Uniswap(ユニスワップ)の始め方 – 仕組みやスワップ、プールの使い方

ページ名Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap(ユニスワップ)の始め方大全集

UniswapはDeFi分野においてなくてはならない、最も知名度の高いDEX(分散型取引所)になります。
 
 
大手取引所では取り扱っていない期待のアルトコインに投資できることや、コインを預けるだけで高い報酬が貰えるイールドファーミングが人気を集めています。
 
 
今回はUniswapで出来ること全ての仕組みと始め方を画像付きで解説しながら、利用時に見落としがちな注意点なども解説。
 
 
実際に使っていた人間がまとめたUniswapを始めるためのバイブルとなっています。
 

Uniswap(ユニスワップ)とは?何ができるの?

Uniswapはイーサリアムブロックチェーンを使って作られたイーサリアム系仮想通貨が交換できるDEX(分散型取引所)になります。
 
 
仮想通貨取引所には大きく分けてCEX(中央集権型取引所)とDEX(分散型取引所)があり、それぞれ以下のような違いがあります
 
 
【CEX(中央集権型)】
・コインチェックやバイナンスのように、取引所を管理する運営会社が存在する
・取引所に資金を預けて、取引所の中でトレードを行う
 
【DEX(分散型)】
・開発会社が管理権限を持っていない
・仮想通貨ウォレットを直接接続して取引を行う
 
 
Uniswapにはイーサリアムブロックチェーンの特徴である「スマートコントラクト」があり、これはユーザー間の取引を自動処理する機能を持っています。
 
 
まとめると、Uniswapは誰も管理しておらず、ユーザー同士が直接売買を行える仕組みを持った取引所となります。
 

大手未上場のコインが買える

UniswapではCEX(中央集権型取引所)には上場していない仮想通貨が多く、未上場のコインに事前に投資することが可能です。
 
 
大手上場が期待されるコインが眠っていることも少なくないため、CEXよりも稼げるチャンスの大きい仮想通貨を多く取り扱っています、
 

イールドファーミングが出来る

Uniswapのような機能を持ったDEXは「AMM(自動マーケットメーカー)型のDEX」と呼ばれています。
 
 
AMM型のDEXでは指定された仮想通貨を預けることで金利が受け取れるイールドファーミングが可能です。
 
 
銀行預金に金利が付くのをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。
 
イールドファーミングの仕組み
 
Uniswapに2種類のコインをドル換算で同じ金額ずつ預けることで、Uniswapの独自トークン「UNI」が報酬として受け取れる仕組みです。
 

独自トークンの「UNI」を発行してる

Uniswapでは取引所内で使う基軸通貨として「UNI」という独自トークンを発行しています。
 
 
Uniswapは利用者にイールドファーミングで預けてもらった資金を元に取引所として機能しているため、取引を活発化させるためにたくさん仮想通貨を預けてもらうことが必要です。
 
 
独自トークンのUNIを預けた人への報酬として支払うことで、Uniswapは取引を活発化できて、ユーザーは報酬が貰えるというwin-Winの関係を築くことが出来ています。
 

