リノコイン(RINOコイン)が詐欺確定。電話で直接取材してきた。

通貨名リノコイン(RinoCoin)
通貨コード不明
発行元Rino Plus inc.
総発行枚数不明
BCプラットフォームなし
公式サイトhttps://rino-coin.com/lp/

「詐欺(スキャム)」が確定した瞬間をお届け

ふとTwitterを見ていると、「リノコイン(RinoCoin)」なる仮想通貨の情報発信を行っているフォロワー様がいる事に気が付きました。

 

早速捜査すると、世界的な保険会社である「アクサ生命」が関与しているなどの情報が出回っている事を確認。

 

 

今回は仮想通貨ポリスが「アクサ生命」に直接電話を掛けて、捜査を行ってまいりました。

遅すぎたICO詐欺「リノコイン」

今回捜査する「リノコイン(RinoCoin)」について簡単に調べたところ、以下のようなTwitterアカウントを発見。

 

この状況について、管理人に情報提供をして頂いた方の話によると

・コイン自体に一定の価値保証がかかっている

・100年の歴史を持つ保険会社が価値を保証している

 

という触れ込みで勧誘が行われているという話を伺っています。

 

 

この100年以上の歴史を持つ保険会社というのが「アクサ生命」を指すのでしょう。

 

 

ですが、アクサ生命のHPには「当社をかたる保険販売以外の勧誘にご注意ください」というお知らせが掲載されているのですね。

 

 

既に公式から否定されてしまった「リノコイン」。

この時点で詐欺が確定したようなものですが、引き続き捜査を行っていきます。

 

アクサ生命担当者:「ウソですね」

HPの記載だけでは信用ならない方もいる事でしょう。

 

 

今回、管理人は実際にアクサ生命へ電話取材を試みました。

 

▼以下、担当者との通話記録


担当女性:「はい、アクサ生命でございます」

 

管理人:「少々お伺いしたい事がございまして、単刀直入にお聞きしますが、アクサ生命様がリノコインなる仮想通貨の価値を保証しているとネット上で囁かれているのは本当でしょうか?

 

担当女性:「仮想通貨……、担当部署に確認してお繋ぎ致しますので少々お待ちください」

 

 

ここで電話は一度保留となりました。

 

 

保険会社のオペレーターが答えられるような質問ではないので当然の対応ですね。保留のまま1分少々経過後に広報担当を名乗る男性社員へと電話が取り次がれました。

 

アクサ広報:「大変お待たせしております。仮想通貨…、のご質問という事で…」

 

管理人:「ええ。今インターネットではアクサ生命様が価値を保証している仮想通貨があるという情報が出回っておりまして、その真偽をお伺いできればと」

 

アクサ広報:「まずですね、弊社は日本だけでなく海外のグループ企業等含めて仮想通貨などの事業は行っておりません

 

管理人:「なるほど、では、インターネット上の噂は嘘だと?

 

アクサ広報:「はい。ちなみに、ご覧になられたのはどのようなページになるのでしょうか?検索などで見つかりますか?」

 

管理人:「いえ、マイナー過ぎてなかなか情報は見つからないですね。口頭でよければお伝えしましょうか?」

 

アクサ広報:「ありがとうございます。お願いいたします」

 

ここから5分ほどアクサ広報様とリノコインの公式サイト、発見したTwitterアカウントを通話しながら確認していきました。

 

余談ですが、アクサ広報様が以下のツイッターをご覧になった際に、面白いことを仰っていましたよ(笑)

 

 

アクサ広報:「うわー、うちのパンフレットに似てますね……

 

▲以上で電話取材は終了になります。


 

アクサ生命様から公式に、Twitterの情報が嘘であると明言して頂きました。

 

 

香港で行われているカンファレンス等についても、実際には開催されていない可能性もあることでしょう。

 

 

これらの状況から、現在集客を行っている「リノコイン(RinoCoin)」については詐欺(スキャム)であると断言させて頂きます。

 

 

本気で仮想通貨で稼ぎたいのであれば、詐欺が多発しているICOへの投資ではなく、直近で「バイナンスコイン(BNB)」で2.1倍、「アレグロ(DLT)」で4.6倍という価格予想を的中させた情報サイト「コインリーディングカンパニー」の利用をオススメします。

