プラストークンが「ねずみ講だと思う理由」を説明します

通貨名 プラストークン(PLUS TOKEN)
通貨コード 不明
発行元 プラストークン
BCプラットフォーム ERC-20
総発行枚数 5億枚らしい
公式URL http://www.pltoken.co.kr/

プラストークンに詐欺の疑い。ただのねずみ講の可能性も…

MLM方式で急速にその認知度を高めていった「プラストークン(PLUS TOKEN)」。

 

 

月利29%などの高配当を謳い、今もなお勧誘が続いている状況に危機感を感じ、捜査を開始。

 

 

仮想通貨ポリスが突き止めた「プラストークン(PLUS TOKEN)」の4つの危険性について、お話いたします。

2019年1月11日:プラストークンの上場先がおかしい件

2018年末に、自社取引所の設立ETBOXへの上場を果たしたプラストークンでしたが、それらの取引所を確認すると非常に不安な状況であることが判明しました。

 

 

まずは上場を果たしたETBOXから確認していきます。

 

 

ETBOXが公開しているプラストークのチャートになるのですが、何故かチャートの更新が12月20日を最後に停止しています。

 

 

勿論、取引所自体が停止している可能性もあるため、ビットコイン(BTC)のチャートも併せて確認しましたが、無事2019年1月11日のチャートを確認することができました。▶証拠画像がコチラ

 

 

取引自体が行われなくなったのか、取引所の不具合なのか。

 

 

どちらにせよ、この状況で上場を果たしたから詐欺ではないなどと発信し続ける方々には疑問を感じます。

 

 

続けてプラストークン独自の取引所である「PsEx」を確認していきます。

 

プラストークンの取引は例によって行われていないのですが、「PsEx」についてはビットコイン(BTC)の取引すら行われていません

 

 

明らかに不自然ですね。プラストークンの謳い文句は世界中で大人気のはず。

 

 

この状況を見ると、誰も興味のない取引所にしか見えませんが…

 

 

そして、例のごとく自社取引所の設立を大々的に宣伝する方が非常に多いですが、誰もこの事実には触れていない状況に、違和感を覚えます。

 

 

プラストークンについてはポンジスキームの疑いが強いと以前から判断していましたが、これだけの材料が揃っていてもいまだ怪しいものであると私は判断しています。

 

 

▼以下、追記前の捜査レポートになります

①:取引所の認可が下りたは「ウソの可能性」

「プラストークン(PLUS TOKEN)」のアピールポイントとして大々的に宣伝されているのが、各国で取引所として運営する認可が下りているというもの。

 

 

認可が下りたとされる証明書も同時に公開していることから、決定事項のように広まっているこの情報。実は、証明書をよく見ると取引所の認可が下りたなどとは一切記載されていないことが判明しました。

 

 

これがどういう事なのか説明すると、掲載されてる2枚の証明書については

  • 左:コロラド州
  • 右:コロンビア州

 

2つの州から発行された証明書になります。

 

 

まず1枚目のコロラド州から発行された証明書については、プラスコイン財団なる企業の設立が認められたことと、設立者が「ENCK TIMOTHY LYNN」なる人物であると証明する文書となっていました。

 

 

「プラストークン(PLUS TOKEN)」や取引所に関する認可など、どこにも記載されていません

 

 

そして、2枚目のコロンビア州から発行された証明書については、プラスコイン財団が非営利団体だと証明する文書であることが確認できます。

 

 

結果的に、どちらの文書も取引所の認可に関わるものではなかったという事実が発覚。

 

 

そして、最も気になるのは、この書面には「プラストークン(PLUS TOKEN)」ではなく「プラスコイン財団」として記載されているという事。

 

運営会社は「プラストークン(PLUS TOKEN)」だと、日本サポートサイトには記載されています。どう見ても会社名が違う企業であることは明らかです。

 

 

この証明書をもって、「プラストークン(PLUS TOKEN)」は取引所の認可が下りているというのは少々無理があるのではないでしょうか?

 

 

②:会社名を隠して運営している可能性

「プラストークン(PLUS TOKEN)」について捜査を始める前に公式サイトを確認したところ、利用規約に不自然な点があるのを発見しました。

 

 

運営元が韓国にあるため公式サイトは韓国語で作成されているのですが、利用規約記載されているはずの運営会社名が確認できない状況となっています。

 

利用規約や個人情報の取り扱い方針についてのページでしたが、会社名が記載されていないものが果たして有効なのか疑問なところ。

 

 

また、「プラストークン(PLUS TOKEN)」韓国発の配当型ウォレットになります。

 

 

「プラストークン(PLUS TOKEN)」のウォレットアプリは70万DLを超えていると公式から発表がされています。

 

 

なぜ、母国語である韓国語(ハングル文字)で記載されている利用規約に誰一人として気が付かなかったのか。

 

 

明らかに不自然であるといえるでしょう。もしかすると、韓国人は誰一人サイトを閲覧していない可能性もあるのではないでしょうか?