Uniswap(ユニスワップ)の始め方

Uniswapを取引所として使い始めるには、イーサリアムが保管できる仮想通貨ウォレットが必要になります
 
 
今回は最も利用されている仮想通貨ウォレットである「メタマスク」を使ったUniswapの始め方を解説していきます。
 
 
Uniswapを始める手順は大まかに3つ。
 
・メタマスクを作成
・メタマスクにイーサリアムを送金
・メタマスクとUniswapを接続
 
順番に解説していきます。
 

メタマスクを作成

まずはメタマスクをダウンロードしていきます。
 
 
スマホでメタマスクを作成する方はアプリ、PCの場合はGoogle chromeブラウザのプラグインをインストールしましょう。
 
 
【各種ダウンロードページ】
>>iPhone用アプリのダウンロード
 
>>android用アプリのダウンロード
 
>>Google chromeのダウンロードページ 
 
>>PC版メタマスクのダウンロードページ
 
 
今回はスマホアプリでメタマスクの作る方法を解説していきます。
 
 
アプリをインストールしたら、表示された画面で「新しいウォレットの作成」をタップしてメタマスクのログインパスワードを設定しましょう。
 
メタマスクのスマホ登録手順
 
ログインパスワードが出来たら、次はメタマスクのバックアップ、復元に必要なリカバリーフレーズが表示されます。
 
 
「開始」ボタンをタップしたら画像が切り替わるので、表示された12個のリカバリーフレーズをメモしてください。
 
メタマスクの作成、リカバリーフレーズの保存
 
 
リカバリーフレーズはスマホの故障や機種変、ログインパスワードを忘れてしまった場合などにメタマスクを復元するための超重要なパスワードです。
 
 
紛失した際は二度とメタマスクにログインできなくなるので、必ずスマホ以外にも保管しておきましょう。
 
 
逆に、リカバリーフレーズさえあれば誰でもあなたのメタマスクにログインできてしまうので、誰にもバレない場所に手書きで保管するなどの対策が有効です。
 
 
リカバリーフレーズのメモしたら、入力による再確認が求められます。
 
 
メタマスクスマホ版の使い方2
 
 
先ほどメモした12個のフレーズを順番通りに入力。
 
 
メタマスク スマホの使い方3
 
正しく入力すれば「成功」という文字が表示されるので「バックアップの完了」ボタンをタップすればメタマスクの作成が完了です。
 
 
PC版での作成も同じ手順で出来ますが、PC版の作成方法も見たいという方は、個別で解説している記事を参考にしてください。
 
 
>>【PC版】メタマスクの作り方を画像で解説
 

メタマスクにイーサリアムを送金

メタマスクが作成出来たら、Uniswapでのトレード原資になるイーサリアム(ETH)を送金しましょう。
 
 
イーサリアムを持っていない方は取引所で購入してください。
 
※Uniswapはイーサリアムブロックチェーンで動くDEXなので、手数料にETHが必要になります。
 
 
イーサリアムが用意できた方は、メタマスクのアドレスを確認し、取引所からメタマスクのアドレス宛にイーサリアムを送金しましょう。
 
メタマスクのアドレス確認方法
 
メタマスクのアドレスはアプリ内のTOPから確認できるので、上の画像を参考にしてください。
 

メタマスクとUniswapを接続

最後にメタマスクとUniswapを接続していきます。
 
メタマスクのブラウザでUniswapを開くと、同時に接続確認が表示されます。
 
UniSwapへの接続方法
 
そのまま「接続」をタップすれば、メタマスクとUniSwapの接続は完了です。
 
 
ページの一番上に自分のメタマスクアドレスが表示されていればOKです。
 

メタマスクへの送金、Uniswap接続時の注意点

メタマスクにイーサリアムを送金する際は、必ずERC20に対応したEthereumネットワークで送金してください
 
イーサリアム送金時の注意点
 
メタマスクやUniSwapはイーサリアムネットワーク(ERC20)に対応したウォレット、DEXです。
 
 
異なるネットワークで送金した場合は送金したコインが全て無くなることがあります
 
 

Uniswap 日本語への変更方法

Uniswapは仮想通貨をトレードできるスワップやプール、投票のページでは自動的に日本語表記へと切り替わります。
 
 
ただ、その他のページは日本語表記に対応していないのでサイト内を見て回りたい方は翻訳ツールなどを使用しましょう。
 

Uniswap(ユニスワップ)で仮想通貨を取引(スワップ)

Uniswapでは大手取引所では購入できないマイナーなコインも取引することが出来ます。
 

UNIの買い方

Uniswapでの仮想通貨取引は、サイト内メニューの「スワップ」を選択して行います。
 
 
まずはスワップ画面の各項目について解説していきます。
 
UNISWAPの画面
 
上に購入資金にするコインと数量を選択し、下で購入したいコインを設定します。
 
 
上の項目にある購入資金量を入力すると下の購入量も自動入力されます。
 
 
今回は上に購入資金にするイーサリアム(ETH)を指定し、下の購入したいコインにUNIを選択します。
 
Uniswapのスワップ方法
 
上下とも入力したら、後は取引を行うだけ。
 
 
購入時に価格手数料が表示されるので、問題なければ取引を完了させましょう。
 

購入したいコインが見つからない場合

Uniswapでコイン名で検索しても見つからない場合は、コインごとに設定されたコントラクトアドレスという数値で検索するとコインを表示させることが出来ます
 
 
ここではコントラクトアドレスを簡単に確認できる2つの方法を紹介します。
 
 
① コインマーケットキャップで検索
コントラクトアドレスをコインマーケットキャップで確認
 
仮想通貨のチャートや基本情報が掲載されているコインマーケットキャップでコインを検索し、コインのページ内にあるコントラクトの部分に記載されています。
 
 
マイナーなコインの場合はコインマーケットキャップで確認できない場合があるので、その時はイーサスキャンというウェブサイトを使ってコントラクトアドレスを確認しましょう。
 
