Coinealの入出金や登録方法、アプリに至るまで使い方を全解説

Coinealの出金方法①
取引所名Coineal
運営会社Coineal Global Limited
公式テレグラムhttps://t.me/coineal

Coinealを使うための情報を全部のせ

Coineal」に上場した「ビットコインボルト(BTCV)」が130倍に高騰したことが話題となっている海外取引所。
 
 
今回は「Coineal」使い方や登録法に加え、上場済みコインの中で注目したいアルトコインも解説していきます。
 
 
「ビットコインボルト」にも稼げるアルトコインは存在しているのか?
 
 
仮想通貨ポリスが調査しました。

「coineal」 取引所の特徴

「coineal」取引所は、「ビットコインボルト(BTCV)」や「ミックスコインMIKS)」などのアルトコインも取り扱う仮想通貨取引所になります。
 
 
日本でも話題?である新興系アルトコインの上場に積極的であり、日本語対応スマホアプリでの利用も可能なため日本人利用者が増えている様子。
 
 
2020年5月現在の取引高は世界でも20番前後まで急上昇。日本のみならず、世界中の仮想通貨トレーダーも利用し始めていると思ってよいでしょう。
 
 
取り扱っている仮想通貨は大幅なリターンが狙えるアルトコインだと宣伝されているものばかりなので、仮想通貨界隈のゲテモノを取り扱っているといえばわかりやすいでしょうか。
 
 
リスクはあるが仮想通貨で一発当てたい!というような、ギャンブル気質な方に人気を博しているものと思われます。
 
 
上場済み通貨のラインナップが非常に香ばしいですから、正直私も興味はそそられます。
  
※注意※
登録方法などは面倒くさいので説明しません。
 
 
個人的に気になる通貨や一発ありそうな通貨について勝手に話していきます。

coineal取引所で購入できる上場済みの仮想通貨たち

上場している通貨は2020年5月時点で90種類以上といわれているのですが、実際に確認できた通貨は65種類、まともな通貨は40通貨ほどでしょう。
一応、上場済みの通貨を一覧で掲載しておきます。
 
 
※クリックで表示

上場済み通貨の一覧⇐

1 ビットコイン BTC
2 イーサリアム ETH
3 ライトコイン LTC
4 イーサリアム ETH
5 イオス EOS
6 ビットコインキャッシュ BCH
7 ビットコインSV BSV
8 イオス EOS
9 イーサリアムクラシック ETC
10 Bitcoin Vault BTCV
11 YottaChain YTA
12 Bitcoin Vault BTCV
13 ゼロエックス ZRX
14 トロン TRX
15 Filenet FN
16 Bispex BPX
17 DTOP Token DTOP
18 イオス EOS
19 オミセゴー OMG
20 EveryCoin EVY
21 Galaxy Pool Coin GPO
22 Coineal Token NEAL
23 Levolution LEVL
24 Content Value Network CVNT
25 ゼロエックス ZRX
26 Cryptobuyer Token XPT
27 トロン TRX
28 Nevula NVL
29 Aidos Kuneen ADK
30 TT Token TTT
31 Artfinity Token AT
32 Artfinity Token AT
33 ESports Token EST
34 Renewable Energy Saving RES
35 XUSB XUSB
36 PDATA PDATA
37 IZIChain IZI
38 キューブ AUTO
39 Largo Coin LRG
40 RealTract RET
41 GOB Platform GOB
42 Largo Coin LRG
43 Shopereum XSHOP
44 SAVEWON SW
45 Bitcoin HD BHD
46 ILCoin ILC
47 Sound Blockchain Protocol SBP
48 Tepleton TEP
49 TCLB TCLB
50 DASH
51 Gagapay GTA
52 SmartGold SGT
53 Katana XEK
54 WOWcoin XEW
55 NeoGenesisTokenBTCV NGT
56 Siora XSR
57 NATURAL GAS INDEX FINAL SETTLEM NGT
58 ミックスコイン MIKS
59 不明 FIA
60 Orbit Chain ORC
61 不明 TY
62 不明 YET
63 Somesing SSX

