SOL/Solanaは更に上がる可能性 ‐ 今買うべき仮想通貨なのか?

ソラナのサムネイル画像
通貨名Solana
シンボルSOL
連絡先hello@solana.com
公式サイトURLhttps://solana.com/

SOL/Solanaの将来性・今後の見通し

わずか1年で300倍以上に高騰し、時価総額ランキングはビットコイン、イーサリアム、BNBに次ぐ第4位に浮上。
 
 
結果だけ見れば「SOL/Solana」は出世街道まっしぐら、泣く子も黙る超エリートコイン。
 
 
2021年は黙ってSOLを買ってれば億り人になれたレベルなので、あの時買っておけばよかったと後悔した人も少なくないはず。
 
 
あっという間に業界を代表する仮想通貨となった「SOL/Solana」ですが、果たして今後も価格は伸び続けるのでしょうか?
 
 
その疑問にお答えします

SOL/Solanaとは??まずは特徴を紹介

SOLとは、秒間5万件のトランザクションを処理できる高速処理能力を持つブロックチェーン「Solana」が発行する独自の仮想通貨。
 
 
近い将来イーサリアムを超える可能性を持つとも言われる、仮想通貨業界で最も注目を集めているコインの1つになります。
 
 
SOLが期待されている理由は、2020年から流行が続いているDeFiにあります。
 
 
DeFiはイーサリアムブロックチェーンを使ったものが主流です。ところが、増えすぎたDeFiによる処理速度の低下が問題視。
 
 
この問題を解決すると期待が集まっているのがブロックチェーン「Solana」で、Solanaの独自通貨であるSOLの価格は上昇傾向が続いています。
 
 
SOL/Solanaが他のブロックチェーンと違うのは優れた性能面。そこには大きく4つの特徴があります。
 

超高速処理で低コスト

Solanaブロックチェーンの最大の特徴は処理速度の速さ。
 
 

↓主要コインの処理速度との比較がコチラ

ブロックチェーン処理件数/秒ブロック生成時間
Solana50,000件0.4秒
ビットコイン10件10分
イーサリアム15件15秒
シンボル(旧ネム)6,000件30秒
リップル1500件3.3秒

 
 
ビットコインやイーサリアムはもちろんのこと、処理速度が速いとされるリップルやシンボル(ネム)とも10倍近い差がついています。
 
 
加えて、イーサリアムなどの主要コインは処理速度の遅さに起因した手数料の高騰が問題であり、1回の取引で3,000円~7,000円の手数料が発生するケースも出ています。
 
 
一方、Solanaの取引手数料はイーサリアムの1/30,000とされており、超高速処理+低コストで使えるブロックチェーン、仮想通貨としてSolana(SOL)は急速に需要を高めていきました。
 
 

独自アルゴリズム「PoH」

Solanaブロックチェーンの高速処理を可能にしているのが、独自アルゴリズム「PoH(プルーフオブヒストリー)」です。
 
 
少し複雑な技術になるので、ビットコインのアルゴリズムである「PoW(プルーフオブワークス)」と比較しながら簡単に説明します。
 
PowとPoHの違いについて

 
「Pow」の場合、取引の処理はみんな同時にスタートして、どの計算が正しいのか通信しながら全員で答え合わせを行い、51%以上が同じ答えを出していれば処理が完了します。
 
 
「PoH」は全員が一か所に自分の計算結果をアップロードして自分で答え合わせを行うので、全員が通信するという手間を省くことで高速処理を実現しています。
 

DeFi、NFTとも深い親和性がある

Solanaブロックチェーンにはイーサリアムと同様の機能である「スマートコントラクト」が備わっています。
 
 
言い換えれば、イーサリアムで出来ることはSolana(SOL)もほぼ全て出来ると言えます。
 
 
イーサリアム一強といえるDeFiやNFTなどもSolanaブロックチェーン上で開発・作成・運営が高速、低コストで行えてしまう。
 
 
Solana(SOL)は、いずれイーサリアムを超える可能性があると言われています。
 

ステーキング運用もできる

SOLはトレードする以外にも、一定期間保有し続けることで配当が貰えるステーキングにも対応しています。
 
 
SOLのステーキングは様々な方法がありますが、最も簡単なのは仮想通貨取引所のバイナンスでステーキングを行う方法になります。
 
 
指定期間SOLを預けるだけで年利10%以上が貰える高配当な運用になるので、興味のある方はバイナンスを使ったステーキング方法について解説した関連記事をお読みください。
 
