Libes(BES) 仮想通貨 – 特徴や将来性、高騰する可能性はあるのか調査

プロジェクト名Libes
トークンシンボルBES

Libes(BES)の特徴、今後の見通しについて

Libes(BES)はeSportsの試合結果を予想して仮想通貨を賭けれる、仮想通貨版のtotoくじの的サービスを開発する仮想通貨プロジェクトです。
 
 
市場拡大が著しいeSports産業に特化した日本発のサービスということもあり
 
「Libesは100倍確定!!」
「必ず爆益」
 
などの煽り文句と共にLibes(BES)を宣伝する熱狂的な信者も生まれ始めています。
 
 
ですが、一方では「実は詐欺コインじゃないか?」などとLibesを怪しむ声も徐々に上がり始めており、結局Libesは信用できる仮想通貨なのか?判断が難しい状況に。
 
 
Libes(BES)は有望なのか、怪しいのか
 
 
調査の結果、その論争に終止符を打つ情報が複数見つかったので、その全てをLibes(BES)に関する調査レポートに記載しました。
 
 
※短期でハイリターンが見込める通貨ペアが知りたい方は「FXAiパートナーズ」がおすすめです。
 

Libes(BES)とはどんな仮想通貨?

Libes(BES)は、eSportsとブロックチェーンを組み合わせることで、eSportsの試合結果を予想して仮想通貨を賭けて遊ぶサービスにて使われる仮想通貨です。
 
正式には…
プラットフォーム名:Libes
賭けに使う独自通貨:BES
 
となります。
 
 
サッカーの勝敗予想にお金をかける公営ギャンブル「totoくじ」のようなサービスであり、Libesではプロ同士による対戦ゲームの勝敗を予想して仮想通貨を賭けます。
 
 
Libes(BES)はギャンブルという側面以外にも、eSports業界全体を活性化させるためにプロ選手の育成やeSports市場での新たな経済モデルの構築を目指しています。
 
 
Libes(BES)はまず、下記3つの機能を搭載してスタートする予定になります。
 
 
ギフティング
Libesを利用するプロ選手に直接BESを送金(プレゼント)する、youtubeで言うところの投げ銭「スーパーチャット」と同じようなイメージ。
 
 
プロ選手は試合結果だけでなくギフティング機能で収益を出せるようになるので、競技の練習に集中してもらう環境を作ることを目的にしています。
 
 
プロ選手によるオリジナルNFTの発行、マーケット機能
Libesで行われるゲーム大会でプロ選手が試合中に見せたスーパープレイ集などを作り、NFT化することが可能です。
 
 
その他にもプロ選手と一緒にゲームができる権利や試合中にプロ選手に広告を出してもらう権利など、NFT化できるものは無限大に存在します。
 
 
プロ選手によって作成されたNFTはどれも二次流通可能であり、イメージはあまりよくないですがLibesが提供するストアで転売することもOK
 
 
応援していた選手が有名なり過去に安く買ったNFTが高騰するなど、自分が応援していた時間がお金に変わる可能性を秘めています。
 
 

