ジパングコイン(ZPG)

コイン名ジパングコイン
シンボルZPG

ジパングコイン(ZPG)

ジパングコイン(ZPG)とは

ジパングコイン(ZPG)は、日本の総合商社「三井物産」グループが発行する、金(ゴールド)価格に連動して値動きする仮想通貨になります。
 
 
ビットコイン(BTC)などの現在取引されている仮想通貨のように資産運用を目的に投資するだけでなく、コンビニで電子マネーを使うようにZAPを使って商品を買う小口決済の機能を持っています。
 
 
将来的には、スーパーやコンビニで買い物が出来るサービスや、本物の金との交換機能の実装も予定されています。
 

ジパングコイン(ZPG)の特徴

続いて、ジパングコインはビットコインなどの仮想通貨と比べて何が違うのか?
 
 
ジパングコインならではの特徴を詳しく紹介していきます。
 

三井物産が管理する仮想通貨

ジパングコイン(ZAP)ではブロックチェーンを使った取引など、全てのデータ処理を発行元である「三井物産デジタルコモディティーズ」が行っています。
 
ジパングコインの仕組み
 
ビットコインを始めとしたほとんどの仮想通貨は、多数の人が共同でデータの管理・処理する「パブリックブロックチェーン」を採用しているのに対し、ジパングコインは三井物産が全てを管理する「プライベートブロックチェーン」を採用しています。
 
 
日本を代表する企業が発行、管理、処理を行うため、海外で開発される仮想通貨よりも安全性が重視されています。
 
 
仮に発行者である「三井物産デジタルコモディティーズ」が破綻した場合でも、ジパングコインの保有者には時価相当額が支払われる保証制度もあるので、利用者保護という面においてはトップクラスだと言えます。
 

金1g=ZPG1枚のステーブルコイン

ジパングコイン(ZAP)の発行する際には、1ZAPの発行ごとに三井物産が1gの金を現物購入しています。
 
ジパングコインが発行される仕組み
 
発行したZAPと同量の金を三井物産が保有することで、1ZAP=金1gという価値の裏付けが出来てからZAPを発行。
 
 
三井物産が全てを管理することで、金に連動するように価格調整を行っています。
 

小口(500円)から購入可能

金(ゴールド)の現物は金属のため1gなどの細かい単位で投資することが難しいことが問題となっていましたが、ジパングコインは最小500円という単位から投資可能です。
 
 
毎月数千円単位で少額ずつ積み立てるなど、いままでの金投資ではできなかった方法、単位で疑似的に金への投資が行えます。
 

決済手段としての活用を目指す

ジパングコインでは投資商品としての側面以外にも、日常生活でモノを買うために利用する決済通貨としての普及を目指すと公言しています。
 
 
2022年3月8日現在は発行元である三井グループが運営する取引所「デジタルアセットマーケッツ」でのみ購入可能ですが、今後は国内取引所をメインに上場の準備を進めているんだとか。
 
 
様々な取引所でジパングコインが取り扱われるようになれば、日常生活にジパングコインによる決済を使う日が来てもなんら不思議ではありません。
 

将来的に実物の金と交換可能になる予定

公式サイトにて公開された今後のスケジュールによると、ジパングコインと金現物との交換機能を実装する予定だとされています。
 
ジパングコインの今後のスケジュール(ロードマップ)
 
まだ予定ではありますが、本物の金に換えることが出来るならば積み立て投資でジパングコインを購入する人も増えそうですよね。
 
 
ジパングコインの特徴をまとめると…
・三井物産が発行する仮想通貨
・ジパングコイン1枚=金1Gの価値
・500円から投資できる
・決済用コインとして使われる可能性
・いずれ本物の金と交換できる
 
 
といったところです。
 
 
続いては、ここまで紹介してきたジパングコインの特徴は、投資家にとってどんなメリット・デメリットになるのか?詳しく解説していきます。
 

ジパングコインのメリット・デメリット

ジパングコインのメリット

裏付け資産があるので信頼性が高い
仮想通貨の大半はコインの価値を裏付けられるような資産性の証明が出来ませんが、ジパングコイン(ZPG)の場合は発行したZPGと同じ額の金を三井物産が直接買い上げて管理するため、金という裏付け資産を持つことになります。
 
 
日本の上場企業が価値を担保してくれる仮想通貨はジパングコイン(ZAP)以外になく、信頼性という点においては日本の取引所に上場するどのコインよりも高いと言えます。
 
 
インフレ・有事に強い
ジパングコインは仮想通貨であるものの、他のアルトコインのようにビットコイン価格の影響を受けづらい仮想通貨になります。
 
 
仮想通貨業界にとってマイナスとなるニュースや材料が出たとしても、金価格と連動するジパングコインが受ける影響は少なるなることが予想されます。
 
 
ジパングコインはただの仮想通貨ではなく、仮想通貨への投資リスクを減少させることが可能です。
 
発行元が破綻しても保証がある
ジパングコインは「利用者保護を最優先する」という方針を取っているため、発行者が破たんしたらジパングコインの保有者に時価相当額が支払われるような仕組みを取っています。
 
 
発行元は裏付けとなる金を持っているので、仮にジパングコインが倒産、ハッキング等に遭ったとしても金を売ればジパングコイン保有者に代金をすぐに確保できるんです。
 
※注 支払われる金額はその時点での時価換算額なので、購入時の元本ではありません。
 

ジパングコイン(ZPG)のメリット

税金が仮想通貨と同じ区分
ジパングコイン(ZPG)は金と同じ特性を持っていますが、商品自体は仮想通貨になるので税金の計算も仮想通貨と同じように扱われます。
 
 
通常の金投資の場合は一律20.315%の税率が適用されますが、仮想通貨での利益は雑所得に分類されるため、金額に応じた累進課税が適用されます。
 
 

人気記事一覧

ジパングコインの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年5月31日

    時点の金価格より上がる事は考えにくい。
    連動とはそういう事か、安心安全なコインには変わらなそうだけど

  • 投稿者名:匿名2022年3月11日

    やっぱ仮想通貨も中央集権的に管理して信頼性を高める方向に進むようですね。三井物産ブランドは国際的に信頼性MAXでしょう。

  • 投稿者名:匿名2022年3月11日

    ジパングコインは金の価値に価格が連動すると思うけど、もしかしたら金の先物取引的な値動きをするかもしれないですね。

  • 投稿者名:匿名2022年3月11日

    真のデジタルゴールドはビットコインではなく現物の金に裏打ちされたジパングコインということだね。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。