【仮想通貨FXとは】稼ぐコツ、おすすめの海外・国内業者について

ページ名仮想通貨FX

仮想通貨FXで稼ぐコツとやり方、おすすめ取引所を紹介

仮想通貨FXとは、ビットコインの他にアルトコインでもレバレッジ取引を行うトレード方法。
 
 
仮想通貨FXをするのに最適な取引所を調査していたところ、「儲けてる人」と「損してる人」それぞれに共通する「FXで稼ぐコツ」と「負けに繋がるNG行動」があることを発見。
 
 
仮想通貨FXのデメリットやリスクを回避するやり方と共に、仮想通貨FXで稼ぐための方法をここに記します。
 

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXは、レバレッジ取引という機能を使って自分が持っている資金の数倍~数百倍の資金を運用することが出来るトレード方法です。
 
 
仮想通貨FXと取引所で行う現物取引の大きな違いは、FXの場合は取引しても仮想通貨は受け取れない点になります。
 
 
仮想通貨FXはコインに投資するのではなく、そのコインが上がるという価格予想にお金を賭けるようなイメージ
 
 
FXでは投資することを「ポジションを持つ」と言います。参考例を見てみましょう。
 
 
1BTC=100万円の時に、1BTCの価値が上がると予想してポジションを保有
 
この場合…
・1BTCの価値が101万円になれば1万円の利益
・1BTCの価値が99万円になれば1万円の損失
 
になります。
 
逆に下がると予想した場合は…
・1BTCの価値が101万円になれば1万円の損失
・1BTCの価値が99万円になれば1万円の利益
 
ということに。
 
 
実際にコインは保有せず、値動きに投資するというのが仮想通貨FXの仕組みになります。
 

仮想通貨FXの特徴、メリット

「コインが貰えないなら仮想通貨FXよりも取引所で買った方が良くない?」と思った方。
 
 
実は、仮想通貨FXにしかないメリットも多く存在しています。
 

現物取引よりも大きな利益を狙える

仮想通貨FXではレバレッジと呼ばれる機能があり、自己資金×数倍~数百倍という大きな金額を運用することが出来ます。
 
 
投資金10万円、レバレッジ10倍で投資した場合は元手10万円×10倍=100万円に
 
 
レバレッジを使うことで運用資金が大きくなり、少しの値動きで大きな利益を狙うことが可能となります。
 

少額でも始められる

1枚500万円以上するビットコインを買うのは難しいですが、仮想通貨FXであれば投資金1万円でも10倍、100倍という金額が動かせます。
 
 
日本の取引所では最大レバレッジが2倍に制限されているものの、海外取引所ならこの制限が存在しないので1万円単位でも仮想通貨FXを始めることが出来ます。
 

下落相場でも稼げるチャンスがある

冒頭でもお伝えしたように、仮想通貨FXはコインに投資するのではなく値動きに投資するトレード方法です。
 
 
「コインの価格が下がりそうだ」と感じた場合はコインの下落にも投資することが出来ます
 
 
仮想通貨の価値が下がっても、バブルが崩壊したとしても、仮想通貨FXならそれを利益に変えることができるんですね
 
 
以上が仮想通貨FXの魅力といえるメリットになります。
 
 
現物取引よりも稼げるタイミングが多いのはありがたいですよね。
 
 
2021年はビットコイン以外の仮想通貨である「アルトコイン」の価格が大きく伸びた1年でした。
 
 
ビットコインのFXよりもアルトコインの取引である仮想通貨FXで利益を出した方も多いはずです。
 
 
FX取引に対応したアルトコインはまだ数が少ないので、2022年は更なる対応通貨の増加にも期待したいですね。
 
 
>>仮想通貨歴10年のプロが厳選「2022年に高騰期待のアルトコイン情報」 

仮想通貨FXにおすすめの国内、海外取引所

仮想通貨FXが出来る取引所は大きく分けて「国内」と「海外」の2つに分かれます。
 
 
具体的にどのような違いがあるのか、一覧表にまとめました。
 

 国内取引所海外取引所
レバレッジ最大2倍~200倍
追証ありほとんど無し
日本円対応非対応
取扱銘柄最大19銘柄50種銘柄以上
仮想通貨FX取引所、国内と海外の違い

 
国内取引所についてはレバレッジ2倍、追証ありという、海外に比べると不利な条件となります。その反面、日本の企業が運営しており、日本円で入出金できるという安心感と手軽さが強みになります。
 
