CCN(コスモスクラブネットワーク)の詳細を調べてきた

サービス名CCN(コスモスクラブネットワーク)
運営会社不明
運営責任者不明
連絡先不明

CCN(コスモスクラブネットワーク)を徹底解説

COSMOS(ATOM)を活用したMLM投資案件である「CCN(コスモスクラブネットワーク)」を捜査。
 
 

複雑なプランの内容や受け取れる配当の詳細を解説していくと共に、運営会社や事業実態について深堀してきます。
 
 

安心して取り組める投資案件なのかどうか?
 
 

本記事をお読み頂いて判断材料にしていただければと思います。

CCN(コスモスクラブネットワーク)とは

仮想通貨COSMOS(ATOM)を利用したMLM系の投資案件になります。
 
CCN(コスモスクラブネットワーク)のシステム
 
① 投資家がCCNに資金を預ける
② 預かった資金を元手にCCNはATOMを購入し、バリデーターとして活動
③ CCNには見返りとしてATOMが配当される
④ CCNに配当されたATOMの一部を投資家に配当
 
 
非常にザックリとした説明ですが、上記がCCN(コスモスクラブネットワーク)の基本的な流れになります。
 
 

バリデーターとは

COSMOSのネットワーク上で不正が行われていないかをチェックする個人もしくは企業の事。COSMOSの開発が行うテストを合格した者のみがバリデーターになる事が出きる。

 
 
CCN自体はバリデーターとしてCOSMOSが定める基準をクリアしているため、ある程度の技術や機材を持つ企業だと考えてよいでしょう。
 
 

CCN(コスモスクラブネットワーク)の報酬プランについて

CCNには最低500ドルで参加でき、バリデートタイプとビジネスタイプの2種類から選択可能となります。
 
 

■バリデートタイプ

購入金額(投資額)の80%でATOMのバリデートを行うプラン。残りの20%は管理手数料となります。
 
 

■ビジネスタイプ

購入金額(投資額)の60%でATOMのバリデートを行うプラン。残りの40%はMLMの紹介報酬原資へと回されます。
 
 
なお、ビジネスプランを契約した場合は、CCNや関連企業が開発を進めているのサービスで使用できる独自通貨が配布されます。
 
 
【通貨名】DEBOT
【配布量】 参加額の30%相当のDEBOTを毎月1日に配布
COSMOSの技術をベースにして独自開発している分散型報酬管理ブロックチェーン「Decentralized Bonus Chain(DEBO)」の基軸通貨
 
 
【通貨名】lepton
【配布量】参加額の7.5%相当のleptonを毎月1日に配布
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」にて利用可能となる独自通貨。
 
 

ビジネスタイプではその他にも紹介報酬あり。
 
 
以上がCCN(コスモスクラブネットワーク)のプラン、報酬体系となります。
 
 
注意点としては、各プランへの参加時に入金額に応じてVPという独自のポイントが配布されるという点。
 
 
1VP=1ATOMとして計算され、CCNを利用する間は保有しているVPに応じたバリデート報酬を受け取る事になります。
 
 
VPは受け取った日から2年間ロックされる(引き出せない)のですが、2年経過後にはUSDへと換金が可能となります。換金時のレートも1VP=1ATOMで計算される模様。
 
 
まとめると…
 
【バリデートプランで受け取れるもの】
・購入金額(投資額)の80%に当たるVP
・保有しているVPに応じたバリデート報酬
 
 
【ビジネスプランで受け取れるもの】
・購入金額(投資額)の60%に当たるVP
・保有しているVPに応じたバリデート報酬
・毎月1日に参加額の7.5%相当のlepton
・毎月1日に参加額の30%相当のDEBOT
・各種紹介報酬
 
が各プランで受け取ることのできる報酬の差となります。
 
 
どちらのプランも手数料が取られるだけなので個人的にはバリデート報酬が欲しいなら参加しない方がいいのではないかと思います。
 
 
ビジネスプランはバリデート報酬が60%に減る時点で無しですね。
 
 
後ほど解説しますが「lepton」や「DEBOT」が今後価値のある仮想通貨になるとは思えないので、実質は紹介報酬の受け取りがメインだろうなと予想しています。
 
 

