アマテラスコインに「危険信号」絶対に投資しない方がいい。

通貨名アマテラス
販売会社株式会社BANKER6
会社所在地愛知県名古屋市西区名駅2丁目9-14第15平松OFFICE3階
代表者名下田隆
電話番号 052-756-2775

アマテラスが危険すぎる…

仮想通貨の情報業界では割と有名な「坂本よしたか」「清水聖子」の2名が紹介する「アマテラス」なるIEO案件を捜査しました。

 

 

捜査により判明したのは、商品ページとはかけ離れたアマテラスのひど過ぎる実態の数々。

 

 

以下の捜査レポートでは、アマテラスについて判明した““真実の話””を記載しております。

 

おい、言ってることが違うぞ

仮想通貨に関連した情報商材の販売を繰り返している「坂本よしたか」が紹介を始めたIEO案件である「アマテラス」。

 

 

実はこの「アマテラス」を「坂本よしたか」が紹介するのは2度目であり、前回は2019年7月と2か月前にも紹介を行っていた模様です。

 

坂本よしたかが紹介するアマテラス

 

前回は資産が50倍になるという謳い文句で宣伝していたものの、それではダメだったのか、今回のアマテラス紹介ページでは30倍という、やや数字を少なく表記しています。

 

 

このことから分かるのは、設定された資産30倍や50倍という数字はテキトーにつけたものだという事。

 

 

7月に「稼げる、稼げる」の一辺倒で販売しようとしたアマテラスでしたが、おそらく前回は思うように販売できなかったのでしょう。

 

 

まるで不良在庫の投げ売りですね(笑)

 

 

今だけ購入できます!という謳い文句で購買欲を煽る、情報商材屋のありがちな販売手法を取っておりますが、そのような期限はあってないようなものですのでご注意ください。

 

アマテラスにもう一人、危険人物が…

「アマテラス」の紹介ページに掲載された動画には、「坂本よしたか」とは別にもう一人女性が出演しています。

 

 

清水聖子(年齢不詳)」という人物であり、彼女もまた怪しい情報商材の販売を繰り返している人物となります。

 

 

※清水聖子については個別に捜査を行った捜査レポートがございます。これまでの悪事を暴いておりますので、ご興味があれば合わせてご覧ください。⇒清水聖子の捜査レポートはこちらから▶▶

 

 

ちなみに、「清水聖子」と検索すると、以下のような検索結果が表示されることは周知の事実で…

 

アマテラスコインを紹介する清水聖子の検索結果

 

名前で検索しただけで↓

返金

集団訴訟

騙された

 

などの広告やウェブページが表示されます。いかに「清水聖子」が悪質な商材ばかりを紹介していたのかが良くわかります。

 

アマテラスはただのパクリ

アマテラスがどのようなIEO案件なのか、公式ページには以下のような特徴を持つ仮想通貨だと記載されています。

 

・アミューズメントセンターを運営できる

・短期的な爆発的資産増加が見込める

・仮想通貨取引所によるIEO案件

 

アマテラス最大の特徴としては、オンラインパチンコという全く新しいサービスに利用できる仮想通貨(トークン)という部分なのですが、それは明らかにオカシイ。

 

実は、このアマテラスを利用したオンラインパチンコは2018年に別の企業がすでに始めていることがわかりました。

 

 

2018年時点でアミューズという企業がすでにオンラインパチンコを提供しています。

 

 

何が言いたいのかといいますと、つまるところアマテラスはただのパクリだったという事。

 

 

2番煎じの丸パクリサービスがでたところで、市場にどれくらい影響を与えられるでしょうか?

