「ENDO(エンドー)」を調べたら、かなり怪しい仮想通貨だった件

通貨名ENDO(エンドー)
通貨コードEDT
発行元ENDO Protocol
総発行枚数不明
BCプラットフォームERC20
公式サイトhttps://tokensale.endo.im

ENDO(エンドー)は無事、上場できるのか?

ネット上では割と高評価を受けているICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、実は運営チームに詐欺師が関与している事実が判明。

 

 

その他にも運営チームによる上場予定日についての発言など、独自の仮想通貨情報を公開いたします。

ENDO(エンドー)には詐欺師が関与している

ICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、公式サイトを確認したところ、過去に偽名で詐欺行為を働いていた人物が関与していることが判明。

 

 

その人物の名は「国本謙治

 

 

彼は「クリプトクラブジャパン(CCJ)」という仮想通貨コミュニティのリーダーを務めている人物。

 

 

彼がどのような経歴を持つ人物なのか、筆者が過去に捜査を行ったところ「国本謙次」ではなく「藤本京」という名前で競馬必勝法なる商品を販売していました。

 

 

 

今回名乗っている「国本謙次」に関しても、偽名の可能性は大いにあり得るでしょう。

 

 

本名すら名乗らずに人に投資を進める人間が関与する「ENDO(エンドー)」については、安易に信用していいICOではありませんね。

 

ENDO(エンドー)の10月上場決定はウソなのか?

2018年7月~8月にかけて販売が行われていた「ENDO(エンドー)」。筆者が捜査を進めていると、様々なブログサイト等では大手仮想通貨取引所に上場予定であると記載されていることに気が付きました。

  • OKEX(オーケーイーエックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • BTC-Alpha(ビーティーシーアルファ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • YObit.net(ヨービット)

 

上記の取引所に上場予定だと書かれているものの、誰一人として情報元を明かさないという状態となっております。

 

 

筆者が独自に捜査したところ、公式テレグラム内にて「ENDO(エンドー)」のトークン配布はいつ終了するのか?という質問に対して、10月末に終了の予定だと運営チームが回答を出していました。

 

 

この状況から考えると10月の上場は、ほぼあり得ないとみて問題ないでしょう。

 

 

仮にこのまま上場してしまった場合、トークンを持たないままの投資家が出てしまいます。運営チームとしてもそれは避けたいはずですからね。

 

 

ただ、上場予定日はいつなのか?という質問に対して、秋ごろを予定しているとの回答していることも確認できます。

 

 

現状、運営チームからの情報を見る限り2018年中には上場するものと思われます。

 

ENDO(エンドー)の基本情報を紹介

書類やデータ、運転免許証などの個人情報、企業情報等を独自のブロックチェーンを用いて保管、管理を行うプロジェクト。

 

 

ユーザーと企業が「ENDO(エンドー)」が発行するトークン「EDT」を使用して、情報の交換やサービスを受けることが可能になります。

 

 

ブロックチェーンを使用することで個人情報の漏洩を防ぐと共に、現在は紙やデータのみで保管されている個人情報の保全にも繋がっていきます。

 

 

また、「ENDO(エンドー)」のブロックチェーン上に保管された個人情報については、医療記録や教育レベル、身分証明にいたるまでを管理することも可能になります。

 

  • クラウドセール:2018年6月20日〜2018年8月25日
  • 独自トークン単位:ET
  • プラットフォーム:ERC20
  • ソフトキャップ:5,000,000USD
  • ハードキャップ:15,000,000USD
  • 付与ボーナス
    ①6/20〜7/3:ボーナス最大20%
    ②7/4〜7/11:ボーナス最大16%
    ③7/12〜8/25:ボーナス最大10%
  • 販売トークン数:100,000,000ET

 

人気記事一覧

ENDO(エンドー)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年4月27日

    当初はロシア発のICOで
    ・OKEX
    ・KuCoin
    ・HitBTC
    ・YObit
    に上場決定してるとか言われてたのに、今となっては公式サイトが潰れ日本人関係者の国本謙次と柴田豊和は詐欺師だという事がわかり柴田豊和に至ってはENDOの件には一切触れず新たな情報商材を販売しているというどうしようもない始末です。
    これが詐欺と言わずなんというのでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月14日

    偽物のコインオタク(伊藤健次の方)がENDOを推奨しないって言ってたんですよ。でも伊藤健次って国本謙次と対談したりしてたんですよね。だからENDO側の人間なはず。もしかすると仲間割れでもしたんですかね。そして結局ENDOは詐欺だったと。一瞬でも手を組んだ伊藤健次も詐欺師なんじゃないか?と疑問がよぎりますね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月7日

    ENDOプロトコルの公式サイト(https://endo.im/)は閉鎖されてますし、それにも関わらずクリプトクラブジャパンの会員ページでは何も変わらずENDOを推奨ICOとして宣伝してますし、どちらも終了、オワコン、詐欺、以上です。

  • 投稿者名:匿名2020年3月24日

    もう何の活動もされたないみたいですし、国本謙次が講師をしているクリプトクラブジャパンも運営止まっているみたいですし、ENDOプロジェクト自体ご破算って感じなんでしょう。
    しかしこのENDOに投資した人ってどのくらいいるんでしょうね。
    これだけ仮想通貨で儲けられる情報が出回っているというのにそれを使わないであえて怪しい物に投資するってかなりの情報弱者だと思いますけども。

  • 投稿者名:匿名2020年3月4日

    ENDOって、もうENDって文字が入っちゃってんじゃんwww
    終わりって事www
    どんなプロジェクトだって名前つける時点でこのネーミングは避けるよなwww
    でもこの名前にしたって事は、まともに名前を決める事すら出来て無いってことwww
    マジでENDだよなwww

  • 投稿者名:匿名2020年2月25日

    国本謙次、柴田豊和、この二人が関わってる案件は今のところ全てアウト。詐欺。
    みなさん、国本謙次、柴田豊和の顔を忘れないでくださいね。
    名前だけ憶えていても駄目です。
    名前なんてコロコロ変えてますから。
    もし次、国本謙次、柴田豊和の顔が出ている案件があればそれは詐欺なのでやめた方がいいです。
    断言します。

  • 投稿者名:匿名2020年2月19日

    ENDOプロトコルの開発者ヤン氏はトークン価値を60倍にすると言っていましたが、結局は詐欺師でしたね。
    公式サイトの更新なども一切されていませんし。
    やはり日本の詐欺師二名が関わってるだけあって、ある意味納得の結果になりましたね。

  • 投稿者名:匿名2020年1月30日

    「上場が決まってるICO」という謳い文句でやたら売られてましたけど、それって結局ICOを売りたいだけの謳い文句で、「上場さえすれば儲かる」っていう一昔前の仮想通貨業界界隈に溢れてた常識的なところを突いた謳い文句なわけです。

  • 投稿者名:匿名2020年1月22日

    藤本さんからの推奨を受けてENDOを購入しましたけど、ここに書かれている通りだとしたら先の無い通貨ですね。
    ICOではなく上場した後の通貨で儲けるのが確実です。
    プロの投資家が未公開株に手を出さない理由がわかりました。

  • 投稿者名:匿名2020年1月15日

    ENDOプロトコルの説明を見させて貰ったけど、どうにもこうにも実現不可能な気がしてしょうがないですよ。
    机上の空論っていうやつなんでしょうかね。
    というより、こういうホワイトペーパーライターという職業が存在していたみたいですから、机上の空論どころかフィクションって言う事なんでしょうね。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^