BTCやETHなどの主要通貨の他、既にホワイトペーパーが削除されているコインや公式サイトが無くなっている通貨なども上場しています。
 
 
「coineal」取引所については怪しいICO案件も金を払えば上場させる取引所として一部の層に重宝されているので、既に無価値同然となった通貨も存在しているので注意が必要です。
 
 
個人的に興味のある仮想通貨としては、
 
ビットコインボルト(BTCV)
オミセゴー(OMG)
イーサリアムクラシック
 
でしょうか。
 
 

■ビットコインボルト(BTCV)

ビットコインボルトのロゴ
 
金(ゴールド)のような資産になる事を目的にした仮想通貨として誕生したビットコインボルト(BTCV)。
 
 
投機目的での購入者が多いのか、実需が生まれる前に価格が高騰。現在は上場時よりも価格が70倍以上に。
 
 
現在はマイニングシティというサービスにてビットコインボルト()を採掘することが可能です。
 
 
私の見解としては、長期的のに価格が上昇し続けることはないと思っていますので、短期運用で利益を出して逃げる。といった運用方法なら検討の余地あり。
 
 
ビットコインボルト(BTCV)について詳しく知りたい方は、個別の捜査レポートを作成していますのでそちらをご覧ください。

 


 

■オミセゴー(OMG)


 
2020年5月に2倍近くに高騰したことで再注目されているオミセゴー。
日本では馴染みがありませんが、日本以外の国での知名度は高く、SBIホールディングスやSMBCなどの日本企業も出資しているんですね。
 
・タイのマクドナルドとタイアップ
・アドバイザーにヴィタリック(イーサリアムを作った人)
・SBIやSMBCが出資
 
など、着実に仮想通貨としての価値を高め続けており、今後も注目したい仮想通貨の一つです。
 
 

■イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックのロゴ
 
イーサリアムのハードフォーク(分裂)により生まれた仮想通貨であり、開発当初のブロックチェーンを使い続けているためにクラシックという名を冠しています。
 
 
本家イーサリアムよりも分散管理、非中央集権型での運用が行われており、仮想通貨のあるべき姿とも言えるいぶし銀な仮想通貨です。
 
 
現在も価格上昇を続けているのですが、高騰している理由は過去の問題点の改善や半減期などのファンダ的要因によるもの。
 
 
理解不能な急騰を見せる仮想通貨の中で、好材料によって価格が上昇しています。
 
 
今後のアップデートやイベントの情報は押さえておくべきでしょう。
 
 
以上が「coineal」で取り引き可能な個人的に気になる仮想通貨でした。
 
 

coinealの特徴

coinealを利用するにあたって理解しておきたい特徴をまとめておきます。

■日本語に対応

coinealではページによって日本語に対応しています。取引をする上で必要なページは日本語対応していますが、その他のページは非対応となります。
 
 

■怪しいIEOが開催される

coinealでの上場が確定している仮想通貨の事前販売であるIEOが1ヵ月に1度のペースで開催されます。
 
 
中には詐欺目的で作成されたのでは?と疑いたくなる仮想通貨のIEOも行われるため、上場するから大丈夫だ!などの安易な発想で購入してしまうと大怪我する可能性も。
 
 
公式サイトが無くなることなど日常茶飯事であり、今は亡き2020年東京オリンピックに採用されたと豪語してマーケティングしていたSIORAコインなどが上場しています。
 
 
ほぼ取引不能な出来高なので売却できないのですがね…。
 
 
運営側は上場したから詐欺じゃないという謎理論を振りかざせるようになるため、詐欺業者から「oineal」でのIEOは人気となっています。
 
 
稀にビットコインボルトのような投機向けアルトコインが出てくるので、一概にダメなものとは言えないのがニクイ。
 
 

■独自トークンのNEAL

保有していればCoineal取引所の収益80%が、保有量に応じて配当されます。
 
 
持っていて損をする通貨ではありませんが「NEAL」自体の取引ボリュームが24時間で200万円程度と2BTC しか取引されていません。
 
 
世界中のユーザーの全取引を合わせても2BTCなのですから、利用者からの興味は薄いようです。。
 
 
ビットコインボルトなどの新興系のアルトコインが続々と上場していけば、Coineal取引所自体の知名度も上がって「NEAL」が取引されるようになるかもしれません。
 
 
稀に急騰することもあるようですが、現時点では長期保有しておくメリットはないでしょう。
 
 