紹介報酬ありきの報酬体系を見る限り「CCN(コスモスクラブネットワーク)」でなければダメな理由は感じられませんでした。
 
 
ぶっちゃけると「CCN(コスモスクラブネットワーク)より」好条件のMLM案件を始めた方が稼げるのでは?とも思います。
 
 
単純にCOSMOS(ATOM)の将来性に期待しているのであれば、ATOMを購入して自分でデリゲートして報酬を貰えばいいだけの話なのですから。
 
 
ただ、メリットは海外口座の開設やATOMに対応した仮想通貨ウォレットを用意するなどの手間が必要ないので、手軽にバリデート報酬を受け取りたいという方には良いサービスなのかもしれません。
 
 
まぁバイナンス口座さえ持っていればCOSMOS(ATOM)も買えますし、バリデート(ステーキング)報酬も受け取れますけど。
 
 
まさかとは思いますが、CCNのセミナーで「個人でCOSMOSのバリデート報酬を貰うのは難しい」なんて説明されてないですよね?
 
 
もし「個人でCOSMOSのバリデート(ステーキング)報酬を貰うのは難しい」という戯言を抜かすセミナーに参加した方がいましたら、それは悪質なセミナーなので注意してください。
 
 
続いては「CCN(コスモスクラブネットワーク)」の運営状況や運営実態について捜査を進めていきます。
 
 

「CCNコスモスクラブネットワーク)」の運営会社は不明

記事執筆時点である8月18日時点では「CCN(コスモスクラブネットワーク)」の運営会社や運営企業は明かされていない様でした。
 
 
配当として配られる「lepton」「DEBOT」は開発会社等の名前が確認できるため、分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」の開発チームを捜査していきます。
 
 
「MOLD」は東大生が中心となって開発されたプラットフォームだそうで「Cosmos Gaming Hub」という開発チームが存在している模様。
 
 
「Cosmos Gaming Hub」の経歴を捜査したところ、自社で開発した独自通貨のICOを失敗させていたことが判明しました。
 
 
簡潔にお話すると…
2017年に「MOLDコイン」という独自通貨を開発してICOを行い、2018年に取引所への上場を果たしたものの、その後は開発がとん挫したのか何の進捗もないまま上場廃止に。
 
 
その後独自のDEX取引所を作成すると発表し、開発チーム名を「Cosmos Gaming Hub」に改名。
 
 
「MOLDコイン」は「quark(クオーク)」という独自通貨に交換されるようで、「lepton」と共にMOLDの基軸になるそうです。
 
 
「Cosmos Gaming Hub」についてはICOとMOLDのマーケティングに失敗した当時と変わらないメンバーのため、配布される「lepton」に価値が付くのか不安な所です。
 

Cosmos Gaming Hubの開発チーム
 
また、CEOを務める「朝野たくみ」については、過去に悪質な情報商材を販売していたという噂もありますが個人的には眉唾な話だと思っていますので、深く話すのはやめておきます。
 
 
「Cosmos Gaming Hub」が「CCN(コスモスクラブネットワーク)」にどれだけ関与しているのかも現時点ではわかりませんからね。
 
 
記事執筆時点で「CCN(コスモスクラブネットワーク)」は正式サービスのリリース前であり、2020年8月24日にグランドオープンが決定しています。
 
 
グランドオープンに合わせて新たな情報も公開される可能性が高いので、後日新たな情報を追記していきます。
 
 

「CCN(コスモスクラブネットワーク)」のまとめ

預け入れた資金はVP(独自ポイント) に変換されると分かりましたが、日々のバリデート報酬はATOMで配当されるのでしょうか?
 
 
仮に全てがVPで配当される仕様の場合「CCN(コスモスクラブネットワーク)」には注意が必要でしょう。
 
 
利用者に配当されるのはあくまで「CCNでのみ使えるポイント」なのですから。
 
 
加えて全てのVPは受け取った時点から2年間のロックが掛かる仕様です。
 
 
原資分のVP=2年後に出金可能
毎日の配当のVP=2年経過後から1日ずつ出金可能
 
 
最悪ですね笑。
 
 
2年経っても原資しか回収できないのですから。
 
 
一生全額出金出来ませんよ。
 
 
しっかりとATOMで配当されることを願います。
 
 

人気記事一覧

CCN(コスモスクラブネットワーク)の口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^