イナゴフライヤーの使い方「取引が有利になるヤバい活用法」を特別公開

ツール名イナゴフライヤー

イナゴフライヤーとは?勝つための活用法を検証

イナゴフライヤーは「仮想通貨FXで短期売買する人には絶対必要」とまで言われている、非常に優秀なトレード補助ツールです。
 
 
上手く使いこなせば仮想通貨の価格が大きく動くタイミングを事前察知することができる代物であり、2017年の登場から多くの投資家に愛され続けています。
 
 
「そんなに凄いツールならちょっと興味あるよ」というそこのアナタ。
 
 
私がイナゴフライヤー使い方と価格変動を察知するためのコツを教えちゃいます
 
 
>>2022年、月利200%が安定して稼げると話題の「FXAiパートナーズ」
 

イナゴフライヤーとは

イナゴフライヤーは、ビットコインなどの仮想通貨に大量の注文が入るとリアルタイムで通知してくれるトレード補助ツールです。
 
 
価格変動に繋がりそうな大きな売買を察知できるため、利用者からは「仮想通貨の短期売買を行うFXトレーダーには欠かせないツール」とまで言わしめています。
 
 
特にFXトレード手法の中でも短期で利益を出すことを目的にした「スキャルピング」と「イナゴトレード」という2つのトレード手法を取る投資家から愛用されています。
 
 
スキャルピングとは
数秒から数分という極端に短い間隔でトレードを繰り返し、小さな利益を積み上げていくFXのトレード手法の一つ。
 
イナゴトレードとは
価格高騰した銘柄に即座に飛びつき、天井付近で売り逃げて利益を出す短期トレード手法。
 

イナゴフライヤーの特徴

イナゴフライヤーが多くのFXトレーダーに愛されているのには、3つの理由がありました。
 

値動きの初動が掴める

仮想通貨は株式や為替に比べると取引量が少なく、一度に大量の取引が行われると大きく価格変動を起こすことがあります
 
↓BTC/USDのチャート
価格変動の際には出来高が急増する
 
上記のチャートを見ると、大きな価格変動が起こる際には出来高も急増していることが分かりますね。
 
 
イナゴフライヤーでは上記のような出来高の急増が見込まれる大量の注文を検知して知らせてくれます。
 
 

音で取引タイミングを教えてくれる

イナゴフライヤーの公式サイトでは注文数の増減をチャート表示しているのですが、他にもアラームで知らせてくれる機能が備わっています。
 
イナゴフライヤーのチャート
 
上記のように買い、売り注文のそれぞれにアラームが設定できるので、
 
・バイナンスで買い注文が増えたとき用の音
・バイナンスで売り注文が増えたとき用の音
 
という形で設定可能。
 
 
「あの音が鳴ったから今は買いだな」というような、イナゴフライヤーの音に従って取引を行う「音スキャ」なるトレード手法も生まれています。
 

スキャルピングトレードとの相性◎

スキャルピングトレードは数秒、数分で売買を完結させる超短期の売買手法です。
 
 
次の数分で価格がどっちに動くのかを予想して取引を行うので、スキャルピングには即座に情報分析を行うスピード感が重要視されています。
 
 
イナゴフライヤーは大手取引所で仮想通貨が買われそうなのか、売られそうなのか検知してくれるため、次の値動きを予測するための大きな判断材料と言えます。
 

イナゴフライヤーの使い方

まずはイナゴフライヤーの使い方を解説する前に、イナゴチャートの見方を確認していきましょう。
 

イナゴチャートの見方

イナゴフライヤーの見方
 
イナゴチャート
一番上のイナゴチャートでは、0から上が買い注文、下が売り注文の量を示しています。
 
新しい注文情報は右から更新されていき、時間経過と共に左へと徐々に流れていきます。
 
 
取引所ごとの価格一覧
国内外の大手取引所20社での価格を一覧で表示しています。
 
取引所ごとの価格に大きな乖離が起こっているのか?などを一目で確認することが可能です。
 
大口取引の記録
大口取引の記録には100BTCを超えるような、イナゴフライヤーの閲覧中に行われた価格変動を起こしかねない大量売買の記録が表示されていきます。

イナゴフライヤー、使い方の一例

結局イナゴフライヤーはどうやって使えばいいのか?
 
 
有効な使い方として、イナゴトレードに活用する方法を紹介しましょう。
 
 
イナゴトレードは急上昇した銘柄に即飛びつき、天井付近で売り逃げるという投資手法です。
 
 
後追いで飛びついていく人が多いほど価格は更に急騰していくため、初動で投資することが出来れば大きな利益を上げることが可能です。
 
 
【イナゴフライヤーの活用例】
イナゴトレードでの活用方法
ハル@kasou365様のツイートより引用
 
イナゴフライヤーが大量の買い注文をいち早く検知し、その直後に価格上昇。
 
 
イナゴフライヤーが発したアラートに合わせて初動に上手く投資できれば、わずか数分で大きな利益を得ることが可能になります。
 
 
イナゴフライヤーには音声で知らせるアラート機能がついているため、チャートを見続けなくても取引タイミングが分かるので、アラート機能と合わせて活用すると良さそうです。
 

