DECOIN(ディーコイン)のホワイトペーパーに「致命的」なミス

通貨名DECOIN(ディーコイン)
通貨コードDTEP
発行元D-TEP
BCプラットフォームERC-20
総発行枚数1億4000万枚
公式URLhttps://www.decoin.io/ja/

DECOIN(ディーコイン)の不安要素を解説します。

コインテレグラフ等のニュースサイトでも度々取り上げられているICO案件「DECOIN(ディーコイン)」。

 

 

保有しているだけで、配当を得ることができるという事からか、度々話題となっております。

 

 

今回、仮想通貨ポリスでは

 

  • ホワイトペーパーの内容
  • 配当を払えるのかどうか
  • 運営主体について

 

上記3点について捜査を行いました。「DECOIN(ディーコイン)」は本当に有望なICO案件なのか、仮想通貨ポリスが判断します。

 

「DECOIN(ディーコイン)」とは、シンガポールに新たに開設予定である「D-TEP」なる仮想通貨取引所が発行する仮想通貨になります。

 

 

この「DECOIN(ディーコイン)」が注目を集める理由の一つとして、ホルダーに取引所の収益が分配されるというものがあります。

 

 

具体的には総発行枚数の約半分である7000万枚のコインを企業やICOに投資

 

 

生み出された収益の6.2%がホルダーへの配当となるとホワイトペーパーに記載されています。

 

 

筆者はこの「DECOIN(ディーコイン)を企業やICOに投資する」という部分に疑問を感じました。

 

 

というのも、ICOとは資金を集めるために企業やチームが行うものですよね?そうなると、市場に出回っていない発行されたばかりの「DECOIN(ディーコイン)」支払いを認めるとは考えにくい

 

 

さらに言えば、ホルダーへの配当資金の原資としてICOや企業に投資される「DECOIN(ディーコイン)」にも、配当という概念が存在するはず。

 

 

この状況で本当に全ホルダーが年間6.2%の配当を受け取ることができるのか、甚だ疑問であります。

 

 

ICO割れの予感

「DECOIN(ディーコイン)」のホワイトペーパーをさらに読み進めていくと、発行された「DECOIN(ディーコイン)」がどのような配分で使用されるのか記載された項目を発見。

 

 

この配分を見る限り、投資家が保有する通貨は更に減少した4200万枚であることが分かります。

 

 

そして、ホルダーへの配当を支払うためにICOや企業に投資された「DECOIN(ディーコイン)」は、換金目的で売りに出される可能性が非常に高いといえるでしょう。

 

 

ホルダーが持つ総量の倍近くに及ぶ7000万枚の「DECOIN(ディーコイン)」が、売りに出された場合、その価格は確実に下落の一途を辿ることになるでしょう。

 

 

DECOINの運営主体が謎

「DECOIN(ディーコイン)」の公式サイトには、運営主体と思われる企業の住所が記載されておりました。

 

 

所在地としてブルガリアの住所が確認でき、その他にサポートメールとサポート電話番号が表記されています。

 

 

この電話番号、よく見ると先頭に『+44』と記載されていることが分かるかと思います。

 

 

これは国番号といって、各国にそれぞれに個別の番号が振り分けられているのですね。ちなみに日本は『+81』になります。

 

 

この番号を調べてみると、『+44』というのはイギリスに振り分けられた番号であることが分かりました。

 

 

 

運営主体はブルガリアにあるが、サポートは別の企業が行っている。という事でいいのでしょうか?

 

 

取引所もICOも終了していない中で、サポートを別の場所に置くメリットはどこにあるのか…。運営体制に少々不安を覚えます。

 

 

また、「DECOIN(ディーコイン)」についてはシンガポールに所在地を置き、シンガポールにて取引所を解説すると公式に発表出ていることも確認しています。

 

 

この状況では、本当の運営主体がどこにあるのかが不明瞭であると言わざるを得ません。

 

 

これらの状況から、ICO案件「DECOIN(ディーコイン)」については、オススメできないICO案件であると仮想通貨ポリスでは判断させていただきます。

 

DECOIN(ディーコイン)のまとめ

  • ビジネスモデルに不安
  • 配当を支払えるように見えない
  • 運営主体がどこにあるのかわからない

人気記事一覧

DECOIN(ディーコイン)の口コミ

  • 投稿者名:田中2022年10月6日

    取引所へアクセスできなくなりました。
    同じような方いますか?

  • 投稿者名:匿名2019年8月26日

    ホワイトペーパーだけ作って無理矢理上場させて終わり。プロジェクトなんて無いし動いてすらないんだから大暴落するのは当然の事。もちろん、これから先も伸びていく可能性は皆無だからね。

  • 投稿者名:匿名2019年8月7日

    普通に考えてディーコインみたいなICO案件が成功する事なんて考えられないんですよね。本当に成功するICOはもっと中身のあるプロジェクトになりますが、仮想通貨バブルの時のICO熱にやられてフラフラと買ってしまった人が悲惨な目にあっているというのが現実。賢い人はICOなんかには手を出さないで自分の取引所を使って投資しています。

  • 投稿者名:匿名2019年7月30日

    ICO詐欺でした。
    ディーコインに関わってた人達が今後何かしらでビジネスを行ってたらその案件には絶対に関わらない方がいいです。
    詐欺師ですので。

  • 投稿者名:匿名2019年7月19日

    ディーコインはホワイトペーパー作成業者に頼んで作った適当なホワイトペーパーで資金集めしてただけの完全なるスキャムICO。取引所作って一応値段が付くような形にしたものの、一日の取引量は0.05BTC未満。これがスキャムじゃないとしたら何がスキャムなのか?

  • 投稿者名:匿名2019年6月26日

    そういえばこのコインどうなったかなと思って調べてみたんだけど、コインゲッコーには「アクティブではありません」とか言われるし、コインマーケットキャップにはそもそもデータすら無し。こりゃ自社で開いた仮想通貨取引所は完全終了って感じだな。

  • 投稿者名:匿名2019年6月12日

    https://bitcointalk.org/index.php?topic=3311450.msg51435222#msg51435222 より

    多くの投資家のお金をKeplertek詐欺で盗んだ事で知られている詐欺師Giorgi TopuriaがDecoinチームに戻ってきたのは事実だ。
    https://thecurrencyanalytics.com/925/giorgi-topuria-ceo-and-founder-of-kepler-techologies-is-joining-the-team-of-the-first-profit-sharing-exchange-cryptocoin-decoin/

    これが彼の詐欺の詳細です。
    彼らにあなたのお金を盗ませてはいけません!

    詐欺記事:
    https://shitcoinoffering.com/another-godfrey-scam-kepler-technologies-collected-14-million-bucks-preparing-exit/

  • 投稿者名:匿名2019年6月5日

    ディーコインを必死に売ってた連中は今頃どこで何をしているのだろうか。
    俺の知ってる奴はツイッターも閉鎖してブログも閉鎖して完全逃亡だ。
    ただ無価値なトークンを上場させただけのスキャムだったな。

  • 投稿者名:匿名2019年5月13日

    4/30にローンチされたみたいですが、板が悲惨。ポリスさん見てみてください。

  • 投稿者名:匿名2019年5月8日

    下記のサイトでも詳しく検証されてます。詐欺です。
    https://sites.google.com/site/cryptokarakuchi/index/page42

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。