ウィズコイン(With Coin)が「上場出来ないワケ」をお話し致します。

通貨名 ウィズコイン(With Coin)
通貨コード 不明
発行元 D-BAC INTERNATIONAL COMPANY LIMITED
総発行枚数 50億枚
BCプラットフォーム NEMプラットフォーム
公式URL https://withcoin.info/en/index.html

ウィズコイン(With Coin)は詐欺コインなのか?

カジノリゾートとの提携が確定したICO案件として話題となった「ウィズコイン(With Coin)」を捜査すると、過去にマルチ商法として問題となった怪しい企業が関わっていると思われる状況証拠を発見。

 

本当に「ウィズコイン(With Coin)」は、カジノリゾートでの普及が見込める有望なICOなのでしょうか?

 

 

ネット上ではいい事しか書かれていない「ウィズコイン(With Coin)」の真実に、仮想通貨ポリスが迫ります。

 

 

このままでは、仮想通貨取引所への上場すら怪しいICO案件であると、言わざるを得ません。

 

  • 上場確定
  • エイダコイン超えが確実視

上記のような謳い文句で2018年より勧誘が開始されたICO案件である「ウィズコイン(With Coin)」について捜査を行いました。

 

 

もはや恒例となったアフィリエイターによる勧誘合戦が「ウィズコイン(With Coin)」の怪しさに拍車を掛けております。

 

 

ICO案件「ウィズコイン(With Coin)」がどのような目的で開発された仮想通貨なのか、簡単に説明だけさせて頂きます。

  • カジノリゾート5社との提携が完了済み
  • 専用ウォレット作成済み
  • HitBTCとBINANCEに上場決定
  • 電話番号が判れば銀行口座不要・手数料無料で送金可能
  • リアルカジノで換金可能

 

目立つ特徴といえば、この辺りでしょうか。スマホ1台で自由に送金ができるという点は素晴らしい技術だといえます。

 

 

それでもって、上場も確定していると…。怪しいアフィリエイターが一斉に勧誘を開始した怪しいICO案件だと考えていましたが、もしかすると有望なICOである可能性も捨てきれなくなってまいりました。捜査を続けます。

公式サイトは日本人しか見てない

ネット上では「ウィズコイン(With Coin)」の公式サイトなるページが確認出来ました。

 

 

言語は「韓国語」「中国語」「英語」から選択可能な事から、アジア圏での展開を行っていくであろう位ことが分かります。

 

 

今回の調査を行ったのは2018年5月8日となっていることから、ネット上で言われている5月30日に取引所に情報するまで1カ月を切っております。

 

 

そこで今回は「ウィズコイン(With Coin)」の公式サイトがどの様な国からアクセスされているのかを調査しました。

 

 

フィリピンや中国、韓国等のカジノで利用できるようになるという割には、該当の地域では全く話題になっていない様子。

 

 

このままでは海外の投資家がICOにほとんど参加しないという事になりますが、このままで本当に上場できるのでしょうか?

 

 

 

ウィズコイン(With Coin)はねずみ講か

ICO案件「ウィズコイン(With Coin)」の事業主体されている「D-BACインターナショナル」について捜査を進めると、「ロイヤルカスタマーズクラブ」というサービス を提供していたことが判明。

 

 

所謂マルチ商法と呼ばれるサービスであり、「D-BAC」と呼ばれるカジノ攻略ソフトを利用することができるというもの。

 

 

筆者の感情としては道徳的にアウトな状況ですが、法的に問題がない以上は咎めることが出来ません。

 

 

そのため。今回は事業主体である

「D-BACインターナショナル」

「株式会社クライスグローバルサポート」

「株式会社KRAIS」

上記の3社の関係性について洗い出すため、捜査を続行。すると、「D-BACインターナショナル」と「株式会社KRAIS」が同一の運営元である可能性が浮上します。

 

 

何故、マカオの企業と日本の企業が同じドメインで公式HPの作成出来たのか。これは運営元が同一であるという証拠ではないでしょうか?

 

 

また、それを裏付けるものとして、「D-BACインターナショナル」のドメインを更に調査すると、日本でサービス展開をしている「お名前ドットコム」との契約であることが分かりました。

 

 

これらの情報から、ウィズコイン(With Coin)の実際の事業主体についてはマカオにある「D-BACインターナショナル」ではなく、日本の企業である「株式会社KRAIS」であると考えるのが妥当ではないでしょうか?