イナゴフライヤーの通知をスマホ、PCで受け取る方法

イナゴフライヤーのメイン機能と言っても過言ではないのが、検知した大量注文を音で通知してくれるアラートの設定方法です。
 
 
PC・スマホ共に、通知を受け取るにはSlackというアプリのチャット機能を使用します
 

>>Windows版 Slackのダウンロードページ
>>android版 Slackのダウンロードページ
>>iOS版 Slackのダウンロードページ
 
Slackに作られたチャット部屋「イナゴフライヤー」に参加することで、Slackを通して通知を受け取ることが可能です。
 
 
Slackのアプリをダウンロードしたら、イナゴフライヤーのチャット部屋招待ページから申請しましょう。
 
 
登録したメールアドレス宛にチャット部屋への招待リンクが届くので、記載されたURLからチャットルームに入れば完了です。
 
 

スマホの通知が来ない、音がならない場合

Slackは初期設定だと自分メッセージ以外は通知してくれないので、通知設定を変更しましょう
 
 
BTCのルームに入り右上のアイコンをタップ
画像
表示されたページで「通知」を選択し、すべてのメッセージにチェックを入れれば通知設定が完了します。
 
 
かなりの頻度で通知が来るようになるので、取引時以外はスマホ側でマナーモードか音声無しに設定する方が良いです。
 
 

アラートの音の変更方法

イナゴチャートページを下へスクロールすると、各種設定項目が表示されます。
 
 
イナゴフライヤーの通知音設定方法
 
Up Soundの項目で買い注文(ロング)の音
Down Soundn項目で売り注文(ショート)の音
 
 
それぞれ200種類以上の中から選択できます。
 
 
イナゴフライヤーを使っている方の意見を見る限り、ピカチューの声が特に人気の通知音みたいです。
 

イナゴフライヤーの対応取引所

イナゴフライヤーのアラートは国内外合わせて18カ所の取引所に対応しています。
 
 
▼国内取引所
・Zaif(ザイフ)
・コインチェック
・Liquid
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・ビットバンク
 
▼海外取引所
・バイナンス
・BitMEX
・Coinbase
・Gemini
・Bitstamp
・Bitfinex
・OKEx
・Kraken
・Huobi
・Upbit
・CME
・BW.com
 
 
取引高の多い大手海外取引所にも対応しているので、イナゴフライヤーが検知する取引注文の検知はかなり信憑性のある情報だといえますね。
 
 
日本国内で仮想通貨FXが出来る取引所についてはほぼ対応しているので、イナゴフライヤーは活用しやすいはずです。
 

イナゴフライヤーの詳細設定方法

最後に、ページ内下部から行えるイナゴフライヤーの設定項目を解説していきます。
 
イナゴフライヤーの詳細設定
 

Chart Column Setting
イナゴチャート上のグラフを何秒間隔で作成するか、何本表示させるのかを設定できる項目です。
 
Alert Setting
イナゴフライヤーがアラートを検知する間隔を変更できます。初期設定では10秒おきに設定されています。
 
Alert Sound Setting
イナゴフライヤーからの通知音のオン・オフ、音量設定方法
 
View Setting
イナゴチャートの高さやメモリの数などを自由に設定できる項目
 
Alert Log
イナゴフライヤーが検知した大口取引の記録を日本語で表示するか、英語にするかを切り替えれる。
 
Send Alert JSON Message(POST)
イナゴフライヤーを自動売買BOTなどで使う際にいじる項目。
 
PriceBoard SubRateCurrency
各取引所に表示される価格を円、ドルなどの通貨に変更できる項目
 
Setting Save & Load
ここまでの設定を保存したり、過去に保存した設定をロードしたりできる項目
 
 

お勧めの設定方法について

自分が使いやすい設定にするのがおすすめですが、イナゴフライヤーを使ってFX取引を行う人がいる以上は初期設定で利用することをお勧めします
 
 
皆が同じ基準で売買しているのであればイナゴフライヤーのアラート通りに値動きする確率が高くなるので、特にこだわりのない方は初期設定で使いましょう。
 
 
また、利用する取引所については、イナゴフライヤーで検知される中で2番目、3番目に取引量の多い場所を使うと良いですよ。
 
 
取引量が多い=大口投資家も多くなるので、その取引所での注文増加をきっかけにして他の取引所でも数秒から数分遅れて同じような取引が行われることがあります。
 
 
イナゴトレードで上手く後追いできれば、大きく利益を出すことも可能なはずですからね。
 
 
また、トレードツールとは少し違いますが、AIがテクニカル・ファンダメンタル両方の指標を解析して大幅な変動を見込む通貨を教えてくれるFXAIパートナーズ」なども存在します。
 
 
乱高下の激しい2022年でも安定して月利200%以上の成績を残していると評判を集めているので、トレードの参考になるかもしれません。
 
 

人気記事一覧

イナゴフライヤーの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年4月13日

    最近はイナゴフライヤー鳴るだけで「利食いしようかな」と思えるくらいには動いてくれるいい相場だね。

  • 投稿者名:匿名2022年1月26日

    サラリーマントイレトレーダーなのだが、うっかり個室でイナゴフライヤーを鳴らしてしまったらポケモンやってると勘違いされてセーフなのかアウトなのかわからん状態に草

  • 投稿者名:匿名2022年1月23日

    イナゴフライヤーは便利で使いやすいですよ。使いこなすのが難しすぎるツールじゃ勝てません。落ちてるのか上がってるのかチャートを見なくてもわかる。

  • 投稿者名:匿名2022年1月21日

    イナゴフライヤーってBITNEXTに標準装備されてるやつだね。効果音が不穏で嫌いなんだよね。使いやすくてよいけど。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。