ベッティング
Libes内ではeSportsの試合結果に独自通貨のBESを賭けることができます。
 
 
集まった資金の中から選手への賞金、Libes運営の手数料、賭けが当たった人への配当を分配します。
 
 
【Libesの仕組み】
Libes(BES)トークンの仕組み
 
・プロ選手に対して総額の15%を賞金
・総額5%をLibesの運営費
・80%を利用者への払い出し
 
 
といった内訳で使われていきます。
 
 
上記がLibesで行えるBESの使用用途になります。
 
 
Libesは2022年1月時点ではまだ開発段階であり、グランドオープンは2022年3月頃になると予定しています。
 

Libesの独自仮想通貨「BES」の特徴

Libesと独自通貨BESの関係について理解して頂けたところで、次はBESはどんな特徴を持つ仮想通貨なのか。
 
抑えておきたい3つのポイントについて紹介していきます。
 

保有するだけで報酬が貰える

Libesの運営会社が稼いだ収益の内、50%を「BES」保有者へと配当することを発表してます。
 
 
つまり、BESは持っているだけでも報酬を得ることが可能な仮想通貨ということですね。
 
 
配当はBESで支払われる予定の為、配当用のBESを用意するために2カ月に1回、Libes運営がBESの買戻しを行います。
 
 
運営会社によって定期的な買戻しが行われるため、価格暴落が起きづらい仮想通貨になるのではないかと言われています。
 

ステーキング運用が可能

ステーキングとは、指定された仮想通貨を取引所などに一定期間預けることで金利が受け取れる仮想通貨独自の運用方法です。
 
 
Libesでもステーキングに対応しており、ユーザーはLibesにBESを預けることで、預け入れた期間に応じてBESを受け取ることが可能
 
 
BESは保有しておくことのメリットが多いため、売られづらい仮想通貨になることが予想されています。
 

BESを持っていれば運営方針に口出しできる

Libesの運営方針を決める際には、BESを保有しているユーザーによる投票が行われます。
 
 
株式会社と株主の関係をイメージして頂けると分かりやすいかもしれません。
 
 
ユーザー投票の権利を得るにはBESを一定数保有しておく必要があります。
 

Libes(BES)を買えば稼げると言われている理由

三方良しのビジネスモデルを構築

Libes(BES)の将来性が高いと言われる理由は、運営者やプロ選手だけでなく、資金の提供者であるユーザーも利益を出せる三方良しといえるビジネスモデルを目指していることが挙げられます。
 
 
2022年1月現在、世界的にeSports産業が拡大し続けています。
 
eSports市場規模と予成長想
 
コロナ禍による巣ごもり需要も相まって日本でもゲームやeSports自体の需要が増えていますが、これまで日本ではゲームは娯楽としての領域を出ることができませんでした。
 
 
日本が遅れを取る中で諸外国では一早くeSports産業への投資を加速させており、プロのeSportsプレーヤーと言う職業は世界的に見ても人気の職業の一つとして認知されています。
 
 
日本ではまだ「たかがゲームだろ」という認識を持つ人も多く、このような点から見ると、日本はeSports産業では諸外国にまだまだ遅れを取っていると言えます。
 
 
今回のLibes(BES)はその遅れを取り戻す可能性を持った日本のeSports産業を開拓するのために行われるプロジェクトです。
 
 
そもそも、eSportsに対する考え方自体が日本国内ではニッチであったことから、このeSports産業の成長性に対する期待感は高いと言えます。
 
 
実際に日本国内のeSports産業は拡大を続けており、2024年には180億円規模にまで拡大すると予想されています。
 
eSports市場規模と予成長想
 
Libesのホワイトペーパーでは運営者やプロ選手だけではなく、資金の提供者であるユーザーにも流れる三方良しといえるビジネスモデルを目指しています。
 
 
この資金提供者であるユーザーの需要も取り組んだLibes(BES)がeSportsブームと上手く噛み合えば、今後大きく価格を上げていく可能性は十分に考えらるでしょう。
 

LibesによるプロeSports産業の創出

日本以外の海外、特に韓国やアメリカ・フィリピンでは、既にeSportsのプロゲームプレーヤーと言う産業が確立されています。
 
 
日本ではまだ数が少ないですが、Libesは既に日本のプロゲームチームとの業務提携も行っており、ゲームのプロと言う産業の創出に一役買っています。
 
 
プロ野球の球団やJリーグなど、多くのスポーツにはプロチームが存在しますよね。
 
 
eSports業界でも同様に様々なゲームのプロチームが多く登場しています。
 
 
日本ではSBIグループが「SBI e-Sports」というプロチームを作るなど、大手企業もeSports産業に続々と参入を果たしています。
 
 
プロゲームチームでは活躍する選手が使うコントローラーなどのデバイスを宣伝したり、大会賞金を獲得したりなどで報酬を得ていますが、Libesはプロが報酬を得られる機会をブロックチェーンを使って更に拡大することを目指しています。
 
 
プロ野球選手やサッカー選手のように、多くのプロゲーマーが稼げる職業となれば、日本国内でも更にプロゲームチームが増えていき、eSports産業全体の活性化していくことでLibes(BESトークン)の価格高騰にも繋がっていくとみられています。
 
 
ただ、逆に考えるとeSports産業自体の発展にLibes(BESトークン)の価格は左右されることになります。
 
 
日本においてeSportsはまだまだ発展途上なので、BESトークンの価格上昇にはしばらく時間が掛かる可能性が考えられます。
 
 

