げていないマルチに未来があるとは思えないのが正直な所。
 
 
2016年から販売を始め早4年、2020年1月現在も取引所への上場は叶っていません。
 
 
TLCが今後どうなっていくのか?情報を追い続けていきたいと思います。
 
 

【2018年3月】ホリエモンがTLCコインを「詐欺」と判断

ホリエモンにTLCコインの営業を仕掛けた強者が現れたようで、ホリエモンが「典型的な詐欺師」と酷評した模様です。
 
 


 
 
営業メールには
・サトシナカモトが開発してる
・レディー・ガガも購入予定
 
 
といった嘘八百を書き連ねていたとか。
 
 
典型的ともいえる悪質な勧誘になるので、このような情報に騙されることの無い様に注意してください。
 
 

 
 

TLCコイン(トゥルーライフコイン)とは

次世代のビットコインとなるべくして作成されたらしい仮想通貨。
 
 
TLCコインの仕様を解説する資料(ホワイトペーパー)が公表されておらず、2021年現在も何のブロックチェーンを使用してるのかさえ分からない状態に。
 
 
2020年6月には唯一TLCコインの仕様説明をしていた公式サイトの解説文を削除、修正される事件が発生しました。
 

TLCコインの仕様解説文について
引用元:@ayashii_hantai
 
既に作成さているはずのTLCコインの解説文が何の告知もなく修正されてしまったらしい。
 
 
仮想通貨としてあってはならない事ですが、このような事が日常茶飯事で起きる仮想通貨として、一部で話題となっています。
 
 
もちろんですが、投資はお勧めできません。
 

TLCコインでマルチ商法

 

 

上記がネットワークビジネスの構図になります。今回の「トゥルーライフコイン(TLC)」を管理しているのは「スパークル株式会社」という企業になります。

 

 

管理しているといいますのも、TLCは誰でも仮想通貨業界に参加することが可能なるシステムだそうで、TLCトークンで様々な製品やサービスと交換することを目的として発行されているらしい。

 

 

公式ページを読んで行くと、単なる仮想通貨ではなくTLCかスパークルの商品を紹介することで55%の紹介報酬を受け取ることが出来るプログラムが設定されています。

 

 

これはMLM(マルチレベルマーケティング)と呼ばれる手法であり、馴染みのある呼び方をするとマルチ商法と呼ばれるものになります。

 

 

TLCに至ってはホワイトペーパー(事業計画書や仕様書)が公開されておらず、本当に仮想通貨なのか疑わしいところではありますが、TLC側はビットコイン(BTC)を取り扱う全ての取引所で使用できるようにしたいと公式サイトには記載されていました。

 

 

「言うは易く行うは難し」と言いますから、早く行動に移して欲しいものです。

 

TLCはすでに被害者も…

実際にTLCに参加した方のTwitterアカウントを発見いたしました。

 

ネットワークビジネスの闇を垣間見た気がします。わざわざTwitterアカウントを作成してまで勧誘しなければならない程に厳しいノルマが敷かれているのでしょうか?

 

 

ノルマについては紹介者との取り決めによるところだと思われますが、このような被害者を出してしまう可能性のあるビジネスモデルであるという事は間違いないでしょう。

 

 

法的には認められているとはいえ、倫理的にはアウトでしょう…。誰かが損をしたお金で得をする仕組みに一体何の意味があるのでしょうか。

 

 

最終的にこの方は消費者センターに駆け込み相談することにした様子。この方が救われている事を心から願うばかりです。

 

 

ちなみにこの方にTLCを紹介したという「先輩」なる人物については、インフルエンザに罹ったという連絡を最後に音信不通となったそうです。ただ、「先輩」呼ばれるだけありご両親とは連絡が取れる状況にあるようなので安心ですね。

 

 

話は変わって、最近はSNSに大金の写真や高級料理の写真などを掲載し、稼いでいる事をアピールする方が非常に多くなっております。

 

 

筆者が数分確認しただけでも相当数のアカウントが以下のようなツイートを繰り返して謎のビジネスへの勧誘を行っています。

  • 何もせずにお金がはいる
  • 人生が180度変わります
  • 怪しいビジネス展開中

 