 
海外取引所では高レバレッジ、追証無しなので好条件でトレードが可能ですが、日本円で入出金ができないので少し面倒くさいという点がネックですね。
 
 
ここでは仮想通貨FXが出来る国内、海外取引所中からおすすめの取引所を紹介していきます。
 

おすすめの国内取引所

国内取引所① DMMビットコイン
DMMビットコイン
 
DMMビットコインは、DMMFXなどのネット証券を運営するDMMグループが運営する仮想通貨FX取引所になります。
 
 
国内最多レベルの銘柄数を誇っており、19ペアで仮想通貨FX取引を行うことが可能。
 
 
元々証券会社を運営していた経験もあり、セキュリティや信頼性は国内でもトップクラスと言えます。
 
 
【DMMビットコインの特徴】
・銘柄(通貨ペア)が多い
・トレードツールが豊富
・アプリが使いやすい
・スプレッドが広い(手数料が高い)時がある
・送金に時間がかかる
 
 
DMMビットコインは取引しやすい点や豊富なトレードツールがあり分析がしやすい点や、スマホアプリが使いやすくトレードしやすい点が人気となっています。
 
 
使いやすさはダントツトで素晴らしいと言われていますが、取引以外の送金機能に関しては最低送金額が0.02(約10万円)高額なこと、送金に3営業日必要という対応が遅いという面もあるようです。
 
 
国内取引所② GMOコイン
GMOコインのロゴ
 
東証一部上場のGMOインターネット株式会社を親会社に持つ、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨FX取引所になります。
 
 
株式投資や法定通貨のFX業者なども運営していることから、他の分野でのノウハウを活かして作られた高性能ツールを持つことが特徴です。
 
 
【GMOコインの特徴】
・取引ツールが使いやすい
・手数料が安い
・取引規制が入ることがある
・現物取引もできる
 
 
GMOコインでは取引、入出金、送金、すべての手数料が無料となっているため、他の取引所に比べるとコストを抑えて仮想通貨FXのトレードを行うことが出来ます。
 
 
通貨ペアは10種類とDMMビットコインには劣りますが、FX以外にも現物の仮想通貨取引も行えることがDMMビットコインとの最大の違いになります。
 

おすすめの海外取引所

海外取引所① ByBit
Bybit
 
Bybitは、手数料の安さや電話番号とメールアドレスのみで口座開設できる手軽さで人気の仮想通貨FX取引所になります。
 
 
海外取引所ながら日本語に完全対応しているため、多くの日本人投資家から利用されています。
 
 
【Bybitの特徴】
・日本語に完全対応
・追証無し
・手数料の安さは世界トップクラス
・最大レバレッジ100倍
・90種類以上の通貨がトレード可能
・日本円のペアがない
 
 
国内取引所では不可能な最大レバレッジ100倍に設定可能であり、国内では取引できないアルトコインを多く取り揃えています。
 
 
口座開設だけで数千円分のビットコインが貰えるキャンペーンなども行っていることから、初期費用を抑えて仮想通貨FXを始めることが出来ます。
 
 
日本人スタッフによるサポート対応も行っているので、初めて海外取引所を使う方でも安心できるのも人気の理由の一つです。
 
 


 
 
海外取引所② Overbit

 
OverbitはビットコインやUSDT建てで、仮想通貨やFX、金や銀などの貴金属CFDも取引出来る、海外の仮想通貨取引所になります。
 
 
日本の取引所とは違い、追証が発生しないゼロカットシステムを採用
 
 
口座開設や本人確認でビットコインが貰えるなどの特典が多く、資金の少ない方や初心者の方でも始めやすいことで人気を集めています。
 
 
【Overbitの特徴】
・最大レバレッジ500倍
・仮想通貨以外にも金、銀も取引可能
・登録だけで1万円近いボーナスが貰える
・デモトレード機能がある
・日本円に対応していない
・アプリ版がない
 
 
Overbitでは金銀とFX、ビットコイン、アルトコインそれぞれで設定できるレバレッジが異なります
 

種類レバレッジ倍率
金銀、FX最大500倍
ビットコイン最大100倍
アルトコイン最大20倍
Overbitのレバレッジ表

 
金銀、FX、ビットコインの倍率は申し分ないですが、アルトコインのみ最大20倍と低めに設定されています。
 
 
口座開設後に本人確認と電話番号認証を行うことで、最大1万円相当のビットコインが貰えるボーナスキャンペーンを常時開催中。
 
 
極端な話、資金ゼロでも仮想通貨FXを始めることが可能です。
 
 
また、架空のお金を使って取引の練習ができるデモトレード機能もあるので、仮想通貨FXの雰囲気に慣れるまで練習ができるので、初心者の方でも始めやすい取引所だと言えます。
 