短期で稼げる通貨も知りたいという方は、毎月安定して稼ぎ続けられると評判の「FXAIパートナーズ」などが参考になるかもしれません。
 
 
最近では月利480%を達成したという口コミが投稿され、当サイトでも話題を呼んでいます。
 
口コミ
 
2022年の相場状況においても空売り(ショート)を上手く使うことで、上昇・下落のどちらに動いても利益が狙えるんだとか。
 
 
「現物保有よりも稼げる」という声も出ているので、ご興味のある方は調査記事をご覧ください。
 
 
>>急騰・急落目前の通貨ペアを教えてくれる「FXAIパートナーズ」
 

Libes(BES)は詐欺?怪しい仮想通貨だと言われている理由

Libes(BES)に対しては爆上げ銘柄と見る一方、詐欺じゃないのか?と言う意見も見られます。
 
 
Libesが詐欺だと言われてしまう理由には、ベッティング機能を持つことが起因しています。
 
 
Libesが提供するベッティングは、実は日本も含めた多くの国で法的規制がかかる可能性が高いと言う懸念材料があります。
 
 
早い話、ベッティング=賭博と同じ認識ですから、現金で行えばそれは当然違法です。
 
 
今は「Libes(BES)は仮想通貨でお金じゃないからOK」みたいな状態なので、今後の規制次第ではLibesの開発、運営がストップすることも考えられます。
 
 
これがLibes(BES)が持つリスク面になるのですが、詐欺と言われているのはこの法的規制リスクに対する対応が完了しないまま上場をさせた運営者の態度が一番の要因です。
 
 
BESを上場させたのも審査の緩い取引所や審査不要のDEXを選んでいるので、これもLibes(BES)が怪しいと言われてしまう理由の一つですね。
 
 
あと、YouTubeやLibesの紹介サイトで「○○倍確定」「爆益確定」みたいな煽り文句で宣伝しているのも、怪しいと言われてしまう原因だと思っています。
 
 
100%勝てる投資などこの世に存在しないので、Libes(BES)も万が一には開発自体が停止する可能性もある。
 
 
Libes(BES)への投資を検討している方は、上記のリスクを踏まえた上で判断しましょう。
 
 

>>2022年、月利200%が安定して稼げると話題の「FXAiパートナーズ」
 

人気記事一覧

Libesの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年10月2日

    一ヶ月ぶりくらいのツイートしたと思ったらメンテナンス、5千超のフォロワーがいるのに反応は10…。これだけでいかにLIBES運営が見放されているかがわかると思う。反応もしないんだもんな。

  • 投稿者名:匿名2022年9月29日

    詐欺コインだったんですよね。。。eスポーツに関わると聞いてたから応援したかったんですけど、流石にもうどうにもならなそうです。自分への戒めとしてとっておこうと思います。

  • 投稿者名:匿名2022年9月26日

    何を言うにしてもプラットフォーム、ちゃんと完成させてから言ってほしいね。完成と大会開催はいつまで延長するんですか?てか、開発してるのにページのテキスト変更すらしないのは何で?

  • 投稿者名:匿名2022年9月22日

    まじ運営ゴミ。BESの価格がゴミみたいな額になってから諦めて気にしない事にしてたけどやる事もやってないとは思わなかった。俺もプレセールで30万分買ったけど、今9千円ぐらいの価値しかないよ?なんなの??

  • 投稿者名:匿名2022年9月10日

    詐欺コインなのにまーだ公式がちゃんとしてますって顔をしてるね。いい加減ホルダーからの疑問に無視貫いてないで、詐欺でした飛びますって答えてあげればいいのにと思ってしまう。

  • 投稿者名:匿名2022年9月5日

    2022年オープンっていってもう半年以上、今年も残り半分切ったけど運営はまだまだeスポーツ選手とユーザーをつなげるって言い続けてるね。フォロワーの声には耳を傾けてないのに。

  • 投稿者名:匿名2022年9月2日

    まだのうのうと普通のアナウンスしてるけど、ホルダーの疑問に一切答える気はなし。ほんとこんなに対応がひどいとは思わなかったな。一瞬でも期待した自分がばからしい。

  • 投稿者名:匿名2022年8月27日

    どうしようもないような情報ばっかり出してるけど、ホルダーの疑問に答えてほしいよね。公式が都合の悪い質問を無視しているようにしか見えないよ。実際そうなんじゃないかって思うけどね。

  • 投稿者名:匿名2022年8月23日

    eスポーツに興味を持ったところでこのコインを知ったので、軽率に買ってしまいましたが、ウォレットに残っているのを見る度に複雑な気持ちになります。もう少しよく考えたから買えば良かったなあ。

  • 投稿者名:匿名2022年8月16日

    グランドオープン延期に延期を重ねて7月って言ってたやん。7月終わりに延期告知。機能公開とかしてる場合なんか?それで昨日だもん、そりゃあホルダーもそろそろ物言いしたくなるでしょ。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。