 
>>バイナンスでステーキングする手順を画像付きで解説
 

SOLのチャート、これまでの価格推移

SOLは2020年の84円から約1年で332倍という、近年では稀にみる高騰を見せた仮想通貨です。
 
 
価格高騰の要因を振り返っていきます。
 
SOLのチャート画像
 
・2021年2月
SOLのステーキング運用が開始されたことで需要が高まり徐々に価格が高騰。
 
・2021年5月
ビットコイン暴落の影響を受け、SOLの価格も停滞気味に
 
・2021年7月~
Defi、NFTでの需要が高まり一気に価格高騰。多くの投資家がSolana(SOL)はイーサリアムを超えるポテンシャルを持つことに気が付く。
 
大まかにこんな感じ。
 
 
2021年11月現在も最高値を更新し続けていることから、投資家から注目されている仮想通貨であることが分かります。
 

Solana(SOL)の将来性が高いと評価される理由

処理速度の高さやコストの安さから、様々なサービスで使われる

Solanaブロックチェーンは今後もDeFiやNFT、メタバースなどの新たなサービスでの活用が見込まれています。
 
 
ビットコインやイーサリアム、リップルに比べると知名度が低いコインですが、時価総額は既に世界4位です。
 
 
知名度が低いのに、日本に上場するどのアルトコインよりも世界では買われている
 
 
今はまだ仮想通貨に詳しい人しか知らないコインという状態ですが、今後展開されるサービスによって知名度さえ高まってしまえば、一気にイーサリアムを抜かす可能性を秘めています。
 

関連コインの高騰が相次いでいる

Solanaブロックチェーンを使った仮想通貨は徐々に増え始めており、多くのコインがSOLと同様に価格高騰を見せています。
 

通貨名2021年1月の価格2021年9月の価格上昇倍率
Serum(SRM)112円1,302円11.6倍
FTXトークン(FTT)600円8,900円14.8倍
Raydium(RAY)667円1,798円2.69倍
Bonfida(FIDA)54円945円17.5倍

 
 
これらのSolana関連コインは通称「アフロ銘柄」と呼ばれ、海外投資家からも注目を集めています。
 
 

アフロ銘柄の由来はFTX取引所のCEOである「バンクマンフリード」氏の髪型がアフロであることから、そのような名称がついています。
 
 
▼「バンクマンフリード」氏
バンクマンフリード氏
 
「バンクマンフリード」氏は29歳ながら総資産1兆円を超える天才トレーダーであり、仮想通貨業界では「アフロに乗り遅れるな」という格言が生まれるほどの人物です。
 
 
Solanaブロックチェーンで開発されたコインの中でも、ここで紹介したアフロが関与するコインは強いと言われています。
 
 
関連銘柄のどれかに好材料が出れば全てのコイン影響を与えるので「アフロ銘柄に投資しておけば勝てる」と話す投資家もいるほどに。
 
 
Solanaブロックチェーンを使ったコインは今も開発されているので、SOLは今後も更なる価格上昇が見込めるとされています。
 

SOL 今後の見通し・価格動向

Solana(SOL)は将来性が高く投資対象として魅力的な仮想通貨ですが、2021年のような短期間での超大化けではなく数年かけて10倍~30倍へと上昇していくと予想しています。
 
 
ここではSolana(SOL)の将来性に期待できる理由と、直近で急騰が見込めそうなタイミングについて解説していきます。
 

他のブロックチェーンとの接続が始まっていく

Solanaブロックチェーンはイーサリアムなど、他のブロックチェーンと接続するインターオペラビリティの実現を目指しています。
 
 
現在の仮想通貨で主流であるイーサリアムなど、メジャーなコインの多くは処理速度に問題を抱えています。
 
 
これらのメジャーコインはSolanaブロックチェーンに接続することで、処理速度向上という恩恵を受けることができるように。
 
 
基本的に高速処理が特徴のブロックチェーンの多くはイーサリアムとの接続を目指しているのですが、Solanaはイーサリアム以外のチェーンとの接続も行っていくことを明言しています。
 
 
既に2021年9月にはSolanaとイーサリアムのブロックチェーンを接続する新機能「ワームホール」がリリースされており、NFTや仮想通貨を送受信することが可能に。
 
Solanaのニュース記事
 
近いうちにBSC(バイナンススマートチェーン)とTerraブロックチェーンの接続にも対応する予定だと発表しています。
 
 
今後もSolanaブロックチェーンに接続する仮想通貨は増え続けていくことが予想されます。
 
 
Solanaはどのブロックチェーンよりも処理速度が速く、様々なブロックチェーンに接続できる幅広い可能性を持つ仮想通貨。
 
 
登場から1年強で時価総額4位に浮上していることからも、多くの投資家がSolanaの今後に期待していることが分かります。
 

Solanaブロックチェーンはまだベータ版(テスト版)

Solanaブロックチェーンは既に完成していると思っている投資家は非常に多いのですが、実は現在リリースされているSolanaブロックチェーンはまだベータ版となっています。
 
 
正式なメインネットのリリース日は不明ですが、Solana以上にテスト段階でここまで成長を遂げた仮想通貨は他にありません。
 
 

SOL 次の高騰は2022年3月か

SOLの価格に大きな影響を与えるのは、やはりメインネットの正式リリースになるでしょう。
 
 
では、メインネットの正式リリースはいつになるのか?調査したところ、を示唆する情報を発見しました。
 
 
アメリカ版の5ちゃんねると呼ばれる「Reddit」にて、Solana開発チームのメンバーが2022年3月のリリースを予定しているような発言を行っていました
 
 

