SCFトークン「現地視察のヤバい真実」を暴露します

サービス名 SCFトークン(SCFToken)
運営会社 コーディングフライ社
通貨コード SCF
公式サイト https://scfly.io/scf/

SCFTokenはスキャムだった

月利8~16%を吐き出すHYIPとして人気のある「SCFトークン(SCF Token)」について捜査したところ、開発チームが存在していないという疑惑が浮上。

 

 

公式サイトにある開発チームの写真に隠された謎に迫ります。

2019年5月29日追記:SCFトークンの「ウラ情報」を公開

5月某日、とある人物から私の元へ、SCFトークンの情報提供を頂くことが出来ました。

 

 

以下が情報提供の詳細になります。

 

【1通目】
SCFトークンに関する情報提供

 

【2通目】

 

【3通目】

SCFトークンに関する情報提供3

※個人の特定に繋がりそうな部分を一部修正しています。

SCFトークンの運営会社を訪ねるため、シンガポールの視察に行かれた人物からの情報提供になります。

 

 

まず、頂いた情報を整理していきましょう。

視察の参加者は20~30名

運営会社を見ることができなかった

CEOは資料に載っていない女(真偽不明)

セミナー中もTシャツ、まるでサークル

バイナンスをパクった取引所オープン予定

COOの以外のエビデンスは取れず

 

 

ネット上で公開されている情報とは、ずいぶん話が違いますね(笑)

 

 

また、視察中に「SCFトークン」のCEOとして現れたのは資料に登場する「Bruce Zhang」ではなく、女社長を紹介されたとのこと。

 

 

訪問中に受けた印象としては、COOである「Roy Zhang」とされる人物は実在するものの、それ以外はほぼ架空の企業に見えるほどに杜撰だったとも仰っていましたよ。

 

 

もちろん、私が直接シンガポールに赴いて確認した情報ではございません。

 

 

ですが、この情報提供の内容を裏付けるかのように、視察に行ったと伝えているインフルエンサーたちは

 

運営会社のコーディングフライ社の写真

本社がある場所の住所は

COO以外の写真

開催されたセミナーの様子

 

視察に行ったにも関わらず、なぜ上記の写真を公開していないのでしょうか。

 

 

この状況を踏まえると、情報提供を頂いた方の話す内容が真実としか思えないというのが正直なところです。

 

 

私個人としてはインフルエンサーの方に、「アドバイザーが素材写真」という部分に反論してもらいたいものです笑

 

 

以上の内容から、「SCFトークン」は危険な投資案件であると判断せざる得ない捜査結果となりました。

 

 

今回の視察の件以外にも、まだまだ情報提供をお待ちしています。

 

 

既にいくつか入手している情報もございますが、裏が取れ次第公開させて頂きますのでお楽しみにどうぞ。

 

 

※以下、追記前の捜査レポートになります。

「SCFトークン」の運営チームに「素材画像」を発見

「SCFトークン(SCF Token)」の運営会社を捜査していると、運営に携わるアドバイザーの中に素材画像と思われる画像が使われているのを発見。

 

チームメンバーの顔写真を簡単に捜査しただけですが、既に運営チームが存在しない可能性が濃厚な証拠を見つけてしまうことに…。

 

 

「SCFトークン」のチームメンバーの顔写真として素材写真が使用されているのです。

 

 

※2019年5月18日追記:お詫び

「SCFトークン」のCOOである「Roy Zhang」について、合成写真の疑いがあるとして掲載しておりましたが、Twitterにてご本人であるとのご指摘を頂きました。

 

 

捜査不足により誤った情報を掲載してしまい、誠に申し訳ございませんでした。

 

「SCFトークン」はウォレットサービスの提供

 

 

「SCFトークン」自体については、独自の仮想通貨ウォレットを提供しています。

 

 

スマートフォン専用のウォレットとしして開発されたものであり、利用者が預けた資金をSCFトークン側がアービトラージで運用し、その収益の一部を配当するという仕組みになります。

 

 

その配当というのが物議を醸しており、なんと月利8~16%もの配当を支払うと説明しています。

 

 

