WINは将来有望な仮想通貨なのか?特徴や将来性から今後爆上げするのか調査

WINのサムネイル画像
コイン名WIN

WINとはどんな仮想通貨?将来性はあるのか

WINはオンラインカジノで流通する仮想通貨であり、2021年4月に価格が30倍近く高騰したことで注目を集めました。
 
 
今回、WINは爆上げする可能性を秘めた仮想通貨なのか調査したところ、近い将来に価格高騰する可能性が高いことが分かりました。
 
 
>>高騰期待、短期で上がるコインが知りたい人はコチラ
 
 

WINは今後、どのような理由でいつ爆上げするのか。
 
 
以下の記事ではWINの特徴や将来性について解説しながら、高騰の可能性を話していきます。
 

WINとはどんな仮想通貨?

WINkLink(WIN)は、オンラインカジノで流通している仮想通貨であり、色々なギャンブルゲームを遊んだり、自分でゲームの開発も行えるプラットフォームが発行する独自の仮想通貨として誕生しました。
 
 

WINは日本にも上場する仮想通貨「TRON(TRX)」のブロックチェーンを使い開発されました。
 
 

現在はオンラインカジノ以外にも、ブロックチェーンに外部の情報を取り込む技術「オラクル」に力を入れています。
 
 

WINが提供するオラクルを使う事でアプリの開発者は
 

・スポーツの試合結果
・世界中の株価
・選挙の得票数や結果
 

といった、ブロックチェーン上に存在しない情報をリアルタイムでブロックチェーンに反映出来るようになります。
 

スポーツの試合結果にお金を掛けるスポーツベッティング、特定の株式と価格が連動する仮想通貨を発行するDeFi業者など、WINは様々な分野で活用され始めています。
 

WINの特徴、どんな仮想通貨なのか

自社のオンラインカジノがある

WINのオンラインカジノ
 
WINは独自のオンラインカジノプラットフォームを運営しており、TRONウォレットを持つユーザーは誰でも仮想通貨を使ってカジノゲームを利用することが出来ます。
 
 
既に300種類近いカジノゲームがある他、宝くじ、スポーツベット、オンラインポーカーなどのカードゲームを遊ぶことが出来ます。
 
 
※注:2021年9月現在、オンラインカジノが受け入れられていない中国、フランス、日本の在住者の利用を制限しており、WINにアクセスすることが出来ません。
 

TRON(TRX)からの出資、業務提携している

WINは日本にも上場する仮想通貨TRONのブロックチェーンを使用しているのですが、プロジェクトの将来性に期待したTRON財団から出資を受けて戦略的パートナーシップを結んでいます
 

TRONチェーンを使ったアプリ開発の支援を行っている

WINはオンラインカジノ以外にも、ブロックチェーンに外部情報を取り込むオラクル、セキュリティを高めるVRFの提供を行っています。
 
 
WINの登場によって開発者は難しいプログラムを使わずに正確な外部情報をスグに入手でき、自社サービスのセキュリティを高めることが出来るとして、TRONを使ったアプリ開発の支援を行っています。
 

WINの将来性、今後 価格は上がるのか?

WINは今後、価格がまだまだ上がる可能性を持つ将来性の高い仮想通貨だと言えます。
 

その理由は
・アメリカでオンラインカジノの合法化が進んでいる
・ブロックチェーン業界のDeFiブームの恩恵を受ける
・TRONのCEO「ジャスティン」によるWINのマーケティングが行われる可能性
 

上記の理由から、WINの価格は今後上がる可能性があると考えています。
 
順番に解説していきましょう。
 

アメリカでオンラインカジノの合法化が進んでいる

2021年4月に、アメリカのニューヨーク州でオンラインカジノを合法化する法案が可決され、WINの価格は30倍近い価格へと高騰しました。
 
WINのチャート
 
コロナ禍による税収の減少を抑えるための手段として合法化されたオンラインカジノ。
 
 
2021年現在は全米の16州で合法化されているため、まだ36州では禁止されている状態です。
 
 
ニューヨーク州の合法化によってその他の州でも合法化が進むことが予想されるため、オンラインカジノ事業への期待感が高まりWINの価格が今後高騰する可能性は十分に考えられます
 

ブロックチェーン業界のDeFiブームの恩恵を受ける

2020年にTRONは「Defiに注力していく」という旨の発表を行いました。⇒実際のニュース記事
 
 
これまでにDeFiはイーサリアム関連 → バイナンス関連 → Solana関連 → Polygon関連といった具合に、ブームになるブロックチェーンは移り変わってきました
 
