「ENDO(エンドー)」を調べたら、かなり怪しい仮想通貨だった件

通貨名ENDO(エンドー)
通貨コードEDT
発行元ENDO Protocol
総発行枚数不明
BCプラットフォームERC20
公式サイトhttps://tokensale.endo.im

ENDO(エンドー)は無事、上場できるのか?

ネット上では割と高評価を受けているICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、実は運営チームに詐欺師が関与している事実が判明。

 

 

その他にも運営チームによる上場予定日についての発言など、独自の仮想通貨情報を公開いたします。

ENDO(エンドー)には詐欺師が関与している

ICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、公式サイトを確認したところ、過去に偽名で詐欺行為を働いていた人物が関与していることが判明。

 

 

その人物の名は「国本謙治

 

 

彼は「クリプトクラブジャパン(CCJ)」という仮想通貨コミュニティのリーダーを務めている人物。

 

 

彼がどのような経歴を持つ人物なのか、筆者が過去に捜査を行ったところ「国本謙次」ではなく「藤本京」という名前で競馬必勝法なる商品を販売していました。

 

 

 

今回名乗っている「国本謙次」に関しても、偽名の可能性は大いにあり得るでしょう。

 

 

本名すら名乗らずに人に投資を進める人間が関与する「ENDO(エンドー)」については、安易に信用していいICOではありませんね。

 

ENDO(エンドー)の10月上場決定はウソなのか?

2018年7月~8月にかけて販売が行われていた「ENDO(エンドー)」。筆者が捜査を進めていると、様々なブログサイト等では大手仮想通貨取引所に上場予定であると記載されていることに気が付きました。

  • OKEX(オーケーイーエックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • BTC-Alpha(ビーティーシーアルファ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • YObit.net(ヨービット)

 

上記の取引所に上場予定だと書かれているものの、誰一人として情報元を明かさないという状態となっております。

 

 

筆者が独自に捜査したところ、公式テレグラム内にて「ENDO(エンドー)」のトークン配布はいつ終了するのか?という質問に対して、10月末に終了の予定だと運営チームが回答を出していました。

 

 

この状況から考えると10月の上場は、ほぼあり得ないとみて問題ないでしょう。

 

 

仮にこのまま上場してしまった場合、トークンを持たないままの投資家が出てしまいます。運営チームとしてもそれは避けたいはずですからね。

 

 

ただ、上場予定日はいつなのか?という質問に対して、秋ごろを予定しているとの回答していることも確認できます。

 

 

現状、運営チームからの情報を見る限り2018年中には上場するものと思われます。

 

ENDO(エンドー)の基本情報を紹介

書類やデータ、運転免許証などの個人情報、企業情報等を独自のブロックチェーンを用いて保管、管理を行うプロジェクト。

 

 

ユーザーと企業が「ENDO(エンドー)」が発行するトークン「EDT」を使用して、情報の交換やサービスを受けることが可能になります。

 

 

ブロックチェーンを使用することで個人情報の漏洩を防ぐと共に、現在は紙やデータのみで保管されている個人情報の保全にも繋がっていきます。

 

 

また、「ENDO(エンドー)」のブロックチェーン上に保管された個人情報については、医療記録や教育レベル、身分証明にいたるまでを管理することも可能になります。

 

  • クラウドセール:2018年6月20日〜2018年8月25日
  • 独自トークン単位:ET
  • プラットフォーム:ERC20
  • ソフトキャップ:5,000,000USD
  • ハードキャップ:15,000,000USD
  • 付与ボーナス
    ①6/20〜7/3:ボーナス最大20%
    ②7/4〜7/11:ボーナス最大16%
    ③7/12〜8/25:ボーナス最大10%
  • 販売トークン数:100,000,000ET

 

人気記事一覧

ENDO(エンドー)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年10月9日

    クリプトクラブジャパンと一緒にやってるんだから間違いなく嵌め込み詐欺じゃないですかこれ。

  • 投稿者名:匿名2019年10月3日

    これが国本謙次や柴田豊和が売り抜けするためだけに作られた通貨じゃないならもっと色々な話題が出ていてもいいだろうが、「ENDOプロトコルはインターネット広告業界の状況を革新する」という複数アカウントによるツイートが去年の7月頭にあったのを最後に誰も何も話題にしなくなってる時点でアウトってのは目に見えてる。詐欺かどうかわからないが価値の出る物では無いでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年9月25日

    藤本京が関わってる時点でスキャム。
    まあ、もう運営側は売り逃げて用無しの案件になってると思うけど。

  • 投稿者名:匿名2019年9月17日

    ENDOプロトコルの目指してる事はわかるんだけど、ちょっと色々な意味合いを持たせすぎちゃってごちゃごちゃしてる感が否めないよね。それにどこが実際にENDOを取り入れてるのかも今のところわかってないし、どうもプロジェクトはホワイトペーパーだけで動きのない、「ICOあるある」に含まれるようなものに思えてしまいます。

  • 投稿者名:匿名2019年9月10日

    CCJというサロンで推奨されてこのENDOの存在を知りましたが、どうやらCCJの運営陣の出汁に使われているだけの模様。
    まさか自分がこういう詐欺の被害に遭うとは思いませんでしたよ。
    かなり危険ですね。

  • 投稿者名:匿名2019年8月27日

    どこかで見たことのある人間がプロジェクトチームに加わってるなーと思ったら藤本京でしたよ。
    昔彼の商材に騙されて大切なお金を奪われましたからハッキリと覚えてます。
    ENDOもきっと私腹を肥やすための悪質な案件です。

  • 投稿者名:匿名2019年8月27日

    どこかで見たことのある人間がプロジェクトチームに加わってるなーと思ったら藤本京でしたよ。
    昔彼の商材に騙されて大切なお金を奪われましたからハッキリと覚えてます。

  • 投稿者名:匿名2019年8月21日

    去年の7月頃に上場して60倍になる!なんて話が出てたのに今や上場すらせず、何のこっちゃ?という状態。騙されたという印象しかありません。このICOに参加する前に仮想通貨ポリスを見ておけばよかったですね。あくどい詐欺師が関わってるとはわからず、残念ですよ。

  • 投稿者名:匿名2019年8月8日

    藤本京=国本謙次が関わってるICO案件なんてロクな結果にならんでしょ。何か一つでも成功したことあるか?ってーの。どれも詐欺まがいの騙し案件ですよ。

  • 投稿者名:匿名2019年7月26日

    詐欺師が嵌め込み案件として作り上げた通貨がこのエンドー。CCJの連中がずぶずぶに関わってるしはっきり言ってどうしようもない通貨。推奨されて買った人は国本謙次に返金を要請すべし。金持ってるらしいし、返してくれるでしょ。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^