 


 

仮想通貨FXのやり方、トレード開始までの手順

仮想通貨FXを始めるには、大きく分けて3つの手順が必要になります。
 

1、取引所口座を開設
2、口座に資金を入金
3、トレード開始
 

それぞれ順番に解説していきます
 

仮想通貨FXができる取引所口座を開設

まずは仮想通貨FXのトレードに対応した取引所の口座を開設しましょう。
 
 
まだ口座を持っていないという方は、前の項目でも紹介した
 
DMMビットコイン
GMOコイン
Bybit
Overbit
 
がおすすめです。
 
 
口座開設にはメールアドレス、電話番号、本人確認書類(免許証など)が必要になるので準備しておいてください。
 
 
全て揃っていれば時間帯にもよりますが即日開設も可能ですが、早く取引したい方は審査対応の早い海外取引所を選びましょう。
 

口座に資金を入金

仮想通貨FX取引所の口座開設が出来たら、次は投資金を口座に入金していきます。
 
 
国内口座の場合は銀行入金、コンビニ払い、ネットバンキングからの送金などで取引口座に資金を移しましょう。
 
 
海外口座の場合は日本円での入金を受け付けていないため、仮想通貨での送金やクレジットカードで仮想通貨を直接購入する必要があるので、どの入金方法を取るのか事前に確認しておきましょう。。
 

トレードを始める

仮想通貨FXの運用資金が用意出来たら、いよいよトレード開始です。
 
 
仮想通貨FXにはコインの価格が上がると利益になる「買い(ロング)」と、価格が下がると利益になる「売り(ショート)」という2つのポジションを持つことで利益を出していきます。
 
 
投資する時点からコインの価格が上がると思ったらロング、下がると思ったらショートのポジションを保有しましょう。
 
 
ポジションの保有には取引注文を行う必要があり、どの取引所でも大まかに4つの注文方法を選ぶことが出来ます。
 
【成行注文】
注文を出した時点での価格でポジションを成立させる注文
 
【指値注文】
仮想通貨の値段が目標の価格になったときにポジションを成立させる注文
 
【IFD】
仮想通貨の値段が目標の価格になったらポジションを成立させ、同時に決済の指値注文を出す2段階の注文
 
【IFD-OCO(IFO)】
IFDとOCOを組み合わせた注文で、1つめの注文が成立したあとで利益確定と損切りを同時に出す2段階注文
 
 
仮想通貨FXは現物取引よりも複雑な注文方法があるので、その時々で最適な注文方法を選ぶことが重要です。
 
 
「習うより慣れろ」という言葉もあるので、とりあえずはデモトレード機能で練習ができるOverbitを使い、仮想通貨FXの注文方法やポジションを持つ感覚を覚えていくのが一番の近道かもしれません。
 