 

 

仮想通貨ポリスとしては、影響はほぼ与えられないと予想しています。

 

 

それを我が物顔で画期的なサービスだと言い切る「坂本よしたか」並びにアマテラス運営陣には寒気がしますよ。

 

アマテラスの周りにいる怪しい奴ら

アマテラスが大手メディアに掲載される優良案件だと公式ページには掲載されていることが確認できます。

 

 

実際に「クリプトクラウド」なる暗号通貨の専門誌に掲載されたとのことですが、このクリプトクラウドが非常に不吉な雑誌であることをご紹介しましょう。

 

①非合法の取引所を紹介している

 

 

クリプトクラウドの前身である「ICOクラウド」という雑誌の表紙に「クロスエクスチェンジ」という名前を確認。

 

 

クロスエクスチェンジといえば、日本国での営業許可を得ないまま日本人向けにサービスを提供し続けることをやめない非合法の取引所。

 

運営陣には過去にせどりの悪質情報商材を販売していた人物がいるなど、グレーな噂が絶えない取引所です。

 

クロスエクスチェンジの捜査レポートはこちらから▶▶

 

②逮捕歴アリ?な疑いのあるICO案件を紹介

2019年4月に開催された、クリプトクラウド主催の仮想通貨セミナーにて、危険な人物がセミナー講師として参加していることが判明。

 

ミートアップに参加するキュラスコインの創設者

世界発の匿名スマートコントラクトを提供するというキュラスコインの創設者がセミナーに登壇するとのこと。

 

 

キュラスコインのといえば、販売代理店を務めていた企業の人間が、覚せい剤で逮捕されているなどの黒い噂が絶えないなど、裏社会とのつながりも危惧されているプロジェクト。

 

③巨額詐欺事件に関与した人物がセミナー講師

 

セミナー講師として掲載されている人物の中に「チャーリーTAKA(田塩享寛)」の名前が。

 

 

彼は被害総額450億円という、日本でも稀にみる超大型投資詐欺「スピーシー事件」の首謀者であると言われている人物。

 

 

何故このような詐欺業界の大物を実績のある投資家としてセミナーに講師として登壇させているのか。

 

 

もしかすると「クリプトクラウド」自体が「チャーリーTAKA」の息が掛った雑誌なのかもしれません。

 

 

昨今の仮想通貨専門誌に関しては、大手の出版社だけでなくこのように情報商材業界の人間が隠れて運営していることも確認されています(月刊○想通貨など)。

 

 

メディアに掲載された、という情報だけを鵜呑みにするのではなく、掲載先のメディアがどんなものなのか?確認することをお勧めします。

 

アマテラスコインの販売会社を捜査

「坂本よしたか」が全力で紹介するIEO案件である「アマテラスコイン」ですが、日本国内において販売を行うのは一体どんな企業なのでしょうか?

 

 

公式ページ内に設置されている「特定商取引法に基づく表記」のページを確認します。

 

アマテラスコインの販売会社

 

販売会社:株式会社BANKER6

所在地:愛知県名古屋市西区名駅2丁目9-14第15平松OFFICE3階

責任者:下田 隆

 

という企業、人物の名前が確認できました。

 

 

どうやら「坂本よしたか」は販売責任者ではない模様です。

 

 

坂本よしたかは集団訴訟を起こされそう

数々の情報商材を販売し続けてきた「坂本よしたか」でしたが、2019年現在は過去に販売していた情報商材の1つである「新時代ベーシックインカムプロジェクト」という情報商材の件で、集団訴訟を起こされそうになっていることが発覚しました。

 

坂本よしたかに集団訴訟

 

集団訴訟に発展するかどうかについてはまだ不明ですが、事実として集団訴訟を起こされかねない商品を販売していたという事ですから、今回のアマテラスコインについても注意すべきだとみて間違いないでしょう。

 

 

以上の捜査結果から、仮想通貨ポリスでは「アマテラスコイン」は投資すべきではないIEO案件だと判断いたします。

人気記事一覧

アマテラスの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年10月17日

    IEO案件なんだよね?IEO案件なのにどの取引所で実施されるのかわからないとかおかしくない?普通最初にそれを伝えるよね。日本で利用できない取引所だったりしたらどうすんの?そういう責任逃れのために取引所の事を隠したりしてるのかな?