次のブームが訪れる候補としては
・TRONチェーン
・AVAXチェーン
・HECOチェーン
 
などのチェーンが期待されており、その中でも知名度の高いTRONはネクストDeFiブームの有力候補であると考えられています。
 
 
TRONチェーンで新たなDeFiブームが起こった場合、開発支援を行うWINは様々なプラットフォームでの利用が予想されます。
 
 
TRON関連コインの中でも、WINは特にブームの恩恵を受けやすい仮想通貨であると言えます。
 

TRONの「ジャスティン」によるWINのマーケティングが行われる可能性

これは先に解説した2つに比べるとおまけ程度の要因ですが、「ジャスティン」がWINのマーケティングを本格的に行った場合、WINに興味の無かった仮想通貨投資家による買いが起こる可能性を秘めています。
 
 
ジャスティンて誰だよ。という方に説明すると、ジャスティンはTRONを開発したTRONの社長になります。
 
 
ジャスティンは投資の神様と呼ばれる「ウォーレン・バフェット」との会食の権利を5億円で落札するなど、SNSやメディアを使った話題作りを良く行う人物です。
 
 
ジャスティンは2021年8月にWINと共にブロックチェーンゲーム専門の投資ファンドを立ち上げていることから、WINに関しても積極的に情報発信していくことが予想されます。
 
 
有名人のツイート1つで価格が高騰!みたいなことが現実に起こるのが仮想通貨の世界なので、これもWINの価格が高騰する可能性が高いと考える要因の一つといえます。
 
 


 
 

WINの爆上げ材料、価格影響を与えるイベント

これまでにWINの価格に影響を与えてきたニュースやイベント等から、今後WINが高騰し利益を取りやすくなるタイミングをご紹介します。
 

①:オンラインカジノの合法化

まずは将来性の項目でもお伝えした、オンラインカジノが禁止されている地域での合法化というニュースです。
 
 
既にニューヨーク州での解禁で価格が30倍近くまで高騰した件を考えると、ニューヨーク並みにネームバリューのある地域での合法化によってWINの価格大きな影響を与える可能性があります。
 
 
ニューヨークでの解禁が2021年8月ですから、2022年には更に合法化の流れが加速することが予想されます
 
 
WINの現在価格は0.07円と非常に安いので、少額で投資することが出来ます。
 
 
長期目線で今の内に仕込んでおくという判断もアリだと個人的には思っています。
 

TRONチェーンでDeFi、GameFiがリリース

TRONのジャスティンは2020年にDeFiの準備を始めていると発言し、2021年にはGameFi(仮想通貨が稼げるゲーム)に出資する投資ファンドを設立しています。
 
 
ジャスティンが出資したゲームTRONチェーンに増えてくるタイミング、出資からある程度の開発期間を考えると2022年春頃には増加してくると思われます。
 
 
その際、様々なサービスはWINを使う事で簡単に外部データを取り入れることが出来るため、WINの需要が上がることで価格高騰に繋がることが予想できます。
 

ジャスティンがWINを宣伝するタイミング

TRONのCEOジャスティンは、仮想通貨業界で大きな影響力を持つインフルエンサーとしても有名な人物です。
 
 
彼のツイートや発言によってTRON関連コインの価格が動くこともあり、それはWINも例外ではありません。
 
 
WINはジャスティンと共に投資ファンドを設立していますから、ファンドの投資先が決定した際などはWINのオラクルが使われるなどのツイート、WINの新サービス開始などをツイートする可能性が高いです。
 