 
② イーサスキャンで検索
イーサスキャンでコントラクトアドレスを確認
 
イーサスキャンで確認したいコインの名前で検索し、コインのページ内に移動。ページ内にある「Contract」の項目に表示された英数字をコピーしましょう。
 
 
コントラクトアドレスが分かったら、Uniswapのコイン選択ページにてコントラクトアドレスを入力すれば、表示されなかったコインを表示することが出来ます。
 
 
Uniswapにないコインを表示する方法
 
 
この手順を取れば、Uniswapで表示できなかったコインの取引が行えるようになります。
 

購入時は手数料に注意

Uniswapが使うイーサリアムブロックチェーンは、2022年1月時点で手数料の高騰、処理速度の低下が起こるスケーラビリティ問題が発生しています。
 
 
Uniswapのようにイーサリアムブロックチェーンを使ったDEXやゲームが増えたことが要因であり、Uniswapでも取引時の手数料が高騰しています。
 
 
1回の取引で3000円~7000円の手数料が掛かることもあるので、取引時の手数料は必ずチェックするようにしましょう。
 
 
比較的手数料が安いと言われているのは午前中になるので、取引時間も意識してみると良いでしょう。
 

Uniswap(ユニスワップ)のプールの始め方

Uniswapにあるプールに指定された仮想通貨を2つ預けると、独自トークンであるUNIを報酬で貰うことが出来ます。
 
 
DeFi業界ではイールドファーミング(流動性マイニング)と呼ばれる仮想通貨の投資方法です。
 
 
まずは簡単にプールとイールドファーミングの仕組みをお話していきます。
 

Uniswapのプールとは

UniswapのようなDEXは運営会社がないので、仮想通貨の取引はトレーダー同士で行う必要があります。
 
 
ですが、取引をトレーダーに一任する場合、不当な価格提示などでうまく売買が成立しないケースが考えられました。
 
 
それを解決するために作られたのがプールという仕組みであり、取引に使うコインを一度DEXに貯めて(プールして)、取引時に適正な金額を自動算出するプログラムを導入。
 
【Uniswapの仕組み】
Uniswap プールの仕組み
 
この仕組みをAMM(自動マーケットメーカー)と呼んでおり、仕組みを成り立たせるために仮想通貨を預けて報酬が貰えるイールドファーミング(流動性マイニング)が行えるようになっています。
 

Uniswap プールの始め方

Uniswapのメニューからプールを選択し、新しいポジションの項目をタップします。
 
Uniswapでイールドファーミングする方法
 
 
次のページで預けるコインを2つ選択し、金額を入力していきます。
 
 預ける資金2つを選択して、数量を決める
 
預ける2つのコインはドル換算で同じ金額と決まっているので、Aのコインを10万円分預ける場合はBのコインも10万円分必要です。
 
 
預ける金額が決めればプールが完了します。
 
 
自分が預けたペアが取引されるたびに手数料としてUNIを受け取ることが出来ます。
 
 
なお、Uniswapで取引したりプールに資金を預けたりするには、利用手数料としてイーサリアム(ETH)が必要です。
 
 
ETHが無くなると何もできなくなるので、取引する際やプールに預ける際は手数料分のETHを必ず残しておきましょう。
 

Uniswap(ユニスワップ)のデメリット・リスクについて

手数料(ガス代)が高い

Uniswapに限らず、イーサリアムブロックチェーンを使ったアプリケーションのほとんどが手数料の高騰に悩まされています。
 
 
とりあえず少額でDeFiを始めてみようという方にはUniswapは向いていないので、手数料の安いパンケーキスワップなどのDEXの利用をお勧めします。
 

全て自己責任

Uniswapは運営者が存在しない取引所になるため、利用は全て自己責任の元で行われます。
 
 
取引システムはブロックチェーンを使っているので不正取引などに巻き込まれる可能性は低いですが、怪しいコインなどへの投資は控えるようにしましょう。
 

詐欺コインも上場している

Uniswapはイーサリアム系の仮想通貨であればどんなコインでも上場することが出来ます。
 
 
仮に私が今、コインを作ったとしてもUniswapに上場させられるんですね。
 
 
この自由度の高さを逆手に取り、似たような名前のコインを作って上場させる悪質な利用者も一部います。
 
 
取引しようとしているコインは本物なのか?確認を怠らないでください。
 
 
当サイトではUniswapで取り扱っている中でも信頼度が高く、将来性に期待されているコインについてもまとめています。
 
 
ご興味のある方は関連記事も併せてご覧ください。
 
 


 
 

人気記事一覧

Uniswap(ユニスワップ)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年1月24日

    uniswapプールで流動性があるにもかかわらずスワップができないのは、契約に何らかの問題があることを示している。
    開発者はこの件に関して何らかのコミュニケーションをとるべきだ。意図的であろうとなかろうと、売ることができないのは、RUGの可能性を示している。この状況について開発者が沈黙しているのは問題だ。

  • 投稿者名:匿名2022年1月15日

    どこのドイツがWTFを売ってるんだ?WTFのエアドロップには嵌められたよ。

  • 投稿者名:匿名2022年1月14日

    RUGのようには見えませんね。ただ、ローンチが大失敗で、一部のMEVボットが10万ドル以上の利益を持って逃げ出したようです

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。