 

 

「リノコイン(RinoCoin)」のまとめ

・まごうことなき詐欺

・Twitterの情報は全部ウソ

・なぜか私をフォローしている

人気記事一覧

リノコイン(RinoCoin)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年8月14日

    リノコインのころに購入した者です。買った事すら忘れていたのですが、ふと思いだし販売者と連絡を取ろうとしたところ、消えてました。逃亡です。もう何が何やら。一つ言えるのは詐欺ということですね。

  • 投稿者名:匿名2019年8月5日

    方向転換のしかたがうけるwww
    何仮想通貨じゃなくなってるんだよwww
    もうコンセプトから何から何までめちゃくちゃすぎwww
    終わりwww

  • 投稿者名:匿名2019年7月26日

    リノコイン→リノになり、ICO案件じゃなくなってるところを見ると、こりゃどうも臭いぞと。アクサ生命の関与も大嘘で、どうしようも無いぞと。

  • 投稿者名:匿名2019年7月12日

    リノ、結局これどうなっちゃってるの?
    嘘でかためられたICOで、気づけば知らないうちにICOじゃなくてフィンテックツールになっちゃってるし。
    もう何がなんでもこの案件でプロジェクトを進めていきたいって感じなんだろうな。
    はじめちゃったからには何とかして形にしたい…と。
    詐欺師も頭が悪いと大変だこりゃ。

  • 投稿者名:匿名2019年7月9日

    新しい概念って・・・
    小学生でも考えつきそうなポンジスキームのこれが?

  • 投稿者名:匿名2019年7月9日

    リノってまだ世界に無い新しい概念だから理解するの難しいと思います。
    私は自分で所有もしてるし、換金も出来てるのでお勧めしますが、時代が追いつくのにもう少し時間が掛かりそうかな。

  • 投稿者名:匿名2019年5月27日

    まあまあ、詐欺なら詐欺でいいじゃん。そんなにムキにならなくても。本物なら残るし、詐欺なら消えるし。関わってないなら関係ないっしょ。1年後くらいには判明してるでしょ。傍観しましょうよ。

  • 投稿者名:匿名2019年5月25日

    あぁー…
    ここ含めた複数の記事へのコメントでさらに信用できなくなりましたねぇこれは…
    形態変化に次ぐ情報操作。悪事がバレ燃えかけた奴の常套手段よ。
    そもそもそんなものが本当にあったら全住人が使うに決まってるしその規模の人間の資産が減らずに増えるなんて事態になったらインフレまっしぐらだろうと。
    頭のいい人間なら、もしそれが本当だとすればすぐに億単位の金を稼ぐ。そのレベルで言ってることが無茶苦茶なんだよなぁ…
    どこぞのインフレ率一万%とかいう国にでもなりたいんかね?
    仮想通貨だろうがそうでなかろうが、結果的には変わらんよ。

    そもそもそれが本当ならもう既に市場で採用されてるわ…

  • 投稿者名:ポパイ2019年5月21日

    日本のアクサ生命に問い合わせても、無駄です。香港のアクサ生命です。仮想通貨でもありません。

    RINOPLUS社が編み出した、新しい電子マネーです。日本の保険会社とは、概念が違います。

    海外では資産保全と資産形成です。これを電子マネーしらで実現したのがRINOです。

    保険と同じ概念で、原資が保全されながら価格上がり、下がることはありません。

    ネットに詐欺とか投稿してますが、調べもせずに嘘、デマはとんでもありません。

    資産10倍の方のスマホを拝見しました。正確な情報を持たず、批判はやめてください。

    自身の目で担当者から正確な情報を受け取りください。

    試しに参加するとわかります。いつでも換金出来ます。

  • 投稿者名:Popai2019年5月20日

    詐欺とはとんでもない
    私は開発者から聞いた事をお伝えします。
    過去に多くの方が、ICOと仮想通貨で資産をなくしている方を救済する方法を教えて、保険会社にプランを
    持ち込みました。資本金の30億は保険会社と銀行が支援してます。
    ネットは名前を出さないから、嘘を書こうが責任を取りません。
    真実は1つです。私は
    この会社を直ぐに訪問します。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^