開発者の投稿:①
「すべてがメインネットとまったく同じように機能します。「ベータ」とは、メイン機能が100%動作している間、まだ開発中であることを意味します。これは、いつでも削除したり、しばらくそこにとどまったりする可能性のある単語です。Gmailが約3年間ベータ版であったことを考えてみてください。」
引用元:Reddit

開発者の投稿:②
「メインネットの安定性を長期的にチェックし、優れた製品があることを確認したいので、接尾辞「ベータ」を1年ほど保持します。」
引用元:Reddit

 
開発者チームメンバーが「ベータを1年ほど保持します」と発言していました。
 
 
上記の投稿が行われたのは2021年3月であることから、1年後である2022年3月にベータ版が終了する可能性が考えられます。
 
 
Solana(SOL)の価格にも大きな影響を及ぼす確率が高いので、2022年3月はSOLのチャートや価格に注目したいところです。
 

SOLの買い方

SOLは2021年11月現在、日本国内の取引所には上場していないため、購入には海外取引所の利用が必須となります。
 
 
海外の取引所はほぼ日本円での入出金に対応していないので、SOL購入までの流れとしては…
 
・国内取引所で仮想通貨購入
 ↓
・海外取引所に送金
 ↓
・海外取引所でSOLを購入
 
という手順が必要です。
 
 
SOLが買える取引所でおすすめなのは「バイナンス」という取引所になります。
 
 
海外取引所ながら日本語対応しているので使いやすく、後述しますがSOLを持ってるだけで配当が貰えるステーキング運用も行うことができます。
 
 
海外取引所の口座開設が不安な方は、登録からトレード方法までを日本人スタッフがサポートする「ビットレンド」を活用すれば、安心してSOLへの投資が行えるようになるはずです。
 
 
>>海外コインの取引、口座開設の電話サポートも行う「ビットレンド」
 

SOLは買って終わりじゃない、購入後にできる運用方法とは

Solana(SOL)の特徴として、値上がり益を狙う以外にも一定期間保有しておくことで報酬が貰えるステーキング運用にも対応しています。
 
 
ステーキングを開始するには専用のウォレットを使ったりと手間がかかるのですが、バイナンスであれば口座開設さえ終わっていればすぐに開始できるのでお勧めです。
 
バイナンスでSOLのステーキングができる
 
バイナンスのSolana(SOL)ステーキングに興味がある方は、バイナンスのステーキングについて解説している関連記事をご覧ください。
 
 
>>バイナンスでステーキングする方法、稼げる設定方法を伝授 
 

人気記事一覧

Solanaの口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年12月3日

    長期では上昇トレンドですよ、Soranaは。サポートライン220ドルで弱いですが反発しました。今後は上抜けして強く上昇してサポートラインを割って調整していくでしょう。注目しています。

  • 投稿者名:匿名2021年12月3日

    ソラナの調子が本当に良い感じですねぇ!これもFTXとアフロのおかげでしょうか!?それとも、大谷選手のMVP獲得と来季報酬がBTCとSOLってことなんでしょうか?

  • 投稿者名:匿名2021年12月1日

    ソラナの「トレンドライン割るぞ割るぞ!」と見せかけてなかなか割らないこのフェイク感wwというか200ドルで安く感じるなんて、2017年末のリップルのトラウマがチラつくなwww

  • 投稿者名:匿名2021年11月30日

    ビットコイン、イーサリアム、ソラナをそれぞれ拾いました。一度ちゃんとリバってもおかしくないところですからね。むしろ、このままさらに下抜けていくといろんな意味でやばそうです。

  • 投稿者名:匿名2021年11月29日

    SOLを持っているとNFTやらIDOやらでついつい使ってしまうので、ガチホ分を別で確保しました(笑)まぁ、SOLはそれだけ様々な使い道があって良いことなんですけどね。

  • 投稿者名:匿名2021年11月27日

    SOLは正直かなり悩みましたが、やはり安定の銘柄なので思い切って買い戻ししました。あとの資金は待機させつつ、機動的に動かす感じで行こうかと思っています。しばらくはこれで様子見します。

  • 投稿者名:匿名2021年11月25日

    SOL系トークンの動きが全体的にかなり鈍いので、クジラグループの皆さんも「おいおい期待外れじゃないか」となっています。まあ、相場に絶対はないので仕方ありませんね。

  • 投稿者名:匿名2021年11月24日

    やっぱりソラナの技術は凄まじいよ。ソラナさえあれば、もうカルダノもリップルも必要無いと思う。でも、世に必要は無くとも需要と供給があれば価格はついてしまうから、凄いものだと勘違いしちゃうね。

  • 投稿者名:匿名2021年11月24日

    今年8月頃LUNAからSOLに切り替えて以降、仮想通貨を新規購入してこなかったけど、定期間隔で少額購入する『ドルコスト平均法』にするかも。つまり、大暴落したら買い増し作戦を改めて遂行する。

  • 投稿者名:匿名2021年11月22日

    ソラナは一体どこまでいくんでしょうね?時価総額3位バイナンスコインの75%に迫る勢いです。まさか今年、ソラナがここまでの高騰を見せるなんて誰が想像できたでしょうか?

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^