 

③:日本サポートの背後は詐欺師の存在が…

「プラストークン(PLUS TOKEN)」の情報について日本語でまとめているというwebサイトを発見。

 

 

非常に詳しく「プラストークン(PLUS TOKEN)」について紹介されているため、興味のある方には非常に有意義なwebサイトなのでしょう。

 

 

ただ、このwebサイトのドメイン情報を確認したところ、契約契約者名の項目には「當間 健作」なる人物の名前が確認できました。

 

 

筆者がこの「當間 健作」について捜査したところ、ネット上では詐欺師と呼ばれる人物であることが発覚しました。

 

その他にも「与沢翼の弟子」などとして紹介されているほか、競艇詐欺などの情報も確認できます。

 

 

2013年当時には与沢翼らを筆頭にした「ネオヒルズ族」が台頭してきた時期でもありますから「當間健作」はネオヒルズ族とも何かしらの関連があるのかもしれませんね。

 

④「プラストークン(PLUS TOKEN)」の販売手法はただのマルチ

「プラストークン(PLUS TOKEN)」については、紹介を受けなければ利用できない投資案件とされているのですが、紹介者には報酬が入る仕組みであるMLM方式が採用されています。

 

自分をピラミッドの頂点に置き、自分が紹介した新規会員を自分の子としてピラミッド内に配置。それにより高額な報酬を得ることも可能になります。

 

 

Twitter等のSNSを見る限りでは、現在は配当の出金も出来ているなどの声が確認できます。

 

 

ただ、高配当を謳うMLMについてはそのほとんどがポンジスキームであり、自転車操業の上に成り立つシステムです。

 

 

報酬を支払い過ぎて運営元がパンクする際には忽然と姿をくらますのがこの業界の常識ともいえるので、「プラストークン(PLUS TOKEN)」についても注意したほうが良いでしょう。

 

 

プラストークンのようにいつ飛ぶのか分からないHIYPやMLMへの投資は当然ですがオススメしません。微々たる報酬を貰うために自分の資産を投下するのは非常にハイリスクです。

 

 

もし、本気で仮想通貨を使って稼ぎたいのであれば、直近で「ソルブ(SOLVE)」で4.5倍という価格予想を的中させた情報サイト「サーチインコイン(SIC)」の利用をオススメします。

 

 

管理人自身も1000万円ほどの利益を出している情報サイトになので、ご興味のある方は覗いてみるといいでしょう。

 

 

# 「サーチインコイン(SIC)」の捜査レポはコチラからどうぞ▶▶

公式サイトでは上記以外の実績もしっかりと公開している優良情報サイトとなりますので、ご興味があれば覗いてみてください。

 

プラストークン(PLUS TOKEN)のまとめ

  • 取引所の認可は虚偽の可能性が高い
  • 会社名を意図的に隠している可能性も
  • 詐欺師と呼ばれる人物が関与
  • ポンジスキームの危険性あり

人気記事一覧

プラストークン(PLUS TOKEN)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年6月8日

    プラストークンはもうオワコンだろ、100倍になったとか言っていまだに煽ってる奴もいるけど出金できなかったら100倍でも1000倍でも意味ないんだが。 

  • 投稿者名:ガーディアン2019年6月6日

    プラストークンを押してるブログなんかを見てると遠回しにポリスの事叩いてるけど、結局その自分のブログ無いでプラストークンがポンジスキームじゃない確固たる証拠を出せてないんだよね。机上の空論、ただ発表されてる数字だけで計算してそれをあたかもすぐに一気に手に入れられるように錯誤させてるだけで何の反証にもなってないんだよね。詐欺以外にないんだよね。こんな案件さ。俺なんかは回りくどいのが嫌いだから情報会社に上がる通貨教えて貰ってその通貨買って10日くらいで倍以上に増やしたけど、プラストークンなんて資金はロックされるし、元金以上儲けられるという保証はどこにもないから、単独でみても他と比べても使う価値が無いよね。

  • 投稿者名:匿名2019年6月5日

    プラストークンなんて明らかに詐欺なのにどうしようもない馬鹿な連中が紹介すれば儲かるってことだけを猿みたいに考えて四方八方に紹介しまくってるしょーもない案件だよ
    本当に儲けられる人はこんなもの使ってないし他人にも紹介したりしないから間違いなくね

  • 投稿者名:匿名2019年6月4日

    似たような案件いくつもあるけどどれもこれも廃っていっては新しい案件が生まれてる。無限に続く詐欺師案件。どれかにひっかかれば良いと運営者は思ってるんだろうが、こういう風潮もそろそろ終わりだろうな。規制が厳しくなるし何より本当に儲かる情報サイトが次々に出てきてしまってるから、いつまでたっても利益が出ない案件は過去の物に間違いなくなってくるよ。

  • 投稿者名:ETBOXの価格2019年6月3日

    ETBOXの価格みた?
    凄いよ。
    さすがアビドラで稼いでいるトークンだけはある(笑) 

  • 投稿者名:まともか?2019年6月3日

    最近日利10%のHYIPとか普通だからプラストークンがまともに見える説

  • 投稿者名:匿名2019年6月3日

    PsExには相変わらず新規登録出来ないのな。
    それでどうやって流通量を増やしていくんだか?
    やっぱりただのMLMだからこのトークンだけで純粋に儲けるってのは不可能な事なんだろうな。

  • 投稿者名:飯田君2019年6月2日

    月利10%の配当という時点で怪しまなきゃダメだろ。HYIPに対売る規制はないのか?と思うね。

  • 投稿者名:匿名2019年6月2日

    プラストークンはねずみ講。これは間違いない事実。仮想通貨ポリスの言う通り。こんな多くの人から否定されてる案件やるくらいなら推奨された案件やるほうがいいに決まってるでしょ。

  • 投稿者名:桜2019年5月31日

    プラストークンとICBウォレットというものを利用していましたが、どちらもポンジスキームである可能性が高く、配当も微々たるものでしたのでリスクを考え全て出金しましたよ。
    今はプラストークンとICBウォレットに預けていた資金を使って情報会社から仮想通貨の情報を買うようになり売買の指示等もいただいて最低でも月利300%以上の結果が出ています。
    リスクの高い案件でちまちま儲けるなら私のような儲け方が一番理想的だなと思いましたね。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^