HIGH(High Street) 仮想通貨 – バイナンスが認めた期待のコイン

サービス名High Street
トークンシンボルHIGH

HIGH(High Street)の特徴、将来性について

バイナンスに新規上場したメタバース関連の仮想通貨であるHIGH(High Street)
 
 
2022年に高騰が見込めるのか?HIGHの特徴を調べていたところ…
 
 
バイナンスが将来性に期待している数少ない仮想通貨の一つであることが判明。
 
 
バイナンスも認めたメタバース仮想通貨「HIGH(High Street)」とは一体、何なのでしょうか?
 

HIGH(High Street)とは

HIGHは、「メタバース」と呼ばれるネット上の仮想空間の中で、ゲームをしたりネットショッピングが出来るサービス「High Street」が発行する仮想通貨です。
 
 
「High Street」はゲームして遊ぶだけで仮想通貨が稼げる「Play-To-Earn」の仕組みを取っており、ゲーム内で使われる通貨に仮想通貨を採用しています。
 
 
指定されたクエストをクリアしたり、ゲーム内で入手したアイテムを売買することで仮想通貨を稼ぐことができ、稼いだ利益は仮想通貨取引所で換金すことも可能。
 
 
2021年12月には世界最大の取引所であるバイナンスにも上場したことで注目を集めるメタバース関連銘柄の1つになります。
 

HIGH(High Street)の特徴

メタバース×ネットショッピングという新しいサービス

HIGH(High Street)最大の特徴は、現実世界の商品をメタバース内で購入できるネットショッピング機能がついている点です。
 
 
具体的には、ネット上のデータに所有者や作成者の情報を紐づけてブロックチェーンで管理できるNFTという技術を使い、メタバース内の商品をいつ、誰が購入したのかをHigh Streetでは全て記録しています。
 
 
HIGH(High Street)仕組み
HIGH(High Street)のネットショッピングの仕組み
 
メタバース内にあるショップでゲームのキャラクターに着けるアイテムを購入すると、現実世界にある同じ商品も購入したことに
 
 
そして、この現実の商品に紐づいたNFTの購入代金に使われているのが、独自通貨である「HIGH」になります。
 
 
High Streetを使えば、駅前で友達と買い物をするかのようにメタバース内でネットショッピングが出来る。
 
 
現在はバレンシアガなど、ハイブランドの参入も決まっています
 
 
もしかすると、High streetで世界中の友人と一緒に買い物をすることが当たり前の世界がやってくるのかもしれません。
 

High streetをプレイするだけでお金が稼げる

High streetではただゲームを遊ぶだけじゃなく、以下のような行動を取ることでゲーム内に流通する通貨「STREET」を入手できます。
 
・モンスターハントやクエストの完了
・ソーシャルイベントの参加
・プレイヤーとの交流
・商品の購入
・ギャンブルやカジノ
 
入手したSTREETはゲーム内で使う武器や回復アイテムなどに使用できる他、現実世界のアイテムを購入するのに使う「HIGH」にも交換可能。
 
 
つまり、ゲームでお金を稼いでショッピングもできてしまう
 
 
この2つの機能がHigh streetが他のメタバースとは違う特徴になります。
 

バイナンスに新規上場

2021年12月にバイナンスに新規上場を果たしています。
 
 
バイナンスの社長CZ氏は過去に、メディアから「新規上場させるコインの基準は何ですか?」と聞かれた際に…
 
「コインに多数のユーザーがいれば、そのコインを上場させるだろう。それが圧倒的に重要な属性だからだ。」
 
と回答しています。
 
 
つまり、High streetはバイナンスの上場審査を超えられる程度にはユーザーが集まっていると考えて良さそうですね。
 

HIGH(High Street)将来性・今後の展望

HIGH(High Street)については、今後の価格高騰も期待できる仮想通貨だと言われています
 
 
その理由は「メタバースと稼げるNFTゲームが組み合わさったことが大きく関係しています。
 

メタバースと稼げるNFTゲームが組み合わさる

High Streetのようなサービスを指す「メタバース」という言葉は、実は2000年代から存在する言葉で、2021年に注目される前から様々なメタバースが存在していました。
 