普段投資をやられている方ならすぐに分かりますが、プロの投資家と呼ばれるようなトレーダーでさえ、最大でも年利20~30%を出せば大成功といえる投資の世界で最大で月利16%など限りなく不可能に近い数字です。

 

 

それも、配当の原資はアービトラージによる収益のみで賄っているとSCFトークン側は説明しています。

 

 

開発者が存在しない時点でこのような計算もなされていない詐欺案件であるという事がすぐに理解できますが、SNSでは今も盛んに勧誘が行われ続けています。

 

SCFトークンを勧誘するアカウントたち

 

「誰が作ったのか分からないアプリに投資しろ」という無責任なアカウントが多数存在します。

 

 

恐らく、運営自体は顧客から預かった資金を配当と称して支払う“ポンジスキーム”によるものと思われます。

 

 

SCFトークンは非常に危険な案件になりますので、注意してください。

 

 

SCFトークンのまとめ

・運営会社が架空の可能性

・本社の様子は現地に行っても確認できない

・運営体制がサークルレベル

・CEOは女性?

・アドバイザーが素材写真濃厚

・アービトラージではほぼ不可能な配当

 

 

 

人気記事一覧

SCFトークン(SCFToken)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年7月16日

    最近の価格の暴落ぶりは正直見ていて笑うしかない。
    いくらね、このトークンを持ってたら配当が貰えるよーって言われたって、トークン自体の価値が無いんじゃお先真っ暗でしょ。
    運営側だってやってけないだろうし。
    そうなったら運営はどうするかって、飛ぶしかないよね。

  • 投稿者名:匿名2019年7月15日

    大元は同じってのはあるかもしれないですね。最初から架空の運営者で架空のオフィスでってやっているわけですから、中身同じの見た目だけ違う案件を作ればいくらでも引っかかる人がいるでしょう。

  • 投稿者名:匿名2019年7月14日

    明日でメンテナンス終了ですね!
    どうかメンテナンス終了と同時に消えたりしませんように!(笑)

  • 投稿者名:匿名2019年7月12日

    SCFトークンも7月15日までにメンテナンスを行うとかいってるけど、マジでウォレット系投資案件って大元は全員同じなのか?15日に何があるんだ?これで15日になって全部の案件が消滅したりしたら受けるな。

  • 投稿者名:匿名2019年7月12日

    配当ウォレットを批判してる奴なんて所詮、初期のチャンスに気づけなかった奴か、紹介できない(ビジネスセンスがない)から嫉妬してるゴミしかいないんだし、無視でいいと思うけどね

    トレードもビジネスも投資の世界もまったく一緒ですよ

    負ける奴がいるから勝てる

  • 投稿者名:匿名2019年7月11日

    何一つ本当の情報が出てないって、逆に凄くないですか?要するに作り話って事ですよ。メンバーが作られている時点で全てが作り話という事なんです。

  • 投稿者名:匿名2019年7月11日

    690億円の詐欺被害があったD9クラブも着金の遅延から始まったよね。
    終いにはいくら待っても着金されなくなって終了。
    SCFトークンもこれからそんな流れになるかな?

  • 投稿者名:匿名2019年7月10日

    こういう詐欺ってわかる人にはすぐわかるけど、簡単に騙されてしまう人がたくさんいるから無くならないんだろうね。SCFトークンもそうだけど、こういうの主催してる人間側からすれば日本中から鴨がネギを背負ってやってくるようなもんだろうしね。

  • 投稿者名:匿名2019年7月9日

    海外サイトで大っぴらに詐欺と指摘されている、上場したコイナンスもうまく動かない、提携先のZBは何やらキナ臭い動きをしてる。SCFトークンの周りはこういうのばっかりですね。詐欺って疑えるような内容が多いって時点で大切なお金を任せるなんてありえないです。

  • 投稿者名:匿名2019年7月9日

    SCFトークンは今日で約50%も価値が落ちた。ウォレットから基本SCFトークンしか出せないようにしたわけだから当然の成り行き。またコイナンスの出金の遅さやサポートは存在するのか?というような対応の悪さも多分に影響していることだろう。取引所として成り立っていない。こんなお粗末な取引所もあるのかと認識させられる。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^