  • 投稿者名:坂本は詐欺師2019年10月15日

    坂本よしたかは本当にありとあらゆる詐欺案件を放出しますよね。間違いなく反社と繋がってるでしょうね。そうでなければこんな表立って詐欺の広報活動なんて出来っこないですから。つまりこういう案件の裏には全て反社が関わっているということ。ちゃんと投資をしてちゃんと資産運用を考えたいということなら正規の企業が行ってる情報サイトから勝てる通貨を教えて貰うのが最良でしょう。

  • 投稿者名:日本の仮想通貨の未来を考える2019年10月12日

    アマテラストークンについてのICOについて勧誘、または、質問したい人は、日本仮想通貨交換業協会 : https://jvcea.or.jp/ のサイト内にてメッセージを送るか、電話で問い合わせしたい場合は、03-3222-1061 に問い合わせしてみたら、どうでしょう。

  • 投稿者名:匿名2019年10月11日

    こういう詐欺IEOを推奨するのはどうして詐欺にならないんだろう?
    特に今まで詐欺商材ばっかり売ってきた二人なんだから前科もあるだろうに。

  • 投稿者名:匿名2019年10月8日

    ICOの時点で9割スキャムと言われていますけど、そこに更に清水聖子が加わてくると10割スキャムになりますよ。そして坂本よしたかですもんね。商材界の詐欺師二人が推奨する通貨なんて危険でしかないですよ。

  • 投稿者名:匿名2019年10月7日

    アマテラスってネーミングからして胡散臭い。
    本当、商材屋が考えた「THE・詐欺商材」って感じ。
    IEOだろうが何だろうが、これ使って利益獲得するのは土台無理な話だろうね。

  • 投稿者名:匿名2019年10月6日

    清水聖子は過去に何度も詐欺を働いているというのに逮捕されずにのうのうと生活しているのが信じられませんよ。更にいえば新たな詐欺を手に掛けるとは。どういう神経してるんでしょうかね。いや、もう神経なんてとっくに抜いてるのかも知れませんね。じゃなきゃ詐欺なんてできませんよ。

  • 投稿者名:詐欺コインアマテラスを追う2019年10月6日

    このアマテラストークンの本質は、ヤミスロと同じスキームということになる。世界のゲーミングライセンスを取得せず、無許可、無認可で、中古のパチスロ機を買い、そのパチスロのクリエイティビティの著作権料も中古だから払う義務がないというこ理由で払わず、そのパチスロ機を使って、世界中の人々にそのアマテラスというトークンで賭け事をさせる仕組みである。この組織集団がやる手で、国と国をまたいでいれば、裁かれる可能性は低いと考えているのではないか。つまり、このヤミスロスキームも通用すると考えているのではないか。このような行為が現在の日本の法律で違反になる、ならないにかかわらず、このようなことを考え、実行している時点で、倫理観の欠如している拝金主義集団のトークンは、日本人であれば、買うことはすべきでない。そもそも日本国民に対して仮想通貨無登録業者が仮想通貨を業として売買行為は、現時点でも違法なので、売る人も買う人もいないと思いますが。

  • 投稿者名:アマテラスICOは、脱法行為?2019年10月5日

    はじめまして。アマテラスにつきまして記事を読みました。

    アマテラスのICOのチームが深く関与している取引所は、下記のようです。
    https://rexxchain.org/?page_id=282

    また、下記URLの内容引用すると

    “外国仮想通貨交換業者は、日本国内居住者に対して仮想通貨取引の勧誘をすることを禁止されている”

    “勧誘を禁止されている行為は、①仮想通貨の売買または他の仮想通貨との交換、②①にある行為の媒介、取次ぎ又は代理、③①・②にある行為に関して、ユーザーの金銭または仮想通貨の管理をすること、である”

    の行為を全て今現在もこちらの取引所の組織は行なっております。金融庁は、なぜ、こちらの取引所に警告を出さないのでしょうか、不思議です。

    https://topcourt-law.com/virtual_currency/foreign-solicitation-regulation

  • 投稿者名:匿名2019年10月2日

    IEO?ICO?なんですかね?一応は。シンプルに「単なる詐欺」としか思えないのですけどね?

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^