マイニングシティは投資すべきなのか?怪しいと評判のMLMを捜査

マイニングシティのサムね
サービス名マイニングシティ(MINING CITY)
運営会社Prophetek Limited
会社所在地不明
運営責任者Gregory Rogowski

2020年開始はお勧めできない

各種メディアでも取り上げられているMLM案件「マイニングシティ」について捜査を開始。

 

 

マイニング業界の大手企業とのパートナーシップを武器に事業展開を行っているようですが、果たしてその実情とは?

 

他サイトでは語られないマイニングシティの真実について、仮想通貨ポリスが捜査結果を公開します。

マイニングシティが2020年にお勧めできないワケ

まず、2020年にマイニングシティがお勧めできない最大の理由として、2020年5月にビットコインの半減期を迎えるという事が挙げられます。

 

具体的には現在のマイニング報酬である12.5BTCから6.25BTCへと半減します。

 

 

数字を見れば明白ですね。いわば、マイニングシティの売り上げが半減する、とも言い換えることが出来ます。

 

 

その証拠に、世界最大のマイニングマシンメーカーである「Bitmain」は、2020年に社員の3分の1をリストラするという内容の発表をしています。

 

Bitmain社のニュース

 

この状況の中、果たして以前と同じ報酬体系のまま運営が行えるのか?不安が残ります。

 

 

仮にマイニングシティでも最も高額なプランを選択したとして、資金の回収には1年近くの年月が必要です。

 

 

Twitterでは報酬が減っているなどの情報も確認できることから、仮想通貨ポリスとしては今、マイニングシティを始めるのは得策ではないと考えています。

 

 

100歩譲って投資をするならば、半減期を迎えたあとの2020年6月以降に様子を見ながら開始することをお勧めいたします。

 

 

マイニングシティが新サービスを発表

マイニングシティは2019年11月に、独自トークンをマイニングする「プロジェクトX」なるサービスを発表しました。

 

 

新プロジェクト開始の背景としては、2020年に来るマイニング報酬の半減期(配当が減る)。に対する対策という形になっています。

 

 

果たしてこの案件は投資した方が良いのでしょうか?結論を先にお伝えすると、管理人としてはオススメできない案件であると判断しています。

 

 

懸念① 独自コインの詳細が不明

マイニングシティの独自トークンについて

 

トークンの登場から1年後には時価総額2位に成長させることを目標にしているらしいが、具体的にどのようなトークンなのか?という記載はどこにもありません。

 

 

トークン名すら明かされないままサービスを利用する方もいるのでしょうか?

 

 

正直に申し上げますと、その判断は危機感が無さすぎますよ。

 

 

懸念② 配当が出るまでに90日必要

マイニングシティのプロジェクトXの配当について

 

マイニングシティ側の言い分としては、コインが存在しないという点やマイニングマシンの購入・設置に時間が掛るため、配当までに90日必要とされています。

 

 

よく考えていただきたいのですが、プロジェクトXの開始時期やビットコインの半減期についてある程度プランを練っていたのだとすれば、なぜ事前に準備を行ってこなかったのでしょうか。

 

 

今回のプロジェクトXは綿密に練られた施策ではない可能性もあり得ます。

 

懸念③ 価値が上がる理由が不透明

 

発行されたトークンにはハッシュ値やブロック数などがビットコインを上回っている等の情報が多く記載されていますが、その通貨の市場をどうやって形成していくのでしょうか?

 

 

いくら数値が良くとも、誰も必要としない通貨に価値が付くことは、ほぼあり得ません

 

 

発行されたトークンに関心を持つのはマイニングシティの利用者だけ、などという構図が出来上がってしまった場合、ほぼ無価値と同然であるという事。

 

 

誰も欲しくないトークンの供給量が増えたところで、需要が無ければ価格がどうなるのか。少し考えるとわかりますね。

 

 

以上の状況から考えると、ビットコインのマイニングに申し込んだ方が期待値は高いと管理人は判断します。

 

 

ただ、半減期を迎えることで運営が成り立つのか?

 

 

運営が飛ぶなど、他のHYIPと同じ道を辿る可能性もゼロではありませんから、新プランだからといってすぐに飛びつくことはやめた方が良いでしょう。

 

※以下、追記前の捜査レポートになります↓

マイニングシティとは?

ポーランドを拠点にした「マインベスト」の設備を利用してサービスを提供している、クラウドマイニングサービス。

 

 

マイニング設備が整った企業に出資することで、マイニング報酬の一部を投資家に配当するというサービスなのですが、2019年7月頃より様々なメディアに取り上げられ始めたことから話題となった投資案件です。

 

マイニングシティが大手メディアで紹介された

 

コインオタクやコインテレグラフといった大手仮想通貨メディアが一斉にPR記事を掲載。広告費をかけて本格的に日本に参入を決めた模様でした。

 

 

海外の業者のクラウドマイニングといえば、ビットクラブのように悪質なMLM案件が目立ちますが、マイニングシティはいかなるものなのでしょうか?

 

マイニングシティの運営会社とは?