 
ツイートの時期を見極めることは難しいですが、予めジャスティンのTwitterをフォローしておくことで爆上げの初動を掴めるかもしれません
 
 
以上のような点から、WINは短期、中期での高騰に期待できる仮想通貨だと判断しています。
 
 
近々で急騰する!とは言えませんが、購入して半年くらい放置してられる方にはお勧めできる、将来性の高いアルトコインです。
 
 
数週間以内の急騰を見込むアルトコインの方が知りたいという方は「アルトバンク」を利用してみてください。
 

WINの価格、これまでのチャート

▼WINのチャート
WINのチャート画像
 
2020年から2021年9月までのWINのチャートです。
 
 
リリースから大きな価格変動はなかったものの、第二の仮想通貨バブルやオンラインカジノ合法化による影響で一時高騰し、現在は0.07円当たりを推移しています。
 

WINの買い方

WINは様々な仮想通貨取引所で購入可能ですが、日本の取引所では購入することが出来ません
 
 
バイナンスでは全7つの通貨ペアを取り扱っているため複数の購入手段を取ることが出来るのでお勧めです。
 
 
日本円からWINを購入するには…
・日本の取引所で仮想通貨を購入
 ↓
・海外取引所に仮想通貨を送金
 ↓
・海外取引所でWINを購入
 
という手順が必要です。
 
 
日本から仮想通貨を送金する際には手数料の安いリップルやネムを使いましょう
 
 
ビットコインやイーサリアムは1度の送金で5000円の手数料を取られることがあるのでお勧めしません。
 
 
なお、日本で購入可能な仮想通貨だとWINを直接買えるのはTRONのみなので、TRON以外での購入を考えている方は一度バイナンスに送金し、WINが購入可能なBNBなどに換金してから購入しましょう。
 
 

WINのまとめ

WINは、オンラインカジノで流通しているコインでありながら、TRONチェーンを使ったアプリケーションの開発支援も行う仮想通貨です。
 
 
ブロックチェーン業界以外にも、拡大を続けるオンラインカジノ業界の発展が価格に影響する将来性の高い仮想通貨だと言えます。
 
 
過去に1度暴騰しているものの、WINはまだまだ高騰の可能性を秘めています
 
 

人気記事一覧

WINの口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年10月31日

    @WINkorg777.の毎日の配当で、現在の#WINkLinkは冗談みたいな価格です。年初来高値から75%下がっていますが、GameFiやPlay-to-earnの分野では、$WINをコアトークンとして#Tronで多くの新しいことが起きています。その一部になれるのは楽しいですね。

  • 投稿者名:匿名2021年10月31日

    WINkorg777とWinkLink_Oracleの2つの主要プロジェクトは、日に日に強力なファンダメンタルになっています。そのため、近い将来、投資家の心を揺さぶるような出来事が起こる可能性があります。

  • 投稿者名:匿名2021年10月26日

    WINKは私たち全員を勝たせてくれます。WINのエコシステムに含まれるこれらのプロジェクトの真の可能性はまだ開拓されておらず、それが最高の投資と長期的な資産形成の機会となっています。

  • 投稿者名:匿名2021年10月13日

    WINはバーンしたけど上がらないですね、織り込み済みなのでしょうか?ちなみにLPステーキングがアップデートされて現在、

    Duration: 60 Days
    Staking fee: 1%
    Referral reward: 5%
    Reward: 200,000 ICR

    となってます。

  • 投稿者名:匿名2021年10月13日

    おめでとうございます!!今日も買い戻しとバーンがありました。合計150,000,000WINがバーンされました。 目指せ1WIN=0.01ドル!!

  • 投稿者名:匿名2021年10月12日

    $WINは、主要な#TRONエコシステムプロジェクトの1つでジャスティン・サンがチーム内にいます。Winkcomunityは詐欺的なパンプアンドダンプに従わず、行動によって成長します。しばらくお待ちください。

  • 投稿者名:匿名2021年9月15日

    近いうちに ジャスティンサンとお友達がWINkLinkについてネタバレするかもしれん。TRONとそのブロックチェーン上にあるトークンでいかにして儲けるか。 株式市場や暗号資産市場でどのようにゲームが行われているかがわかるでしょう。

  • 投稿者名:匿名2021年9月14日

    2~3年は投資家に媚を売って時間稼ぎして、中身のないプロジェクトは消え去るのみ。市場の動きに合わせて動いているのは間違いない。TRONは世界で最も優れた取引所に上場しているのに、WINkLinkはなぜこれらの取引所に上場しないのでしょうか…。

  • 投稿者名:匿名2021年9月13日

    Wink NFTのサイトを覗いたらNFTだけでなく”https://www.WinkNFT.org “のドメインまで売りに出てて草、あれは本当に公式サイトなのか?流石「現在、市場で最もホットなトロンベースのNFTプロジェクト」だね。

  • 投稿者名:匿名2021年9月10日

    IOST爆上げの陰で下落を続けるWINkLink、久しぶりのICO割れにホルダーの怒り爆発であちこちで燃やせ燃やせの大合唱。運営よ、これはバーンするしかない。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^