仮想通貨FXのリスク、注意点について

下落相場でも利益を出せるなど現物取引にはないメリットを持つ仮想通貨FXですが、もちろん特有のリスクも存在しています。
 

長期投資すると手数料が高くなる

仮想通貨FXでは原則、日をまたいでポジションを保有しているとレバレッジ手数料が発生します。
 
 
取引所はこの手数料で利益を出しているので、ほぼ全ての仮想通貨FX取引所で発生するものになります。
 
 
仮想通貨FXでのポジション保有はデイトレードなどの短期売買が適しており、長期運用には向いていないトレード方法だと言えますね。
 

現物取引よりもリスクが大きい

自己資金の数倍、数十倍の金額が運用できるレバレッジにより大きな利益を狙うことが出来ますが、逆に負けるときはとことん負けてしまう諸刃の剣といえる機能です。
 
 
レバレッジ取引はハイリスクハイリターンな投資方法だということを理解しておきましょう。
 

追証が発生する場合も

仮想通貨FXのレバレッジ取引を行うには証拠金と呼ばれる保証金を取引所に預ける必要があります。
 
 
例えば、証拠金100万円でビットコインに2倍のレバレッジを掛けると、200万円の取引が可能です。
 
 
この状態で仮にビットコインが10%下落した場合、損失はすべて証拠金から引かれてしまいます。
 
 
100万円-(200万円×10%)となり、証拠金残高は80万円となります。
 
 
この状態で決済すれば損失は20万円で確定ですが、ポジションを保有し続ける場合には取引所が定めた証拠金維持率を保つ必要があります。
 
 
今回の取引の証拠金維持率が50%だと仮定すると、証拠金残高が50%を維持しなくてはならないため、50%以下になると追加で証拠金を入れる追証が発生します。
 
 
この追証を支払えない場合は取引所が強制的に損失を確定させるロスカットが実行されます。
 
 
レバレッジ取引は現物取引のように下がったコインを持ち続けるということが難しくなっています。
 
 
国内の取引所は全て追証が発生するため、避けたい方は海外取引所を選択するようにしましょう。
 

仮想通貨FXのコツ、勝ち方

仮想通貨FXで利益を出すためにトレーダーが行っている習慣や取引のコツを紹介していきます。
 

取引のルールを作る

ポジションを保有する前には必ず、ルールを設定しましょう。
 
・○○円になったらポジションを保有
・○○円まで上がったら利益確定
・○○円まで下がったら損切
 
など、事前に決めたルールに従って取引することで「なんとなく上がりそう」みたいなギャンブル的なトレードを避けることが出来ます。
 

特に損切ラインを明確にする

取引のルールの中でも、特に損切のラインは明確にすることが推奨されています。
 
 
全て勝つことはプロでも無理なので、「負けもある」ということを理解していかに損失を抑えられるかが重要です。
 

レバレッジをかけすぎない

ハイレバレッジの取引は稼げるチャンスも多いですが、その分損失も膨らみやすい諸刃の剣です。
 
 
海外取引所でハイレバレッジ取引を行う場合は、自分の手に負える金額の範囲でポジションを持つようにしましょう。
 
 
ギャンブル感覚でハイレバレッジ取引を行って勝てる人はゼロに等しいので、ルールを決めてまずは低倍率のレバレッジ取引から実践していきましょう。
 

デモトレードで練習する

仮想通貨FX取引所の中には、架空の資金でトレードが出来るデモトレード機能が付いた取引所があります。
 
 
コインの値動きなどは本番と全く同じなので、積極的に投資して仮想通貨FXの経験を積みましょう。
 
 
どんなニュースで価格が動くのか、直近の値動きから今後の価格はどうなりそうなのか?など、デモトレードで得た経験は必ず本番でも役に立つことでしょう。
 
 
デモトレードはOverbitどの取引所ですぐに行えるので、まずは挑戦してみましょう。
 

仮想通貨FXで負ける人がやりがちな行動

ここでは、仮想通貨FXで失敗する人に共通する行動パターンから、今後失敗しないための対策を考えていきます。
 

損切が出来ない

「もう少しで反転するかもしれない…」
「いつかはプラスになると思う」
 
みたいな、感覚で取引してしまうことが負けてしまう人に共通する行動の一つです。
 
 
対策としては
・損切ルールを決める
・ポジション保有と同時に損切の指値注文を入れる
 
 
感情、感覚でトレードしてしまうことを防ぐことが重要です。
 

1日に何度も取引してしまう

チャートを見るたびに取引したくなってしまい、1日に何十回も取引を行ってしまう。
 
 
FX業界ではポジポジ病とも言われる、負けてしまう人にありがちな行動です。
 
 
とにかくポジションを持っていないと気が済まないので不必要なトレードが多くなり、手数料や細かい損失が重なりいつの間にか利益が出てないというケースが多くなります。
 
 
対策としては
・チャートを見過ぎない
・本当に今がチャンスなのか考える
 
ことが大切です。ポジポジ病に陥る要因は機会損失をしたくないという思いから始まることがほとんどなので、物理的にチャートから離れる時間を作りましょう。
 

ハイレバレッジの取引を連発

1万円でレバレッジ100倍のような注文を出す人の多くは、利益に繋がらず負けやすい傾向があります。
 
 
あまりにも高いレバレッジを掛けると1%の値動きでロスカットになるので、、ポジションを持った瞬間に強制決済されることもしばしば。
 
 
時間もお金も無駄にしてしまうギャンブルのようなトレードは、負ける人に共通する行動になります。
 
 
この対策は
・なぜ上がる(下がる)と思ったのか、明確な理由がない場合は取引しない
・国内取引所を使う
 
 
海外取引所は追証もないので気楽にレバレッジ取引が行えてしまうので、なぜ今取引する必要があるのか?
 
 
自分で理由を説明できるタイミング以外でのトレードは控えるようにしましょう。
 
 


 

人気記事一覧

仮想通貨FXの口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。