マイニングシティを運営しているのは、キプロスを本拠地とした「Prophetek Limited」という企業。

 

マイニングシティのCEO

 

公式サイトにはCEOとされる「Gregory Rogowski(グレゴリーロゴフスキ)」氏の写真が確認できます。

 

 

ただ、運営会社とされる「Prophetek Limited」について捜査していくと、興味深い情報を発見。

 

マイニングシティの運営会社の情報

 

上記は運営会社の登記情報の一部なのですが、ディレクター/オフィサーの項目にはグレゴリーではなく別人の名前が記載されています。

 

 

記載されているのは「ΚΥΡΙΑΚΟΣ ΜΕΤΤΗΣ」という人物名であり、ギリシャ語で表記されていることからキプロスの現地人であることが予想できます。

 

 

この人物が何者なのか?捜査したところ、65社にも及ぶ企業に名を連ねていることが判明。

 

マイニングシティの名義貸し問題について

 

この「ΚΥΡΙΑΚΟΣ ΜΕΤΤΗΣ」については、様々な企業に名義貸しをしているだけの人物なのでしょう。

 

 

おそらくはキプロスの法人を設立を手伝う代行業者を利用したものと思われます。

 

 

現地で法人の設立すら行えない企業が果たして、キプロスに本拠地を置くでしょうか?

 

 

上記の情報からですと、「マイニングシティ」の運営はキプロスでは行われていない可能性が高いと判断いたします。

 

マイニングシティがMINBEST社と業務提携?

「マイニングシティ」が信頼できる企業だとして公開されている情報である…

・MINBEST社

・BTC.com

 

2社との業務提携ですが、調べてみると業務提携というよりはマイニングシティ側が各社の設備を利用しているだけに過ぎない様に見えます。

 

 

複数のアフィリエイトサイトでは「MINEBEST」が提供するサービスが「マイニングシティ」である、などの記載がなされていますが、実際に「MINEBEST」の公式サイトを確認しても「マイニングシティ」の文字はどこにも見つかりません

 

 

そして、世界一のマイニングプールである「BTC.com」の公式パートナーであるという記載についても見かけますが、詳細を確認すると…

 

マイニングシティとBTC.comの提携情報

 

これらの情報をまとめると…

 

MINEBESTの設備を使い、BTC.comのマイニングプールに登録して業務提携だと言い張っているだけのように見えてしまいます。

 

 

もしくは自社のサービスだけでは信頼性が担保できないため、他社のサービスを駆使してそれっぽく見せているとでも言いましょうか。

 

 

なんにせよ、マイニングシテ側が何かオリジナルのサービスを提供しているのか?という疑問は残ります。

 

 

上記の結果から、マイニングシティに関しては詐欺とは言い切れないがポンジスキームの疑いもある投資案件だと判断します。

 

# 調査レポート一覧へ戻る▶

人気記事一覧

マイニングシティ(MINING CITY)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年2月15日

    ビットクラブの2匹目のどじょうを狙ってマイニング系のHYIPが乱立してるので、もう少し早くあいつらが逮捕されてればなぁと思う反面、マイニングシティがビットクラブと同じように報酬を激減させてるのに勧誘を続けてるMLMグループを見ると関係なかったかな?とも思う。

  • 投稿者名:匿名2020年2月14日

    そもそも今の時点で出金出来る人がいてないという事実。
    やばすぎん?

  • 投稿者名:匿名2020年2月13日

    出金出来なくなる可能性があるというのが怖いです。
    ちゃんとその辺りが保証されていれば、やってみてもいいのかなって思うのですけど。
    これから開始するのはかなり危ないみたいですし、どちらにしろ儲かるような物じゃないんでしょうか。

  • 投稿者名:匿名2020年2月4日

    マイニングの配当を出すって、何に対してなんですかね?出資したらその分設備が増強される?元よりマイニングボーナスが大きく増える?ということにならなければ筋は通らないと思いますけど、そういうわけじゃないんですもんね?

  • 投稿者名:匿名2020年2月1日

    マイニングをしっかりと行ってる企業はちゃんとその証拠がわかるようになっているんですよ。つまりどういうことかというとマイニングプールなんて調べればいくらでも調べられるのでね。そうした証拠の無いマイニングシティはやはりポンジスキームに該当する詐欺なのでしょう。

  • 投稿者名:匿名2020年1月30日

    まずね、マイニング自体がそんなに儲からないって事を認識した方が良いと思うんだ。

  • 投稿者名:匿名2020年1月29日

    いやー駄目でしょ。詐欺でしょ。マイニングの証拠も何も無いんだから。

  • 投稿者名:匿名2020年1月28日

    マイニングシティもマイニングの設備か何かを見せてくれたらそれなりに信用できるのにそういう物も無ければ何のエビデンスも無いんですよね。詐欺の可能性が必然的に高くなりますが、投資してるみなさん大丈夫ですか?

  • 投稿者名:保住直孝2020年1月27日

    ポケットハッシュを調べてください。

  • 投稿者名:匿名2020年1月27日

    何個のビットクラブ(詐欺確定済)の二番煎じ的なマイニング配当型案件はwww
    これが詐欺じゃなかったら俺の10BTCみんなに上げるよwww

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^