このようなアカウントの9割は稼ぐことなど出来ていません。大抵が今回のTLCのようなマルチ商法による商品を紹介しており、その報酬を受け取るために自身が稼いでいる事を演出しているだけ。

 

 

ここまで分かり易いと騙される方はいないと思いますが、ご注意下さい

 
 
最近はこう言った怪しい投資案件が増えていることが非常に残念で仕方がありません。
 
 
なお、仮想通貨業界には「TLC」のような案件ばかりではなく、管理人が捜査した上で稼げる可能性が高いと判断した案件もございます。
 
 
ご興味があれば、捜査レポートをお読みいただければと思います。
 
 


 

TLCの上場するする詐欺

Twitterアカウントの他にもTLCに投資しているという投資家(ネットワーカー)達が個人ブログを公開しており、それらのブログでは「TLCは上場間近」であると言われています。

 

 

2016年頃から上場すると言われていたようですが、2018年現在も仮想通貨取引所には上場する気配がありません

 

 

筆者が調べた限り、2018年は既に2度ほど上場するという情報が流れており、どちらもデマカセであったことが判明しております。

 

 

そもそも、仮想通貨を新たに発行する業者には仮想通貨交換業者としての登録が必要になります。ネットワークビジネスを行う企業が発行したホワイトペーパーも存在しない仮想通貨に金融庁が許可を出すはずがありませんので、上場出来ないものと筆者は見ています。

 

 

今後もし、金融庁がICOについて独自の規制を設ける事で取引業者とICOが法的に区別されるなどの法整備が行われることになれば、上場の可能性も出てくるのではないでしょうか?現時点では投資すべきではない仮想通貨であると判断します。

 

トゥルーライフコインのまとめ

・中身はマルチ商法
・紹介を強要される事案も発生
・いつも上場する情報が流れている
・結果的に情報しない

 

人気記事一覧

トゥルーライフコイン(TLC)の口コミ

  • 投稿者名:最新情報です。2021年3月31日

    本社会議に出席したリーダーさんから見せてもらったノートの内容みたいです

    TLCはバハマとカナダで上場
    上場したらTLC自体をアメリカのIT企業が買収(富裕層企業が予約済み)
    そのままTLCとしてアメリカの企業の企業内トークンと企業内ブロックチェーンして使用
    TLCメンバーは一応は利益にはなり現金化できる

    現金化後はどの仮想通貨を買っても買わなくても個人の自由

    RYOはシンガポールの取引所で上場らしくシンガポールドルで買える 

    これが最新の守秘義務の内容みたいです

  • 投稿者名:匿名2021年3月28日

    TLCコインの3月末上場は延期となりました。現在上場予定は2021年夏となっております。ご迷惑をおかけします。

  • 投稿者名:匿名2021年3月26日

    阿修羅が首吊ったところで誰も悲しんでない。俺達はTLCを信じて突き進むだけ。

  • 投稿者名:匿名2021年3月26日

    リーダーの阿修羅が首吊り

  • 投稿者名:匿名2021年3月23日

    TLCコイン被害者の皆様。クラブスパークルが数々の嘘を認め全額ではありませんが約80万円の返金に応じました。噂に聞いていた返金されたことを口外したら100万円を支払うというふざけた書類を出してきたのでとりあえず対応しました。もちろん払いません。私は一応半分以上は回収できたので良いですがまだ電話すらしていない被害者の方がいらっしゃると思います。お金を返してほしい人は頑張ってみてください。

  • 投稿者名:匿名2021年3月19日

    阿修羅は死にました。これからは加藤として生きていくので俺に責任はありません。

  • 投稿者名:クラブスパークル会員2021年3月17日

    TLCコインはただのイーサリアムトークンでした。完全な独立ブロックチェーンだから価値があるというのは嘘で、完全な詐欺でした。
    この嘘がバレるから最後になるまで配らなかったんですね。
    こんなゴミいりません。
    しかもウォレット移行作業をしたら、会社に一切の責任はなくなりますと書いています。移行したらそれで責任放棄されて終わりです。

  • 投稿者名:あ2021年3月16日

    阿修羅自殺…しかも首吊り

  • 投稿者名:匿名2021年3月16日

    阿修羅ツイートしてるじゃんかよ

  • 投稿者名:匿名2021年3月16日

    TLCウォレットは中止になりましたがイーサリアムで400円あげます。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^