■セキュリティが高い

利用者から預かった資産の98%をコールドウォレット(ネットから切り離して)で保管しています。
 
 
コインチェックのハッキング事件などを考えるとコールドウォレットで保管しておくのは当然なので、特別なことをしているのではなく、ちゃんとセキュリティ対策をしていると認識して問題ないでしょう。
 
 
その他にもマルチシグや階層化などにも対応しているそうですが、専門的な話になるので割愛します。
 
 

■アプリを提供してる

取引などが行えるAndroid、iOS専用のアプリを提供しています。
 
coinealのアプリについて
 
注意点としては、APPストアやPLAYストアではダウンロードが出来ない非公式のアプリなので何かあった場合は自己責任となります。
 
 

coinealの使い方

■coinealの登録方法

coinealの口座開設は、メールアドレスと電話番号のどちらかで登録が行えます。
 
coinealの登録画面
 

上から…
・メールアドレスか電話番号を入力して送信ボタンをクリック
・送られてきた認証コードを入力
・ログインに使用するパスワードを入力
・パスワードを再入力
・紹介を受けた場合はコードを入力※未入力でもOK
 
 
後は利用規約に同意して登録ボタンを押せば口座開設が完了します。
 
 

■coinealのKYC方法(実名認証)

1.下記のリンクからAppをダウンロード。
※非公認アプリなので自己責任でのダウンロードをお願いします。
 
https://hk.coineal.com/download/app-download.html
 
2.Appをインストールした後、ログインして、「アカウント」をクリック。
 
3.一番上のユーザーIDをクリック。
 
4.実名認証をクリック。
 
5.IDタイプ(身分証明書)を選んで、ID番号、国籍、名前を入力。
 
6.選んだ身分証明書の表裏両面の写真をアップロード。
※表面と裏面、2枚の写真が必要です。
ピントが合っていない、文字や書類の一部が欠けている、光の反射によって一部が見えない場合は認証されないので注意。
 
7.6で撮影した証明書と自分の名前を書いた紙を手にもって、自撮り写真をアップロード。
名前を書いた紙にはCoineal のリンクと撮影時の時間も書かなければなりませんので注意。
 
8.通常24時間以内に審査が完了します。審査結果はメッセージで通知とログイン後の認証ページでも結果をチェックすることができます。
 

■coinealの入金方法

1.ホームページの右上の「Assets(資産管理)」をクリック。
 
Coinealの入金方法1
 

2.資産管理ページの「Deposit」をクリック。
 
Coinealの入金方法②
 

3.クリックすると入金アドレスが表示されます。
 

Coinealの入金方法
 
表示された入金アドレスはコピーして、送金となる場所の出金先アドレスに入力して送金すれば完了です。
 

※アドレスの入力ミスを避けるため、コピーして入力することを推奨。
 

■coinealの出金方法

1.「Assets(資産管理)」をクリック。
 
Coinealの出金方法①
 
2.出金したいコインの「Withdrawal(出金)」をクリックしてください。
 
Coinealの出金方法②
 
3.出金ページが表示されるので、「Address」に出金先のアドレス、「Amount(出金額)」出金したい数量を入力
 
Coinealの出金方法
 
5.Minea Fee(出金手数料)が自動で表示されているので、問題なければ「Submit」ボタンをクリックして申請完了
 
Coinealの出金方法④
 

coinealのまとめ

上場している通貨は多いものの、怪しげなアルトコインでも金さえ支払えば上場可能なため、運営が行われていない詐欺コインを買ってしまわないように注意しましょう。
 
 
また、取引高の少ないアルトコインについては「パンプ&ダンプ(仕手)」が行われやすいため、思わぬ暴落に巻き込まれる可能性があります。
 
 
現状、日本人がCoinealを利用するメリットはビットコインボルトやMIKSコインなどを購入することくらいでしょうか。
 
 

人気記事一覧

Coinealの口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。