NFT(ノンファジブルトークン)とは?仕組みからお勧め通貨まで紹介

NFT(ノンファジブルトークン)とは何なのか?

「NFT(ノンファジブルトークン)」はいま最も仮想通貨市場を賑わせているトークンであり、仮想通貨業界では次のアルトコインバブルを起こす筆頭として注目が集まっています。
 
 
コインチェックや海外大手取引所といった様々な企業が参入を表明。
 
 
更なる市場の加熱も予想される中、果たして一体どのNFT通貨が有望なのか?判断が難しい状況です。
 
 

今回は、次のバブルに乗り遅れないために「NFT(ノンファジブルトークン)」とは何なのか?その仕組みから関連通貨の探し方、要注目のコインまでを一挙にご紹介していきます。

NFTとは?仕組みを解説

「NFT」とは「Non-fungible-token(ノン・ファジブル・トークン)」の略で、イーサリアム上で発行された唯一無二のトークンとされています。
 
 

仮想通貨は基本的に1BTC =100万円のようにお金に置き換えることができるのに対し、「NFT」はお金には変えられない特別な価値を持ったトークンという意味合いで利用されています。
 
 
簡単に説明するとこんな感じ↓

NFTの解説
 
同じ野球ボールでも、
 
 
・新品のボール
・プロ野球選手のサイン入りボール
 
 
ボール本来の商品価格は同じでも、サイン入りの他の物と代えられない唯一無二の価値を持つ、希少性の高いボールとなります。
 
 
このサインボールのように固有の価値を持つ物を、保護・保証するために作られたのが「NFT(ノン・ファジブル・トークン)」となります。
 

「NFT」は主にゲームの分野で利用されてる

いち早く「NFT」を取り入れたのがゲーム業界であり、ゲーム内で使用するレアアイテムなどの価値を保証、無断複製などを防ぐ目的として取り入れられました。
 

NFTの解説②
 

発行されたNFTの所有者=アイテムの所有者と判断出来るように。
 
 
もちろん、NFTはイーサリアム上で発行されたトークンなので…
 

・誰が保有しているのか
・これまでの譲渡歴
・本物であることの証明
 

上記の情報を誰でもネット上で確認することが可能です。
 
 
NFTの採用によりアイテムの無断複製や正当な保有者の証明、アイテムが本物であることの証明すべての対策ができたんですね。
 
 
このような形でNFTの普及は進んでおり、現在はNIKEなどの大手企業も独自のNFTを発行するプロジェクトを立ち上げています

※厳密に言うと靴などは「NFT」にならない場合もあります。
 
 
今後はデジタル上だけでなく様々な現実の商品に紐づくトークンなどが発行されるようになり、世界中でNFTが普及してくるのではないかと予想しています。
 

NFT関連の人気銘柄

NFT関連の仮想通貨で注目を集めている通貨を3つほど紹介します。
 
 

■NFT関連コイン①:ENJIN(ENJ)

NFT関連銘「ENJIN(ENJ)」
 
世界中で人気を博しているゲーム「マインクラフト」のゲーム内通貨としての利用が決まっている仮想通貨。
 
 
ENJINに対応していれば異なるゲーム間での資金移動が行えるようになります。
 
 
日本ではENJINとコインチェックの提携が決定しており、ENJIN(ENJ)のコインチェック上場が予想されます
 
 
日本国内の取引所への上場、マインクラフトという超大型タイトルでの実装となれば、他のブロックチェーンゲームやスマホゲームなども参入もあり得るかもしれません。
 
 
NFT関連の仮想通貨としては最も好ファンダ情報が出てきそうなコインだと思っています。
 
 
2020年末~2021年にかけて、期待したい仮想通貨です。
 
 
「Binance」に上場済みなので口座を持っていれば投資しておくこともできます。
 
 

■NFT関連コイン②:The Sandbox(SAND)

NFT関連銘柄「The Sandbox(SAND)」
 
日本のゲーム開発会社スクウェア・エニックスが出資しているブロックチェーンゲーム「The Sandbox」内で利用できるゲーム内通貨として発行されたコイン。
 
 
The Sandboxで発行される「NFT」はコインチェックが新たに開始するNFTマーケットで売買できる予定であり、ゲーム内通貨である「SAND」も同時期に上場させる可能性がありそうです。
 
 
「SAND」自体はBinanceにてIEOが行われ上場しているので購入も可能です。
 
 
価格についてはコインチェックにてNFTの取り扱いが開始した際に、The Sandboxの利用者がどれだけ増えるか?に掛かってくるのではないかと思います。
 
 

■NFT関連コイン③:Rarible (RARI)

NFT関連銘柄の「Rarible (RARI)」
 
アート作品に特化したNFTマーケットプラットフォーム「Rarible」の独自通貨(ガバナンストークン)です。
 
 

ガバナンストークンとは

プラットフォームの運営方針や開発の方向性を決める際の投票権が得られるトークン。保有してる企業の運営に口を出せる株主に近い意味合いを持つことが多い。

 
 
プラットフォーム内ではアーティストが作成した画像ファイルなどが主に販売されています。
 
 
▼販売商品の一部
Raribleで販売されてる作品の一部
 

SNSでの反応を見ると日本人の方も自分の作品を出品しているようで、既に販売出来たという方もチラホラ見かけました。
 

 

気軽に自分の作品を販売できるプラットフォームであり、購入した作品が再販することも可能。
 
 
作成者が再販許可を出した場合は著作権料を設定することも可能なので、転売されるほどに人気が出れば印税?も稼ぐことが出来るプラットフォーム。
 
 
日本においてはまだまだ知名度が低いですが、将来性のあるプラットフォームだと私は感じています。
 
 
ガバナンストークンの「RARI」はUNISWAPという取引所で購入が可能です。
 

NFT関連の通貨一覧

2020年10月現在、仮想通貨のランキングチャートサイト「CoinGecko」では、38種類のNFT関連銘柄が確認できました。
 
 
全ての通貨を紹介するのは困難なため、NFT関連の仮想通貨を一覧で探せる方法を紹介します。※理由は不明ですがスマホは利用不可。
 
 

1:CoinGeckoにアクセスし「フィルタ」をクリック

NFT一覧の表示方法手順①
 
 

2:「フィルタ」の下に表示された「カテゴリ」をクリック

NFT一覧の表示方法手順②
 
 

3:表示された一覧の中から「Non-fungible-token(NFT)」をクリック

NFT一覧の表示方法手順③
 
 
これでNFT関連銘柄のみを表示させることが出来ます。
NFT関連銘柄の一覧

 
公式サイトや個別チャート等のデータが確認可能です。
 
 

プロジェクトの詳細など個別の仮想通貨で調査して欲しいものがあれば、捜査依頼をください。
 

NFTの今後

NFTは日本でもコインチェックが新サービスの立ち上げを進めていることや、NIKEなどの大企業もNFT活用に向けた仮想通貨サービスを続々と開始し始めています。
 
 

コインチェックでの取り扱いを皮切りに日本でもNFT関連通貨の上場が活発になれば、NFT関連の通貨は我々の想像を超える急騰を見せる可能性を持つと思っています。
 
 
2020年上半期にバブルと化したDefiのような盛り上がりになるとは言い切れませんが、NFT市場は今後大きく拡大していくことでしょう。
 

 


 
 

人気記事一覧

NFT(ノンファジブルトークン)とは?仕組みからお勧め通貨まで紹介の口コミ

まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^