・任天堂のどうぶつの森
・スクエニのFF14
・各種MMORPG
 
でも、これらはあくまでゲームであり、ゲームとしては有名でしたがメタバースとして注目を集めてはいませんでしたよね。
 
 
その大きな理由は、これまでのメタバースゲームはお金を稼ぐなどの経済活動が行えなかった事。
 
 
いくら時間をかけてキャラクターを育てたところで、サービスが終了してしまえばそのデータには何の価値も残りません。
 
 
ですが、High Streetを含むブロックチェーンを使ったメタバースには共通して、お金を稼げるという機能が追加されています。
 
 
ゲームでモンスターを倒して報酬を得てもいいし、アイテムを売買するお店を開いて商売してもいい。
 
 
自分でオリジナルのアイテムを作るデザイナーにだってなれる。
 
 
そして、メタバースで稼いだお金は現実世界のお金を同等の価値を持っている。
 
 
今注目を集めるメタバースは新たな経済活動の場としての可能性を秘めているんですね。
 
 
メタバース自体は2021年末から注目を集めた新しい分野なだけあり、まだまだサービスは開発途中、発展途上です。
 
 
メタバースブームのきっかけを作ったMeta(旧フェイスブック)はメタバース事業に100億ドル(約1兆1000億円)の開発資金を用意し本格的にメタバースサービスを開発し始めています
 
 
稼げるゲームという機能を得た新時代のメタバースは2022年、2023年にさらなる発展を迎えるのではないでしょうか。
 
 
そんな中でもHIGH(High Street)は既に一定のユーザー数を獲得しており、バレンシアガといった一流ブランドの参入も決定している有望なメタバースゲームです。
 
 
これから先メタバースの認知度が高まるたびに訪れるであろう第二、第三のメタバースブームの恩恵を受ける可能性は十分に考えられます。
 
 
HIGH(High Street)に関しては既にバイナンスに上場しているという点も、他のメタバース銘柄に比べると買いが入りやすい仮想通貨と言えます。
 
 
バイナスは特定の分野が話題になると、その中でも期待できる仮想通貨を上場させる傾向があるので、HIGH(High Street)はバイナンスも将来性に期待する銘柄であるという見方もできます。
 
 
イーサリアムキラーとして期待されるSolana(SOL)
元祖、稼げるNFTゲームのAxie Infinity(AXS)
 
これらのコインもそれぞれの分野が話題を集めた時期にバイナンスへと上場し、1年かからずに価格は100倍以上へと高騰しています。
 
 
HIGH(High Street)のようにバイナンスが目を付けた新たな分野のコインは爆発的に価格を伸ばす可能性を秘めています
 
 
バイナンス上場銘柄の中から高騰が期待できるコインの情報を教えてくれる「アルトバンク」などもあるので、上手く活用したいものです。
 
 
最近ではメタバース、NFT関連で爆発的に急上昇したコインの情報が出たと評判なので、興味のある方は調査レポートをご覧ください。
 
 
>>バイナンス上場銘柄から高騰期待のコイン情報を配信「アルトバンク」
 
 

人気記事一覧

High Streetの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年2月2日

    なんだかんだ言ってバイナンスに上場できてるのは信用できる。はっきり言って日本の取引所に上場できても全然信用できないがバイナンスの上場審査に通ったのは儲かる可能性が高い。

  • 投稿者名:匿名2022年1月26日

    バレンシアガが見たいなハイブランドの参入が決まってるのはいいですね。
    モード系のハイブランドでNFT出してるところは多いのでこれからラインナップが充実したら化けそう。

  • 投稿者名:匿名2022年1月25日

    NFTやメタバースってアバターやゲームアイテムみたいなバーチャルなものが中心のものが多くて、現実の商品と紐ついてるECサイトみたいなメタバースってなかったですよね。期待してます。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。