VRBウォレット

サービス名VRBウォレット
運営会社VRBコーポレーション
会社所在地アメリカ合衆国
運営責任者不明

VRBウォレットの真実に迫る

話題の配当型ウォレット「VRBウォレット」について捜査を開始。

 

 

・米国の大手銀行が出資をする子会社

・米国でデジタル通貨としてライセンス認証

 

などの情報が公開されており、それを信じた方々がVRBウォレットへの投資を行っているようです。

 

 

果たしてこれらの情報は真実なのか?仮想仮想通貨ポリスが捜査していきます。

「偽装だらけ」の公式サイト

某アフィリエイターやTwitterなどで話題の「VRBウォレット」。

 

 

米国のコメリカ銀行が100%出資の子会社であるなどの不確定情報から、比較的健全なHYIPであるという評判を見かけます。

 

 

まず目を通したのは公式サイトホワイトペーパーなど、運営側より公式に提供されている文章です。

 

VRBウォレットの公式サイト

 

一通り確認してみましたが、どこにもネット上で噂されている…

 

コメリカ銀行の子会社である事

米国でデジタル資産のライセンスを取得している事

 

などの情報は記載されておらず、真偽の確認は取れませんでした。何やら不自然な状態ですね。

 

 

これらの情報の真偽を捜査するため、私が入手したのは「VRBウォレット」の勧誘を行う際に使われてるのであろう宣伝用のPDFファイルです。

 

VRBウォレットに関する文書一覧

 

このPDFファイル内には運営者だとされるコメリカ銀行のOBの写真やライセンス証書などが掲載されており、確かに一見すると本物のように見えてしまいます。

 

 

という事でまずはコメリカ銀行の子会社であるという事が事実なのか?確認するためにコメリカ銀行のホームページを確認します。

 

 

会社概要から子会社というページがすぐに見つかり、そこにはコメリカ銀行を含むコメリカ社が提供するサービスや子会社が一覧で紹介されておりました。

 

VRBウォレットの親会社らしいコメリカ銀行のサイト

 

ですが、そこには「VRB」の文字は確認できず、子会社としてホームページでは紹介されていない模様です。

 

 

この状況ですと、アフィリエイターが勝手につけたウソの設定という事も考えられるでしょう。

 

 

信用に値する情報が見つかることはありませんでした。

 

 

VRBウォレットの偽造文書を発見した

その他にも「VRBウォレット」の宣伝用PDFには、米国のデジタル通貨運用ライセンスを取得しているという文書が掲載されています。

 

この文章を拡大してみると、ライセンス取得時に発行されるであろう管理番号のようなものが確認できます。

 

VRBウォレットのライセンス番号

 

この管理番号は米国の財務局が管轄する金融犯罪執行ネットワーク(通称:FinCEN)のMSBに登録を行ったというもの。

 

 

このライセンスについてはネット上で確認することが可能なため、すぐに確認を行います。

 

 

検索サイトにて文書に表記されていた「31000088485274」という番号を入力してみると…

 

VRBのライセンス検索結果

 

検索結果はデータが存在しないというものでした。

 

 

どうやら、掲載されている文章は偽造されたものだったようです。

 

 

この文書やライセンス取得が公式サイトに記載されていない要因は、ライセンスを取得していないからという事ですね。

 

 

ここまでの捜査でネット上で「VRBウォレット」が信用に値する配当型ウォレットだとされる2つの情報が真っ赤なウソであったことを突き止めることが出来ました。

 

一連の犯行はVRB運営側による指示なのか?

この状況で注意したいのは、アフィリエイターが文書を偽装した勧誘用のファイルを作成しているという点です。

 

 

運営側としては公式に発表している情報ではありませんから、アフィリエイターが勝手にやった事といってしまえばそれまでなのです。

 

 

ですが、作成されたPDFファイルを見る限りでは、明らかに内部の人間と深いつながりを持っていなければ作成できないような情報がふんだんに盛り込まれています。

 

 

私、仮想通貨ポリスの見解としては、VRBウォレットの運営側がアフィリエイターが作成したかのように見せるために仕掛けたものだと考えております。

 

 

あくまで憶測の域を出ませんが、偽造文章や虚偽の情報で勧誘が行われている「VRBウォレット」に関しては、投資すべきでない配当型ウォレットだと判断します。

 

人気記事一覧

VRBウォレットの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年9月19日

    まーた新しいウォレット型の配当案件ってか。こりないねえ。
    どこに需要があるのかわからないんだが、みんな仮想通貨ポリスが儲けてる方法は知らないのか?

  • 投稿者名:匿名2019年9月19日

    ここまで何一つ信用できない詐欺も珍しい(笑)

  • 投稿者名:匿名2019年9月18日

    文書を偽造してる時点で騙そうとする気満々だからポンジの可能性は限りなく高いだろうね。偽造する理由ってそれしかないもの。

  • 投稿者名:匿名2019年9月18日

    基本的に何か一つでも偽造してるような案件、特に今はやりの配当型投資案件に関しては避けて通った方が良いよ。VRBウォレットなんて偽造の塊じゃん。某インフルエンサーから直接推奨されたけど、精査してみたら明らかにおかしな点いくつも出てきた。かと思えば仮想通貨ポリスに検挙されて、これはもう確定でしょ。

  • 投稿者名:匿名2019年9月17日

    ライセンス文書の画像を見て信用できるなと思い投資したのですが、まさか偽造だったなんて。公文書偽造等の罪に問われたりはしないのでしょうか?ライセンスの時点で偽物で、そういう嘘をついているのならもう、最初からのこのスキームはポンジだったということでしょうか?

  • 投稿者名:匿名2019年9月16日

    これまで幾度となく見てきた仮想通貨ウォレット詐欺と何も変わらない内容です。どうせこれも途中まで調子良くて途中でいきなり飛ぶのでしょう。

  • 投稿者名:匿名2019年9月15日

    まず第一に考えるべきとこは万が一VRBウォレットが飛んだ時に追跡できるかどうか。じゃないと飛ばれたらその時点でどうにもできないもの。だから所在地も運営責任者も明かしてないVRBウォレットはやってはいけない案件。

  • 投稿者名:匿名さん2019年9月15日

    世の中、ヒカリと闇の戦いだね!
    VRB大きな闇がまたしてもきたね!
    クワバラクワバラ!

  • 投稿者名:匿名2019年9月14日

    まさかとは思うけど今更こんな詐欺に遭うやつなんていないよな?おおよそ50万円以上預けてたら月に15~25%の配当って。ただ預けてるだけで毎月7万~12万くらいの利益が出るなんて話が本気であり得るとは思わないよな?

  • 投稿者名:匿名2019年9月13日

    ウォレット系配当型案件の中でもまだ運営元はまともに見えるけど、結局のところ海外で外国人がやってる投資案件という時点で何か問題が起きた時にどうしようもなくなるってことが目に見えてるから、やるにはもっと安心できる条件が欲しいよなあ。今の状況だと結構厳しい。日本語の通じる投資会社には安心感でも実績でも勝てないよなあ。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^