マイニングシティを捜査-「実はポンジスキーム」の疑いも…

マイニングシティのサムね
サービス名マイニングシティ(MINING CITY)
運営会社Prophetek Limited
会社所在地不明
運営責任者Gregory Rogowski

マイニングシティは危険なのか?

各種メディアでも取り上げられているMLM案件「マイニングシティ」について捜査を開始。

 

 

マイニング業界の大手企業とのパートナーシップを武器に事業展開を行っているようですが、果たしてその実情とは?

 

他サイトでは語られないマイニングシティの真実について、仮想通貨ポリスが捜査結果を公開します。

マイニングシティとは?

ポーランドを拠点にした「マインベスト」の設備を利用してサービスを提供している、クラウドマイニングサービス。

 

 

マイニング設備が整った企業に出資することで、マイニング報酬の一部を投資家に配当するというサービスなのですが、2019年7月頃より様々なメディアに取り上げられ始めたことから話題となった投資案件です。

 

マイニングシティが大手メディアで紹介された

 

コインオタクやコインテレグラフといった大手仮想通貨メディアが一斉にPR記事を掲載。広告費をかけて本格的に日本に参入を決めた模様でした。

 

 

海外の業者のクラウドマイニングといえば、ビットクラブのように悪質なMLM案件が目立ちますが、マイニングシティはいかなるものなのでしょうか?

 

マイニングシティの運営会社とは?

マイニングシティを運営しているのは、キプロスを本拠地とした「Prophetek Limited」という企業。

 

マイニングシティのCEO

 

公式サイトにはCEOとされる「Gregory Rogowski(グレゴリーロゴフスキ)」氏の写真が確認できます。

 

 

ただ、運営会社とされる「Prophetek Limited」について捜査していくと、興味深い情報を発見。

 

マイニングシティの運営会社の情報

 

上記は運営会社の登記情報の一部なのですが、ディレクター/オフィサーの項目にはグレゴリーではなく別人の名前が記載されています。

 

 

記載されているのは「ΚΥΡΙΑΚΟΣ ΜΕΤΤΗΣ」という人物名であり、ギリシャ語で表記されていることからキプロスの現地人であることが予想できます。

 

 

この人物が何者なのか?捜査したところ、65社にも及ぶ企業に名を連ねていることが判明。

 

マイニングシティの名義貸し問題について

 

この「ΚΥΡΙΑΚΟΣ ΜΕΤΤΗΣ」については、様々な企業に名義貸しをしているだけの人物なのでしょう。

 

 

おそらくはキプロスの法人を設立を手伝う代行業者を利用したものと思われます。

 

 

現地で法人の設立すら行えない企業が果たして、キプロスに本拠地を置くでしょうか?

 

 

上記の情報からですと、「マイニングシティ」の運営はキプロスでは行われていない可能性が高いと判断いたします。

 

マイニングシティがMINBEST社と業務提携?

「マイニングシティ」が信頼できる企業だとして公開されている情報である…

・MINBEST社

・BTC.com

 

2社との業務提携ですが、調べてみると業務提携というよりはマイニングシティ側が各社の設備を利用しているだけに過ぎない様に見えます。

 

 

複数のアフィリエイトサイトでは「MINEBEST」が提供するサービスが「マイニングシティ」である、などの記載がなされていますが、実際に「MINEBEST」の公式サイトを確認しても「マイニングシティ」の文字はどこにも見つかりません

 

 

そして、世界一のマイニングプールである「BTC.com」の公式パートナーであるという記載についても見かけますが、詳細を確認すると…

 

マイニングシティとBTC.comの提携情報

 

これらの情報をまとめると…

 

MINEBESTの設備を使い、BTC.comのマイニングプールに登録して業務提携だと言い張っているだけのように見えてしまいます。

 

 

もしくは自社のサービスだけでは信頼性が担保できないため、他社のサービスを駆使してそれっぽく見せているとでも言いましょうか。

 

 

なんにせよ、マイニングシテ側が何かオリジナルのサービスを提供しているのか?という疑問は残ります。

 

 

上記の結果から、マイニングシティに関しては詐欺とは言い切れないがポンジスキームの疑いもある投資案件だと判断します。

 

人気記事一覧

マイニングシティ(MINING CITY)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年10月14日

    詐欺とは言えないがポンジスキームの可能性が高いって仮想通貨ポリスが言うならそれはもうやめておいた方がいいでしょう。
    ポンジスキームは配当が出る瞬間もあり、それを受け取って信じちゃった人達が擁護したりして仮想通貨ポリスを叩くような事をしますが、最終的には仮想通貨ポリスの言っている事が正しかったということが常ですからね。
    マイニングシティもそうなるに違いありません。

  • 投稿者名:匿名2019年10月12日

    法人の代表者が名義貸しって事は今までの詐欺と全く一緒って事だね。これはやっちゃいけないやつでしょう。数ある案件の中でわざわざ怪しいのをやる理由なんてない。

  • 投稿者名:匿名2019年10月10日

    報酬が遅延したりメンテナンスがあったり、今まで結構危うい動きをしていたマイニングシティだけど、こうして仮想通貨ポリスに取り上げられたらもう逃げる準備くらいははじめていそうですね。自分達も撤退の準備をはじめた方がよさそうです。

  • 投稿者名:匿名2019年10月9日

    過去にもありましたよ?マイニングの案件って。
    ビットクラブもそうですし、MINEというICOもそうでしたし。
    その全てが詐欺でしたから。
    多分マイニングによる配当って難しいと思うんです。
    あったとしてもかなり少ない配当じゃないと現実的では無いのでは?

  • 投稿者名:匿名2019年10月8日

    クラウドマイニングの意味がわからないんですよね。資金を預けて利益が増えるっていう意味がわからないんですよ。どうしても納得できなくて。

  • 投稿者名:匿名2019年10月5日

    マインベスト自体に100社ほど、マイニングシティ
    以外のマイニング事業者が参入しているらしいですが、その中で一番シェア率を持っているのがマイニングシティと、現地でマインベストのオーナーに聞いた人もいるので、ただの顧客というのは少し暴論かと思います。マイニングシティを初期からしていて、
    マインベストとの関係などを当初から知っていた人間からすれば
    マインベストがトップマイニングファームに選ばれたという点で、マインベスト自体を叩くことができなくなったから、
    そもそも業務提携してないだとか設備を使っているだけだとかで、論点ずらしてなんとしてでもマイニングシティを叩きたいようにしか見えないですね。。

    YouTubeとかにもマイニングシティとマインベストのオーナーがマイニングシティに関してインタビューを受けてる動画がアップされたりしているので、それを見るものいいかもしれないですね。

  • 投稿者名:匿名2019年10月4日

    そりゃマインベストからしたら自社の商品使ってる顧客なんだからさ
    企業として計画はするでしょ。

    まぁ運営の情報とか見る限り自分は手を引いて正解だったなと思ったわ。

  • 投稿者名:匿名2019年10月3日

    マインベストのオーナーとグレッグ氏が対談してる
    画像やげんちに行った人がグラッグ氏とマイニングベストオーナーと綿密な計画をしている点でただの場所を借りてるという理論は、悪いように見せようとしてもちょっと無理があるかな。と思いますね。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^