 

 

日本の法律が及びにくいマカオにそれらしい企業を立ち上げ、裏からそれを操る。「ウィズコイン(With Coin)」の公式サイトへアクセスしている98%が日本である理由についても、この事実によるものだと思われます。

 

 

ホワイトペーパーには事業主体が「D-BACインターナショナル」と記載されていましたが、果たして本当に事業を行っているのでしょうか?ここまでの調査結果では、投資すべきico案件とは思えませんでした。

 

 

ウィズコインのようにな詐欺まがいのICO案件への投資は当然ですがオススメしません。資産が突然ゼロになるようなリスクを背負う価値は全くないと管理人は感じています。

 

 

もし、本気で仮想通貨を使って稼ぎたいのであれば、直近で「レイヴンコイン(RVN)」で6.3倍、「アーク(ARK)」で2.3倍という価格予想を的中させた情報サイト「KKC(国際仮想通貨センター)」の利用をオススメします。

 

 

管理人自身も1800万円ほどの利益を出している優良情報サイトになります。無料の情報配信なども行っていますので、ご興味のある方は覗いてみるといいでしょう。

 

 

# 「KKC(国際仮想通貨センター)」の捜査レポはコチラからどうぞ▶▶

 

ウィズコイン(With Coin)のまとめ

  • 日本人しか知らない
  • 事業主体である企業が偽造の可能性
  • 黒幕の正体は日本企業

人気記事一覧

ウィズコイン(With Coin)の口コミ

  • 投稿者名:ロト2019年5月22日

    平谷ってやつ散々あらゆるスキャムICOを推奨しておいて今になって動画削除してやんのな。
    かなり悪質な奴じゃないか?特にこのwithコインに関してはゴリ押ししてたはずだが詐欺って話が濃厚になってからいきなり尻尾巻いて逃げたよな。
    訴えられてもおかしくないだろ。

  • 投稿者名:匿名2019年5月3日

    平谷暁、ラインで仮想通貨の事大馬鹿にしてたみたいなんだよ。他人には色々なICO買うように促してたくせにさ。ヤバイ奴だよ。まあ最初から信用なんてしてなかったけどさ。

  • 投稿者名:匿名2019年4月17日

    平谷暁はyoutubeに上げてた仮想通貨動画を全部削除してますよね。自らスキャムICOを宣伝していたんだと白状したような物ですよ。

  • 投稿者名:匿名2019年4月4日

    もう諦めるしかないですよね。withコイン。いくら経っても訴訟の準備は進みませんし、取り返す事はもう無理なんでしょうね。100倍になるだなんて夢物語なような話、信じてしまったのが間違いだったんですよね。

  • 投稿者名:平谷は、クソ詐欺師2019年4月2日

    平谷は、ウィズコインを怪しくて信用できないものと知りつつ、金にめがくらみ、転売ピンハネし、そのお金で海外にて遊びまくっているようです。

  • 投稿者名:絶対逮捕2019年3月19日

    オカダマニラで使えるって話は嘘だし、上場後膨れ上がるっていうのも嘘だし、全部嘘嘘、ウソまみれのICOだった。
    withコイン、警察は動いてくれないの?絶対に逮捕して欲しい。

  • 投稿者名:匿名2019年2月15日

    まだwithコインの被害者増えてるみたいですよ。これもしかするとwithコインの被害者が他の人に負債を擦り付ける目的で売りつけてるのかも知れませんね。

  • 投稿者名:法治の時代2019年2月3日

    違法行為である事を証明する手段は山ほどあるでしょう。
    余り多くの法律解釈や判例を出すと敵を利する蓋然性がありますので控えますが、当事案の場合例えば消費者契約法違反を立証すれば錯誤の証明が可能となり、詐欺罪で立件する事も一つのアプローチです。
    ここ数年、余りにも多くの詐欺ICO案件が発生し、その被害額は恐ろしい程の巨額です。
    また違法ICOそのものにより広域指定暴力団を含む犯罪者集団(外国人含む)らのマネーロンダリングの温床となり、被害総額と共に最後は我々の治安を脅かすテロ資金とも為り得ます。
    国家公安委員会、警察庁含む警察組織、検察庁、消費者庁、公安調査庁そして金融庁で働く職員の皆様、もしご覧になっていらっしゃるのであれば、2019年は徹底的な検挙と取締りをどうかお願い申しあげます。
    多少強引と言われようが、国民が味方しています。

  • 投稿者名:最後まで2019年1月22日

    集団訴訟は関係者が自作自演してロウソクの火が消えるのを待つ戦略。
    これでガス抜き。

  • 投稿者名:情けない2019年1月21日

    集団訴訟プラットフォームは立つも結局行動には移されず…
    我々はただ完全に騙されただけの馬鹿な被害者になってしまうのでしょうか…

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^